このエントリーをはてなブックマークに追加

八百万大感謝祭の限定台詞一覧です。
新装版 八百万大感謝祭にて前回の祭事(八百万大感謝祭)後に実装された英傑に台詞が追加された。
追加英傑の祭事台詞が発生するのは「感謝の手紙」を贈ったときのみ。(「【一周年】感謝の手紙」では発生しません)
対象英傑は【錦繍】タマモゴゼン(追加実装日:2017/8/3)まで
対象英傑は【科学者】フツヌシ(追加実装日:2018/7/19)まで
※前回(八百万大感謝祭)登場した「【一周年】感謝の手紙」の対象英傑へ新たに登場した「感謝の手紙」を贈った場合、同一の祭事台詞が発生します。ただし、目録へは異なる祭事台詞として登録されます。
※「ジロウボウ」のみ「【一周年】感謝の手紙」と「感謝の手紙」で異なる祭事台詞が発生します。*1
※コラボ英傑「ジョー」「勇利」「白都樹生」には祭事台詞が発生しません。

+  2018/07/19祭事台詞追加英傑一覧


剣士 Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
剣士ヤマトタケル主(あるじ)、いつもありがとう。
……なんだ、ばれたか。ああ、そうだ。
祝いの日だと聞いて感謝しておこうと
思ってな。いつも面倒そうにしていると
思われても癪(しゃく)だ。……いや、間違っては
いないが。主への感謝の気持ちに嘘はない。
本当に、心から感謝している。
お前が俺の主で良かった。
これからも、その……末永くよろしく頼む。
桜代カマイタチ今日が、記念の日だって知ってたんだな。
その……上手く言えないけど、感謝してる。
オマエといると、なんでか心が満たされる。
主(ぬし)様と出会ってから、今まで
知らなかったような感情をたくさん知った。
これからももっと、仲良くなりたい。
主様のこと、もっともっと知りたい。
なにがあっても守るから……どれだけ
傷ついても、この身を刻まれても、必ず。
だから、これからもずっとそばにいてほしい。
ネコマタニャニャッ!? こ、これは恋文……!?
わ、私も主(あるじ)のこと、大好きだからニャ!
……って、違うのニャァ……? ……感謝
なら、私もしてるニャ。私と一緒にいてくれて
すっごく嬉しいっていうか、これからも
一緒にいたいってずっと思ってるニャ……
ってさっき私の言ったことは忘れるニャ!
この話はまた今度するからっ!
セイリュウああ、先生。こちらこそ、ありがとう。
なんでお礼を……って、当たり前だろう?
先生と過ごした時間は、俺にとっても
かけがえのないものだからね。本来なら、
俺のほうこそ感謝すべきなんだよ。
それに、これからも、もっと
強くなって、先生が俺を選んでくれる時が
来たならば……。その時は、ずっと
先生の傍にいさせてほしいんだ。
スザクへえ、僕にこんなすてきなものを
くれるのかい? ふふっ、ありがとう。
それにしても、感謝だなんて本当は
僕がするべきなんだ。僕に先生を守らせて
くれてありがとう……ってね。だって、
先生と一緒に、こんなに楽しい
時間を過ごせているんだから。
さて、先生からもっと艶がある内容の
文を貰えるのはいつになるのか……
それはこれからの楽しみにしていようかな?
タケミカヅチ俺に感謝を? ははっ、主君(しゅくん)は
律儀だな。気づけば、主君と過ごして
長かったような、短かったような気がする。
共に時間を過ごせば過ごすほど、主君への
感謝の気持ちは変わらないどころか、
ますます強くなっていく。だから、俺からも
ありがとう、と言わせてくれ。そして
これからもよろしく頼む。
ネンアミジオン主君(しゅくん)、丁寧に私のような者に
まで、ありがとうございます。これから先も
主君に変わらず、いえ、今まで以上に
お仕えさせていただきたいと思っています。
お傍にいた時間は、私にとってとても
安らげるものでしたから。ふふ……一介の
剣士がおかしなことを申し上げました。
お恥ずかしいものです。
ヤギュウジュウベエ上様。この素晴らしい日に、改めて
私の感謝の気持ちを聞いてほしい。
剣(つるぎ)や剣術に心血を注ぐことが
出来るのも、上様が傍で見守っていて
くれるがゆえ……心から感謝している。
これからは今まで通り……いや、
今まで以上に上様の力となれるよう、
剣術に磨きをかけるつもりだ。
私の剣と剣術は、大切な上様を守るための
もの。そのことを、忘れないでいてくれ。
ダイコクテン今日は、節目となる記念すべき日だ。
そんな日を主(あるじ)と共に
過ごせることを嬉しく思うよ。
思えばこれまで、色々なことがあったね……
辛いことや苦しいことも勿論あったけれど、
今となっては、それも主との
絆の一部。大切な思い出だよ。
……勿論、これから先は出来る限り
楽しい思い出で埋めていくつもりだ。
改めて、これからもよろしく、主。
イザナギ……主(あるじ)と出会えて、よかった。
いつも、感謝しておるぞ。
急にどうしたのかって? 今日は
儂らにとって、特別な日だからな。
いろいろと振り返って感傷的になっていた。
主と出会ってから、儂は
手に余るほどの幸福を感じている。
不思議なものだ。誰もが幸せを
求めるが、実際に幸せを手に入れると、
それを怖いとさえ思うのだな。
スズカゴゼンご主人様。
記念すべき日、おめでとうございます。
あの……あたしも、ご主人様に
何かお祝いをしようと思ったんですけど……
鬼退治くらいしか得意なことが
ないから、何も思いつきませんでした。
だから、あの……何かして欲しいことが
あったら、すぐあたしに言ってくださいね。
ご主人様からお声が掛かるまで、あたし
ずっと、ずーっとお傍にいますから!
アマツミカボシこの俺がわざわざ記念の日を祝うとでも?
酔狂なことだが……フン、いいだろう。
これは単なる気まぐれだ。心して聞け。
日々感謝している、我が頭(かしら)。
俺はこの先も貴様だけに仕えよう。
頭のために我が力を使い、ありとあらゆる
望みを叶えてみせよう。
この誓いも俺の想いも、永久に変わらん。
他の者に引けをとるなど、ありえん話だ。
……忘れてくれるな。
イザナミ感謝の気持ちを込めた手紙とな……。
独神さまもなかなかわかっているではないか。
手紙に記されたひとつひとつの文字が、愛おしくてたまらんぞ。
……ワタシも、独神さまには感謝している。
今こうして、特別な日を迎えられているのも独神さまのおかげだ。
できればこのまま、独神さまを黄泉の国に連れ帰ってしまいだいが……。
それは独神さまの望むことではないからの。
ならばせめて、これからもワタシを傍に置いてくれ。
【福袋】タケミカヅチ主君(しゅくん)、こうして祝いの日を
共に過ごせるなんて……出逢った頃には
思ってもみなかった。君に仕えてからは
初めての経験ばかりで、
毎日が素晴らしいものだった。主君には
いつも感謝している。叶うならば
この先も……傍に仕えさせて欲しい。
主君の行く先ならば何処だろうと、
必ず主君を守ると誓おう。
【正装】アシヤドウマン見てくれ、主人(あるじびと)!
この晴れやかな姿、記念すべき日に
相応しい恰好だろ?
……いつもオレを支えてくれてありがとうな。これからは、
オレの野望のためだけじゃない……
主人が望むことのために力を振るうと
この花束に誓うよ。
だから、絶対にオレから離れるなよ。
誰よりも近くで、主人を守っていたいんだ。
【浴衣】ヤマビコふんふんふ〜ん♪
主(あるじ)さん、お手紙ありがとう!
ずっごく元気もらっちゃった!
励ますのがわたしの役目なんだけど……
たまにはこういうのも嬉しいね♪
さあ主さん、そうのんびりは
してられないよ! 今日はみんなで
主さんをお祝いするんだから。
どんちゃん騒いで、いっぱい飲んで……
これから先も楽しく過ごそうね、主さん♪
双代オイナリサマねえねえ、今日は記念の日だから、
お祝いに一緒に油揚げを食べようね!
ぬしさんと食べる油揚げは
いつもよりずーっとおいしく感じるんだもん♪
あ、でもね! 油揚げよりも大好きなもの、
ひとつだけあるんだよ。なんだかわかる?
えへへ、答えはね……ぬしさんだよっ!
わたし、ぬしさんのこと、世界で一番
だーいすきっ! いつもありがとう!
これからもずーっと、一緒にいてね!
スズメわーっ、僕、主(あるじ)さまからお手紙を
貰えるだなんて思ってませんでした!
えへへっ、このお手紙、あとでつづらに
入れて大事にしなくちゃ! 僕の宝物に
しますねっ、ありがとうございます、
主さま! 主さまと過ごした時間も、
同じようにつづらに入れることができれば
いいのに。……あれ、そしたらこれからの
未来はどうしたらいいのかな……。
フウジン主(あるじ)様っ! 今日は張り切って
風を吹かせてみたけど、気に入ってくれた?
だっておめでたい日、でしょ? ウチの感謝
の気持ちと愛情が、風に乗って主様まで
届きますように〜! って!
これでも気持ちを抑えてるほうなのよ?
だって伝えたい思いが沢山ありすぎて、
ちゃんと我慢しておかないと
嵐になっちゃいそうなんだからっ!
ライジンゴロゴロ……今、主(あるじ)様に
私の想いを伝える力を溜めているのです!
だって今日は特別な日でしょう?
主様に気持ちを伝える絶好の機会ですもの!
でも、はっきり言うのは恥ずかしいから……
もうちょっとだけ、お待ちくださいね!
ああ、お臍(へそ)を取るだけならこんな風には
ならないのに、もどかしい……!
主様、聞いても絶対笑わないって
約束してくださいね!
ヤマオロシゴシュジン! 今日は特別腕を振るって
料理したんだ! だって記念すべき日だろ?
一緒にお祝いして―なって思ってさ。
宴の席にはご馳走がつきもんだしよ。
いいか、オレ様がこんなに尽くすのは
アンタだけなんだぜ? ほら、こっちに
来いよ、一緒にネギ食おうぜ! 積もる話も
あるんだから。なあ、ゴシュジン……
へへっ、いつもありがと、な!
オオクニヌシ振り返ってみると、色々なことがあったな。
だが、どれも主君(しゅくん)との大事な
思い出だ。俺には大切なものばかりだよ。
今日のような記念日には、つい感傷的に
なってしまうな。俺は嬉しいんだ。
こうして振り返ったときに、そこに主君との
思い出があるということが。
ありがとう、主君。これからも俺と共に
いてほしい。そして……俺たちの思い出を
これからもっとたくさん増やしていこう。
マガツヒノカミくくっ……我が君はこの力を感じるか?
我には似つかわしくないほどの、
陽(よう)の力……内を満たす光……
何? 分かりにくい? ふむ、ではもっと
分かりやすく言い換えるとしよう。
記念すべき日おめでとう、我が君。
我が君は、常に我を魅了してやまない。
いつか我も、同じくらいに我が君の視線を
独り占めしたいものだな。
なんて……過ぎた願いだろうか?
ワカウカノメ今日のような素敵な日を、独神(どくしん)さまと
一緒に過ごせるだけでも嬉しいのに……!
お手紙までいただけるなんて、わたし、感激しました。
……こうしてわたしと独神さまがお話できるのも、
不思議な巡り合わせのおかげなのですね。
……独神さま。わたしは今まで、独神さまと一緒にいる中で、
お恥ずかしい面もいっぱい見せてしまいました。
それでも、独神さまのお役に立てるのであれば……!
これからもわたしを、独神さまに仕えさせてください……!
タマノオヤ主(あるじ)さん! お手紙ありがとう!
こうして主さんとおめでたい日を迎えられるなんて、
なんだか夢みたい! っていうのは、ちょっと大げさかな?
……アタシもね、主さんにはすっごい感謝してるんだよ?
アタシっていつも失敗ばっかりだけど……。
それでもちゃんとアタシのことを見てくれる主さんのことが、
その……えっと……。うん。これからも一緒にいたいって思うんだ!
だから主さん! また失敗して迷惑かけちゃうかもしれないけど……。
これからもアタシのこと、よろしくね?
イワナガヒメふふ、今日はとっても素敵な日ですね。
いつも以上に私の機嫌がいい?
それは当然です。理由はお分かりでしょう?
こうして主様(ぬしさま)とこの日を
迎えられたこと、心から嬉しく思います。
せっかくですから、日頃の感謝の
気持ちを伝えさせてくださいね。
主様には毎日お伝えしても、伝えきれないほどに感謝しているんです。
いつも本当に、ありがとうございます。
タケミナカタこのような祝いの日を迎えられたのは、
ひとえに主(あるじ)がいてこそ。
ありがとうという言葉だけでは、僕の想いは
とても伝えきれないよ。
これからもこの力を全て、惜しむことなく
捧げると誓おう。だから存分に頼ってくれ。
主のためにこの力を使うことこそが、
僕にとっての幸せなんだと思う。
これからもよろしく頼む。
ヌラリヒョン……そうか、今日はめでたき日、か。
主(ぬし)よ、遠慮せず傍に来ると良い。
儂(わし)は随分と長いこと
生きておるからな。余程のことでなければ
動じぬと思っていたが……ははっ、
柄にもなく心が躍っておる。
些(いささ)か気恥ずかしいが、これは
これでとても心地が良い。
これから先も……こうして主と共に、
思い出を積み重ねていきたいものだな。
その他ブリュンヒルデ団長サン、お手紙ありがとう!
