このエントリーをはてなブックマークに追加

SandBox/祭事百川学海限定台詞一覧

  • ジライヤ
    頭領(とうりょう)からの贈り物か。感謝する。
    もらってばかりで悪いな。俺にできることがあれば何でも言ってくれ。応えよう。
    ……俺の抱負が聞きたい?
    そんなことで良いのか。頭領が望むなら俺は構わない。
    頭領を守る。……満足したか?
    俺の信念は最初から最後まで変わらない。俺の頭領が変わらない限り、な。
    用が済んだのなら、もういいか。
    実は皆で頭領を驚かせようと……、すまない。今のは聞かなかったことにしてくれ。
    そういうことだから、行くぞ、頭領。はやく頭領の喜ぶ顔が見たいんだ。
    -- 2017-12-28 (木) 22:47:12
  • 上のジライヤの台詞を書いた者ですが、頭領が「望むなら」じゃなくて「望むのなら」でした…。
    すみません。 -- 2017-12-28 (木) 22:56:18
  • サンキボウ

    主(あるじ)サン、本当にもらってもいいのか?
    そっか、んじゃあ、ありがたくもらうとするかな。ありがとな、主サン!
    よーし、さっそく抱負でも書いてみっかな。主サンからもらったこの筆でさ。
    とは言ったものの、書く内容までは決めてなくてなー……。
    いい案が浮かぶまで、一緒にいてくんないかな?
    だってさ、俺が何かをしたいと思うのは主サンのことだから、
    主サンの近くにいたらその内なんか思い浮かぶかなーって思ってよ。
    ……え、俺なんか主サンが照れるようなこと言ったっけ?
    まあ、主サンのそういう顔は好きだからいいけど、あんま他のヤツには見せんなよな?
    -- 2017-12-28 (木) 23:32:03
  • モモタロウ

    なにこれ。僕に贈り物? ふうん、そう。……一応、お礼は言っておく。ありがと。
    筆なんて何に使えばいいんだって思ったけど、なるほどね。
    今年の抱負を書かせたいってことでしょ。
    主(あるじ)さんもなかなか策士になってきたね。
    別に、悪いとは言ってないよ。ただ、贈り物なんてなくても主さんになら……。
    ……話が逸れたね。それで、抱負を書けばいいんだっけ。
    特に書くことがない場合は、どうすればいいの?
    僕のなし遂げたいことなんて、とっくに主さんは知ってるだろうし、
    改まって書くことでもないし。
    それでも何かを書かなくちゃいけないなら、書くまで傍にいてよ。
    主さんが傍にいれば、書き終わったときにわざわざ探さなくて済むでしょ。
    ……それだけだよ。勘違いしないで。
    -- 2017-12-28 (木) 23:32:38
  • キイチホウゲン

    これは……ふっ、主君(しゅくん)はいつも良い物をくれるな。ありがとう。
    さて、この筆を使って主君への想いを綴ろうか。
    ……冗談だと思うなら、試してみるか?
    何を言っている、紙などなくとも書き記すことはできるだろう。
    主君のその身に、主君から授かったこの筆で、私の思いを余すところなく書いてやる。
    どうした、主君。腰が引けているぞ。
    もっと近くに寄らなければ、主君に触れられないだろう……?
    ――ハッハッハ、戯(たわむ)れが過ぎたな。
    揶揄(からか)ってすまない、主君。
    今年も主君に仕えることができる喜びに、
    柄(がら)にもなく舞い上がってしまったようだ。
    詫びにもならないかもしれないが、今年も主君を守る刀となることをここに誓おう。
    -- 2017-12-28 (木) 23:33:02
  • ヨリトモ

    主君(しゅくん)から頂戴した筆で抱負を書いたのだが……、
    これがすごく出来が良いんだ。この筆のおかげだ、主君。改めて礼を言うよ。
    主君にはいつも貰ってばかりだ。物であっても、幸せな感情であっても。
    私に何か返させてくれないか? 主君の心に何か彩りを添えたいんだ。
    ……抱負を見せてほしい? 構わないが、そんなことで良いのか……?
    ――いかなるときも決して驕らず。
    ふふ、特に面白みなどなくて残念だったかな?
    主君への想いは別枠でね。私の胸に秘めてある。
    知りたければ、触れてみると良い。……主君になら、私は構わないよ。
    -- 2017-12-28 (木) 23:33:33
  • ミチザネサマ

    梅はまだか……。
    ……これはこれは、主(あるじ)殿ではないか。
    俺になにか用か? ほう、この筆を俺に。……ありがとう。
    さっそくだが、この筆で抱負でも書かせてもらおうか。
    主殿が俺にくれたのだから、使わない手はあるまい? そうだろう、主殿。
    ……穏やかだ。こうも穏やかな日が、当たり前のように俺に訪れるとはな。
    望みもしなかったことだが、悪くはない。
    主殿が傍にいるからだろう。そうでなければ、煩わしいだけだ。
    しかし、当たり前なことなどない。
    ゆめゆめ忘れないよう、今はただ……主殿を感じていたい。
    -- 2017-12-28 (木) 23:34:06
  • アベノセイメイ

    これは素敵な贈り物を……ありがとうございます、主人(しゅじん)。
    今年の抱負をこれで書き記すのですね。さすが我が主人、趣のあることをなさる。
    さて……なんと書きましょうか。
    ありきたりではつまらない。かと言って華美過ぎても煩わしい……。
    ふふふ……心の内を偽ろうなど、私もまだまだ、ですね。
    ええ、主人の前ではこの心、隠さず全てをお伝えしましょう。
    いつまでも、我が主人と共に――。
    そのためにも、私の持つ全ての才を惜しみなく発揮しなければなりませんね。
    主人のために策を講じる……ああ、なんと甘美なことか。
    さあ、参りましょう。共に過ごす未来のために。
    -- 2017-12-28 (木) 23:34:30
  • イイナオトラ
    僕に贈り物があるって? わあ、可愛い筆だね。
    ありがとう、独神さん。すごく嬉しいよ。
    この筆を見ていて思ったんだけど、僕が今年どう過ごそうかな……って。
    もし良かったら、一緒に話さない? 独神さんと、少しでも長く一緒にいたいんだ。
    ふふ、ありがとう。独神さんが僅かな間でも独り占めできて嬉しい。
    っと、話が逸れちゃったね。今年どう過ごすか、について話さないと。
    僕は変わらず独神さんを守って、立派な領主になれるように、かな。
    独神さんはどう過ごしたい? ……もしも。
    ーーもしも、僕と同じ時間を過ごしたいと思ってくれているなら、良いのにな。
    -- 2017-12-29 (金) 01:34:40
  • アマツの台詞を記入した者です。三行目に脱字があったので、(原文ママ)を入れて、次回メンテで修正されても、分かりやすくしておいたのですが、どなたかがイザナミの所へ注意書きを移動していたので一旦直しました。それともイザナミの台詞もおかしい所があったのでしょうか?未所持故こちらでは確認出来ないので誰かお願い致します。 -- 2017-12-29 (金) 17:07:56
  • ヘイムダル
    これを私に? ……ふふ、ありがとう、独神様。少し、驚いた。
    贈り物をしてもらったことも、私の抱負が知りたいと言われたことも、だよ。
    この感情や、視えたものを曲にすることは容易(たやす)い。
    私は今までそうしてきたからね。けれど、文字を書いて伝える、か……。
    いいよ、独神様がそれを望むのなら、やってみよう。
    当然、書いたら褒美はあるんだよね、独神様?
    贈り物は独神様からの気持ち。でも、私が抱負を書いたらそのことに対する
    褒美がないと……だろう?
    何も形あるものだけが褒美とは限らない。気持ちだって立派な褒美になるよ。
    あるいは、独神様が褒美になってくれてもいいけれど?
    -- 2017-12-29 (金) 18:40:23
  • ヤマトタケル
    抱負を書け? ……面倒だ。断る。
    ……そう悲しそうな顔をするな。
    主(あるじ)にそんな顔されるくらいなら、多少の面倒は構わない。
    せっかく主から筆をもらったことだし、抱負を書いてやる。
    だからいつものように笑っていろ。俺は主の笑顔が嫌いじゃないんだ。
    ああ、そうだ。いいことを思いついた。
    俺が口にした言葉を主が書く、というのはどうだ?
    そうすれば俺は主に向かって話すだけで済むし、主の頼みも叶えられる。
    一度しか言わないから、聞き返すなよ。
    ――主を守る。
    では俺は寝る。後は任せたぞ、主。
    -- 2017-12-29 (金) 21:22:49
  • シュテンドウジ
    頭(かしら)、こんなところにいやがったのか。探したんだぜ?
    あん? 用がなきゃ探しちゃ悪ィのかよ。頭の顔見ねェと調子狂うんだよ。
    んで、頭こそおれに用事でもあんじゃねェの。それ、おれにくれるんだろ?
    筆、ねェ……おれじゃなくて他に喜びそうなヤツがいそうだけど、もらっとく。
    ……はあ? いやに決まってんじゃねーか。抱負だなんてめんどくせェ。
    っておい! そんな顔すんなよ!
    ……めんどくせェけど、頭にだけ教えてやってもいいぜ。
    その代わり! 今日はずっとおれの近くにいろよな!
    少しでも離れたら教えてやんねェから、そのつもりでよろしく頼むぜ、頭。
    -- 2017-12-29 (金) 21:30:03
  • モモチタンバ
    忍びである俺に贈り物か……主(あるじ)殿の心遣いに感謝する。
    仕えるべき相手から、褒美でもなく無条件に贈り物をいただくというのは、
    ……やはり慣れない。
    ……代わりに、抱負を書いてほしい? ふっ承知した。
    主殿、過ぎた主頼みだと分かってはいるのだが……笑ってみてくれないか?
    ……ああ、その笑顔だ。今年も変わらずに守りたいと思うのは。
    ありがとう、主殿。この俺がいつまでも主殿をお守りすることを約束する。
    抱負はその決意表明みたいなものだ。これは主殿が持っていてくれ。
    いつも同じことを言っていると思うかもしれないが、
    それだけ……大切に想っているんだ。
    -- 2017-12-29 (金) 21:40:15
  • フツヌシ
    どうしたんだい、主(ぬし)。そんなにバタバタと走り回るなんて珍しいじゃないか。
    ……私を探していた?
    そうか、それはすまないことをしたね。それで、なんの用なんだい?
    おや、これは良い筆じゃないか。私にくれると言うのなら、喜んで受け取ろう。
    それにしても……ふふ、いや、すまない。乱れた姿の主が愛らしくてね。
    そこまでして探してくれたのかと思うと、喉元辺りがやけに苦しくなるよ。
    主は魅力的だ。だからこそ、ほら……着崩れなんて似合わない。
    さて、主の愛らしい姿も見れたことだし、私はこの筆で抱負とやらを書くことにしようかな

