このエントリーをはてなブックマークに追加

祭事限定台詞一覧リンク

2017年
お年玉台詞 | バレンタイン台詞 | ホワイトデー台詞 | お花見台詞
七夕台詞 | 一周年台詞 | お月見台詞 | お歳暮台詞
2018年
正月抱負台詞 | バレンタイン台詞 | 交換日記台詞 | 蜂蜜檸檬台詞
ひと夏の思ひ出台詞 | 初秋祭り屋台担当者台詞 | 料理王鳥鍋台詞
ハロウィン台詞 | 目覚まし時計台詞
複数回開催(予定)
お掃除台詞

編集者様へ:本ページでは、GUIでの編集をお控え下さい。(予期せぬ結果を回避するため)(改行に対応していません)また、編集時には一度プレビューでお確かめの後ページを更新して下さい。

GUIの意味の分からない方は編集せずコメント欄にご記入お願いします。

★贈物「目覚まし時計」
梧桐の約束の限定台詞一覧です。
対象英傑はホウオウワヅラヒノウシ(追加実装日:2018/11/22)まで



剣士 Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
剣士ヤマトタケルおい、主(あるじ)。邪魔するぞ。
なんだ、まだ寝てたのか。そういえば昨晩も遅くまで起きていたな。
ん?ああ、何故か知らんが、急に大掃除をすることになってな。
面倒だから逃げてきたんだ。主の部屋なら、隠れる場所も多いだろ?
……まあ、そう言うなって。俺だって色々と疲れてるんだ。
それに、久々に主とこうしてゆっくり話したかったからな。
嘘じゃない。そんなに疑うなら、俺の目をじっと見てみろよ。
……な、俺の本心がわかっただろ?
次は主の心でも読み取ってやろう。ほら、目を見ろよ。
桜代カマイタチ主(ぬし)様、起きろよ。もう朝だぞ。
今日は良い風が吹いてる。眠気もすぐに収まるはずだ。
そうだな。今日はきっと一日中、この調子でそよ吹くと思う。
……オレもこんな穏やかな風だったら、主様を傷つけることもないんだろうな。
歯がゆいな。オレとしたことが、こんなふうに嫉妬するなんて。
え? 主様はそんなオレがいいっていうのか?
さすがは主様だ。主様の一言でオレの心が凪いでいく。
本当に不思議なヤツだな、主様は。
きっとそんな主様だからこそ、オレは傍にいたいと思うんだろうな。
ネコマタ主(あるじ)〜、起きるニャ! おはようだニャ!
ふふん、びっくりしたかニャ? あ、ダメだニャ! 布団から出るニャ!
せっかく私が起こしてるのに、構ってくれないのは嫌だニャ!
どうしてこんなに早くにって……主は昼間はいつも忙しくて構ってくれないニャ。
だからこれからは、私が早起きして主を起こすにゃ!
そしたら主も私も一緒に過ごせる時間が増えると思ったニャ……。
どうだニャ? なかなかの名案じゃないかニャ?
私だってたまには甘えさせて欲しいニャ……。
……んっふふ〜、主も同じ気持ちなら嬉しいニャ♪
セイリュウ先生、おはよう。よく眠れたかい? 気持ちいい朝を迎えられたようなら良かったよ。
俺は先生の支度を手伝うために来たんだ。遅れちゃいけないだろ?
……というのは口実なんだ。実のところは先生の寝顔をちょっと見たくてね。
先生はいつも凛としていて美しい……。でも力の抜けた無防備な姿も見てみたくなって。
気づいたらここに来てしまったというわけなんだ。驚かせたようなら悪かったね。
うん……、先生は眠っている時でも十分美しかったよ。
俺はこんな素敵な方のために戦えるんだと、嬉しくなったくらいにね。
スザクあ、先生。起きた? しーっ! ごめん、ちょっとだけ静かにして。
ほら、先生。鳥たちがこんなに近くまで来ているよ。
朝ごはんを探しに来たのかも知れないね。あ、先生! じっとしてて。
ほら、先生の肩にとまっているのが分かる? ふふっ、ちっとも怖がってないみたいだ。
きっと先生のおおらかさが鳥たちにも伝わっているんだね。
本当さ。……それに先生が優しいのは僕が一番よく知っている。
でもちょっと嫉妬してしまうな……。そんなに先生の傍にいるなんて。
え……? いいの。じゃあもうちょっと近づいてもいいかい?
タケミカヅチおはよう、主君。よく眠れたか?
わざわざ起こしに来るよう俺に頼むとは、何か予定でもあるのか?
特に何も? ならば何故……?
何もないからこそ、有効に時間を使いたい……。
なるほど。主君は相変わらず努力を怠らないな。
そういうことなら、俺も主君に付き合おう。勉学でも鍛錬でも構わないぞ。
気にすることはない。戦以外で主君に恩を返せる、絶好の機会だからな。
それに……このまま俺だけ鍛錬に戻るのも、少し味気ない。
たまには俺も、主君と一緒に時間の流れを感じたいんだ。
ネンアミジオン主君(しゅくん)、そろそろ支度を……っと。