そっか、今日は特別な日なんだね。
こうして思い返してみると、色々あったよね……。
……ふふっ。いや、団長サンの可愛かった姿を
思い出したら、ちょっと笑っちゃっただけだよ。
……えっ? 本当だって! もしかして団長サン、
まだ自分が可愛いってことに気づいてないの?
はーっ……。そろそろ自覚しないと危ないよ?
じゃあこれからもずっと、ボクが守ってあげないよね。
【茶会】トール主(あるじ)さん、いつも一緒にいてくれてありがとな!
せっかく主さんが手紙を用意してくれたんだし、
俺も何か用意したいと思って着替えてみたけど……どうかな?
……そっか! 主さんが喜んでくれて、俺も嬉しいよ。
八百万界(ヤヲロズカイ)のことは、まだまだ分からないことは多いけど……。
それでも主さんのおかげで、少しずつ馴染んできた気がするんだ。
このままずっと、傍に寄り添いたいって思ってるからさ。
主さん! これからもよろしくな!

鬼人 Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
鬼人シュテンドウジなあ、頭(かしら)。今更こんな感謝なんか
されても恥ずかしいだけだっつーの。
確かに、結構一緒に過ごしたけどよ……。
ああ、悪かった。当たり前だけど、
悪い気はしてねえからな!? そ、
そうだ、これから祭りでもやろうぜ。
もちろん、頭のためのだよ。おれに感謝する
くらいの物好きなんだ、感謝祭、ってことで
楽しんでもいいだろ?
桜代ヤヲヤオシチ主(あるじ)様のことだから、記念日は
きっと覚えていてくれると思いました。
こんな素晴らしい日をふたりで過ごせる
なんて……なんて幸せなんでしょう。
いつ何時までも、私は主様を想っています。
この身を焦がす愛の炎は、とこしえに
燃え盛る炎なんですよ。さあ、主様。
お気持ちを聞かせてくださる……?
キンタロウ今日はめでたい日だな! こうして今、
主(あるじ)さんの隣にいられること、
嬉しく思う。ありがとうな。だが、俺は
決して現状に満足しているわけでは
ないぞ? もっとお前を知りたいし、もっと
お前の喜ぶことをしたいと思っている。
自分がここまで欲深いとは思いもしなかった
が、この気持ちは抑えられん。
だから……何がなんでも、主さんの心を
手に入れてみせる。そう、ここに宣言する!
ライデン主(あるじ)、今さらなんだって思うかも
しれねぇけどよ……いつも、ありがとな。
この記念すべき日まで一緒にいられて、
おれすげぇ嬉しいんだ。だってこんなに
居心地がいいなんて思わなくてよ。
おれはこれからも守るし、戦うし……
全部、主のために尽くすからな!
さあ、湿っぽいのはやめだ!
祝いの席なら相撲くらいは許されるよな!
トドメキへえ、ありがと、主(あるじ)!
こんなの貰ったことないから、びっくり
しちゃったよ! それで、あたしも、その、
主のことは大好きだし、ちゃんとあたしを
使ってくれて感謝してるっていうか……。
つまり、その、これからもよろしくねって
こと! えへえ、ちゃんと感謝を伝えるって
照れくさいし恥ずかしいけど、気持ちが
いいね!
ハンニャ今日はめでたい日。お祝いをする前に、
私から伝えたいことがあるの。
……お願い、私の主(あるじ)様。
これからも末永く、傍にいさせて、
一番近くで笑顔を見せて……。
私の気持ちをわかっているのなら……
気付いているのなら、ねえ、いいでしょう?
記念日など関係なしに、私はずうっと
主様だけを見ているんだから、ね……?
サンキボウへえ、主(あるじ)サンからこんなものが
贈られるとは思いもしなかったよ。
ははっ、嫌なわけないだろ。ありがとな。
でも、俺、ちゃんと主サンのこと守れてる?
嫌な思いとか、させてないか?
……そうか。主サンがそう言ってくれるだけで、嬉しいよ。なんか、俺ばっかり
主サンに助けられてるみたいだな。
気恥ずかしいけど、これからもよろしく、
主サン。
ビシャモンテン絶好の勝負日和! ……だけど、今日は
勝負はおあずけ。なんたって、
主(あるじ)さまとの特別な日だもんね!
わたし、主さまと出会えて本当に
よかったって思ってるんだ。
だって主さまと一緒にいると、
心から楽しいって思えるんだもん。
これってすごいことだと思うんだ。
だから主さま……これからもずっと
一緒にいて、わたしを楽しませてね!
シバエモンいやー、めでたいな座頭(ざがしら)!
さーて、祝いの席と言えば余興が必須。
そして余興と言えばこのオレ、シバエモンの
出番ってわけだ! 今日は一体誰に
化けてやろうか? 座頭にするか、それとも
他の誰かに……え? オレのままがいい?
……座頭は随分物好きなんだな。
役者相手に素のままがいいだなんて……
けど嬉しいぜ。座頭、これからもオレのこと
贔屓(ひいき)にしてくれよな!
アギョウ独神サマ、もうボク待ちくたびれちゃったよ。
今日は特別な日なんだから、ずっとボクと一緒にいなきゃダメでしょ?
……手紙を書いてたの? ボクに?
だからってボクを待たせたことは変わらないんだから、ね。
でもまあ……。今日はその手紙に免じて許してあげる。
ほら、こっち来て。独神サマがボクに感謝してるのは十分伝わったからさ。
今度はボクの番でしょ。
ボクの気持ち、独神サマに教えてあげる、ね。
フツヌシまさか私が平穏な日をこんなに嬉しく思う
なんてね……けれど、主(ぬし)にとって
良き日なら当然私も祝わねばなるまい。
思えば実に不思議な毎日だった。
この平和じみた日々が、幸せな時間が、
少しでも続くように……らしくもないが、
そう、心から願っている。
そしてこの先も、そんな主を私が隣で護って
いけますように。
ヤマヒメ今日は素敵な日だね。
主(あるじ)さま、おめでとう!
思い出すなー、主さまとの日々……。
わたしたち、楽しいことも苦しいことも
一緒に乗り越えてきたんだよね。
辛いことだって、一緒に過ごす相手次第で
素敵な思い出になるんだって
わたし、知らなかったな……ふふっ
今日はこれから盛大にお祝いしなくちゃ。
もちろん主役は主さまだからね!
クダギツネわーい! ご主人(しゅじん)サマ! お手紙ありがとう!
今日っておめでとうの日なんでしょ?
動物さんたちもすごく楽しそうにしてるよ!
ご主人サマも楽しい? ……えへへ、よかった!
アタシね、ご主人サマのおかげで、いつもとっても楽しいんだ!
もちろん動物さんたちと一緒の時も楽しいけど……。
ご主人サマと一緒にいる時は、なんだか心がポカポカしてくるの。
だからね、ご主人サマ! これからもアタシと一緒にいようね!
コノハテング主(ぬし)さまのおかげで、この日を迎えられたんだよな。
そう思うとさ、なんかこう、胸が熱くなるんだ……。
……あのさ! 俺もあんたに、伝えたいことがあるんだ!
俺は他の天狗と違って、出来ないこともたくさんあるけどよ。
それでも、あんたを守り抜くっていう気持ちは、
絶対に誰にも負けないから!
だからこれからも、あんたの邪魔をする奴は俺がぶっ飛ばす!
……俺はさ、あんたにずっと笑っていてほしいんだ。
【狼鬼】イバラキドウジ頭(かしら)? 何故ここに? ……オレに手紙だと?
わざわざ面倒なことをするものだ。けどまあ、受け取っておこう。
……っ! 違う。この格好は着心地が良いから着ているだけで、
別に頭にもふもふされるためでは……。
……頭はいつも、オレのことを恐れないな。
血に飢えたオレに近づく頭のことを、始めは理解できなかったが……。
頭がオレのことを認めてくれていること。今はわかっているつもりだ。
なあ頭。オレは頭の期待に応えたい。
そのためなら、オレは喜んでもふもふされてやる。
【華服】テッソぬしさまからのお手紙……嬉しいです。
齧(かじ)りがいは無さそうですが、そこは別のもので補います。
ほら、この服を着ているせいか、食べ物が集まってきますので。
ぬしさまもよければ一口どうですか?
ふふ、わたしが食べ物を分けるなんて、滅多にありませんよ?
いいんです。わたしだって、ぬしさまに感謝の気持ちを伝えたかったんですから。
知ってましたか? わたしのぬしさまへの気持ちは、
齧っても齧り尽くせないほどに溢れているんです。
双代マカミ長(おさ)! ぼく、手紙嬉しい!
今日はすごく良い日、だからお祝いする!
今日が良い日なら、長は嬉しいかな。
これからももっともっと長を
笑顔にできるように、一生懸命頑張る!
だから、よろしくね。山を駆け回るのも、
毛づくろいをするのも……全部ふたりで
一緒にやろう! そしたら、今まで以上に
たくさん笑顔を見せて。ぼく、ね……
長のことがだーいすき、だよ!
イナバ主(ぬし)さんっ! このお手紙、すっごく嬉しい!
ちゃんと覚えててくれたんだ!
今日は私たちにとって、とっても大切な日
なんだよね! えへへ、こうして今日を
迎えられるなんて、なんだか夢みたい。
でも、夢じゃないんだよね? これからも、
ずっとずっと一緒にいられたら嬉しいなあ。
いつもありがとう! もっと主さんの
役に立てるように、がんばるからね!
ホウイチこの琵琶が祝いの席に相応しいか、
おれにはわからんが……
主(あるじ)の喜ぶ顔が見られるなら、
聴いてくれ。この良き日に感謝を、そして
今後も主と共にいられるよう、
願いをこめて。おれの持つ全てを、
今と変わらずこの先も、主だけに捧げよう。
どうか、この思いを受け取ってくれ。
ボロボロトン主(あるじ)、伝えたいことが、あって。
今日は良い日だから……感謝の気持ち、
聞いて欲しいんだ。
いつもありがとう。俺なんかでいいなら、
これからもずっと、主の力になりたい……
な、なんてね。欲張ったことは言わない、
だから……今まで通り、俺を主の隣に、
置いていて欲しいんだ。頼りにならないかも
しれないけど、精一杯守ってみせる、から。
……だめかな?
ベンケイ記念すべき日とやらを上(うえ)様が祝うと
言うならば私もそれにならおう。
この薙刀で上様の憂いまでも払ってやろう。
上様の望みとあらばこのベンケイ、
どんな願いも叶えてみせる。
だからこの先も、その身が続く限り
私のものでいてくれ、上様よ……。
そうでなければ、上様をどこかへ隠して
しまたいという欲望を、
私は抑えられそうにない……。
ガゴゼ……ありがとう、主(あるじ)さん。今でも
たまに、この日々は僕の夢なんじゃないかっ
て思うんだ。だって、昔はこうやって誰かと
関わることなんてなかった。誰かと生きる
ことがこんなにも幸せだなんて、知らなかった
から……。だから、こうして今日という
記念の日を一緒に迎えられたことが少し
信じられない。でも……夢じゃない。主さんは
僕と一緒にいてくれてる。
これからも、傍にいて……。
モミジ主(ぬし)様、
お手紙ありがとうございます。
私も主様に日頃の感謝を伝えようと
思ったのですが……
その……とても平凡な言葉しか
思い浮かばなかったんです。
……そうだ! 主様、私から主様へは
言葉ではなく、琴の音を贈りましょう。
きっと主様ならば、音色に込めた
私の想い……分かってくださいますよね。
イマガワウジザネやばい! 主(あるじ)、手紙マジで感謝!!
いつもありがとう、だなんて……それ、オレの台詞だから!
マジで、主にはいつも感謝ばっかりしてるけど、
まだまだ感謝、し足りないぐらい感謝しかないし!
オレからの感謝を伝えるなら、やっぱ蹴球(しゅうきゅう)しかないよなって
思ってたんだけど、そろそろオレの技、見飽きてないか?
……そっか! よっしゃー!!
じゃあ、主のためにとっておきの技、今から披露してみせるぜ!
ミコシニュウドウあのね主(あるじ)、これでも仕える方が
主でよかったって感謝しているのよぉ?
……なぁんて言ったら主は一体どんな顔を
見せてくれるかと思っていたの。
……うふふっ、期待して正解だったわぁ!
やだぁ、怒らないで。
だって全部本心なんだもの。私がこうして
からかいたくなるのも、主ただひとり。
本当に貴方でよかったわ、私だけの主。
もうっ、冗談じゃないったらぁ!
ジロウボウご主人、今日は記念日だってな。
いやーめでたい!
オレ、ご主人に出会ってからの毎日が
本当に楽しいんだ。もちろん、悪霊退治
なんてする必要ないのが一番なんだろう
けど……オレの力がご主人の役に
立ってるってのが、何より嬉しいんだ。
守るべきものができるってのは、
いいもんなんだな……。これからも、
ばっちり守ってやるからな、ご主人!
※「【一周年】感謝の手紙」を贈った際、不具合で台詞が発生。
 本来ならば「【一周年】感謝の手紙」は対象外
オレがご主人に感謝されるなんて……なんか恥ずかしいな。
でもよ、やっぱすげえ嬉しい! ありがとな! ご主人!
オレがまだヤンチャしてたら、こうしてご主人と一緒にいることも
なかったんだよな……。
そう考えるとよ、オレとご主人が出会えたのって、奇跡なんだよな!
オレ、ご主人のためにもっと頑張るからさ。
ご主人もオレのこと、存分に頼ってくれよな!