    主が最中を見たい、と言うのならそこで見ていても構わないが……。
    そんなに警戒しなくても、何もしないよ。
    ……今はまだ、ね。
    -- 2017-12-29 (金) 21:51:07
  • ウンガイキョウ
    抱負……たくさんの秘密が渦巻いていて、ウズウズしますわ。
    なのに、主(ぬし)はその秘密を教えろと言うのですね? は、恥ずかしいですわ…!
    私の秘密、主に知られてしまっては……。
    ああ、考えるだけで鏡の前に立たされる心地です。
    人の秘密を暴くのはウズウズしてしまいます。
    主の気持ちもわかります。ええ、わかりますとも。
    でも……やっぱり、恥ずかしいですわ……。
    だって、主のために日々を過ごす、だなんて稚拙でーーあれ?
    今、私……ああ! 忘れてください! 主、今すぐ忘れてくださいーっ!
    うう……こうなったら、主の秘密を暴くまで主の傍から離れませんわ……!
    -- 2017-12-29 (金) 22:38:22
  • ウンギョウ
    独神様、やっと見つけましたわ。探せども探せども見つからず……。
    まあ、独神様も私を探していらっしゃったのですか?
    ……うふふ、ごめんなさい。嬉しいと思ったら、つい。
    会えない時間は心細く寂しいものでしたが、独神様が私を探してくださったことは、
    その寂しさ、悲しさを月の向こう側へ飛ばしてしまうほど嬉しいのですわ。
    私はただ独神様に会いたくて探していたのですけれど、
    独神様はどのような用事だったのですか?
    ーー素敵。こんなに綺麗な筆をいただけるなんて、私は幸せ者ですわね。
    今年も独神様と共に歩んでいきますことを、この筆に誓いますわ。
    文字にして残すのも良いですわね、せっかくの筆ですもの。使わないと、ですわ。
    -- 2017-12-29 (金) 22:44:26
  • ミシャグジサマ

