このエントリーをはてなブックマークに追加

美しいな、今宵の月は……プロフィール
名前ウシワカマル世代神代八傑
種族兵種楽士
目録説明
美しいな、今宵の月は……

八百万界の神秘的な神童。
中性的な美貌の持ち主で、芸にも通じており、笛が得意。
京の都で、千本の太刀を集めようと悪行を重ねていた
とある刀狩りをこらしめた。
いつも八百万界の未来を憂いている。
+  声:緑川光、絵:秋赤音(クリックするとセリフ一覧が開きます)

ゲームにおいて Edit

  • 個性派ぞろいの神代八傑の中で数少ない常識人(そして苦労人)。よく見るとオッドアイ(右目が黄色、左目が赤)である。
    神代八傑の中では4番目に仲間になった(神代八傑 出会いの物語より)。
  • 笛の音には鬼を眠らせる効果があるらしく、シュテンドウジが眠らされてしまっている。
    都ではその美貌が人気なようだが本人は無頓着な様子。

その他

  • 一周年記念に開放された神代八傑への挑戦が、2017/9/28に祭事討伐へ常設された。全盛期のウシワカマルと本気の手合わせができる高難易度の討伐。討伐達成の報酬として「カァくんを抱えたウシワカマルのぬいぐるみ」が手に入る。
  • 祭事「卍傑祈願投票!」にて第二回の投票独神1位に輝き、ベンケイとの特別伝承が実装された。

小ネタ Edit

  • 平安時代末期の武将、源義経(1159〜1189)。牛若丸とは彼の幼名である。
    かの鎌倉幕府の初代将軍・源頼朝の異母弟。
    • 余談ではあるが、酒呑童子退治で有名な源頼光は彼の親戚にあたる(頼光の弟の頼信の子孫が義経)。
      同じく退治で有名な源頼政(1104〜1180)は頼光の玄孫であり、こちらも彼とは遠い親戚である。
  • 幼いころに父・源義朝を亡くし、鞍馬寺に預けられる。
    そこで鞍馬山に住む天狗に武術を教わったという伝説が残る。
  • その後京都の五条大橋でとある刀狩りを懲らしめ、家来としたとされる。
    童謡「牛若丸」は源義経(牛若丸)と武蔵坊弁慶の京都五条大橋での出会いを歌ったもの。
  • 異母兄である頼朝を助けて平家の掃討に尽力したが、のちにその頼朝に命を狙われ奥州へと落ち延びる。
    そして奥州藤原氏のもとに身を寄せるが、4代目当主・藤原泰衡に裏切られて自害した。
    • …と、言われているが、実はこのときに逃げ延びたという伝説も残っていたりする。
      もっとも有名なものに「奥州から蝦夷に渡って大陸に逃げ延び、チンギス・ハーン(ジンギスカン)となった」という説がある。これは彼が奥州から蝦夷に逃げ延びたという説が派生したもので、幕末以降に成立した。
      ただ、実際には両者は全く別物という証拠があるため学術的には否定されている。

コメントフォーム Edit


最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 一血卍傑×ヤマトタケル「ヤマトタケル様の心を満たせるように、僕も尽くしましょう。」 -- 2016-08-08 (月) 00:20:58
  • 一血卍傑×ツクヨミ(赤字)「……今はただ、僕だけを信じていてください」 -- 2016-10-11 (火) 22:03:12
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-24 (金) 20:10:35