このエントリーをはてなブックマークに追加

ウンギョウ

  • 転身の香炉は10個でした。 -- 2017-09-29 (金) 13:07:54
  • ナリヒラ、カグヤヒメと卍傑伝承あります。 -- 2017-09-30 (土) 20:38:34
  • 本殿に入る「お疲れ様ですわ。ごゆるりとなさってくださいませ。」
    本殿「はあ……。アギョウにお団子をあげようとしたら、逃げられてしまいましたわ。こんなに美味しいのに」「どうされました? 何かご用でしたら、何でもお申し付けくださいませ。」「ふふっ。独神様と触れ合うと、楽しい気持ちになりますわね。」
    本殿(放置)「自由が好きなアギョウなら、このように放置されても気にしないのでしょうが……私は、話しかけていただけないと寂しいですわよ。」「独神様はお忙しいようですね。私もお団子を作りに行ってもよろしいかしら。」「私を持て余すような方にお仕えするなんて、自分でも呆れますわ。」
    報告「ご報告がありますわ。」
    任務(達成)「受け取れるもの、あるみたいですわ。」
    任務(未達成)「何もないみたいですわ。」
    八百屋「地上の商店というのは、なかなか興味深い、ですわ。」「お荷物は、私が持ちますわ。」
    編成(通常)「みんなのお力になれるよう、頑張りますわ。」
    編成(大将)「私が大将ですの? お仕えする方が得意なのですが……頑張りますわね。」
    花廊(通常)「収穫いたしましたわ。」
    贈物選択「いらっしゃいませ。ごゆるりとおくつろぎになってくださいね。」
    戦績「独神様の記録、すばらしいですわね。」 -- 2017-10-01 (日) 18:57:24
  • 錬金堂(極品質)「満月のように完璧ですわ!」
    遠征「月まで行って参りますわ。ふふっ、冗談、ですわよ。」 -- 2017-10-02 (月) 02:34:31
  • 回避「ふふっ。はずれ、ですわ」 -- 2017-10-03 (火) 20:09:06
  • ウンギョウ陽75 体力2205/腕力50/守備155/魔力195/退魔295/幸運170/俊敏395/会心5%/回避13% -- 2017-10-03 (火) 20:33:47
  • 遠征帰還「ただ今戻りましたわ。」 -- 2017-10-05 (木) 01:21:34
  • 久遠城「何が待っているのか、楽しみですわ」 -- 2017-10-05 (木) 02:03:10
  • 攻撃「くらいなさいませ!」
    負傷(重傷)「まだ、戦えますわ。」
    蒲団に入る(通常)「お言葉に甘えて、休ませていただきますわ。」 -- 2017-10-06 (金) 00:37:04
  • 鳳吼曲(陽)「お静かになさって。」
    会心ノ一撃「ごめんなさーい。」 -- 2017-10-06 (金) 01:05:06
  • 球砲「月の輝きで満たしましょう!」
    冥府反魂「あなたはまだ戦えますわ!」 -- 2017-10-06 (金) 01:12:20
  • 攻撃(高揚)「消えてくださいませ。」
    再挑戦「もう一度、輝きますわ!」
    辛勝(気絶)「月も曇ることがありますのね。」
    討伐結果(通常)「みんな、よく頑張りましたわ。」 -- 2017-10-06 (金) 13:17:22
  • 重鎧破壊「その輝き、壊してさしあげますわ!」 -- 2017-10-06 (金) 13:18:41
  • 蒲団に入る(戦闘不能)「地上での戦いは、月にいた頃よりも疲れますわね。」