    えらいイカした筆やな〜。 どないしたん? えっ、うちに贈り物?
    主(あるじ)様、おおきに! うち、大事にするさかい。 ホンマにおおきになぁ。
    せや、今年の抱負を書いたるわ。 そこにおってくれへん?
    なんや、主様がおると筆の進みが違うっちゅうか、ええもん書ける気がすんねん。
    うち、主様のこと好きやんか。せやから、こうぎゅーっと集中して……。
    ……あああ! う、うち今、なんっ……! わ、忘れてや!
    今のことはあれや、あの、くしゃみや! せやから忘れたってやー!
    うう、恥ずかしくてかなわんわ……。 うちかて、恥じらいはあるんやで、主様ぁ〜……。
    -- 2017-12-30 (土) 01:42:02
  • ここまで反映しました -- 2017-12-30 (土) 02:17:23
  • トール
    どうしたんだ、主(あるじ)さん。ロキに何かされたのか?
    違う? じゃあ、どうしてそんなに慌てて――俺に贈り物……?
    そ、そうか。ありがとう。……はは、情けない話だが、嬉しくて気が抜けてな。
    それにしても、主さんに何もなくてよかった。いや、厳密に言うと少しだけ違うな。
    主さんが心を乱す相手が俺でよかった、かな。
    ところで、俺に筆を贈るということは、これで何かさせたいことでもあるんじゃないか?
    やっぱりそうか。主さんの頼みなら喜んで聞こう。
    ……抱負、か。すぐに思いつくのは主さんのことだろうか。
    主さんを守ること。それだけはこの先何が起きようと変わらない想いだからな。
    さて、と。主さんの用事は済んだようだし、次は俺の用事に付き合ってもらうぞ。
    主さんと話したいことがたくさんあるんだ。いいだろう、主さん?
    -- 2017-12-30 (土) 09:13:47
  • ロキ
    ――は? おれに贈り物?
    ……別に嬉しくないわけじゃねぇよ。ただ、ゴシュジンは危機感ってのがねぇよな。
    普通、おれが後ろから抱き着いてる状況で贈り物を渡すか?
    まあ、ゴシュジンにはそういうところがあったし、だから気に入ってるのも事実だしな。
    イタズラしかけて驚かせてやろうと思ったけど、とりあえず今日はこれでいいか。
    んで、筆を贈ってきたってことはなんか書いてほしいことがあるんじゃねぇの?
    ふぅん、今年の抱負ねぇ。いいぜ、書いてやる。
    その代わり、書き終わるまでおれの腕の中でおとなしくしてろよな、ゴシュジン?
    -- 2017-12-30 (土) 09:19:30
  • 【福袋】タケミカヅチ
    ああ、何度書いても上手くいかない。どうしたものか......。
    ......? 主君(しゅくん)、どうしたんだ。
    そんなところにいないで、俺の隣に座れば良い。
    それで一体......この筆を、俺に? ......そうか、感謝する。
    ちょうど抱負を書いていたんだが、上手く書けなかったんだ。
    だが、主君からもらったこの筆があれば満足いくものに仕上がるだろうな。
    先刻までの俺に足りなかったのは、主君だったんだと思う。
    だからこれで――ど、どうしたんだ、主君。
    熱でもあるのか? つらいなら遠慮せずに言ってくれ。
    いつでも主君を守る剣は俺でありたいんだ。だから、頼ってくれると有り難い。
    -- 2017-12-30 (土) 19:01:58
  • セイリュウ
    よし、できたぞ先生。
    筆をくれたかと思えば抱負を書いて欲しい、と言われて驚いたが......。
    こういう時間も悪くはないものだな。楽しかったよ、ありがとう。
    それで、俺の抱負の出来はどうだろうか......?
    先生に見せるつもりで書いたものではあるが、さすがに少し、恥ずかしいな。
    ――そうか、安心したよ。
    先生への想いをこめたんだ。だから、そう言ってもらえて嬉しい。
    これからも俺は俺らしく、先生をお護りするつもりだ。
    改まって言うと照れくさいが......よろしく頼むよ、先生。
    -- 2017-12-30 (土) 19:07:48
  • ハクリュウ
    ああ、こんなに素敵な筆をワタシにくださるなんて......。
    ありがとうございます、主(あるじ)サマ。ワタシ、嬉しいです。
    抱負に何を書けば良いだろうかと迷っておりましたが、主サマのおかげで
    ワタシらしく良いものが書けそうです。
    ......なのですが、今しばらくお傍にいても良いでしょうか?
    いえ、主サマの傍にいると心から安らげて......心からあたたかくなるのです。
    今は小さな鳥も、やがては大きな龍になるように......。
    翼を休めることのできる場所。それが......。
    ふふ、今ならどんなに高くても軽々と飛び越えていけそうです。
    -- 2017-12-30 (土) 19:14:14
  • ダイダラボッチ
    どうしたよ、ぼっちちゃん。難しそうな顔して。
    ......これを渡すタイミングを窺(うかが)ってる? ......誰にだよ。はあ? オレ?
    なっ......そういうことは先に言えよな! ありがとな、ぼっちちゃん。大事にする。
    そう言えば、抱負を書いて欲しいとか言ってたよな。
    ぼっちちゃんからもらった筆で書くことにするか。......なんかいいな、こういうの。
    オレは誰かと行動を一緒にするとか苦手で、力加減だってまだできてねえ。
    でも、アンタとならいつかそういうことが苦手じゃなくなるような、そんな気がする。
    ――とか、オレめっちゃ恥ずかしいこと言ったよな?
    ......忘れ、いや、......覚えていてくれ。そうなるように頑張るから。
    -- 2017-12-30 (土) 19:20:31
  • シュンカイ
    まさか独神様から筆を頂戴できるとは......。
    分からないことがあるから知る喜びがあるというもの。
    感謝しているよ、独神様。ありがとう。こんなにも嬉しいと思えるとはな。
    それもこれも、すべては独神様のおかげというもの。
    ......いや、真実としてそうなのだ。謙遜はしないでほしい。
    私は独神様がそういう生き方をしているからこそ、強く惹かれているのだから。
    はは、では話の続きはまた今度にしよう。
    今は独神様からいただいた筆で今年の抱負を書くとするかな。
    興味があるなら見ていくといい。いや、むしろ......。
    なんと言えば正しく伝わるか分からないが、傍にいてほしいんだ。
    -- 2017-12-30 (土) 19:26:21
  • ここまで反映しました -- 2017-12-30 (土) 21:13:24
  • ヒカルゲンジ
    俺に贈り物だなんて、お上(かみ)は愛らしいことをするね。
    それに、上等な筆だ。これで文字を書くたびにお上を思い出せる気がするよ。
    せっかくお上もいることだし、今年の抱負でも書いてみようか。
    俺は……そうだな。お上のことは誰にも見られないように胸に秘めておきたいし、
    琴を弾く時間を増やす、とかにしておこうかな。
    お上だったら、どんなことを書く? なにを誓う?
    ……困った顔も魅力的だけれど、お上は笑顔の方が似合う。
    表情を変えるお上を見ているのは気分が良いけれどね。
    ふふ、意地悪だったかい?
    でもね、俺の言葉で心を動かす愛らしいお上が悪いんだよ。
    -- 2017-12-31 (日) 01:41:46
  • テッソ
    わあ、とっても齧(かじ)りがいのありそうな筆。これをわたしにくれるんですか?
    ありがとうございます、ぬしさま。
    ……ふふっ、そんな心配そうな顔をしなくてもこの筆は齧りませんよ。
    せっかくぬしさまからもらったものなんですから、大事にかじっ……します。
    はい……ぬしさまが言うなら、抱負を書いてみせますね。
    でも、お腹が空いてきちゃって……齧りたい……。
    抱負を書く前に、何か齧りませんか?
    ぬしさまと一緒にひとつのものを齧ってみたいんです。ねえ、いいでしょう、ぬしさま?
    -- 2017-12-31 (日) 02:50:16
  • タマヨリヒメ
    主(ぬし)サマったら、こんなところにいたんですネ。
    すっごくすっごく探しました。……ただ、会いたかったんです。
    え、主サマも私を探していたんですか? すれ違ってしまってたなんて……。
    悲しいですけど、でもこうして巡り合えたからいいんです。ふふ。
    そう言えば、主サマはどうして私を……筆をくださるんですか?
    ありがとうございます、主サマ!
    私、とっても嬉しいです! そうだ、さっそくこの筆で抱負を書いちゃいます!
    ずっと考えていた気持ち、主サマにも見せたいから……
    だからもう少しだけ、傍にいてくださいネ?
    -- 2017-12-31 (日) 14:50:56
  • イザナギ
    主(あるじ)よ、興味深いことをしておるな。
    どれ、儂(わし)にもひとつやらせてくれ。そのためにこの筆をくれたのであろう?
    ……ふむ。いざ筆を手に取り抱負を書くとなると、存外浮かばぬものだな。
    あることにはあるが……儂が主のために尽くすことは、改めて言うことでもなかろう。
    そうなれば一体何をどうして……――ほう? これは良いものを見た。
    ハハッ! こんなに目出度(めでた)いことがあるなど、幸先が良い。
    今年は主のそういう良い表情が見れるよう、儂が手を尽くすとしよう。
    誉に思うことだな、主よ。この儂にここまで言わせるのは主だけなのだから。
    -- 2017-12-31 (日) 15:03:16
  • 【華服】テッソ
    ぬしさま、ぬしさま。着替えてきました。ふふ、ぬしさまったらお顔が真っ赤ですよ?
    いつまでもぬしさまに可愛がってもらいたくて、着換えちゃったんです。
    たまには、いつもと違うわたしも……いいですよね?
    ぬしさまからいただいた筆、齧(かじ)らないで大事にしているんです。
    でも、触ると齧りたくなっちゃうから、じーっと眺めるだけにしてます。
    それだと筆を使えないから困ってるんですよね。抱負、書けないし――
    え、代わりにぬしさまが書いてくれるんですか? お願いします!
    ……抱負を書いてるぬしさまの手を見てたら、お腹が空いてきちゃいました……。
    ほんの少しだけ、ぬしさまのことを齧ってみてもいいですか?
    痛くしませんから……ちょっとだけ……甘齧りくらいですから……だめ?
    -- 2017-12-31 (日) 20:14:58
  • 【執事】ゴトクネコ
    ニャあ、あるじはおれの抱負が知りたいって言ってたよニャ?
    それニャら、とっておきの方法を思いついたんだ! 聞いてくれるよニャ?
    あのニャ、あるじからもらった筆を使って、この紙に書くっていうのはどうかニャ。
    それだけじゃニャいぜ! さらに後退で一文字ずつ書くんだ!
    面白そうだろ? やるよニャ? よし、決まりだニャ!
    まずあるじからだニャ。それじゃ、あるじ、準備はいいか?
    ――お手をどうぞ、ごしゅじんさま。
    ……ドキドキしてくれたかニャ?
    せっかくこの衣装を着てきたからニャ、あるじをドキドキさせてやるぜ。
    油断するニャよ、あるじ?
    -- 2017-12-31 (日) 20:20:50
  • スザク
    僕に贈り物を……? ありがとう、先生。大事にするよ。
    それにしても、先生はいつも良いタイミングで欲しいものをくれるね。
    もしかして、僕と先生は奥深いところで繋がり合っているのかもしれないな。
    ……ふふっ。半分くらいは冗談のつもりだったんだけど、
    そんなに可愛い反応をされたら、抑えが効かなくなってしまいそうだよ。
    いつか先生と僕が燃え上がるような時間を過ごせたら最高、なんだけどね。
    今年はそれを抱負にしようかな。
    え? 今のは本気で言ったんだけど……困ったな。
    僕は冗談でこんなことは言わないから、真剣に受け止めてくれると嬉しいな、先生。
    -- 2018-01-01 (月) 23:47:07
  • カミキリ
    ふひ、ふひひ……独神サマからもらった毛筆……すごい、手触り……。
    こんなにツヤツヤでフサフサでサラサラの毛筆、見たことない……。
    ……もしかして、独神サマの髪で作った……?
    ふひひ……言われなくても、独神サマの髪は見分けられるから……大丈夫。
    こ、この毛筆で、抱負を書くのは……嫌……!
    墨で、汚したくない……どうしても、抱負が知りたいなら、アタシが直接言うから。
    ……ふひっ、独神サマの耳元に口、近づけたら……髪に触れちゃうかも……。
    でも、もしも触れても、不可抗力、だよね……?
    -- 2018-01-01 (月) 23:54:58
  • タマモゴゼン
    のう、主(あるじ)殿は先ほどからコソコソと何をしておるのじゃ?
    わらわのことが気になってしまうのも仕方ないが、ーーほう、これをわらわに。
    んふふ、主殿もようやくわらわの魅力に気がついたのであろう?
    そうでなければ、かように上等な筆を贈ったりはしないじゃろうしのう。
    して、主殿よ。わらわの今年の抱負でも聞いていかぬか?
    そう気負うでない。今年も主殿を愛おしく想うと、ただそれだけじゃ。
    ……ただそれだけのことが、どうしてこうも胸を熱くさせるのかのう。
    分かっていても、なぜかと問いたくなるのが情というもの。
    そうであろう? 主殿ーー。
    -- 2018-01-02 (火) 00:01:37
  • ここまで反映しました -- 2018-01-02 (火) 01:36:40
  • ヤマオロシ
    オレ様に贈り物ってことは、ネーーーお、おう、筆だな!
    いや、何も言いかけてなんかねーよ!
    んなことより、筆!ありがとな、ゴシュジン!
    何に使ったもんかと思ったが、今年の抱負を書くのに使えばいいか。
    抱負なんて書いたことねーからわかんねーんだけど、
    豊作とか大収穫とか、そんな感じか?それとも、ゴシュジンを守るとか、
    ゴシュジンの邪魔するヤツはすり下ろすとか、そういうのか?
    いっそ全部書いちまうのもいいな!
    よし、そうくりゃゴシュジンも手伝ってくれ! いいだろ?
    一文字ずつ書くってのはどうだ?
    その方がゴシュジンと一緒にできて楽しそうだしよ!
    じゃあまず、オレ様が先な! ......ネ! よし、次はゴシュジンの「ギ」の番だぜ!
    -- 2018-01-02 (火) 22:26:23
  • イッシンタスケ
    っだー!しゃらくせぇ!
    ああ、上(うえ)様が悪いわけじゃねぇんだ。
    ただ……こう、じっと紙に向かって筆を向けるってのはどうにも性に合わなくてな。
    抱負って言われても、やんなきゃなんねーことは腐るほど……。
    なんでぇ、上様。何か言いたそうじゃねーか。
    ん?オレ様が一番やりたいこと?
    そりゃあ、もちろんーーー上様の役に立つことだぜ!
    それがオレ様の一番の喜びで、生きがいで、幸せだ!
    っと、妙な顔してどうした?さては感動して言葉もないってところか?
    ははっ!嬉しいねえ。
    ってなわけで、これからもよろしく頼むぜ、上様!
    -- 2018-01-02 (火) 22:38:24
  • ヒルコ
    抱負を書いてほしいの?いいよ、あるじさんのお願いなら何でも聞いちゃうから。
    うーん、でも急には思いつかないかな。難しいね、あるじさん。
    例えばだけど、あるじさんにもっと頼ってもらえるように、とか、
    あるじさんがもっと……。
    あれ、おかしいな。あるじさんのことばっかりだ。
    いつの間にかおれの心の中、あるじさんでいっぱいだったんだね。
    だからあるじさんとだけは離れたくないのかな。
    流れに身を任せてばかりで、独占欲とかそういうのってよく分からなかったけど、
    あるじさんのお陰で、おれ……なんとかしたいと思えるようになったよ。
    いつまでもあるじさんと一緒にいれるようにしなくちゃ、ね。
    -- 2018-01-02 (火) 22:43:07
  • オツウ
    まあ、立派なお筆……これを私にくださるのですか?
    ありがとうございます、ご主人様。私ったら、ご主人様にいただいてばかりですね……。
    胸の内にあたたかく灯るこの想い。すべてご主人様からの贈り物です。
    ご主人様が同じように……いいえ、私以上にあたたかな気持ちになるような、
    そんな布を織ってみせます。きっと、今年中に織ってみせますからね。
    でも、本当はーーー
    ……この身が尽きるまで、ご主人様のために布を織っていたいのですけれど、ね。
    ふふ、今のこの気持ちを、ご主人様からいただいたお筆で書き残すとしましょう。
    そうだ、ご主人様も何かを書いてみませんか?きっと楽しいですよ。
    ご主人様と一緒にすることは、いつだって心があたたかくなりますもの。
    -- 2018-01-02 (火) 22:49:10
  • クウヤ
    とても素敵な筆だ。ありがとう。嬉しいよ、主(ぬし)。
    この筆で私の抱負を書いてほしいのか?主の頼みなら、喜んで。
    ……できたぞ、主。私の今年の抱負だ。
    ふふっ。そう慌てた顔をしてどうしたんだ?予想外のことでも書いてあったか?
    しかしそれには偽りなど書いていないぞ。
    主の予想外であったのなら、もっと私を見て欲しい。
    ……とはいえ、悩ませたいわけでもないんだ。
    だから主、共に茶をいただかないか?
    主と茶を飲むこの時間を、より多く過ごせるように平和を取り戻すことが抱負だ。
    先ほど主にだけ見せたあの抱負も、このことに繋がっているのだ、主。
    -- 2018-01-02 (火) 22:57:49
  • ヤヲビクニ
    私に贈り物を……?ありがとうございます、主(あるじ)殿。
    繊細な筆ですわね。美しく、儚く……まるで主殿のよう……。
    私が今年の抱負を語るなど、おかしなことかもしれませんが、
    永遠ではない決意を残してみるのも、いい経験かもしれませんわ。
    椿のように、潔い生き方を、と思っておりました。ですが今はーーー
    ……主殿を想い続けたい、のです。
    生き永(なが)らえることに執着などはありませんけれど、
    主殿との過ごせるであろう未来は、心から望んでしまいます。
    この命ある限り、主殿をお守りし、想い続けましょう。
    -- 2018-01-02 (火) 23:10:53
  • マサカドサマ
    ……将軍の気配が近づくと、身構えるより先に心が浮き立ってしまう。
    なんとも情けないことよ。だが、悪くない気分だ。
    それで、俺に何か用か、将軍。……この筆を俺に、か。ありがたく頂こう。
    そういえば、抱負を書いてほしい、などと言い回っているようだな。
    将軍の指示であれば背くことはしないが……。
    俺の抱負が知りたいのであれば相応の覚悟が必要というもの。
    将軍よ、その胸の内に秘めるのは他でもない……この俺だけだと誓え。
    いかなるものを見聞きしようと、収め、意識するのは俺の抱負のみ。
    その覚悟ができているのなら、この身を賭してお伝えしよう。
    -- 2018-01-02 (火) 23:53:05
  • ナリカマ
    ぬしさまが、私に贈り物を……?いや、すまない。驚いてしまってね。
    ちゃんと嬉しいよ、ありがとう。こんなに素敵な筆をもらえるとは思わなかったんだ。
    良い報せの有無は占えば分かることだが、
    ぬしさまと私の行く末は自分の目で確かめたくてね。
    だから、ぬしさまとのことは占わないようにしている。
    その方が今みたいに新鮮な喜びを得られるからさ。
    ぬしさまが知りたいのなら占うけれどーー……そうか。やはりぬしさまは素敵だね。
    今年も一年、ぬしさまの力になれるよう精進するつもりだ。
    ぬしさまも、私に頼み事があれば遠慮なく言ってくれ。
    -- 2018-01-03 (水) 02:12:39
  • ここまで反映しました -- 2018-01-03 (水) 03:17:22
  • 【書初】タケミナカタ