どうやらお疲れのようですね。
まだ式典まで余裕はありますし、もう少しお休みいただきましょう。
……普段はヤオロズ界会(ヤオロズカイ)のために尽力されておりますから、
せめて夢の中でくらい、主君には安らかなひとときを過ごしてもらいたいですね。
……おや。主君、目を覚まされたのですか?
私ですか? ……ええ、主君を起こしにきたのですが、
気持ちよさそうに眠っておりましたので、つい。
……ええ。わかっております。
主君を目覚めさせる役目は、誰にも譲るつもりはありませんから。
ヤギュウジュウベエう、上様(うえさま)……。あ、朝になったのだが、そろそろ起きられたらどうだ?
っ! お、おはよう、上様。……どうしたのだ? 何? 様子がおかしいだと?
そ、それは……これまで、お休みになっている上様を見かけることがなかったので、
なんだか緊張してしまって……。それに、今は私しかここにいないのだし……。
い、いや! 何も変なことは考えていないぞ!? ただその、普段とは違う
上様の姿に、なんだかこう、胸が高鳴ってしまうのだ……。
……不思議だ。何度か上様を起こしに来たら、いずれは慣れるのだろうか……?
ダイコクテンおはよう、主(あるじ)、よく眠れたか? ……うん、今日も元気そうで安心したよ。
このところ無理が続いていたからね、少し心配していたんだ。
だから主の様子を見るついでに起こしに来てみたんだけど……。
お節介かとは思いつつも、やはり起こしに来て良かったな。
主の寝顔が存分に見られるうえに、誰よりも一番に会えるなんて役得だ。
うん? 恥ずかしがることは何もないよ、私しか見ていないから。
ふふ。けれど主が寝起きがそんなに恥ずかしいというのなら、
他の者には見せないよう、私が一番に主を起こすお役目を引き受けよう。
イザナギ起きよ。主(あるじ)。
まったく、この儂を目覚めの使いに寄越すなどオマエくらいのものだ。
さあ、早く目覚めるが良い。言いつけ通り儂が来たのだぞ?
ふむ……ぴくりともせぬな。
仕方ない。主はどうも問題事を抱え込むところがあるからな。
昨日もさしずめ、根を詰めすぎたのであろうよ。
これからも儂が、主を見守ってやらねばな。
ん……?ふっ。安らかな寝息などたておって。
目が離せなくなるではないか。本当に主は愛いな。
この寝顔を見ているのが儂だけとは……なんとも気分の良いものだ。
スズカゴゼンおはようございます、ご主人様! 今日もいい朝を迎えられました。
本日は式典ですから遅れないようにお支度をしましょう。あたしがお手伝いしますね。
も……もちろん、今日はお供に連れて行っていただけるのですよね?
え? どうしてかって? それはいつ鬼がご主人様を襲うか分からないじゃないですか。
御身(おんみ)をお守りするために、私が連れ立っては駄目……ですか?
……ふふ。よかったです。あたし、鬼退治くらいしか能がありませんが……。
それでもご主人様のお役に立てるならば張り切ってお務めします!
アマツミカボシ頭(かしら)、いつまで寝ているつもりだ。
この俺が直々に来てやったというのにあんまりではないか。
……まったく、俺も随分と丸くなったものだ。
以前の俺だったら耐えきれずさっさと帰っていただろうに。
頭のためだったらいつまでも待てるなんて思えるんだからな。俺も変わったものだ。
頭よ……、ちゃんと分かっているのか? 頭は俺の特別だということを。
しかし、まったく起きそうにもないな。
まあいい……。それなら俺も付き合ってやる。
頭が目覚めたら俺が傍にいるなんて、驚いた顔を一番に見たいからな。
イザナミ独神(どくしん)さま……。ワタシの気配に気づかないとは、よく眠っているな。
本当であれば、起こさなければいけない時間ではあるが……。
独神さまが疲れているのであれば、もう少し休ませてもバチは当たるまい。
ふふっ……。それにしても、本当に安らかに眠っている。
そのような微笑みを携えるなど、一体どんな夢を見ているのだろうか。
願わくば、その夢の中で独神さまの傍にワタシがいればいいのだが。
夢の中でも傍にいたいというのは、行きすぎた想いなのだろうか?
【福袋】タケミカヅチ主君(しゅくん)は、まだ眠っているようだな……。
……だめだ。俺には無理だ。いくら羽根突きに負けた罰とはいえ、
主君の顔に墨を塗るだなんて……。はぁ……。
それにしても、ここまで近づいても起きないとは。
きっと俺が悪戯をしても気づかず眠り続けるのだろうな。
……今ならば、主君に対するこの想いも――。
ん? あ、しゅ、主君、おはよう。目が覚めたようだな。
何故ここにいるかだと? そ、それは……そう、主君を起こしにきたのだ。
寝すぎていては、体がなまってしまうぞ。俺と羽根突きでもどうだ?