※「感謝の手紙」を贈った際の祭事台詞となります
ダテマサムネはははっ! 感謝するぞ! 独神(どくしん)様!
やはり思いを伝えるのは文に限るな! 独神様もわかっているではないか。
それにしても、どこもかしこも派手に飾ってあるな。
流石は祝いの日なだけはある。
……俺はあまり、過去のことを振り返りはしないのだが。
もしもあの時、独神様と出会えていなかったらと考えると、背筋が寒くなるな。
この先どうなるのか、俺の片目では見通すことはできないが……。
独神様を悲しませるような真似はしないと、ここに誓おう。
アシュラあらやだッ、これ、恋文?
主(あるじ)ちゃんったらダ・イ・タ・ン♪
……なんて、冗談よ。記念すべき日だもの
ちゃんと言っておかなくちゃね。
おめでとう、主ちゃん。
こうしてアンタと、お祝いが出来て
アタシ、とっても幸せよ。
この幸せがずっと続くといいわね。
ああ、なんだか胸が高鳴っちゃうわ。
うふふ♪ 大好きよ、主ちゃん♪
その他【猫耳】ロキん? なんだよゴシュジン。そんな間抜けた顔して。
この格好? だって今日はめでたい日なんだろ?
だからわざわざ着替えて来たってのに……。
ゴシュジン、それなんだ? ……へぇ、おれに手紙か。
よし、せっかくだし大勢の前で朗読するか! えーと、他のヤツらは……。
……なんてな。冗談だよ。おれのためだけに書いた手紙を、
他のやつらに見せるなんてもったいないだろ。
ま、ありがたく読ませてもらうとするか。
礼は気が向いた時に言ってやるから、また手紙くれよな。
※五行目「ヤツら」と七行目「やつら」は原文ママ

Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
モモタロウねえ主(あるじ)さん、今日は記念すべき日
だからさ、たまにはこういうのもいいかなって……。
主さんと出会ってから、いろんなことを
知って、なにもかもが変わった。
それって結構すごいことだよ。だから……
いつも、ありがとう。……なに、その顔。
……嫌だ。二度目はないよ。
ほら、そんな顔をしたってなにも出ないよ。
桜代ミシャグジサマ主(あるじ)様、なんやこれ! 手紙?
あ、せや今日は……えへへ、
いつもおおきに!
主様にうちがおって良かったって思って
もらえるよう、うちはもっともっと頑張る
からな! しっかり見ててや!
いっぱしに強くなった時は……うちのこと、
皆に自慢してな! 主様とうち、ふたりで
おったらきっと最強になれんで!
イシマツめでてぇよな、主君(しゅくん)!
いつもありがとな! 本当に俺は
幸せもんだよ。こんなめでてぇ日を
主君と迎えられることに、
もっともっと感謝しねぇといけねぇな。
でもよ、今日はまだ通過点でしかねぇ。
そうだろ? だって、俺たちはこれからも
ずっと一緒にいるんだからよ。
俺は、この先も隣に主君がいることに
賭けるぜ。なぁ、いいだろ?
イッシンタスケこの手紙……。
ははっ、さすがにわかってたか。
なんてったって今日は、オレ様たちの
記念日だからな!
いつも、ありがとうな。上(うえ)様には
いくら感謝しても、感謝しきれねえ。
オレ様は、ちゃんと役に立ててるか?
これからも、もっと頼ってくれよな。
上様の役に立てることが、オレ様の
喜びでもあるんだからよ!
ヌエええっ、いいんですか、主(あるじ)様!
私、私、このような物を
頂けるとは思っていなくて……!
主様と過ごした日々は、ずっと私の宝物
ですし、これから先も、大切な時間を
主様と一緒に過ごしていきたいと思って
います……! って、なんだか告白みたいに
なってしまいましたね……えへへ……。
恥ずかしいですけど、これが私の正直な
気持ちですから。
ミツクニご主人(しゅじん)、今日が特別な日だって
覚えててくれたみてーだな。折角だし、
ふたりで祝い酒か、温泉でもどうだ?
おいおい、純粋に祝いてーって
気持ちなんだぜ? なーんて……オレの
考えはお見通しか。さすがはご主人。
でもな……特別な日だからこそ、たまには
羽目を外すのもありなんじゃねーの?
ご主人がその気になってくれたってんなら、
オレはいつだって歓迎するぜ?
イバラキドウジ頭(かしら)……いつも、ありがとうな。
な、なんだよ!オレが礼を言ったらいけないのかよ?
今日は、その……大事な日だろ?
記念日には気持ちを伝えるもんだって聞いたんだよ。
オレは血が大好きだけど、頭の血だけは絶対に見たくない。
そばに置いてくれるのなら、誰にも傷つけさせはしない。
だから……これからも、何があっても離れるな。
絶対に、守ってやるから。そばにいろよ。
ニギハヤヒ主君(しゅくん)、粋な手紙をありがとう。
まさか今日という記念すべき日に、
主君からの賜り物を受け取るとは……。
お返しに空の散歩でも、と言いたい
ところだけど、あいにくおれの船はまだ
動かせなくてね。その代わりと言っては
なんだが……主君、おれと少し歩かないか?
ふたりきりで歩きながら、思い出を語り合う
……たまにはそんな穏やかな時間があっても
いいだろう?さ、お手をどうぞ。
マサカドサマ将軍の慶事(けいじ)ならば、この俺が
真っ先に祝うのが当然というもの。
ここまでよくやってくれたと、多少は
褒めてやらんこともない……が、
自惚(うぬぼ)れるでないぞ?今後も俺に
期待しろ……今まで以上の働きを将軍に
見せ付けてやると……そう、受け取れ。
俺をその気にさせるのは、将軍だけだ。
この誓い、ゆめゆめ忘れるなよ。
イッタンモメンねえ、この手紙、本当にオレに?
すごく、嬉しいよ。何を返せばいいか、
わからないけど……そうだ、日頃の感謝を
伝えようかな。いつも、ありがとう。
オレ、これからもずっと頭領(とうりょう)
さんの傍にいたい……。だから、
この先もずっと、オレに守らせて。
頭領さんのためなら、その綺麗な白い心を
守れるなら、なんでも出来るよ。
……これでお返しになるかな。
カミキリ独神サマからの手紙……! ふ、ふひひ……!
もしかしたら、髪の毛よりも嬉しいかも……!
あ、ありがとう、独神サマ……。大事に読むね……。
ア、アタシ、いつもは髪のことしか、考えてないけど……。
独神サマのことも、同じくらい、考えてる……。
だ、だって……。アタシがこうしていられるのも、
独神サマのおかげだから……!
か、感謝って、どうやって伝えたらいいのかわからないけど……。
独神サマ……いつも……ありがとうございます……。
イシコリドメ主(あるじ)様。本日のこと、覚えててくださったのですね。
感謝の言葉なんて、わたくしにはもったいないです。
……本当に、ありがとうございます。
わたくしの鏡が曇らない限り、主様には傷ひとつ負わせませんわ。
ですからこれからも……わたくしのことを、傍に置いていただけますか?
主様やあの子に仇なす者が来た時に叩き潰す……いえ。
しっかりとお守りできるように、ですね。
ササキコジロウ今日は何やらめでたい日、らしいな。
……なんだその顔は。
特別な日を面倒だと思うほど、
怠惰(たいだ)なつもりはないぞ。
なあ主(あるじ)。俺は主の期待に
応えることができているか?
少しでも成長できているのか?
足りない所があれば、遠慮なく言ってくれ。
……努力は面倒だが……それで主の
役に立てるのなら、なんだってしよう。
【水兵】アマクサシロウやあ、主君(しゅくん)。今日という日を
主君と共に迎えられた私は、なんと幸せ者
なのだろう。あ、いや、この格好は別に
浮かれているからというわけじゃないんだ。
私も気は進まなかったんだが……え? よく
似合っている? そ、そうか……主君に
喜ばれると、なんだか私まで嬉しく
なってきてしまうな。装いが変わっても、
私の心に変わりはない。
今後も、遠慮なく私を頼ってくれ。
双代ヤト主(ぬし)サマ、今日は素晴らしい日
なのだと聞きました。だから一応、正直に
伝えておきますね。私は日々主サマに
感謝しているんです。とってもね。
ありがとうございます。それから……
好きですよ、主サマ!
……もー、だから本心ですって!
こんなに一緒にいたんです、私の気持ち、
そろそろわかってきたんじゃありません?
イッスンボウシ俺、なんだか胸がいっぱいで……。
こうして、記念日を迎えられるなんて、幸せ
すぎて、どうしたらいいのかわかりません。
とにかく、今は主(あるじ)さまに伝えたい
気持ちが溢れて止まらないから
……聞いてくれますか?
俺は、こうして共に過ごす時間が本当に、
大切だと思うんです。体は小さいけど、
主さまへの気持ちだけは誰よりも大きいから
……受け止めてくださいね。
タワラトウタおっ、俺様への手紙ってか。こいつは
ありがとな、主君(しゅくん)!
さて、主殿を讃えるために、ちょっくら酒
でも飲むか! いやいや、ただ酒を飲みたい
だけじゃねえんだぜ? こういうのには
きちんと理由があってだな……。って、
酒を禁止されたら騒げねえじゃねぇか、
っておい、主君! 待ってくれ、
そんなに騒がねえから! ちょっとだけ
だから、な!
ウラシマタロウ独神(どくしん)ちゃん! この手紙、ありがとうな!
もう最高の記念日だぜ!
よーし、今日は宴でも開いちゃおう!
可愛い子もたくさん呼んでー……
なーんてウソウソ! 独神ちゃんさえ
いてくれれば、他にはなにもいらないぜ。
今日はオレたちだけでゆっくり愛を
語ろうか。真面目な話、オレは本気で
アンタのこと大事に想ってるから。
いつも、ありがとうな! これからもよろしく!
キイチホウゲン私は……貴様のことは認めている。感謝も
している。
今日は、記念の日だからな。 こういうとき
くらい、言ってもいいかと思ったんだ。
不思議なものだ。主君(しゅくん)と
出会ってから、自分が変わったように思う。
太陽の眩しさを嫌だと思わなくなった。
そして死ぬことが、前よりも怖くなった。
だが、これは悪い変化ではない。貴様の
おかげで得られた……大事なものだ。
キンシロウ俺はなあ、誇りに思うよ。こうして今日まで
お上(かみ)に仕えてきたことをよ。
なんだか、感傷的になっちまうなあ、
こういう節目の日は。いつも、ありがとよ。
どれだけ感謝しても足りねえくらいだ。
お上と出会ってなかったら、今頃俺は
どうしてるんだろうなあ。もしかしたら、
ろくでもないヤツになってたかもしれねえ。
お上がいてくれるから、俺は自分を
誇れるようになれた。これからも、よろしくな。
カイヒメ将軍よ、本日くらいは職務を忘れて
祝うも良かろう。将軍が万全の状態で
いてくれるから、わたしも力を振るえる。
本日は特別な日、たまには本音を
伝えたい。将軍をすごく頼りにしている。
そして、それと同じくらい、すごく大切に思っているのだ。
だからこれからも……その、傍にいてくれ。
ああ、らしくないことは承知だ……許せ。
アマノジャクなんだ、この手紙。主(あるじ)なりの
悪戯のつもりかよ? ……え? 違う?
感謝なんて言われるとむずむずするなー。
ま、俺が頑張ってんのは事実だし
ありがたく受け取っておくけど。しっかし、
主と出会えたのは本当に幸運だったぜ。
なんたって悪戯のしがいがあるし……あっ、
勿論、主が悲しむような悪戯はしねーよ?
最高に楽しめる悪戯、
これからも期待しててくれよな!
イヌガミ主様は、幸せすぎて怖いと
思ったことはある……? 私は今まさに、
そんな気持ちよ。だって、そうでしょう?
こうして今日という記念日を迎えることが
できたんですもの。
こんなに幸せでいいのかしら、罰が
当たったりしないかしら、って不安になるわ。
だから……そのぶん、私に身に余るほどの
幸せをくれる主様にたくさんお礼を言わせて
もらうわね。いつも本当にありがとう。
ヨリトモ今日は私たちの記念すべき日……
そして、主君(しゅくん)に
感謝を伝えるべき日だ。
いつも私たちを見守り、支えとなってくれて
ありがとう。……さて、今日はどうやって
主君を甘やかしてやろうか?
普段は頑張りすぎているからね。
今日くらいは何もせず、のんびり過ごそう
じゃないか。さ、早くこっちにおいで。
ヤシャ手紙だって?……ああ、ありがとな。
……いや、迷惑なわけじゃねぇんだがな。
反応に困る……いや、困ってねぇ。いや困ってるな…………ちっ。
アンタ、俺以外のヤツにもこうやって手紙を配って歩いてんだろ?
あんまりいい気分じゃねぇな、そう考えたらよ。
アンタが俺だけに手紙をくれたってんなら、もう少しは喜べたのによ。
嫉妬なんて俺らしくねぇか?
だがな、俺がこういう気持ちになってんのは、アンタのせいだ。
──……わかってんだろ?
イイナオトラ感謝の気持ちだなんて……。なんだか恥ずかしいな。
独神(どくしん)さんの気持ち、すごく嬉しいよ。ありがとう。
領主たるもの、僕は独神さんの前でも凛々しくあろうとしているけど……。
僕の力は、独神さんの助けになっているかな?