    主(あるじ)、見てもらいたいものがある。いいかな、少し。
    主からもらった筆で抱負を書いたんだ。悩みはしたが、
    僕の素直な気持ちだ。……どう、だろうか。……そうか、僕らしいか。
    ……主にどう思われるか気にするなど、僕はどうしたんだろうな。
    この想いの正体がなんであろうと、僕が主を守ることは揺るがない。
    誓って言おう、僕はこの先何が起きようと、主を必ず笑顔にすると。
    守るのならば、肉体だけでは意味がない。主の心も守り抜いてみせる。
    主の笑顔が一番に見られる場所で、僕も主と笑い合えたら……。
    ……どうやら衣装が変わると気持ちも変わるようだ。
    こんなことを主を前にして言葉にするだなんて、少しだけ恥ずかしい。
    ……恥ずかしいけれど、それだけ伝えたいことだと分かってくれたら嬉しい。
    -- 2018-01-03 (水) 21:39:18
  • 【錦繍】タマモゴゼン

    せっかく主(あるじ)殿から筆を頂戴したものの、わらわのお気に入りの衣装に
    墨の一滴でも跳ねたら敵わぬ……。ああ、よいことを思いついた。
    主殿がわらわの代わりに抱負を書くのはどうじゃ?
    わらわが書くべき言葉を述べ……主殿がそれを書く。
    んふふ……わらわと主殿、ふたりの共同作業、というのもよいであろう?
    そうと決まれば主殿よ、わらわの想いを主殿の手で書いておくれ。
    何を書くのか、今からわらわが主殿に伝えるゆえ……ほれ、近う寄れ。
    もっと近づかねば聞こえなかろう?
    ……なんじゃ、照れておるのか? ふふ、ほんに主殿は愛らしいのう。
    -- 2018-01-03 (水) 21:45:40
  • ここまで反映しました。
    「【書初】タケミナカタ」のスペースが無かったので勝手ながら追加しました。位置が目録と違うなど、おかしい部分がありましたらお手数ですが、どなたか修正をお願い致します。 -- 2018-01-04 (木) 00:49:36
  • コンピラ

    つっかまーえた! 主(ぬし)様が構ってくれないから、捕獲することにしたぜ。
    ……え、俺のこと探してくれてたの? ははっ、すっげー嬉しい。
    んで、なにか用事が……これを俺に? さんきゅ、主様。ずっと大事にするからな!
    そういえば今年の抱負を書けとか言ってたな。主様からもらった筆で書くとするか。
    まだどんなことを書くかは決めてないけど、俺の想いは変わらないから。
    ちゃあんと俺のことを見てくれてる主様なら、分かってくれてるよな。信じてるぜ!
    ……いつまで腕の中に閉じ込めるつもりかって? さーて、いつまでかな。
    このままずっと、こうしてようか、主様――。
    なーんてな! でも、もう少しだけ、このままでいさせてくんない?
    主様が俺の腕の中にいるってのが、すっげー嬉しくてさ。頼むよ、主様!
    -- 2018-01-04 (木) 02:45:16
  • クツツラ

    こんなところにいたんだね、主(ぬし)。探したんだよ?
    なぜって、決まっているじゃないか。主の今日の靴をまだ磨いてなかったからね。
    さあ、今はいてるその靴、はやく私に磨かせ――筆? 私にくれるの?
    ……ありがとう。主からもらうものは、いつだって私を幸せな気持ちにしてくれるね。
    そうだ、今年の抱負をどうするか悩んでいたけど、主のおかげで良いものが浮かんだよ。
    毎日、毎時間、毎分、毎秒、主の靴を完璧に磨くこと。
    ふふ、どうだい? 素晴らしい抱負だろう?
    ではさっそく、私の抱負の通りに行動させてもらうよ、主。
    ……靴を脱ぎたくない? 仕方ないな……じゃあ、そのままじっとしていて。
    ふふっ、主のはいている靴を綺麗にできるなんて……堪らないよ。
    -- 2018-01-04 (木) 02:50:58
  • フグルマヨウヒ
    センセイ、これをワタシにくれるんですか?
    うわあ、うわあ!すごいです!この筆があれば何でもできるきがしますよ!
    さっそく抱負を書いてみますね。あ、センセイはそこに座っててください!
    ふっふっふ……ワタシが今から超絶怒涛の筆使いでセンセイを魅了してみせます!
    たあっ、とう!……ふう。どうですか、センセイ。ワタシの抱負の出来栄えは。
    ドヤァァ……!そうです、ここの字のハネがすごくうまくいったのです。
    センセイに褒めてもらうと、嬉しくて頬が緩んじゃいますー……えへへ。
    そうです、センセイも一緒に書きませんか?
    センセイの字、見てみたいのですよー!ワタシも負けじともう一回書きます!
    -- 2018-01-04 (木) 22:40:35
  • ワカウカノメ
    独神さま、わたしの抱負を見てくださいますか?
    独神さまからいただいた筆で書いてみたんです。でも、自信がなくて……。
    わたしらしく書けていたら良いんですが……どう、ですか?
    この辺とか字を小さく書きすぎて失敗しちゃったかなって思ってたんですけど……。
    ……え、大きさが不揃いな方が味があって良い?
    そ、そうなんですか?独神さまに言われるとなんだか嬉しい……。
    川の流れのよう、って、それは褒めているんですよね?
    あーっ、独神さま、笑ってますね!もう、いじわるですよっ!
    ……いじわるな独神さまも、嫌いじゃないですけど。
    -- 2018-01-04 (木) 22:45:51
  • ビシャモンテン
    うーん、抱負どうしようかなー。どうにでもなる、とかそういうのでいいかな。
    よし、書くぞ〜……って、あれ?筆がない!どうしようー……。
    あ、主(あるじ)さま!え、これをくれるの?
    わあ、嬉しい!ありがとう、主さま!ふふ、さっそくなんとかなっちゃった!
    あのね、抱負を書こうとしてたんだけそ、筆がなくて……。
    *1
    でも、こうして主さまがくれたからもう大丈夫!さすが私、強運だね!
    ……でも、これは運じゃなくて、主さまの優しさ、なんだよね。
    主さまの気持ちがあるから、今の私がいる。
    ーーなんとかなるんじゃなくて、なんとかしなきゃ。
    あるじさまのために、少しずつでも私、成長できてたら嬉しいな。
    *2
    -- 2018-01-04 (木) 22:54:36
  • ダイコクテン
    おや、主(あるじ)じゃないか。どうしたんだい。
    私に贈り物か……これは驚いたな。ありがとう。
    今年の抱負を書こうとしていたんだけど、筆をなくしてしまっていてね。
    この袋から取り出してみようかと悩んでいたところだったんだよ。
    さて、主さえ良ければ抱負を書き終わるまで待っていてくれないかい。
    終わったらお茶にしよう。主と飲みたいんだ。
    しかし、本当に良い筆だ。私の袋を探してもこれほどのものは出てこないだろうね。
    本当に望むものは手の届く距離にあるというのに、この袋の中にはいないのだから。
    ……不思議だね、主。
    -- 2018-01-04 (木) 22:59:04
  • ホウイチ