    ロード画面「月はゆるりと欠けていくもの、ですわ。」
    親愛度5「独神様は、私たち月の民にも優しいですわね。」
    タイトル画面「一血卍傑。困っているウサギは、助けて差し上げますわ。」
    親愛度10「月の都では知らないことなどないと思っていましたけれど、ここに来てから、知らないことが増えましたの。もっと私に、地上のこと、独神様のこと教えてくださいませ。」
    親愛度15「花占い、というものを教えていただきましたの。でも、こんなに綺麗なものを傷つけるだなんて、かわいそうですわ。」
    汎用(喜)1「ふふっ。」
    汎用(喜)2「うふふふっ。」
    親愛度20「地上はもっと冷たいところだと思っていましたわ。だって、私からヒメ様を奪ってしまったところですもの。」
    汎用(怒)1「何ですの?!」
    汎用(怒)2「怒りますわよ!」
    親愛度25「独神様のこと、お慕いしておりますわ。ヒメ様が月に帰らないとおっしゃっていたのも、独神様のせいかもしれませんわね。」 -- 2017-10-06 (金) 13:35:18
  • 蒲団から出る「地上の蒲団は、不思議な寝心地ですわね。」 -- 2017-10-07 (土) 00:49:59
  • 汎用(哀)1「ぅう……。」
    親愛度30「ヒメ様が私たち以外にも、素直に振る舞っているなんて信じられませんわ。昔からわがま、あっ……ふふ……奔放でしたが、それでも規律には厳しい方でしたのよ。」
    汎用(哀)2「嘘、ですわよねぇ……?」
    汎用(楽)1「あはっ。」
    親愛度35「お団子、たくさん作りましたの。ヒメ様とアギョウも誘って、みんなで食べませんか? みんなで食べるお団子は、きっと、とても美味しいですわ。」
    汎用(楽)2「うふふふふっ。」
    親愛度40「私と独神様を引き合わせてくれたのは、ヒメ様のようなもの、ですわ。まるで、月下氷人ですわね。」
    汎用(呆)「はあ……。」
    汎用(問)「どうされました?」
    親愛度45「お勤めを完璧にこなすことは、当たり前のことですわ。だから、宮中ではヒメ様とアギョウ以外は、褒めてくれませんでしたわ。独神様は、たくさん褒めてくれますのね! 嬉しいですわ!」 -- 2017-10-18 (水) 02:20:34
  • 汎用(呼)「よろしいですか?」
    親愛度50「春は朧、夏は梅雨月、冬は寒三日月。四季折々、様々な月の姿はとても美しいものですわ。でも、やはり秋の良夜に輝く満月ほど、素晴らしいものはありませんわ。」

    本殿(親愛度50) 「月の都は、とても美しく、清らかですわ。いつか独神様もお連れしたいですわね。」「ふう! やあ! ……あら、独神様。私が剣舞を嗜むのが気になりますか? ふふ、理由は、……秘密、ですわ。」
    本殿放置(親愛度50) 「お団子とよく合うお茶をいれましたの。よろしければ、私と一緒に休憩でもいかがですか?」「アギョウとは違って、私は自由というものがあまり好きではないのですわ。何か、お役目をいただけます?」「ヒメ様だったら私のこと、無視なんて絶対にしませんわよ!」
    贈物選択(親愛度50) 「いらしていただけるとは、嬉しい限りですわ。」 -- 2017-10-21 (土) 01:26:27
  • 本殿(ふれあい)「独神様にもお団子、差し上げますわね。」 -- 2018-01-30 (火) 13:57:59
  • 親愛度55「雪月花、という言葉がありますでしょう?雪も、花も地上で初めて見ましたの。月の都では書物の中だけのものでしたから……とても、感動したのですわ。」
    親愛度60「月の都はとても美しいところでしたわ。……でも、地上から都を想う時、なぜだか少し、寂しい場所だった……と、感じてしまうのです。不思議ですわ……。」
    親愛度65「私、武術や剣舞も得意なのですわ。……気になりますの?……実は、独神様にお見せしたこと、ありますのよ。これ以上は、ひ・み・つ、ですわ。」
    親愛度70「地上から眺める月は、とても美しいものですわね……。でも、独神様と見上げると、もっと綺麗に感じますの。っおかしいですわね……。月の美しさは、どこにいても同じなはず……ですのに。」
    親愛度75「ヒメ様にも内緒の、私とアギョウだけの秘密を教えて差し上げますわ。……実は、この耳の下に、私たちの本当の耳がありますの!……えっ!知っていましたの?も〜、秘密にしていた意味が、ないですわ……。」 -- 2018-04-21 (土) 23:08:50
  • 錬金堂(現在祭事武器参のみ)「良いものができましたね。」 -- 2018-05-21 (月) 16:16:24

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-21 (月) 16:16:24