……独神さんは優しいね。でも僕は、無理なんてしてないよ。
だって僕は、独神さんに仕えていることを誇りに思っているんだから。
独神さんのためだったら、僕はもっと強くなるよ。
だからこれからも、独神さんのことを守らせてほしい。
【書初】タケミナカタ僕のために手紙を用意してくれたなんて嬉しいよ。ありがとう。
主(あるじ)が想いを込めて書いたこと、手紙から伝わってきたよ。
僕も主に感謝の気持ちを伝えようと、手紙を書いてみたけれど……。
気持ちを上手く言葉に変えられないんだ。
主はいつも、自分の気持ちを真っ直ぐに伝えられる。
僕もそうなりたいと願ってはいるが……。まだまだ修行が足りないようだ。
主、これからも僕を仕えさせてほしい。
代わりに僕もずっと、主のことを守り続けるから。
【革着】アシュラあらやだ、そんなにジッと見られたら照れちゃうわ♪
今日は大切な日でしょ? だからアタシも気持ちを引き締めるために、
ちょっと着替えてきたの。うふふ、どうかしら?
まさか主(あるじ)ちゃんから、こんなに愛情たっぷりのお手紙を貰えるなんてね。
本当に幸せよ! 今すぐ主ちゃんを抱きしめちゃいたいくらい!
……だからね、主ちゃん。これからもアタシのこと、傍に置いてね。
主ちゃんのことは絶対に護るわ。約束してあげる♪
その他トール主(あるじ)さん、
今日はなんか、大切な日なんだってな。
気の利いた言葉は言えないんだけど、
こういうのは気持ち気持ち! ってわけで
おめでとう、主さん! 主さんの特別な日を
一緒に祝えて、俺も嬉しいよ。
ロキを探して、八百万界(ヤヲロズカイ)に
来た俺をあたたかく迎えてくれたこと、
本当に感謝してる。これからも役に立って
みせるから、期待しててくれよな!

天将 Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
天将スサノヲおっ。主(あるじ)からの文とはなぁ。
たまには大胆なことも……って、冗談だ。
あれだ、あれ。なんか、改めて言われると
恥ずかしいっつーか、なんつーか……。
と、とにかく、ここにいるヤツらの誰よりも、
オレ様は主がいてよかったと思ってっからな。
だから、主はこれからもおとなしく
オレ様に守られてろ!
桜代フクロク主(あるじ)とこの素晴らしい日を共に
過ごせることをおれは誇りに思うよ。
振り返ってみても、素敵な思い出ばかりだ。
嬉しいことも、苦難も、共に越えてきた。
おれと出会ってくれて、ありがとう。
これからも主が幸せであるように、精一杯
力を尽くすと誓おう。だからこれから先も
存分に頼ってくれ……なんて我が儘(まま)は、
許されるだろうか?
ロクロクビあれぇ、今日はめでたい日なんだっけ?
あのね主(ぬし)さん、私きっとこれからも
沢山迷惑かけちゃうと思うけど……
それでも主さんを想う気持ちは誰にも
負けないよ! 力になれるように
頑張るから……まだこの先も、
一緒にいていいかなぁ?
……えへへ、いつもありがとね!
私が仕えたいと思うのは、主さんだけだよ!
ビャッコ手紙……? 感謝の気持ちを綴った、と?
先生からこんなものをもらえるとはのう……。
ワシも先生に感謝しているぞ。
そりゃあ言葉では言い表せんくらいにな!
だから今後も末永くよろしくと……
ええい、やはり改まると照れくさいのう!
今まで通り、ワシは先生の力になるぞ!
だから先生も今まで通り、ワシを頼れよ!
ヒルコあるじさん、今日は特別な日なんだって?
別段いつもと変わらないけど……たまには
素直な気持ちを伝えておこうかな。
いつもありがとう。おれの仕える方が、
あるじさんで本当に良かった。
どうかこの先も、一緒に歩んで行って
欲しいんだけど……いいかな。もちろん、
無理は言わない。でも、おれを
選んでくれたら……すごく嬉しいよ。
オモイカネもし、永久に貴方といられる策があるのなら
それを実行したいと思うのですが、なかなか
思いつかないものですね。
思いつかないまま、結構な時が過ぎてしま
いましたが、今もこうして主(あるじ)さんとい
られることを感謝しないといけませんね。
私をお側に置いてくださって、ありがとうござ
います。これからも、私と共にいてくださいま
すか? 主さんのためならば、
どんな知略だってめぐらせますよ。
カグヤヒメこの私の美しさを独占できるなんて、
時の帝でも叶えられなかった栄誉ですわよ。
……なんて。記念の日くらい
素直に感謝の言葉を述べさせていただきますわ。
主(ぬし)様の隣にいるときが、
一番私が輝けるとき……主様に抱くこの
想いは、月よりもまばゆく輝いていますの。
私を幸せにできるのはきっとただひとり……。
未来永劫、主様の隣で輝き続けて
差し上げますから、覚悟しておいてくださいませ。
フセヒメ感謝の手紙? ……ヤツフサにも?
主(あるじ)殿は本当に優しいのだな。
私にだけでなく、ヤツフサにも
同じように愛情を注いでくれていること、
本当に嬉しく思う。
むしろ、感謝をしたいのは私のほうだ。
いつも私とヤツフサを気に掛けてくれて
ありがとう。それから、その……
大好きだ、主殿。
これからも是非、よろしく頼む。
オジゾウサマボクのために感謝の手紙を書いてくるとは、
独神くんは本当にしっかりしてるね!
文字の力は、キミが思っている以上に協力だからね。
独神くんが気持ちを込めて書いてくれて、ボクも嬉しいよ!
もしかしたら、独神くんは気づいてないかもしれないけど……。
キミはいつも、すごい勢いで成長しているんだ。
だからキミの傍にいて、キミの助けになることが、ボクはとても楽しいんだ。
独神くん。これからもボクに、キミの手助けをさせてもらえると嬉しいな。
カグツチ主(ぬし)! 今日は記念日なんだってなあ! いつもありがとうよ!
オレにできることなんて、限られてるし、大したことじゃあないかもしれねえ。
それでも、他の英傑じゃなくて、オレを一番に想って欲しいなんて、思っちまうんだ。
そのためにもっと頑張るからよ、これからも一緒にいてくれよな!
オマエのためなら、どんなことでも頑張れるからさ! これからもよろしく頼むぜ。
オオワタツミ儂(わし)に手紙とな? 独神様(どくしんさま)も味なことをなさる。
そのようなきめ細かい心遣いに、儂は惹かれているのだろうな……。
思い返せば、これまで様々なことがあったな。
時には荒れ狂う海のような困難もあったが、
其方(そなた)は見事に乗り越えた。
自身で思う以上に、其方は強く、そして清らかだ。
そんな其方の傍に居られることを、儂は誇りに思っている。
独神様よ。其方の透き通った海のように美しい。
この身が藻屑と消えようと、儂は其方のことを守り抜こう。
ハチカヅキヒメご主人さま、素敵なお手紙ありがとう
ございます!それから……
記念すべき日、おめでとうございますっ!
今日はゆっくりしてくださいね。
ご主人さまのお世話は、ぜ〜んぶわたし
がしますからっ!何か飲みますか?
それとも、のんびり膝枕でもしましょうか。
……ふふ、焦らなくてもいいですよ。
わたしはご主人さまの傍に
いますから、ゆっくり考えてくださいね。
【教師】ネンアミジオン主君(しゅくん)、僭越ながら言わせていただきます。
このような場に手紙を持ち込むなどとは……。
皆さん、主君からの手紙であれば我先にと奪い合うでしょう。
つまりそれは、争いの火種。そのような危険な物、持ち込み禁止です。
先生である私が、責任をもって没収いたします。
安心してください、中は見ません……うん?見ても良いのですか?
――っ!まさか、私宛の手紙だったなんて……これは、お返しできませんね。
【錦繍】タマモゴゼンやれ嬉しや、主(あるじ)殿から文を
頂けるとは。おまけに、今日はわらわと
主殿との特別な日であろう?
今宵は、この錦繍(きんしゅう)に彩られた
わらわを心ゆくまで堪能すると良い。
それからふたりで、ゆるりと思い出話でも
しようではないか。
……実はな、ただわらわが主殿を
独占したいだけなのだ。ふふっ。案外、
可愛らしいところもあるであろう?
双代カマド今日は私たちのあっつあつの記念日だね!
えへへ、嬉しすぎて燃やさないように
気をつけなくちゃ。あのね、いつもありがとう!
戦いでもなんでもすぐに熱くなるけど、
主(ぬし)様のことは特別なんだ!
私の中の主様への気持ちは、とびっきり熱いの。
これ以上熱くなったら焦げちゃうくらいに、ね。
そのくらい、大好きなんだよ?
いつかこの気持ちを受け取ってほしいな!
アメフリコゾウ……いい気分ですねぇ。
雨が降っていても、いなくても、
今日だけは特別な日ですから。
……今だけは、素直に感謝してあげても
いいですよぉ。そういう気分ですし。
ボクだって、感謝くらいしますよぉ。
主(あるじ)さまといると、雨じゃなくても
楽しいって思うし、居心地がいいんです。
だから、これからもボクの傍にいて
くださいねぇ? 約束ですよぉ?
コンピラへえ……。ありがとな、主(ぬし)様。
なんか、俺にはもったいないくらいの
感謝の言葉なんかもらっちまって、なんか
気恥ずかしいぜ。これからも主様のために
働くからさ、ひとつ俺の願い事を聞くだけ
聞いてくれない? ……やった!
俺、主様のために海を平和に、安全にする
からさ。いつか、俺と一緒に海で
のんびりしようぜ! いいだろ?
エンエンラ今日はいい日だねぇ。
いや、今日に限らず主(ぬし)と一緒にいら
れる日はそれだけで、いい日なんだけどね。
だけどほら、今日は記念の日だろう?
こういう日には、改めて気持ちを伝えて
おかないと。いつも、感謝しているよ。
主と一緒にいると、私の心はいつも平和だ。
これからも、傍で世話を焼かせてほしい。
いつもがんばっている主の世話をすることが
私の楽しみなんだ。
セトタイショウふふ……。主(ぬし)様からのお手紙、
嬉しいです。大切に、壊さないように、
ずっと持っておきますね。……え? 僕に、
読んでほしいんですか? いやだなあ、
それなら主様が僕に読んで下さい。
そしたら、僕は誤って手紙を壊すことなんて
なくなるし、主様の気持ちは僕に伝わる。
良いことづくめ、でしょう……?
ねえ、主様。僕がこれからの未来を壊さない
ように、僕にお手紙を読んで下さい。
ナリカマふふっ、ありがとう、ぬしさま。……ん?
私が驚いていないようだって? そりゃ
そうさ、こういったものも占いでわかる
からね。……しかし、わかっていたとはいえ
改めて受け取ると照れくさいというか……
んんっ、別に、恥ずかしいとかは思って
いないからね。ただ、私もぬしさまには
感謝をしている。……それだけさ。
アリエあるじ、わたしの歌を聴いてくれる?
どうしたのって……もう!
あるじがくれた手紙のお礼に
決まってるでしょ! わたし、
たくさん練習してきたんだから。
ありがとうと、大好き! って気持ちが
たくさん詰まった歌をね♪
今までで一番うまく歌ってみせるから
終わったら感想を聞かせて。それから……
とびきりのご褒美、期待してもいいよねっ♪
シロ主(あるじ)サマが、ワタシにお手紙を?
くんくん……これは、お宝のにおい……!
なーんて。主サマがくれたものなら、
ワタシにとってはなんでもお宝だよ。
大事にするね! ありがとう、主サマ!
……出会ってから今まで、
たくさんなでなで〜ってして貰ったよね♪
ワタシ、主サマのためならなんだって
できちゃうから……これからも
いーっぱいなでなでしてね! ワンッ♪
キジムナーお頭(かしら)ー! 今日はおめでたい日
だね! 一緒にお祝いしようよ!
今日はおいしいものたくさん食べて、
たくさん遊んで、とびっきり楽しく過ごそうね。
あれ……でも、いつもとあんまり変わらない
かも? だってボク、いつもすっごく楽しいも
ん。お頭と一緒にいられたら、それだけで嬉
しいし、毎日が記念日みたいなものかもね。
あのね……だーいすきだよ! これからも
ずーっと一緒にいてね!
カラステング長(おさ)とこうして遊んでいるうちに、
特別な日を迎えたらしい。いつもオレと共に
過ごしてくれて、感謝している。
出会えなければ、オレは恐らく今もずっと
退屈で……どうなっていたかもわからない。
その孤独から救ってくれたのは、長だ。
オレも何かを返したい。そのためには、
この先も傍に居なければなるまいな。
いいだろう? これからも共にいると……
そういう約束をしてはくれないだろうか。
ハクリュウこの手紙を、ワタシに……?
主(あるじ)サマ、ありがとうございます。
ふふ……今日は本当に素敵な日ですね。
こうして主サマと共に、のんびりと
祝いの言葉を交わし、笑い合って……
あまりの嬉しさにいつもよりずっと速く、
空を駆けることが出来る気がします。
お望みならお目に掛けましょうか?