    こんなに上等な筆、おれがもらっても良いのか?
    ……そうか。主(あるじ)の心がこもった品だ。ありがたくもらい受けるよ。
    しかし、抱負を書こうとしていたところだったんだが、
    生憎(あいにく)と紙を切らしてしまっていてな。
    もしも主が良ければ、なんだが……手伝ってはくれないだろうか?
    ははっ、二つ返事で了承とは、さすが主だ。頼もしいな。
    ではまず、おれの手が届くところまで来てくれ。
    そうしたら動かずにじっとしてくれれば良い。
    あとはおれが、主の身体に余すところなく抱負を書き綴るだけだからな。
    ……動くな、と言ったはずだが。それに、了承したのは主だぞ。
    安心してくれ。しっかりと全身に書いてみせよう。
    耳であっても書き漏らしなどしないさ。
    -- 2018-01-05 (金) 02:11:57
  • ヤト

    主(ぬし)サマ! これを私に……? ありがとうございます、嬉しいです!
    さっそく今年の抱負をこの筆で書きますね! ふふ、とっても書きやすそうです。
    もしよかったら、抱負を書いてる間……隣にいてくれませんか?
    よかった。少しでも長く、主サマと一緒にいたかったんです。
    ふふ、欲張りですね、私。
    ……主サマの傍にいると、幸せな気持ちになります。けど……
    私は主サマにどんな気持ちをお返しできているのかな、って。
    主サマへの想いは増していくばかりで、
    いつか主サマが苦しくなってしまわないか……。
    私を厭(いと)うようになってしまわないか、恐ろしくなってしまうんです。
    ふふ……主サマはきっと、いつまでも私を幸せな気持ちにしてくれるんでしょうけどね。
    -- 2018-01-05 (金) 02:25:03
  • クラマテング
    私の今年の抱負が聞きたい? ふむ、急に言われてもな……。
    いや、信念というものはあるんだ。
    だが、今年の抱負といわれると、少し考えてしまうな。
    今年中にしたいこと……そうだな、独神(どくしん)さんにーー。
    ……これは私の胸の内に秘めておこう。
    もらった筆は別のことに使わせてもらうとするよ。すまないな、独神さん。
    そう不満そうな顔をしないでくれ。なにも隠しておきたいわけではないんだ。
    ただ、誰かに伝えてしまうと私の中での決意が揺らいでしまいそうで……。
    この決意だけは、私だけの力で叶えないといけないんだ。
    ……ははっ、わかってくれて嬉しいよ、独神さん。感謝する。
    -- 2018-01-05 (金) 23:17:08
  • オトヒメサマ
    主(ぬし)様が私に贈り物だなんて、ドキドキしちゃった!
    うふふ、しかもこれってすごく上等な筆じゃない? ありがとね、主様。
    きっと主様が私のために考えてくれたんだって思うからーー
    な、なによ、その顔! 私だって……いつも感謝してるんだからね。
    主様には宴に参加してもらいたいけど、でも……。
    ……宴のない日だって、主様と過ごしていたら特別で素敵な日になるから。
    だから、もしも今年をどう過ごしたいか決めるとしたら、それはね、
    主様とどんな時間も一緒に過ごせるように……かなって、そう思うんだ。
    -- 2018-01-05 (金) 23:21:30
  • ライデン
    おれに筆をくれるのか?ごっつぁんです!
    しかし、こんな繊細なものをおれに扱いきれるのか不安だな……。
    そうだ!主(あるじ)が使い方を教えてくれねえか?
    今年の抱負を書こうと思ってるんだけどよ、うまく考えもまとまらねえんだ。
    主と一緒に語り合いながら、筆の扱いも教えてもらえれば一石二鳥(いっせきちょう)。
    *3
    なんてよ、それらしい理由を言ってはいるが……、
    単純におれが主とより多くの時間を過ごしたいと思っただけでな。
    はっはっは!我がことながら、格好のつかない誘いになっちまった。
    けど、主なら乗ってくれるはず。そうだろ、主?
    -- 2018-01-05 (金) 23:24:45
  • キンタロウ
    これを、俺にくれるというのか?
    なるほど、なかなかによい筆のようだ。ありがたく頂戴しよう。
    そうだ、この筆で今年の俺の抱負でも書くとしようか。主(あるじ)さんも気になるだろう?
    せっかくの筆始め、ただの抱負ではつまらんな……。
    ……よし、主さんの筋肉を鍛え上げる、にしよう!
    お、おい!筆を取り上げられたら書けないではないか!
    ははーん……さては、この俺と力比べをしようって寸法(すんぽう)だな?
    主さんからの挑戦なら受けない手はない。さあ、どこからでもかかってくるがよい!
    こないならば、俺が主さんを抱きしめてしまうぞ?
    -- 2018-01-05 (金) 23:29:03
  • キンシロウ
    今年の抱負? そりゃあもちろん――
    一路順風(いちろじゅんぷう)! お上(かみ)の幸先がそうあるようにってな。
    お上の前に立ちはだかる七難八苦(しちなんはっく)は、この俺が見事解決してやるぜ!
    だからお上はどんと構えてくれりゃあ良いんだ。それがお上のお役目ってね。
    ……とは言え、息抜きも大事だぜ?
    息抜きしたくなったらいつでも俺の手をとりな。
    お上が笑い転げちまうくらい、楽しい時間をお披露目(ひろめ)してやるからよ。
    さあて、八百万界(ヤヲロズカイ)の平和のために、今年もいっちょ頑張りますか!
    -- 2018-01-06 (土) 01:09:13
  • ゲンブ
    これは良い筆ですね。ありがとうございます、先生。
    しかし、先生には欲というものがないのでしょうか。
    いつも私ばかりこうして嬉しく思うばかり……。
    今年は先生のわがまま、というものを聞いてみたいものです。
    ……そうですね、今年はそれを抱負にしましょうか。
    先生からいただいたこの筆で、いつでも見返せるようにしたためるのも良いでしょうね。
    わがままが思いついたら、他の誰でもなくこの私にお知らせください。
    先生がわがままを言える相手は私が良い、という私のわがままです。
    -- 2018-01-06 (土) 01:09:50
  • ここまで反映しました -- 2018-01-06 (土) 01:21:18
  • ヤマビコ
    主(あるじ)さん、きれいな筆をありがとー!
    わたし、この筆でさっそく抱負を書いてみたんだ! みてみてー!
    ……どうかな? えへへ、わたしらしく書けてた? 嬉しいな、ありがと、主さん!
    あのね、わたしの中の主さんへの想いがすごく大きくなっちゃったの。
    もしかしたら、主さんも同じ気持ちなのかな……なんて、思っちゃうんだ。
    だって、主さんの気持ちがわたしの中で反響して……それで大きくなってるのかも、って。
    そうだったら、嬉しいな。主さんの気持ち、わたしが大きな声で伝えちゃうから!
    ……内緒の気持ちだったら、小さい声で教えてね、主さん。
    -- 2018-01-06 (土) 03:29:13
  • ビンボウガミ
    ……主(あるじ)さま、こんなに素敵なものを、僕にくれるなんて……。
    あ、あり……がとう……。すごく、すごく嬉しい。
    僕、いつも……迷惑かけてばっかりで、主さまを幸せに、できてなくて……。
    悔しい、から……絶対、主さまを、僕が幸せに……する……。
    不幸なこと、だけじゃなくて……幸せなことも、全部、主さまの全部……、
    僕のせいに、してほしい。……ぬしさまの気持ち、全部僕に、ちょうだい。
    この、筆……。今年の抱負を書くのに、使うね……。
    ……僕の抱負、さっき言ったこと、だから。覚えていてくれたら、嬉しい……。
    -- 2018-01-06 (土) 03:34:56
  • タキヤシャヒメ
    わたくしに贈り物……うふふ、嬉しいわ。
    この筆の艶……色、形……すべてが完璧に美しい……まるで将軍様のよう。
    さっそく私の想いを……いいえ、筆を墨汁なんかで汚したくない。
    ああ、どうしようかしら。汚したくないのに……。
    将軍様のように大切にして、いつまでも目の届くところに置いて……。
    いつか本当に将軍様をわたくしだけのものにできたときのための、練習として……。
    うふふ、わたくしの手で汚れるのなら、それは……良いのかもしれないわね。
    ねえ、将軍様……わたくしの手で、この筆で、わたくしのものだと誓って……?
    -- 2018-01-06 (土) 03:40:21
  • ビンボウガミ、タキヤシャヒメの祭事台詞を書かせていただいた者です。二人とも独神への呼称に表記揺れがありますが原文ママです。 -- 2018-01-06 (土) 03:41:42
  • イズモオクニ
    筆始(ふではじめ)ですの? ええ、それは構いませんけれどーー。
    どうせ座頭(ざがしら)とするのなら、もっと艶っぽいことを……。
    ……はっ! な、なんでもありませんわ!
    それで、今年の抱負を書けば良いのですわね?
    それなら決まっていますわ。座頭には特別に私の口からお伝えしましょう。
    私の抱負、心してお聞きなさい。
    ーー座頭を手玉にとってみせる。ですわ。
    ウフフ……座頭と言えど、この私が骨の髄まで魅了してご覧に入れましょう。
    さあ、覚悟なさいませ。
    -- 2018-01-06 (土) 03:46:34
  • ヤヲヤオシチ
    私に筆をくださるのですね。ありがとうございます、主(あるじ)様。
    命が尽きようと、一生大事にいたします。
    せっかくですし、いただいた筆で主様への想いを書いてみましょうか。
    ふふっ、この筆に触れると主様を感じます。滑らかで美しい、私の主様……。
    一度火がついてしまえば、何もなくなるまで燃え上がるだけ。
    主様の姿も、私の想いも、跡形もなくなるまで強く深く熱く激しく厳かに……。
    煙を燻(くゆ)らせ、主様と私を誰からも隠し通せたら素敵でしょうね。
    その日がいつか訪れると信じて、今は主様のお傍でお守りしましょう。
    今後とも、私をお傍においてくださいね、主様?
    -- 2018-01-06 (土) 03:52:59
  • アギョウ
    ねえ、ボクを探してるんじゃないの?
    やっぱりそうだ。だって独神サマ、胸がいっぱいって感じの目をしてたから。
    独神サマがそこまで想う相手なんて、ボクに決まってるもんね。そうでしょ?
    それで、ボクに何か用事があったんじゃない? へえ、贈り物ね。
    仕方ないから受け取ってあげる。独神サマは趣味が良いからね。
    中身は筆、か……。そう言えば今年の抱負がなんとかって言ってたね。
    これで書いて欲しいの? いいけど、その代わりボクのお願いも聞いてね。
    ーー今日くらいは、ボクの傍から絶対離れないこと。
    分かったら、返事は? ふふ、よろしい。
    -- 2018-01-06 (土) 03:58:07
  • ここまで反映しました。 -- 2018-01-06 (土) 23:53:47
  • スズメ
    ちゅんちゅん、主(あるじ)さまからの贈り物! つづらに入れて大事にしますね!
    ふふっ、つづらに入れる宝物がたくさん増えて、もう入りきらないかもしれません。
    それだけ、主さまとの日々は僕にとってかけがえのない宝物なんです。
    今年はよりいっそう主さまのことを邪魔する悪霊を殺しまくりますから、安心してくださいね。
    悪霊がいなくなれば、主さまとふたりきりの時間も増えますよね?
    そうと決まればさっそく――……でも、やっぱろもう少しだけ。
    ……もう少しだけ、主さまのお傍にいてもいいですか?
    主さまとの時間が嘘だったら、僕は誰の舌を切ればいいんでしょうね……。
    -- 2018-01-07 (日) 00:22:05
  • ガゴゼ
    今年の抱負……? 僕の……?
    ……主(あるじ)さんが言うなら考えるけど……。
    誰にも言わないでね? だって……。
    ……僕と主さんだけの秘密、だから。
    …………あの、考えたんだけど……すぐには思い浮かばなくて……。
    だから、主さんが良ければ、なんだけど……一緒に考えてくれない、かな。
    主さんと考えた抱負なら、何があってもやり遂げようって思うし……。
    だめ、かな……。
    え、ほんと? 僕と一緒に、考えてくれるの……?
    ふふ、嬉しい。……ありがとう、主さん。
    これからも、僕の主さんでいてほしいな。
    -- 2018-01-07 (日) 09:50:56
  • カマイタチ

    やっと見つけた、主(ぬし)様……主様もオレを探してたのか?
    これを、オレに……? ありがとう、傷つけないように大事にするよ。
    この筆で今年の抱負を書いてほしい、か……。
    わかった。主様の頼みなら聞かないわけにはいかないからな。
    今年が主様にとって幸の多い年であるように――、
    いや、これだと長いか。もっと短い言葉に切らないと……。
    ……主様、なに笑ってんだ。オレは必死に主様の幸せを考えて……っ!
    ……は? 主様の幸せを願うのは当然だろう。
    オマエはオレのたったひとりの主様なんだからな。
    そうだ、主様の今年の抱負は、オレからの想いを自覚する。ってことで。
    っはは、そういう困った顔も良いもんだな。今年もよろしく頼むぜ、主様。
    -- 2018-01-07 (日) 09:51:46
  • ネズミコゾウ

    なあなあ、お頭(かしら)。それ、おれにくれるつもりなんだろ?
    ……えっ、本当かよ!
    いや、カマをかけたっていうか、そうだったら良いな、くらいで……。
    要らないなんて言ってないだろう!
    せっかくお頭がおれにくれたんだ、大事にするぜ!
    せっかくだからこの筆で抱負を書こうと思うんだけど、内容が浮かばねえんだ。
    お頭だったらどんなことを書く? おれはお頭の色んなことが知りてえ。
    なんか飲み食いしながら抱負について話そうぜ。
    たまにはおれと語り明かすのも悪くないだろ?
    盗みの腕前以外でもお頭をあっと言わせてみせるからさ。
    -- 2018-01-07 (日) 09:52:35
  • ボロボロトン
    主(あるじ)、こんなにすごい筆、本当に俺にくれるの……?
    ち、違うよ……! いらないとか、そういうわけじゃなくて、すごく……嬉しいんだ。
    主が俺のことを考えて用意してくれたことが、すごく嬉しいんだよ。
    今年は、俺が主をもっとたくさん喜ばせるんだ……!
    だから、主の好きなものとか、たくさん教えてほしいな。
    友達……よりも、もっと、もっとたくさんのことを主とはしたいって思うんだ。
    偽物の俺を本物の友達だって言ってくれる主さんが、俺はどんなものより大切だから。
    ……主、今年もよろしくね?