このハクリュウ、主サマの望みなら、
なんだって叶えてみせますよ。
エンマダイオウ独神様、どうかされましたか? ほう、私に手紙ですか。
まさかこのような祝いの日に、独神様から感謝の気持ちをいただけるとは……。
これは閻魔帳にしっかりと書き残さなければ。
……おっと。いくら独神様でも、閻魔帳を見せるわけにはいきません。
それに見る必要もありません。
独神様の傍に置いていただけるようになってから、
ほとんど私と貴方のことしか書いていないのですから。
……それでも見たいですか。困りましたね。
直接見せるわけにはいきませんので、私が読み上げることにしましょう。
……独神様、いつもありがとうございます。

楽士 Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
楽士ウシワカマル主(あるじ)様、よく覚えていたね。
……そう、今日は僕たちにとって記念の日だ。
こういう大事な日は、日頃の感謝の
気持ちや、胸に秘めた想いを伝えるのに
ちょうどいい。でも、主様のことだから、
伝えなくても僕の言いたいことくらいわかる
かな? ふふ、それでも今は言葉にして
伝えたいから言わせてもらうよ。
いつもありがとう。これからも、
共に日々を過ごしていこう。
桜代オツウご主人様の隣にいると、いつも温かい気持ち
になるんです。でも、たまに不安になります。
今があまりに幸せだから、こんな幸せで
いいのかなって、怖くなるんです。
だから、今日は本当に嬉しい日です。
私たちが長い時間一緒に過ごせたことに
感謝をしないといけませんね。
ありがとうございます。大好きなご主人様に、
私のありったけの想いを込めた布を織って、
いつか貴方に贈らせてください。
ザシキワラシあるじさま、へへっ、ありがとぉ! 僕、
すっごく嬉しいよ。あるじさまにこんなに
想ってもらえるなんて、きっと僕、
八百万(ヤヲロズ)界で一番の幸せ者だよぉ。
ぼくも、あるじさまのこと大好きだからぁ。
これから、あるじさまのために僕もお手紙
書きたいなっ。だから、あるじさまも一緒に
いて? なんでって……僕に、どうやって
好きって言ってほしいか、知りたいからだよぉ。
イズモオクニ今日は一段と体が軽やかな気がしますわ。
……あら、見てわかりませんこと?
座頭(ざかしら)のために感謝の
舞をしているんですのよ。
今日は私たちにとって、特別な日ですもの。
特別に、感謝の気持ちを込めて舞って
さしあげますから、見ていてくださいな。
一瞬たりとも、目を離したら許しませんわよ?
この私が、座頭のためだけに舞うのですから。
……いつも感謝していますのよ。
クツツラありがとう、主(ぬし)。しかし、主に
このようなものを貰えるとは思わなかった。
私は、本当に主の役に立てているのかと、
不安になることもあったからね。
でも、これから主に貰った手紙を胸に、
全力で主のために仕えさせて貰おう。
……それに、主の靴を磨くのは私以外に
適任はいないと思うからね。
主にとっても、悪い話じゃないだろう?
ナリヒラ嬉しいよ、ありがとうお上(かみ)。ついに
僕の気持ちがお上にも伝わったのかと
思ったけれど、ただこういった手紙を
お上から賜(たまわ)るのもいいものだね。
今までお上と過ごしてきた時間はあっと
いう間に過ぎていったから、きっと、
これからも驚くくらい早く過ぎて行くの
だろうね。この先もお上と過ごす時間を
大切にしたいと思っているよ。
チョクボロンヌシ様、オレからもありがとな……。って、
やっぱり似合わねぇか!? なんてな、
オレの気持ちは本物だ、それは今まで
ヌシ様と過ごしてきたオレが一番
わかってる。だから、これからもその気持ち
を大事にするために、ずっとヌシ様の傍に
いることを誓う。……っと、酒でも飲みに
行くか! こんないい日は、宴でも開いて
パーッと盛り上がろうぜ!
ナキサワメこれまで、色んなことがありました。
辛い事、苦しいこと……それを
乗り越えられたのは、主(あるじ)さまが
お傍にいてくれたからなんです。
主さま、ありがとうございます……!
……うっ……うう……ぐすっ……
今日はおめでたい日だから、泣かないように
しようと思ったのに……やっぱり駄目です。
でも、嬉し涙だから……少しくらい、
大目に見てくれますよね……?
ウンギョウ独神様からのお気持ち、とても嬉しいですわ。
私もこの日を一緒に迎えることができて、
なんだか満ち足りた気持ちになっていますの。
独神様と出会った時を思い返したら、なんだか懐かしくなってきましたわ。
ヒメ様を探しに八百万界(ヤヲロズカイ)へ参りましたが、
もしかしたら独神様と出会うためだったかもしれませんわね。
……なんて、私としたことが少し話過ぎてしまいましたわ。
このことは私と独神様だけの秘密にしてくださいませ。
アタゴテング……今日は特別な風が吹いているようだ。
きっと、風も今日という特別な日を
祝ってくれているのだろう。
いつもありがとう、主君(しゅくん)。
……僕は主君との出会いを
運んできてくれた風にも、感謝しないと
いけないな。
だって、そうだろう? もし僕たちが
出会えていなかったら、こんなふうに
幸せだと思うことすらなかったのだから。
ヒカルゲンジお上(かみ)、いつもありがとう。そして、
今日は特別な日だから、貴方に抱いている
特別な想いを伝えるよ。
貴方と出会い、俺の世界は劇的に変化した。
叶うなら今後ともずっと隣には俺だけで
あるように……。
ふふ、そんな我が儘(まま)まで、優しい俺のお上は
受け止めてくれるだろうか?
ゼアミ特別な日というこの状況にて、感謝の手紙……。
独神(どくしん)様も演出のコツを掴まれたようですね。
もっとも、貴方からの手紙であれば、私はどんな時でも喜びを感じますが。
私もこの日のために、独神様を喜ばせる演出を考えてきたのですが……。
独神様に出会った途端に、何故だか全て陳腐なものに思えてしまいました。
なので飾り気のない言葉となりますが、伝えさせてください。
独神様。私は貴方のためであれば、これからも全てを捧げましょう。
貴方に素晴らしい舞台を見せるまでは、決して私は離れません。
タマヨリヒメ主(ぬし)サマと一緒に、この日を迎え
られて……私、とても嬉しいです♪
主サマのお心は広くて深い……まるで
私の大好きな海のようですネ。
優しく、そして力強く包み込んで
くれる、そんな主サマだからこそ
私はためらわず全てを捧げられるんです。
主サマ。これからもずっとお傍にいて
くださいネ。そうすれば私……きっと
なんだってできちゃいますから!
ノウヒメあら、私に手紙? 生憎、恋文は間に合っているのよね。
……なーんて、冗談よ。ふふふっ、ありがとう、独神様。
アナタからの感謝の気持ち、しっかり受け取ったわ。
本当は、私から感謝を伝えるべきなのでしょうけれど……。
ただ受け取るだけで悦に入るほうが、じゃじゃ馬らしいと思わない?
でも……なぜかしら。独神様から貰ってばかりだと、なんだか癪なのよね。
だから、私からの感謝も受け取りなさい。いいわね?
【晴着】カグヤヒメいきなり主(ぬし)様から手紙を渡されるなんて……。
私としたことが、驚いてしまいましたわ。
感謝の気持ちなんて、私が伝えたいのに……。
な、なんでもありませんわ! それより、この衣装はいかがですか?
うふふ。主様と特別な日を迎えるのですから、これくらい当然ですわ。
……この時間がずっと続けばよいと願うのは、贅沢なことかしら。
もしもそれが叶わぬ願いだとしたら……。
主様。これからも私を、傍に置いてくださりますか?
双代ベンザイテン妾(わらわ)の愛と豊穣の力で、
この素晴らしき日をお祝いいたしましょう。
主(あるじ)さんのもとへこれまで以上の
福が舞い込むよう、妾が力を尽くします。
主さんへ近づく邪気は、全て祓いましょう。
だから、今後も頼りにしてくださいませ。
主さんを最も幸せに出来るのは
このベンザイテンだけだと、
どうか忘れないでおいてくだされよ?
チョウチンビ主(ぬし)、オラにこんな手紙を贈って、
いいの? いつかオラがこの火で
燃やしちゃったりしたら……。なんて、嘘
だよ! 絶対大事にするからな、主!
……へ、燃やしたらもう一回書いてくれる
って? へへっ……。そんなこと
言ってくれるのなんか、主だけだ。
やっぱりオラ、これからもずっと主に
ついていくからな!
セミマル主(ぬし)様から私への手紙……?
これはこれは、嬉しいものですね。
私が盲目であろうとも、主様のお気持ちは
きちんと伝わっておりますよ。
ふふ、主様が読み上げてくださるのですか?
ありがとうございます。
お返事代わりに私から一曲奏でさせて
頂きましょう。日頃の感謝も込めて。
ビワボクボクなぁなぁ、今日はすっごくめでたい日
なんだろ? だったらヌシさんのためだけに
琵琶を演奏するぜ! 日々の感謝の気持ちと
今後もよろしくってことで……へへ、
やっぱり他の皆も呼ぶか? なんだか
照れくさいし……オレの想い、上手く
表現できるか、緊張してきた……。
ちゃんと最後まで聴いててくれよ。
いつもありがとな、オレのヌシさん!
アメノウズメ独神(どくしん)ちゃん!
いつもありがとうございます!
ふふっ、今日は本当に素敵な日ですね!
いつも以上に軽やかに踊れている
気がします! ……そうです!
独神ちゃんも一緒に踊りませんか?
こんなおめでたい日なんですから、
いいでしょう? 絶対楽しいですから!
これもまた、私たちの新しい思い出になるんです。
そう思うと素敵でしょう?
ニニギ主(あるじ)さん、これ、僕に? すごく
嬉しいよ、ありがとう! 僕も主さんと
一緒に過ごせてとっても楽しい思いを
しているし、サクヤヒメ以外にも
守らなきゃいけない、大切なものも
増えたから。これから先も、主さんとずっと
一緒に過ごしたいし、主さんのことを
守らせてほしいな。
クダンか、かか、感謝の手紙!?
そんな……凶事を見ることしかできない
僕が、もらっちゃっていいの?
……主(あるじ)様は、優しいね。
主様のために、凶事以外も見ることが
できるようになるといいんだけど……。
え? いいことも見えたら、贈り物で
驚かせることができなくなっちゃうって?
そっか、そういう考え方もあるんだ……
ありがとう主様。手紙、大事にするね!
シン手紙って……。今どき主(あるじ)もダッセェよな。
こんなもん無くたって、主ガオレに感謝してんのなんかわかってるっつうの!
……別に貰わねぇなんて言ってねぇだろ?
確かにダセェけど、オレのためにこうして用意してくれたんだし……。
その……。あ、ありがとな。
クソッ! なんだよ! これじゃオレのほうがダセェじゃねぇか!
主! 今からオレが面白ぇモン見せてやっから、さっきのことは忘れろよな!
コノハナサクヤまあ。ふふっ、ありがとうございます、
主(あるじ)様。私も主様のことが大好き
ですよ。お酒と同じくらいか、もっとずっと
それ以上に。ふふっ。これからも、
末永くよろしくお願いしますね。……なんて。
口に出すと、少し、恥ずかしいですね。
でも、まったく嫌ではありません。だって、
これからもずっと、主様と一緒だと思うと、
私とっても嬉しいんです!
オシラサマぬ、主(ぬし)さま!
オラ……あっ、いや、私にお手紙を
くださって、ありがとうございます!
主さまはいつも優しくて、こうして
私にも気を遣ってくださって……
蚕のことも可愛がってくださる、とても
素敵なお方です。そんな主さまの
お傍にいられるなんて、幸せすぎて
……ううっ。こん先も、オラのごど
蚕みてーに可愛がってくんなせぇ。
ヒトツメコゾウ……なにこれ。え? 主(ぬし)から
ボクへの手紙? へえ、そっかあ。
やっと主も、ボクへの気持ちを素直に
伝える気になったんだね。嬉しいよ。
……恋文じゃなくて、感謝の手紙なの?
まあ、嬉しいことに変わりは無いから
いいけど。今日、特別な日なんでしょ?
折角の記念日に何もしないっていうのも
可哀想だから今日は一日中、ボクが傍に
いてあげる。目一杯喜びなよ。
その他ヘイムダル特別な日……。なるほど。
だから独神(どくしん)様も嬉しそうに歌っているのか。
それに今日は、周りも喜びに満ちた音で溢れているよ。
ほら、独神様も目を閉じて。
……ねえ、そのままでいいから聴いてくれる?
私は元々、多くのものが見えてしまい、聴こえてしまう。
そのことに気が滅入ってしまうこともあったけれど……。
独神様を見つめて、耳をすませると……心が晴れやかになるんだ。
いつもありがとう、独神様。
貴方の平穏は、これからも私が守るからな。

巫覡 Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
巫覡アマテラスねえ、主(あるじ)さま。
私ね、最近すごく思うんです。
天岩戸(あまのいわと)を出てきて、よかったなあって。
だって、ずっとあそこに引き篭もったままだったら
主さまにも出会えていないですから。
あなたに出会ってから、天岩戸よりも外のほうが魅力的に見えるんです。
だって外には主さまがいるから……。
出会えて本当によかったです!
いつも、ありがとうございます!
桜代クウヤさあ、とびきり美味しい茶を点てよう。
何しろ今日は記念すべき日だからな。
……いつも感謝しているよ。こういう日には、
過去を振り返りたくなってしまうものだな。
主(ぬし)と歩んできた時間が日に日に
増えていくこと、喜ばしく思うよ。
全てを平等に扱うなど、当然のことだと
思っていたが、難しいことなのだな。
主と過ごした時間や、主のことは
どうしても特別に思えてしまう。
アカヒゲ……おれは幸せ者だな。
うん? 急にどうしたのかって?
頭領(とうりょう)さんとの思い出を
いろいろと振り返ってたんだよ。
そしたら、いい思い出ばっかりなもんだから
感慨深くなっちまってな。
ははっ、たまにはこういうのも悪くない。
なんたって、今日はめでたい日だからな。
なあ、頭領さん。いつもありがとな。
これからも健康に生きていこうぜ。
ゲンブありがたく頂戴します、先生。……しかし、
私で良いのですか? もちろん、とても
嬉しいのですが、このように手紙を頂ける
とは思ってもいませんでしたから……。
いえ、しかし、これだけの時間を先生の傍に
置いて頂けたのですから。少しばかりは
自惚(うぬぼ)れてしまっても、よろしいですか?
……ふふ、つまらない冗談を言いました。
これからも先生の傍に、私を置いて頂ければ
それ以上嬉しいことはありません。
ハハキガミ主(ぬし)のために日々お掃除してきた
けれど……今日だけは掃除はやめにして、
主と一緒にお祝いをしたいわ♪ だって
特別な日だもの! それから伝えたいの。
いつもありがとう、わたしの主!
これからもどうか、お傍に仕えさせてね!
よおし、今日は隅々まで綺麗に……って、
やめやめ。お掃除は、また明日からよね!
ククリヒメ素敵ですね。こうして記念すべき今日を、
主(ぬし)様と迎えられるなんて……。
いつも、ありがとうございます。ああ……
どうしましょう。伝えたい気持ちがたくさん
あるのに、今ある想いを全て伝えられる
ような言葉を、わたくしは知りません……。
主様と過ごす日々はあまりに幸せで、
この幸せを知ってしまっては、もう手放せそう
にありません。ですからどうか、これからも
ククリをお傍に置いてください。
ミチザネサマふん……別に主(あるじ)殿が
めでたいと言えど俺にとってもそうだと
いうわけではない。……が、日々の感謝
くらいは伝えても良かろう。……今後も
よろしくと、そう言っても笑うなよ?
これでも、こんな俺にでも多少は
運の良いこともあるのだと思っていたのだ。
なんのことかわからんか。主殿に
出会えたのは、それほどまでの幸運なのだ。
オトヒメギツネぬしさまっ! この素敵な日、
一緒にお祝いできるなんて嬉しい!
お祝いだし、美味しい天ぷら食べようよ!
……ねえ、ぬしさま。いつもありがとね。
その未来がずっと幸福であるように、
あたしの天眼通(てんがんつう)で
見守っててあげるからね!
もちろん、あたしの未来は幸福だよ?
だってこれからもずーっとぬしさまと
一緒なんだもん!
ダイダラボッチぼっちちゃんって、たまにこういった
思い切りの良いことをするもんだから
ホント、一緒にいて退屈しないよ。
こうなりゃオレからもちゃんと感謝
させてもらうぜ。ありがとな。
ぼっちちゃん。これからも
ずっと傍にいるから、オレから離れちゃ
ダメだぜ。ま、離す気なんてさらさら
ないけどな!
アメノワカヒコ主(あるじ)殿とこの記念すべき日を
迎えられたこと……とても嬉しく思うよ。
今までふたりで積み重ねてきたすべてに
意味があるような気さえしてくる。
今後も変わらぬ絆と愛を、主殿と俺とで
築きたい。そうして来年も、
共に祝いたいな。そうだ、これを約束に
するっていうのは、どうだろう?
来年もその次も……共に祝えますように。
イダテンやったー! 主(あるじ)からのお手紙だ!
ありがとう、主! 僕、ずっと大切にするからね!
僕もね、主には伝えたいことがたくさんあるんだ。
主ってさ、どんなに大変なことがあっても、絶対にへこたれないよね。
そういう頑張り屋さんなところ、いつもすごいなーって思ってるんだ!
でもね主? もしも何か困ったことがあったら、無理はしちゃダメだよ?
僕が必ず力になるから、いつでも相談してね!
どこにいたって、僕はすぐに駆けつけるからさ!
ヒミコわらわの卜(うらな)いによれば
今日は独神(どくしん)さまにとって、
特別な日であろう? 何を隠すことがある。
わらわと独神さまの仲なのだ。
もっと早くに教えてくれたら
盛大に祝ってみせたものを……。そうだ、
独神さま。折角だから今後の目標を
立てたらどうだ? わらわに、もっと
遠慮なく甘える、という目標をな。
ふふっ。さあ、早速実践してみるがよいぞ。
【白衣】セイリュウ先生が今日も元気そうで嬉しいよ。
この日は特に、先生には笑って過ごしてもらいたかったからな。
これも俺が、悪い菌が先生に触れないよう消毒し尽くした結果だな。
……なあ先生。俺は先生の役に立っているか?
もちろん努力は怠っていないつもりだが、若輩者である俺が
本当に先生の役に立っているのか、たまに不安を覚える。
……そうか。嬉しいよ、先生。
なんだか先生からは、いつも元気を貰ってばかりだな。
これからもよろしく。先生。
【保健委員】ヒカルゲンジ俺に文だなんて、お上(かみ)は良い趣味をしているね。
文を送るその意味を知らないだなんて、今更言わせない。
……と、普段の俺なら言うのだろうけど。
今日の俺は保健委員だ。
委員長が色よ華よに現を抜かしていては、示しがつかないだろう?
今の俺は、お上からの文を素直に喜ぶことができない。
――だから放課後、この白衣を脱いで保健委員ではなくなったら……な?
双代ククノチ主(あるじ)殿、いつもありがとうございます。
今日は、おめでたい日なんですよね。
こういう日こそ、普段言えないような気持ち
を伝えないと……。主殿の隣は、私にとって
木陰のようなものなんです。
穏やかで、安らかで……木漏れ日のように
きらきらした幸せが降り注ぐ、そんな場所。
居心地が良すぎて、もう離れられそうにあり
ません。ですから……お願いします。これか
らもずっとお側にいさせてください。
サンネンネタロウわー……。上(うえ)さんからのお手紙、
ありがとうなぁ。でも、感謝されるなんておいらに
似合わねえと思うんだけど……。
だって、おいら寝てばっかりだろ?
自分で言うのもなんだけど、上さんに
褒めてもらえるようなところなんて……。
……へへっ、このままでいいなんて、
上さんも物好きな人だなあ。でも、おいら
上さんに必要って言われるために、これからは
たくさん働くよ!
ショウキおっ、ありがとな、主(ぬし)。
これからも、主と一緒に、病のない、
平和な世界をおれ様も目指すぜ……
っと、違うな。
そういう世界を、主と一緒に作ってみせる。
……おれ様は、やっぱりこうだろ?
夢みたいな話だけど、いつかそんな日が来たら、
この手紙の返事でも、ゆっくり書くとするか。
返事の内容? んなもん、今教えるわけねーだろ。
必ず送ってやるから、それまで待ってろ。いいな?
ゲンシン主君(しゅくん)、ありがとう……。
主君の真心が伝わってきて、とても嬉しいよ。
どんなに難しい数式を解いていたときでも
こんなに心が震えることはなかったのに。
やはり、主君の傍にいることは、僕に
とっての、最適解なんだね。主君の最適解も
僕であればとても嬉しいんだが。それは
これから共に過ごして、わかって
いくことかな。
ウカノミタマ主(あるじ)さま! いつもありがとう!
今日はお祝いするべき大事な日でしょ?
だからね、たくさん気持ちを伝えるんだ!
普段なら、恥ずかしくて言えないことも
今なら言えちゃう気がする……!
伝えたいこと、たーくさんあるんだもん!
聞いてくれる?
あのね、あのね、お礼はもちろんなんだけど
それだけじゃなくてね……?
主さま、だーいすきっ!
オキクルミ主(ぬし)様、心もこもったお手紙。
ありがとうございます。今日という記念の日に
また大切な思い出が増えました。
せっかくの大事な日ですから、私の日頃の
感謝の想いを伝えさせてください。
本当にありがとうございます。主様と
出会ってから、毎日がとても楽しいんです。
主様に、私も何かお返しができたら
いいのに……。ですから、何かあったら
いつでも言ってくださいね。
ナスノヨイチこれをぼくに……!?
ううっ……あ、ありがとう〜!
……これまで、上様のことをそばで
見てきたけど……本当に
頑張り屋さんだよね。
そんなきみの役に立てるよう、ぼくも
もっともっと頑張らなくちゃ!
ぼくの存在が、上様の支えになるような
そんな英傑になりたいんだ。必ず叶えて
みせるから……見守っててね、上様!
コロポックル今日みたいな特別な日を主(あるじ)さんと一緒に過ごすなんて……。
なんだかとっても不思議な感じ。
僕、誰かと話すのってあんまり得意じゃないから、
主さんにもたくさん迷惑かけちゃったけど……。
今は主さんとお話しするのが、すごく心地いいんだ。
小さい僕が、どれだけ主さんの役に立てるか分からないけれど……。
主さんのことを思う気持ちは、だ、誰にも負けないから!
……こ、これからもよろしくね。主さん。
サイギョウ今日は主(あるじ)にとって、
かけがえのない節目の日。
この日のために、少し前から和歌(うた)を
詠もうと考えていたのですが……
どうしたことか。めでたき日だというのに
切ない和歌しか思い浮かばないのです。
筆を取り、思い出される主の姿は
凜々しく、輝かしいものであるというのに
思い出す度に胸が痛んでしまう……
この気持ちは一体、なんなのでしょうか?
クシナダヒメ私、今、とても嬉しいです……!
お礼をいいたいのは私のほうです。
主様(あるじさま)にはご迷惑を
おかけしてばかりでしたから……。
これからも、よろしくお願いします
主様。……ふふっ、改めて口にすると、
なんだか不思議な気持ちになりますね。
私でよければ、これからも主様のために
末永くお仕えしたいです。
コトシロヌシ相談事なんか応じてるとさ、感謝の言葉なんてたくさん貰うんだけど……。
やっぱ独神(どくしん)さんからの言葉って、
おれにとっては特別なんだなって改めて思ったよ。
……別に照れてなんかないから。勘違いしないでよね。
それよりさ、独神さんは何か悩みとかないの?
今日は記念の日なんだし、なんでも相談に乗ってあげるよ。
急に言われても思いつかない? ……はぁ。ま、独神さんらしいか。
ならさ、たまにはおれが独神さんのこと、困らせてみてもいい?
ショウトクタイシ私のために手紙を用意していただけるとは……!
ありがとうございます。独神(どくしん)様。
私もこれまで数奇な運命を歩んできましたが……。
独神様と出会い、こうして同じ時間を共にすることになるとは、
全く持って予想だにしませんでした。
貴方の元で力を発揮できる今が、私は幸せです。
独神様。これからも私にお守りさせてください。
その他フレイヤうふふ……。わたくし、今とても幸せですわ。
ドクシンさまの愛が込められたお手紙をいただけたのですから。
わたくしがこうして八百万界(ヤヲロヅカイ)で頑張っていられるのも、
ドクシンさまの愛のおかげですわ。
このような特別な日をドクシンさまと迎えられて、
わたくしの愛もまた一段と高まってきましたわ……!
ドクシンさま。これからもわたくしに、愛を届けさせてくださいませ。

星詠み Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
星詠みツクヨミワタシにお手紙ぃ? オネガイゴト、とか
そういうのじゃなくて? ……って、
そういう感謝の内容なら、ちゃんと口で
言ってちょうだいよね! なんでって、
そんなの、そっちのほうが嬉しい
からに決まってるじゃない……。これでも
すっごく喜んでるんだから! それに
感謝してるのは主(あるじ)ちゃんだけ
じゃないわ!
ワタシだっていつもしてるんだから!
桜代ジュロウいつも……?はっ、オレが好きで
主(あるじ)と一緒にいるだけだっつーの。
だから、別に感謝なんかされる
筋合いねぇよ。むしろ、おれから主に
感謝させてほしいくらい……って、
んなわけねーだろ!
別に主が近づくのは平気だとか
思ってるわけじゃないから、
勘違いするなよ!?
テッソふふ……うれしい……。ねえ、ぬしさま。
このお手紙、わたし、頑張って齧(かじ)ら
ないようにしますから……。そうしたら、
ずっと一緒にいてくれますか? わたしの
おなかがいっぱいになるまで、どれだけ
ぬしさまのことを齧ってもいいように……。
えへへ、冗談です。ぬしさまのお手紙、
ぬしさまと同じように大事に、大切に
しまっておきますね。
ヒエダアレイ主君(しゅくん)よ、この素晴らしい日を
共に迎えられたことに感謝しています。
主君と出会い、初めての経験をし、
数え切れないほど多くの知見を得ました。
どれをとっても、素晴らしいことです。
願わくば、この先も共に新たな
知識を得、見たことのない景色を望むことが
出来ますように……この私の拙い願い事を、
どうか叶えてくれませんか? 私の主君。
イツマデ記念日にわざわざ手紙とは……。
……別に嬉しくないわけではない。
だが、そこまで大騒ぎすることもないだろう?
オレたちはこれからも永遠に共にあるのだ
から……そう、イツマデも、イツマデも……。
しかし、節目として伝えておくのも
いいかもしれない。厄災を招く存在である
オレを恐れずに、傍に置いてくれたこと……
感謝している。これからも主(ぬし)様から
離れるつもりはないから、覚悟しておくといい。
アマクサシロウ主君(しゅくん)との出会いは
運命だったのではないかと思う。
そのくらいに、この出会いは特別なものだと
いうことだ。
このような幸せを私が感じていいのだろうか。
――そう不安に思うことがたまにある。
天は私の罪を許してくれたのかと、
錯覚してしまうほどに主君と過ごす日々は
幸福そのものだ。
だから……ありがとう。
アシヤドウマンオレから主人(あるじびと)に、
改めて言いたいことがある。
……ありがとう。今まで、オレと共に
歩んできてくれたこと、感謝している。
……たまには、こうして思いを伝えることも
必要だろう?