    ※「主さん」となってる所は原文通りです -- 2018-01-07 (日) 09:54:56
  • シバエモン
    オレに筆をくれるのか? いやぁ、悪いな。ありがたく使わせてもらうぜ。
    ちょうど今年の抱負を書こうとしてたところだったんだ。
    拍手喝采(はくしゅかっさい)、満員御礼(まんいんおんれい)ってな!
    そうだ、ついでと言っちゃあなんだが、座頭(ざがしら)も書いていかねえか?
    ほら、遠慮すんなって!
    ……しかし、良い眺めだな。座頭がオレの手の届く距離にいるなんてよ。
    例えばオレがその気になれば、座頭を腕の中に閉じ込めることもできるんだぜ。
    はは、そんなに警戒しなくてもまだ手は出さねえよ。
    まあ、でも……そうやってオレのことを意識してくれた方がありがたいかな。
    -- 2018-01-07 (日) 10:02:11
  • ジロウボウ
    ご主人(ごしゅじん)、いいものくれてありがとな!
    これでバシっと今年の抱負にふさわしい言葉を書いてやるぜ。
    せっかくのご主人からの贈り物だからな。派手で度肝を抜くような……。
    いや、待てよ。ご主人からもらった筆で書くならご主人らしい言葉の方が……?
    派手ってよりも心にズドーンとくるような言葉の方がご主人らしいだろうし……。
    っだあ、決まらねえ! うだうだ悩んでも仕方ねえし、いっちょ書くか!
    ご主人のこと考えながら書けばいい言葉になるだろ!
    そうが、ご主人もそこで見守っててくれねえか?
    ご主人が傍にいれば、オレはなんだってできそうな気がするからな。
    -- 2018-01-07 (日) 10:11:32
  • ここまで反映しました。 -- 2018-01-07 (日) 10:26:30
  • トドメキ
    そのきれいな筆……あたしへの贈り物かな? えへへ、やっぱりね!
    あたしの目からは逃れられないんだから!
    でもこの筆……本当に綺麗であたしにはもったいないくらい良いものだねー……。
    よし、主(あるじ)からの贈り物に恥じないように、
    とっておきの抱負を書くのに使っちゃおう!
    ねえねえ、どんなこと書くのか知りたい? ふふ、どうしよっかなー……。
    なんてね! 主にならなんでも教えちゃうよ! 耳貸して?
    ――隙ありっ! ぎゅう〜! 主、油断大敵(ゆだんたいてき)だよ?
    あたし、主のこと大好きなんだから……今度は抱きつくだけじゃ済まないかもね?
    -- 2018-01-07 (日) 17:42:15
  • 【浴衣】ヤマビコ
    主(あるじ)さん、わたしのこと探してたって聞いたけど、どうしたの?
    わあ、素敵な筆! わたしにくれるの? えへへ、ありがとー!
    そうだ、一緒に抱負を書かない? 主さんと一緒にやりたいんだ。
    それでね、背中合わせで何を書いてるのか分からないようにして、
    完成したら、せーので見せ合いっこするの! どうかな?
    お、主さんもやる気まんまんだね! 気合い入れてこの衣装を着てきてよかった!
    だって、この衣装は主さんとの思い出がたくさん詰まってるから……。
    身に着けてるだけで、主さんと一緒にいられる気がして、大好きなの。
    あ、でも一番は主さんだからね? わたしの一番は、いつでも主さんだよ!
    -- 2018-01-07 (日) 17:48:41
  • 【狼鬼】イバラキドウジ
    ……いつまでもふもふしている気だ、頭(かしら)。
    別に嫌だってわけじゃない。頭が好きならそのままでも構わない。
    構わない、が……あまり長いこと頭に触られると、堪えられなくなりそうなんだ。
    頭の柔らかな手と甘い匂いがやけにオレを――そんな目で、見るな。
    うまそうな首に牙を突き立てて、頭から食ってしまいたくなるだろう。
    ――冗談だ。まだ食わないから、オレから離れるな。
    ほら、頭がくれたこの筆でなんか書いてやる。
    オレが書いてる間、耳も尻尾も、好きに触ってろ。……痛くはするなよ。
    だが、頭に触られているといつまでもくだらない言葉を書き続けていたくなるな。
    ……頭の手は、気持ちがいいからなあ。
    -- 2018-01-07 (日) 17:55:45
  • コノハテング
    改まって何かと思えば、俺に贈り物だなんて……。
    ほんと、主(ぬし)さまは俺を喜ばせる天才だな!
    っでも、この筆で今年の抱負を書いてほしいってお願いする辺り、ちゃっかりしてるよな。
    そういうところ、嫌いじゃねぇけど。
    主さまのお願いなら、適当なことなんて書けねぇ。だが、今年の抱負か……。
    ――この拳で主さまを守る。
    ってのは、抱負でもなくてただの事実だしな。
    そうだ、毎日必ず主さまと目を合わせて会話するってのはどうだ?
    もっと主さまの傍にいたいし、主さまのことを知りたい。いいだろ、主さま?
    -- 2018-01-07 (日) 18:00:15
  • イシマツ
    よお、主君(しゅくん)。俺にやらせてぇことってのは…なるほど、そういうことか。
    一年の抱負ねぇ……。よし、決めたぜ!
    乾坤一擲(けんこんいってき)!
    ……どうだ? バシッと決まっただろ?
    ここぞという大勝負、今年こそは仕掛けてみせるぜ。
    もちろん、俺の勝負相手は主君だからな!
    おいおい、そんな微妙そうな顔すんなって! ちゃんと手加減してやるからよ。
    え? 手加減すんなって?
    ははっ、さすが俺の主君だ。そうこなくっちゃな!
    勝負できる日を楽しみにしてるぜ、主君!
    -- 2018-01-07 (日) 18:04:20
  • イシマツ補足
    一行目、他と違って三点リーダーがひとつですが表記通りです。 -- 2018-01-07 (日) 18:06:09
  • イバラキドウジ
    抱負って、なあ……。頭(かしら)がやれというなら、やってやるが……。
    なら、この筆を使って血文字で書くってのはどうだ?
    フフ、さぞ愉快な光景になるだろうな。滴る血がオレの牙の疼きを鎮め――。
    と思ったが、オレの血への欲求を満たすより、
    頭の喜ぶ顔を見る方が気分が良い。
    オレは頭には甘いからなあ。甘過ぎて困ることがあるくらいだ。
    それに、頭といるときは、飢えた獣のような血への欲求も、あまり感じることはない。
    だから頭はオレが暴れないように、できるだけ近くにいてくれ。
    ……今年も、よろしくなあ?
    -- 2018-01-07 (日) 18:11:46
  • ウラシマタロウ
    独神(どくしん)ちゃん! オレを探してくれて……って、抱負を書け?
    そんなことのためにオレを探してたのかよ。てっきり……いや、なんでもない!
    これ書き終わったらさ、少しオレに付き合ってくんね?
    っしゃあ! ぱぱっと終わらせるぜ!
    ……よし、こんなもんだろ。どうだ、独神ちゃん。オレの渾身の一筆は!
    惚れ直しちまったか? あ? 適当過ぎて字が読めない?
    細かいことは気にすんな! 大事なのはハートじゃん?
    それにこんな照れくさいこと、独神ちゃんの前で言えるかよ。
    っと、約束通り書き終わったんだから、独神ちゃんの時間もらうぜ?
    行こうぜ、独神ちゃん! オレと一緒に、これからもずっとな!
    -- 2018-01-07 (日) 18:17:06
  • ヌエ
    主(あるじ)様! 素敵な筆、ありがとうございます……!
    さっきからずっと今年の抱負を何にするかで悩んでいたんですけど、
    主様にもらった筆があれば、満足いくものが書けそうです。
    良かったら、お傍にいてくださいませんか?
    主様の近くにいると、ほっとするんです。だから……。
    え、いいんですか? ありがとうございます、主様!
    誰にも見せるつもりはなかったんですけど、主様には私の抱負、お見せしますね。
    抱負が完成するまで、もう少し……このまま……。
    -- 2018-01-07 (日) 18:21:03
  • ビャッコ
    先生からもらった筆で抱負を書いてみたんじゃが……少し見てくれんか?
    ここが上手く収まりきらなくての……もっと抱負を短くすべきかどうか……。
    先生はどう思う? もっと簡潔にまとめた方がよいと思うか?
    なに、このままでよいじゃと? しかしそれは……。
    ……そうか。確かに先生の言うとおりじゃな。
    ワシはよく見せようと形にばかり拘っておった。大事なのは心だと知っていたのにな。
    っはは、愉快じゃな。先生といると本当に愉快じゃ。
    これからもワシ傍にいてくれよ、先生。
    -- 2018-01-07 (日) 18:25:13
  • ナリヒラ
    これは……ふふ、お上(かみ)は本当に愛らしい。
    この筆でお上への想いをしたたえ、僕の声で詠んでほしい……そういうことだろう?
    けれど君を前にすると言葉が溢れて抑えが効かなくて困ってしまう。
    ああ、君をどんなものに喩(たと)えようか……。
    美しく咲く桜ではあまりに儚すぎるし、夏の太陽とするには激しすぎる。
    とは言え、色を変えては散り行く紅葉のように浮気ではなく、
    降り積もる白雪を髣髴(ほうふつ)とさせる冷たさとは言い難(がた)い。
    そうだ、現世(うつしよ)の美しく愛おしいものは、君を最上とするのはどうだろう。
    今年もまた一段と増すであろうお上への想いは、雪と違って溶けることはなく、
    いつか僕の心に収まりきらなくなってしまいそうで……それが少しだけ、怖いな。
    -- 2018-01-07 (日) 18:33:10
  • チョクボロン
    んぁ? オレにくれるのか? ありがとな!
    うおおおお……これ、すっげーいい筆だな。
    ヌシ様ってば、オレのことかなり気に入ってる?
    そうじゃなきゃ、こんないいものくれないだろ。いやあ、嬉しいな。
    オレはヌシ様のこと大好きだけど、
    ヌシ様までオレのこと大好きなんて最高に決まってる!
    今日は最高な気分で酔えそうだぜ〜……って、おいおい!
    なんで酒を取り上げるんだよ!
    は、ええ? 酒を控えろ?
    いくらヌシ様の言葉とはいえ、それを抱負にはできねえよ!
    なあヌシ様〜……ダメか?
    ――あっはは! やっぱりオレのヌシ様は最高だな! 大好きだぜ、ヌシ様!
    -- 2018-01-07 (日) 18:38:12
  • ここまで反映しました。 -- 2018-01-07 (日) 18:41:43
  • ベンザイテン
    これはこれは、主(あるじ)さんでありまするか。
    ……して、妾(わらわ)になんぞ御用でしょうか?
    筆を妾に? ほほほ、なんともよき筆じゃ。主さんは目利きでいらっしゃる。
    ありがたく頂戴いたしましょう。主さんだと思って大事にいたしまするゆえ……。
    しかれども、置物のように誇りを被らせることはいたしませぬ。
    書き物の際には主さんの筆をしっかりと使わせてもらいましょう。
    さて、主さんのお時間さえよろしければ、ひとつ聞いていかれませぬか?
    主さんから頂戴した艶やかな筆に触れながら、ここに音色を添えてご覧にいれましょう。
    胸を焦がす、甘く切ない疼きを愛の調べに乗せて――。
    そのあとで、音色の余韻に浸りながら今年の抱負などを語り合えれば光栄にございまする。
    -- 2018-01-07 (日) 18:47:13
  • クダン
    僕にこんな素敵な筆を……? ほ、本当にいいの…?
    ありがとう、主(あるじ)様! 僕、ずっと大事にするね。
    さっきまでは抱負を何にするか悩んでいたんだけど……主様は不思議だね。
    悩んでいたことがきれいさっぱり吹き飛んでいっちゃった。
    ――僕は今年も主様の傍で凶事をみるよ。
    主様の嫌そうな顔も、悲しそうな顔も、見たくないから。
    だから僕が主様に凶事がないかをみて、もしもあったら……絶対に防いでみせる。
    悪い未来を良い未来に変えてみせるからね、主様。
    だから、主様がこれからも笑っていて欲しいな。
    僕は主様も笑顔が大好きだから……。
    -- 2018-01-07 (日) 18:52:21
  • クダン補足
    一行目、他と違って三点リーダーがひとつですが表記通りです。
    最後から二行目「主様『が』これからも〜」は誤字っぽいですが、こちらも表記通りです。
    -- 2018-01-07 (日) 18:54:03
  • コノハナサクヤ
    あら、主(あるじ)様からの贈り物だなんて……うふふ、嬉しいです。