これからも自身の野望のため、
邁進していく所存だ。だが、それだけでなく
主人のためにも生きていきたいと
今はそう強く思っている。
オトヒメサマ主(ぬし)様! お手紙のお礼に
主様のための感謝際……つまり、宴を
催すことに決めたんだ!
そーれ、じゃんじゃん飲んじゃって!
……なんて、冗談はさて置き。あのね主様。
私、こう見えても本当に感謝してるんだよ。
いつも笑顔を忘れずにいられるのは、
主様のお陰だから。私にとって、
主様は凄く大切な存在なんだ。
ふふ……私の本音、絶対に忘れないでよね!
シュンカイおめでとう、独神(どくしん)様!
……らしくないか? 今日は特別な日だと
聞いたから、意気込んで来たのだが……。
なんにせよ、独神様だけでなく私にとっても
今日は特別な日となったんだ。
素直に祝わせてくれ。しかし、やはり少し
くすぐったいような心持ちだな……
これから先も、空に瞬く星のように末永く
独神様を見守り、支えていくと誓う。
改めてよろしく頼むよ、独神様。
キリン今日は主君(しゅくん)にとって、
そして私にとっても記念となる
特別な日ですね。
主君、おめでとうございます。
……私は古来より、名君を見定める
才を持つと言われています。
自分自身ではよくわかりませんでしたが……
この頃は、そうなのかも知れないと
思っているんですよ。なにせ、主君を
見出し仕えることが出来たのですから。
タマモゴゼンほう、手紙とな。これが恋文であれば、
やっと主(あるじ)殿もわらわの気持ちに
応えてくれる気になったのかと思うのだが。
……しかし、感謝の気持ちを伝える
のであれば、もっと他にもやりようが
あるだろうに……。もしわからんとなれば、
わらわが一からその身にたっぷりと
教えてやるしかあるまいなぁ?
センノリキュウ独神殿。手紙を用意いただき、感謝する。
私も感謝の言葉を伝えねばと思っていたが、先を越されてしまったな。
傍に仕えていて気づいたのだが……。
独神殿には、真の美しさを見出せる心がある。
いくら自然が目の前に広がっていようとも、そこから美しさを見出せる者はごく僅か。
特に貴殿ほど優れた心を持つ者に出会ったのは初めてだ。
……ふっ、分からぬか? 気にすることはない。
ただ私が、貴殿を慕っているということだけは、覚えておいてもらいたい。
【給仕】スザク先生、お手紙ありがとう。
こんなに気持ちの入ったものを貰えるなんて嬉しいよ。
僕からも先生に感謝の気持ちを伝えさせてほしいな。
せっかく祝いの日なんだし、何か特別なお茶でも淹れようか?
……こうして先生のために何かをするのが、僕は幸せなんだ。
もしも先生が許してくれるならだけど……。
僕のことを、これからも隣に居させてもらえるかな?
……ありがとう、先生。
今日は僕にとって、さらに忘れられない一日になったよ。
【科学者】フツヌシ――また失敗か。
……おや、主(ぬし)じゃないか。いつから見ていたんだい?
黙って見ていないで、声を掛けてくれたらいいものを。
何をしているのか、だって? 決まっている。
今日は主から手紙が貰えると伝え聞いていたからね。
形あるものはいつか朽ち果てる、ならば主からの手紙は朽ちないようにと、
劣化防止剤でも作れないかと思っていたのだが……どうやら、杞憂だったようだ。
手紙という形は朽ちても、手紙と共に貰った想いは朽ちることはない、そうだろう?
双代ヤヲビクニこれ程長い時間を過ごしてきた私にとっても
本日はめでたき日……感謝しています、
私の主(あるじ)殿。出逢った頃をふと
思い出してしまいます……ふふ。
なんと懐かしく、愛おしいものかしら。
変わらぬ忠誠と、秘めたるこの熱い想い。
この先永久に、主殿ただおひとりに捧げると
我が身に誓いましょう……。
ユキオンナ主(あるじ)殿といると、どうしてか
温もりが心地よく思えるんです……。
このめでたい日を共に過ごすという温もり。
ふふ、いつも主殿からは何かを
貰ってばかりですね。わたしももっと、
主殿を幸せに致しますわ。
だからこの先も、この幸せな温もりを
わたしにわけてくださらない……?
カシンコジ今日は、記念すべき日だな、主(あるじ)。
こういう日には、いつも以上に
感謝の気持ちを持たねばならないな。
ただ、おれの主に対する想いを
伝えようとすると、伝えたいことが多すぎて
まとまらないな。普段、説教や高説ならば
いくらでも出てくるというのに、肝心なときに
何も言えないとは困ったものだ。
……仕方あるまい。簡潔に言うぞ。いつも、
感謝している。これからも共にいてほしい。
ウンガイキョウあ、あのっ……主(ぬし)からのお手紙、
すごく嬉しいです。記念日って、素敵ですね。
だから……恥ずかしいですけど、私の
気持ち、伝えさせてください。
こういう日くらい、勇気を出して伝えないと
一生、言えなくなりそうですから……。
私……主には本当に感謝しているんです。
いつも、ありがとうございます。これからも
……ずっとずっと一緒にいてください……!
ゴトクネコニャッ!? あるじ、ほんとにこの手紙、
おれにくれるのか!? 嬉しいニャ〜……!
あるじと過ごした時間も、考えてみると
ニャがくニャったよニャ! おれ、これからも
ずーっと、あるじと一緒にいたいって
思ってるから。あるじとニャら、ずーっと
退屈しニャいだろうからニャ! だからおれも
あるじのこと、退屈ニャんてさせて
やらねーぜ。
覚悟を決めるなら、今のうちだからニャ!
スクナヒコおっ、ありがとうな、お頭(かしら)!
へへっ、こんなことされるとお頭の役に
立ってるって気がして気持ちいいな。
なあお頭、これからもおれ、全力で
お頭のために働くからさ。そのときは
背も伸びてるだろうし……。そうなると、
お頭を見下ろすことも……いやっ、
なんでもない。とにかく、お頭には絶対
恩返しするから、もう少しだけ待っててくれ!
タキヤシャヒメ……今日が、わたくしと将軍様の
記念すべき日になるのね。
こんな日にお手紙をもらえるだなんて……
将軍様の愛を、とても強く感じるわ。
ありがとう、将軍様。
振り返れば、共に過ごした日々すべてが
愛おしい……そうだ、いいことを
思いついたわ。これからずーっと一緒に
いられる呪いをかけましょう。
愛という呪いをね……ふふっ。
オリヒメご主人様、お手紙どうもありがとう。
本当に素敵なお手紙で驚いちゃった。
ご主人様って、文才もあるのね!
それでね、そのお礼に……わたしからは
反物を作ろうと思っているの。
会心の出来にしてみせるから
楽しみに待ってて! ……ねえご主人様。
これからも、わたしの傍で笑っていてね。
アメノワカヒコ様のように、会えなくなる
なんて……わたし、絶対に嫌なんだから。
アベノセイメイいつも、ありがとうございます。
ふふ、主人(しゅじん)にはいくら感謝しても
足りませんね。
今日は私たちにとって、特別な日ですから、
何度でもお礼を言わせていただきますよ。
私には主人との出会いは星々からの贈り物の
ように思えてならないのです。
こんなに素敵な巡りあわせは、きっともう
二度とないでしょうね。
貴方と出会えた奇跡に、感謝します。
ビンボウガミ……こんなおめでたい日に、
僕なんかが一緒にいてもいいの……?
こんな素敵なものをくれるってことは、
僕はまだ……主さまの傍にいても
いいのかな……。
ありがとう、主(あるじ)さま。
……これからも、主さまの傍にずっと
いられるように……がんばるから……
見捨てないでほしいな。主さまの笑顔……
これからも僕が、守っていきたいんだ。
オフナサマ記念すべき日、おめでとう主(ぬし)様。
それから……いつもありがとう。
な、何よ! 特別な日くらい、素直に
お礼の気持ちを伝えたって、罰(ばち)は
当たらないでしょう?
それに……主様は、私が気持ちを伝えると
嬉しそうに笑ってくれるでしょ?
私、主様の笑顔が大好きなの。
その笑顔が見続けられるように、精一杯
頑張るから、ちゃんと見守っててよね!
テンカイ感謝の気持ちを手紙にしたためるとは……。
いかにも主(ぬし)様らしいですな。
主様の暖かいお気持ちに、儂(わし)も心を打たれました。
……主様には、希望に輝く道を歩んでいただきたい。
外法を扱う儂がどこまで共に歩めるのかはわかりませんが……。
それでも、主様のことは儂がお守りいたします。
主様を幸せにするためでしたら、儂はあらゆる手段を使いますので……。

Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
ジライヤ感謝する。こういったものを贈ってくるとは
頭領(とうりょう)も随分と気が利くな。
その点、俺はわかりづらくてすまない。
これでも頭領に感謝しているし、
尊敬もしている。……しかし、感謝を
されるというのは良いな。
特に、それが大事な者だとなおさらだ。
もし頭領が望むのであれば、
俺ももう少し、口に出すべきだろうか。
桜代フクスケアルジがおったからうちはここまでやって
これたんや。おおきに。……え?
急にどないしたって、今日はめでたい日
やん? せやから日頃の感謝を
素直に言うてん! こんなに正直なうちは
いくらアルジでもなかなか見られへんで〜!
びっくりした? うちの笑顔は高いから、
値段換算したらそーとーなもんやで!
って、ちゃうちゃう……ええとな、
せやからな、アルジ……これからもうちを
よろしゅうな。ダ、ダイスキ、やで!
ホテイウエサマよ、何もこのようなめでたい日
くらいはあくせくせず、のんびりしても
バチは当たらんと思うぞ?
福の神が言うのだから間違いない。
さあ、ともに休み、そしてともにこの日を
祝おうではないか。そのためならば
私も存分に力を奮おうぞ!
このホテイ、ウエサマにありったけの福を
呼び込むなど造作もないことよ!
サルトビサスケ頭(かしら)に仕えてからというもの、
時が経つのが早いと思っていたが……。
まさか、このような日を迎えるほど時が
経っていたとは思わなかった。
感謝をするのは、俺のほうだ。俺たち忍は
仕える者がいてこそだからな。だからこそ
俺は決して頭の傍を離れない。
こんな厄介な忍でも構わないと言うのか?
フッ……。さすが、俺が選んだ頭だ。
ネズミコゾウお頭(かしら)ぁ、おれみたいな盗賊に
感謝なんてするもんじゃねえぞ?
確かにおれはお頭のことが大事で、
誰にも盗ませたくないし、
大切だと思ってる。だからこそ、おれは
お頭に感謝してるけど、逆っていうのは……。
……って、なんだ、お頭も同じ風に思って
くれてるのか。なら、しょうがねえ。
気づかないうちに、おれがお頭の心を
盗んじまってたってわけか。
ヤマビコ主(あるじ)さーん! 聞いてーっ!
いつもありがとーっ! ……えへへ、
このくらいの大声なら、わたしの
気持ち、ちゃんと主さんに伝わるかな?
大声じゃ言いにくいことだけど……。
こんな素晴らしい日だもん。
勇気、出すよ……!主さん、しっかり
聞いていてよね。あのね……!
キミのことが大好きだよっ!
モモチタンバ俺がこうして表立って言うなど場違いかも
しれんが……この良き日、少しでも
主(あるじ)殿に伝えたい。
俺はいつも感謝していると。
これからも陰で支え続けると。
今の俺があるのはすべからく主殿のおかげ。
だから、今後も力になろう。離れず、必ず
傍でお仕えすると……そう、誓わせてくれ。
チヨメ素敵な手紙ありがとう、
頭領(とうりょう)さん。
この記念すべき日を、頭領さんと共に
迎えられたこと、本当に嬉しく思うわ。
せっかくのめでたい日なんですもの、
盛大にお祝いしなくちゃね!
ふふっ、楽しみだわ。ねえ頭領さん。
アタシに聞きたいことは無い?
特別になんでも答えてあげるわ。例えば……
今気になる相手、とかね♪
フグルマヨウヒこっ、これは……!? センセイがワタシに恋文!?
えっ? 感謝の手紙? ……ふ、ふっふーん! そんなことわかってましたよ!
なぜならワタシは天才ですからね!
感謝の手紙だって十分嬉しいですよ……! センセイ、ありがとうございます!
センセイはご存知でしたか? 今日は非常に特別でおめでたい日なんですよ!
そんな日にワタシと一緒にいられるなんて、センセイは幸運ですね!
……! で、ですよね! どやっ! ……えへへ。
クラマテングふむ、独神(どくしん)さんと過ごした時も
長かったような、あっという間だったような
気がする。……それに、こんな手紙を頂ける
とは思っていなかった。ありがとう。
独神さんと過ごした時間の全部が、
今の私をかたどっていると思うと、
感慨深いものがあるな。
今までだけでなく、これからも私に独神さんを守らせてくれよ?
もう私には独神さんがいない未来など
想像もできないからな!
サトリ主(あるじ)ちゃん、お手紙ありがとっ♪
ホントはお手紙なんてなくても、主ちゃんの
気持ちは伝わってるんだけど……。
えへへ、思ってるだけじゃなくて、ちゃんと
言葉にして伝えて貰うのって
すっごく嬉しいんだね。
ふふっ。それじゃあ、お返しにいーっぱい
イタズラしちゃおっかな♪ ねえ主ちゃん。
ぎゅ〜ってするのと、ちゅってするの……
どっちがいい?