    ありがとうございます、主様。大切にしますね。
    今日は……お酒を飲む気分ではないんです。
    落ち込んでいるとか、楽しくないとか、そういうことではありませんよ?
    お酒を飲まなくても十分すぎるくらいに、主様との時間は幸せなんです。
    今年の抱負、どんなことにしようかずっと悩んでいたんですけど……
    主様からこの筆をいただいて、思いついたんです。
    それは――……今は秘密、です。
    来年の今日、主様だけにお伝えしますから……今年も、いいえ、末永く
    よろしくお願いしますね、主様。
    -- 2018-01-07 (日) 18:58:24
  • ここまで反映しました。 -- 2018-01-07 (日) 19:21:50
  • セミマル
    主(ぬし)様、ですね。ふふ、目が見えずともわかりますよ。主様のことは、特に。
    して、私に何か御用でしょうか? ……筆?
    これはとても良いものですね。ありがとうございます、主様。
    ……あの、私の代わりに今年の抱負を書いていただけませんか?
    ええ、今いただいたこの筆を使って。……ありがとうございます、主様。
    では、今から私の抱負を音にしますので、聴いてくださいね。
    主様ならきっと、私の音を理解してくれるはず、と信じております。
    ――ふふ、ずるい言い方をしてしまいましたね。
    理解などなくとも良いのです。主様のお心のままに感じてくだされば、それで……。
    -- 2018-01-07 (日) 19:39:49
  • ビワボクボク
    ……うおっ! ヌシさんいつの間にいたんだよ! 声かけてくれればいいのに……。
    オレが真剣に琵琶の調弦をしてたから声をかけづらかった?
    そっか、気を遣ってくれてありがとよ。
    でもオレとしてはヌシさんと話せた方が――いや、それよりもオレに何か用事か?
    これをオレに? おっ、マジでいい筆じゃねーか!
    さすがオレのヌシさん、最高だな!
    抱負を書けとか言ってたっけ。ありがたく使わせてもらうぜ。
    ところで、オレがどんな抱負を書くのか気にならねー?
    だよな、気になるよな! ヌシさんにはオレの口から直々に伝えようと思ってさ。
    あー、でもちょっとだけ待ってくんねー?
    琵琶の調弦が狂ってるままじゃ、かっこつかねーからな。
    -- 2018-01-07 (日) 19:44:08
  • イッタンモメン
    どうしたの、頭領(とうりょう)さん。……え、これをオレに?
    ……ああ、すごく嬉しいよ、ありがとう。ふふ、驚いて声がでなかったんだ。
    綺麗な筆だね。紙を墨で汚してしまうのは気が引けていたけど、
    頭領さんからもらった筆で書けば汚すんじゃなくて綺麗になりそうだ。
    これで心おきなく抱負を書けるよ。
    ……オレの抱負が聞きたいの? うーん、少し恥ずかしいけど、いいよ。
    ――頭領さんの傍に、ずっと。
    ……言っておくけど、頭領さんにだから教えたんだよ?
    他のみんなには、内緒だからね。
    -- 2018-01-07 (日) 19:47:38
  • アカヒゲ
    おう、頭領(とうりょう)さん、おれを呼んだか?
    ん? 今年の抱負を書けって?
    そうだなぁ……頭領さんが健康に過ごせるように全力を尽くす、だな。
    頭領さんのためにおれができることを、これからも最大限やっていくぜ。
    もちろん、仲間全員の健康のためにも、
    医者としてしっかり仕事をすることは忘れないさ。
    ただ、頭領さんはおれにとって――、なんだ、その……いや、忘れてくれ。
    無病息災(むびょうそくさい)ってことで、今年も一年……
    いや、一年と言わず何年先もよろしく頼むぜ!
    -- 2018-01-07 (日) 19:51:04
  • アマクサシロウ
    抱負を述べよ、とは主君(しゅくん)もまた妙なことを言う。
    主君の罪をもすべて受け入れると口にしたあのときから、私の想いは変わらぬ。
    だが、主君が望むのであれば私はそれに応えよう。
    この筆をもって、お見せする。私の決意を。主君への想いを。
    ……さて、これにて賽は投げられた。
    迷うこともない。移ろうこともない。
    天に誓っても足りぬというのなら、主君に誓おう。
    これからも、主君のアマクサシロウで在ると。
    これが私の決意、主君への想い。ご理解、いただけたかな?
    -- 2018-01-07 (日) 19:55:41
  • フクスケ
    アルジからの贈り物や! おおきにな、アルジ!
    にしても、えらい立派な筆やな……。
    これで帳簿つけたらジャンジャン儲かりそうやね。
    そないな心配そうな顔せんでも、しっかり抱負を書くのに使いますさかい、安心してや?
    やっぱりここは、商売繁盛、とでも書くべきやろか……。
    とはいえ、それはうちの魂に刻まれた宿命。改めて書くことでもあらへん。
    となると……アルジのことやろな。うん。
    アルジが儲かりまくれるようにうちが力を貸す!
    アルジが儲かればアルジは嬉しい、アルジが嬉しいとうちが嬉しい。
    これぞ利害の一致や! てなわけで、今年もよろしく頼むで、アルジ!
    -- 2018-01-07 (日) 19:59:40
  • 【体操服】クウヤ
    主(ぬし)じゃないか。ちょうど主からもらった筆で抱負を書こうとしていたんだ。
    やはり、抱負を書くためには動きやすい服が良いと思ってな。
    それに、以前この服を着ていたときに主が褒めてくれたのを思い出したんだ。
    私も存外、単純なものだと思うが……主に良く思われたい気持ちは偽れない。
    せっかく動きやすい服を着ているんだから、大きな文字を書くのはどうだろう?
    床一面に紙を敷き詰めて、全身を使って文字を書くんだ。
    ふふ、楽しそうだろう? よし、それなら主も共にどうだ?
    汚れるのが嫌なら、主も着替えてきたら良い。
    私は主を待つ間にお茶を点(た)てよう。戻ってきたら、先にお茶だぞ、主。
    -- 2018-01-07 (日) 20:03:50
  • ホテイ
    ウエサマが私に贈り物とは……ほっほっほ。ウエサマは私に福をもたらすお方じゃのぅ。
    それにこんなにも素晴らしい筆を贈ってもらえるとは思わなかったぞ。
    そうだ、ウエサマ。時間があるのなら、これから私と抱負を書くというのはどうじゃ?
    なにを書こうか迷ってしまってのぅ。ウエサマと悩む時間なら、苦ではないと思うてな。
    そうかそうか、共に考えてくれるか。やはり私のウエサマは素晴らしいお方じゃ。
    それでな、悩んでおるのは笑顔と長寿、どちらにするかなんじゃが……。
    どちらも書けばよい、と? その発想はなかったのぅ。
    しかしウエサマの言うとおり、抱負がひとつでなければならない、という決まりもない。
    さすがウエサマじゃな。では次は、ウエサマの抱負の番じゃ。教えてもらうぞ、ウエサマ。
    -- 2018-01-07 (日) 20:09:16
  • オシラサマ
    主(ぬし)さまからいただいた筆でさっそく抱負を書こうと意気込んでみたものの……。
    何を書けばいいのか迷ってしまいます……。
    まゆ太、まゆ吉、まゆ朗、どうしたらいいと思う? なんて聞いても分からないよね。
    ……あっ、主さま! オラ……じゃなくて、えと、わたし聞きたいことがあるんです!
    ……? ど、どうしたんですか、そんなにくすくす笑って……。
    え、訛りを隠さなくても可愛いからいい……って、な、何を言ってるんですか!
    もう……おめなばしょねわりすな。オラさしょしして――
    え? 何て言ってるか分からない?
    うう、本当に恥ずかしくて、主さまの顔を見られません……。
    はっ、そんなことより、抱負を一緒に考えてくださいー!
    -- 2018-01-07 (日) 20:14:34
  • ここまで反映しました。 -- 2018-01-07 (日) 20:49:59
  • キンシロウ
    今年の抱負? そりゃあもちろん――
    一路順風(いちろじゅんぷう)! お上(かみ)の幸先がそうあるようにってな。
    お上の前に立ちはだかる七難八苦(しちなんはっく)は、この俺が見事解決してやるぜ!
    だからお上はどんと構えてくれりゃあ良いんだ。それがお上のお役目ってね。
    ……とは言え、息抜きも大事だぜ?
    息抜きしたくなったらいつでも俺の手をとりな。
    お上が笑い転げちまうくらい、楽しい時間をお披露目(ひろめ)してやるからよ。
    さあて、八百万界(ヤヲロズカイ)の平和のために、今年もいっちょ頑張りますか!
    -- 2018-01-07 (日) 21:06:24
  • オイナリフウジンイナバ【水兵】タワラカマドは現在編集中(日中編集予定)です。
    他、ライジン、カラステング、【晴着】、テンカイ以外は手持ちで編集可能。 -- 2018-01-09 (火) 00:23:19
  • 【晴着】カグヤヒメ
    もう......主(ぬし)さまったら。私のこと、ちゃんと見てくださいまし。
    贈り物をしてくれるのは嬉しく思いますが、ちゃんと見てくださらないと......。
    それに、主さまのために着替えたのですわよ。だから――
    ......うふふ、頬が赤いですわね。それに、主さまの胸もドキドキとしていますわ。
    私の姿を見て、主さまの心が乱れたのでしたら......嬉しく思いますわ。
    でも、この筆で抱負を書いたらせっかくの衣装が汚れてしまいますわね......。
    ――え? 主さまが代わりに書いてくださるんですの?
    それではお言葉に甘えて......書きたい内容をお伝えしますので、
    もう少しだけ近くに寄ってくださいまし。あまり大きな声では言いたくありませんの。
    ......これだけ近いと、主さまに抱きつきたくなってしまって、困りますわね。
    -- 2018-01-10 (水) 19:53:15
  • テンカイ
    主(ぬし)様が儂(わし)に贈り物とは......。
    心から嬉しく思います。ありがとうございます、主様。
    それにしても上等な筆だ。これで書けば、どんな文字も立派に書けましょう。
    せっかくですから、最初に書くものは心に残るものが良いですね。
    何かないでしょうか......。え? 抱負を書いてみてはどうか、ですか?
    確かに、主様の言うとおりですね。今年の抱負であれば意識はしやすいですし、
    来年の今日、またこうして主様と会話をできるかもしれませんし。
    ふふ、では今年の抱負を書くとしましょう。
    できれば、主様もいかがです?
    共に書く方が心に深く刻まれるでしょうから。
    -- 2018-01-10 (水) 19:59:13
  • ライジン
    主(あるじ)様から私に贈り物……! 素敵な筆ですわね。
    お礼を言って差し上げますわ、主様。私が認めただけはありますわね。
    ……なんて、素直にお礼も言えないなんて、恥ずかしいですね。
    本当はすごく嬉しく思っていますわよ、主様。
    ――え? 私がそんなに大人しいと、雷が鳴りそうだって?
    ……もう! 主[原文ママ]ったらいじわるなお方なんですから。
    でも、わざとそんなことを言ってくれたこと、分かっています。
    今年もそんな主様をお守りして、悪霊たちの臍(へそ)を奪っては投げ……!
    主様の平穏な日々に、ほんの少しの雷を鳴らさせてくださいね。
    -- 2018-01-12 (金) 04:48:49
  • 執事ゴトクネコの4行目「後退」は原文がそうなっているのでしょうか? -- 2018-01-17 (水) 11:40:17
  • オジゾウサマの枠がありませんでしたので追加しました。
    全英傑ページへ転記完了しました。 -- 2018-01-17 (水) 12:38:01
  • このページに早くから書かれていた誤字アリの台詞を読むと、まだ誤字のまま。現段階では、誤字の修正はなさそうです。 -- 2018-01-17 (水) 14:11:56
  • 編集作業お疲れ様です。ありがとうございます。誤字は明日のメンテで直ってるとよいのですが…。直ってなかったら、まだ公式は誤字を把握してないということなんでしょうかね -- 2018-01-17 (水) 19:31:56

TOPに戻る


*1 「してたんだけそ」原文ままです。
*2 「あるじさま」原文ままでここだけ平仮名でした。
*3 原文のままです。いっせきにちょうの間違い?

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-17 (水) 19:31:56