オロチマル頭領(とうりょう)、手紙受け取ったぜ。
ありがとう。蛇も、大好きな頭領からの
贈り物だって、すごく喜んでる。
もちろん俺もな。
……頭領は、俺と出会った時のことを
覚えてるか? 俺ははっきり覚えてる。
一生忘れられねえ、大切な思い出としてな。
きっとこれからも、頭領との楽しい
思い出が増えていくんだろうな……そう
思うと、これからがすげえ楽しみだな!
ガシャドクロ独神サマ……。手紙、ありがとう。
まさかオレなんかのために用意してくれるとは……。
鉄骨鉄髄(てっこつてつずい)……独神サマの気持ち、染み渡った。
オレは戦うことでしか、独神サマの役に立つことはできないが……。
それでも、独神サマがオレを傍に置いてくれるのであれば、
オレは全力でその期待に応えよう。
粉骨砕身(ふんこつさいしん)、オレはアンタに尽くすつもりだ。
今日のような日を、また一緒に過ごせるようにな。
【体操服】クウヤこうして私が祝いの日を迎えられるのも、主(ぬし)のおかげだな。
ありがとう。主には本当に感謝している。
さて、せっかく特別な日なのだから、私と一緒に踊らないか?
大丈夫だ。不安だというのなら私が手を握ってやろう。
主にはいつも元気でいてもらいたいからな。
踊りで体力をつけようではないか。
……そうか。ではまずは私が見本を示そう。
主への感謝の踊り、とくと見届けてくれ。
【怪盗】アマツミカボシ――ククッ、頭(かしら)。そんなに慌ててどうした?
手紙が見当たらない? そうか。
その手紙というのは……これのことか?
何をそんなに驚いている。
今の俺が怪盗なのを忘れてくれるな。
この手紙が誰宛かどうかなど、どうでもいい。
頭の想いという名の最高の宝は、俺に盗まれるためにあるのだからな。
俺以外のヤツに伝えるものかもしれない想いなど、返してやるものか。
双代カッパ主(あるじ)さ〜ん!
今日は記念の日ですね〜。ってことで、
お祝いに一緒にきゅうりでも食べましょう〜!
……今でも信じられないんです。昔は
イタズラや悪さばかりしていた私が、誰かを
守ったり、助けたりするようになったこと……。
全部、主さんのおかげですね。大切な存在が
できると、変わるものだと言いますけど、
本当ですね、ありがとうございます、主さん!
おかげで私、今とっても幸せです!
サラカゾエわあ……! 主(あるじ)様からのお手紙……!
すっごく、すっごく嬉しいです。
私、お皿はたくさん割っちゃいますけど、
このお手紙は絶対に破いたりしません。
……もしかして、私には出来ないと思ってます?
え、信じてくださるんですか……?
ふふ、ありがとうございます。
主様が信じてくださるなら、きっと守れます。
お手紙、本当にありがとうございます……!
ツチグモ感謝、なぁ。俺に感謝なんか、本当に
していいのか? 何か間違っていたり
なんかは……そうか、していないか。
なら、主(ぬし)は俺が見込んだ通りの者だ
というわけだな。この先、俺が仕えるのは
主だけだ。他の誰の命令も聞かない。
だから、邪魔は排除しろと、俺に命じて
くれ。主を守るための糸なら、俺も喜んで
張ってみせる。
ワニュウドウボクがどのくらい師匠(ししょう)をお慕い
しているかって言うとー、このくらい!
いや、両手を広げたくらいじゃ足りないな。
本殿よりずっと大きいんだよ! そうだ、
炎で見せてあげよう! もう、止めないで!
だって、今日はおめでたい日なんでしょ?
だから、燃え盛るボクの想い師匠に教えて
あげようとおもって! でも炎を出したら
困っちゃうのか……。じゃあ今日は言葉で
表すことにするよ! 大大大好きだよ!
サルタヒコありがとう。いつも感謝しているよ、私の
独神(どくしん)様。ははっ。
すまない、ついからかいたくなって
しまってね。しかし、感謝しているのは
確かだ。それに、これから先も、独神様の
歩く道を私が案内したいと思っている。
それと、もし嫌でなければ、なのだが。
……願わくば、独神様と共に歩んでいけますように。
ゴエモンくぅ〜っ、こいつは嬉しいねえ。
お頭(かしら)からの感謝の手紙ときた。
大事に大事にしまっておきたいところだが、
こんな大泥棒に渡しちまっていいのか?
泥棒には『盗ませる』モンだろ。
……なんてな。ありがたく貰っとくぜ、
お頭。いつかオレ様がお頭を全部
奪っちまうその時まで、ずっと一緒に
いさせてくれよ?
シラヌイえ、えっと……あの、今日はめでたい日、なんだよね?
私から主(ぬし)様に、伝えたいことがあって、
い、いつも、一緒にいてくれて、嬉しい!
ありがとう……!
主様に出会えてよかったって思う出来事が、
私の中にはたくさんありすぎて……
いつも幸せを貰っているんだ。私からも
全力でお返ししなきゃって思うくらい、
これからも、私の傍にいてね、大切な主様!
フウマコタロウどーくしーんちゃ〜ん、おめでと〜!
……それと、ありがと。さっきくれた手紙、
すご〜く嬉しかったからさ。
僕からもお返しってわけで……
さあ独神ちゃん、遠慮なく僕の胸に
飛び込んでおいで! な〜んてね。
でもほんと、甘えたくなったらいつだって
飛び込んでおいでよ? これから先も
僕がずっと、独神ちゃんのことを
支えるんだから。遠慮はなし! ってね!
タムラマロよう独神(どくしん)サマ、楽しんでるか?
なにせ、今日はめでてえ日だ。
目一杯楽しまなきゃ損ってもんだよなあ。
……独神サマとの毎日は、そりゃ大変な
ことも沢山あるが……なにより楽しくて
退屈しねえ。それこそ、毎日祭りみてえな
もんだ。満足してる、って言ってんだよ。
これからもいっちょ、どでかく楽しい
祭りを期待してるぜ。
改めてよろしくな、独神サマ!
サイゾウいいのか?お頭(かしら)。忍なンか
自分の手足みたいなもンだから、
いちいちこうやって手紙を贈って
感謝なンかしなくたって……。って、
そンなに悲しそうな顔すンなよ!?俺、
凄く嬉しいって思ってるンだよ。だから、
これからもお頭の手足として、役に立って
見せるからさ。ずっと傍に置いといてくれよ、
な?
ツナデヒメ頭領(とうりょう)さま、いつもありがとう!
頭領さまは僕の心を褒めてくれる。
それが、僕にとってはとても心地良いってこと、気付いてる?
……無意識でやってるなら、相当な“たらし”だよね、本当に。
頭領さまのその行動、目線、仕草ひとつで胸が高鳴る英傑がどれだけいるか、
当の頭領さまが気付いていないのがまた、意地が悪いというかなんというか……。
……その頭領さまに胸が高鳴る英傑のひとりに、
僕が含まれているってことは、しっかり覚えておいてね?
ハットリハンゾウ主(あるじ)が忍びを従え、使うのは
当然のこと。感謝など、俺には似つかわしく
ないが……主の好意を無碍(むげ)にするのは
よくないな。ありがとう、主。
この手紙、ありがたく受け取らせてもらう。
礼と言ってはなんだが、
後ほど、主を宴に招待させてくれ。
今日は特別な日なのだろう? ならば
祝うのが道理というもの。……主が望むなら
ふたりきりでも、俺は構わないけどな。
【執事】ゴトクネコあるじ!? 手紙ニャんていつの間に用意してたんだ!?
そんニャにカッコよく渡されたら、おれの立つ瀬がニャいぜー……。
ニャンてニャ。あるじからの気持ちはすニャおに嬉しいぜ。
いつもありがとニャ、あるじ。
けどニャ。感謝してるのはあるじだけじゃねーぞ?
おれだってあるじには、いーっぱい感謝してるんだ。
あるじ。おれはこれからも、あるじのために全力で力を尽くすからニャ!
だからあるじも、おれのことを信じててくれよ?
その他ロキへー、特別な日ねぇ。それで活躍してる
おれにも、こうやって手紙を持ってきた
ってわけだ。ありがとな、ゴシュジン。
この手紙は退屈なときに読むとして
……今日はこれから祝いの宴があるんだろ?
すぐにそっちに行こうぜ。あ、
言っておくけど、宴だからって
おれの傍から離れたら駄目だからな!
ゴシュジンの定位置は、おれの隣って
そう決まってんだから。

コメントフォーム Edit


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ショウトクタイシ
    私のために手紙を用意していただけるとは……!
    ありがとうございます。独神(どくしん)様。
    私もこれまで数奇な運命を歩んできましたが……。
    独神様と出会い、こうして同じ時間を共にすることになるとは、
    全く持って予想だにしませんでした。
    貴方の元で力を発揮できる今が、私は幸せです。
    独神様。これからも私にお守りさせてください。
    -- 2018-07-28 (土) 22:27:20
  • フレイヤ
    うふふ……。わたくし、今とても幸せですわ。
    ドクシンさまの愛が込められたお手紙をいただけたのですから。
    わたくしがこうして八百万界(ヤヲロヅカイ)で頑張っていられるのも、
    ドクシンさまの愛のおかげですわ。
    このような特別な日をドクシンさまと迎えられて、
    わたくしの愛もまた一段と高まってきましたわ……!
    ドクシンさま。これからもわたくしに、愛を届けさせてくださいませ。
    -- 2018-07-28 (土) 22:27:36
  • 【給仕】スザク
    先生、お手紙ありがとう。
    こんなに気持ちの入ったものを貰えるなんて嬉しいよ。
    僕からも先生に感謝の気持ちを伝えさせてほしいな。
    せっかく祝いの日なんだし、何か特別なお茶でも淹れようか?
    ……こうして先生のために何かをするのが、僕は幸せなんだ。
    もしも先生が許してくれるならだけど……。
    僕のことを、これからも隣に居させてもらえるかな?
    ……ありがとう、先生。
    今日は僕にとって、さらに忘れられない一日になったよ。
    -- 2018-07-28 (土) 22:27:53
  • フグルマヨウヒ
    こっ、これは……!? センセイがワタシに恋文!?
    えっ? 感謝の手紙? ……ふ、ふっふーん! そんなことわかってましたよ!
    なぜならワタシは天才ですからね!
    感謝の手紙だって十分嬉しいですよ……! センセイ、ありがとうございます!
    センセイはご存知でしたか? 今日は非常に特別でおめでたい日なんですよ!
    そんな日にワタシと一緒にいられるなんて、センセイは幸運ですね!
    ……! で、ですよね! どやっ! ……えへへ。
    -- 2018-07-28 (土) 22:28:09
  • 【体操服】クウヤ
    こうして私が祝いの日を迎えられるのも、主(ぬし)のおかげだな。
    ありがとう。主には本当に感謝している。
    さて、せっかく特別な日なのだから、私と一緒に踊らないか?
    大丈夫だ。不安だというのなら私が手を握ってやろう。
    主にはいつも元気でいてもらいたいからな。
    踊りで体力をつけようではないか。
    ……そうか。ではまずは私が見本を示そう。
    主への感謝の踊り、とくと見届けてくれ。
    -- 2018-07-28 (土) 22:28:24
  • ツナデヒメ
    頭領(とうりょう)さま、いつもありがとう!
    頭領さまは僕の心を褒めてくれる。
    それが、僕にとってはとても心地良いってこと、気付いてる?
    ……無意識でやってるなら、相当な“たらし”だよね、本当に。
    頭領さまのその行動、目線、仕草ひとつで胸が高鳴る英傑がどれだけいるか、
    当の頭領さまが気付いていないのがまた、意地が悪いというかなんというか……。
    ……その頭領さまに胸が高鳴る英傑のひとりに、
    僕が含まれているってことは、しっかり覚えておいてね?
    -- 2018-07-28 (土) 22:28:40
  • 【執事】ゴトクネコ
    あるじ!? 手紙ニャんていつの間に用意してたんだ!?
    そんニャにカッコよく渡されたら、おれの立つ瀬がニャいぜー……。
    ニャンてニャ。あるじからの気持ちはすニャおに嬉しいぜ。
    いつもありがとニャ、あるじ。
    けどニャ。感謝してるのはあるじだけじゃねーぞ?
    おれだってあるじには、いーっぱい感謝してるんだ。
    あるじ。おれはこれからも、あるじのために全力で力を尽くすからニャ!
    だからあるじも、おれのことを信じててくれよ?
    -- 2018-07-28 (土) 22:28:58
  • ここまで反映しました -- 2018-07-30 (月) 19:58:49
  • 【白衣】セイリュウと【保健委員】ヒカルゲンジの並びが逆なのを入れ替えました。 -- 2018-08-01 (水) 00:05:15
  • 追加英傑の台詞が揃いましたので各ページへ転記いたしました。ご協力ありがとうございました。 -- 2018-08-01 (水) 00:05:43
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


*1 「【一周年】感謝の手紙」をジロウボウへ贈った際、対象になっていないにもかかわらず台詞が発生する不具合が生じたため、「感謝の手紙」用に新たに祭事台詞が用意された。本来であれば「【一周年】感謝の手紙」は親愛度が上昇するのみで台詞は発生しない。参照:1,2(公式Twitterより)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-01 (水) 00:01:52