【正装】アシヤドウマン式典に備え、こうして衣装を整えてきたというのに……。
まさか主人(あるじびと)が起きていなかったとは、とんだ肩透かしだ。
……それにしても、本当によく眠っているな。
主人よ、オレの思いは、主人の心に届いているのか?
主人が応えてくれる日まではと我慢しているが、このままでは、オレは……
……ん? 主人よ。目を覚ましたようだな。
なに、深く寝入っているようだったからな。
どこまで近づいても気づかれないか、少し遊んでいただけだ。
オレが何か話していた? ……さあ、おそらく夢でも見たのだろう。
【浴衣】ヤマビコおはよっ! 主さん! 今日は式典に行くんでしょ?
わたしも式典の催し物に参加することになったんだよ!
それで、着替えてみたんだけど……どうかな? ……えへへ。ありがと!
皆で浴衣を着て踊るんだって! なんだか楽しそうだよね!
そうだ! 主さんも一緒に踊ろうよ! 踊りってよくわからないけど……。
わたしも下手っぴだから大丈夫! きっと皆で踊ったら、いい思い出になるよ!
……! やったぁ! 主さんならそう言ってくれると思ったんだ!
勇気出してよかったぁ……。え? ううん、なんでもない!
えへへっ。主さん、だーい好き!
双代オイナリサマぬしさん! ぬしさん! おはよ〜!
えへへ……、まだ寝てるみたいだから起こしにきたんだ♪
今日は大切な式典の日なんでしょ? 遅れたら大変だもんね。
わたしね、ぬしさまのために朝ご飯作ってみたんだ!
えっとね、油揚げのお味噌汁においなりさんに、それから……
え? 油揚げ多すぎかも……って?
わたしが大好きだからぬしさんも好きになってくれると嬉しいなって……
だから、ぬしさんにいっぱい食べて欲しくってつい張り切っちゃった!
今日も素敵な一日になりますようにって心を込めて作ったんだよ♪
スズメ主(あるじ)さま、おはようございます。よく眠れました?
ええ、あちらから雀たちがさえずる声が聞こえますね。
天気がいい日にはよく鳴くといわれていますので、今日一日晴れるようですよ!
今日は、主さまの留守を預かりますので気をつけてお出かけくださいね。
え……? お土産を買ってきてくださるのですか? ええっ、いいんですか?
何がいいか……ですか? そんな……、主さまから頂けるのならなんでも嬉しいです。
やっぱり主さまの気持ちが大事だと思いますから。
宝物のように、つづらに入れて大事にしますね。
フウジンおはよ〜っ! 主(あるじ)様〜! もう朝だよ〜!
ほら、すっごくいい天気! こんな日に出かけないなんてもったいないよ!
ねえねえ! ウチと遊びに行こうよ!
この前、思いっきり風を起こせる、広ーいところを見つけたんだ!
普段はちゃんと主さまの言うこと聞いてるんだからさ、たまにはいいでしょ?
……ホントに? やったーっ! あはっ、主様だーい好き!
そうと決まったら、早く出かけようよ!
今日はずーっと主様のことを離さないんだから、覚悟してよね!
ライジン主(あるじ)様ー。早く起きないと、お臍(へそ)を取ってしまいますよー。
やっと起きてくれましたね! 私としては、そのまま眠ったままでも
よかったのですけど……。なんて、冗談ですわ。
それより主さま。今日は式典に参加されるのですよね?
私も式典の催し物で、太鼓を披露いたしますの! 雷が落ちてくると思わせるくらい、
迫力のある音を出しますわ! ぜひ主様も聞きに来てくださいね!
そして、私の太鼓に夢中になっている観客から、こっそりとお臍を……。
あれ? これは冗談のつもりじゃなかったんですけど……。
ヤマオロシオラ、ゴシュジン。朝飯の準備ができたぞ。
手間暇かけて作ったんだから、出来立てを食わねぇと許さねぇぞ。
飯を食った後なんだけど、オレ様と一緒に食材の買い出しに付き合ってくれねぇか?
ホントはゴシュジンに頼むようなことじゃねぇんだけどよ、
他のヤツらが全然捕まんなくて……おっ、ホントか! 悪いな、ゴシュジン。
お礼に今日は、なんでもゴシュジンの好きな物作ってやるよ!
ははっ、他のヤツらには内緒にしろよ? あ、いや、メシのことじゃなくて……。
ゴシュジンを独占したってアイツらにバレたら、オレ様が大変な目に遭っちまうからな。
オオクニヌシ主君(しゅくん)……? ああ、朝か……。
すまない、どうやらうたた寝をしていたようだ。
あ……、いや、今日は式典と聞いていたからな。
主君を起こせるよう側に控えていたのだが、
逆に起こされるなど自分の事ながら不甲斐ない。
あまりにも主君が気持ち良さそうに寝ていたものだから、つられて……つい、な。
……このままでは主君に申し訳が立たない。
償いとまではいかないかもしれないが、朝餉くらい作らせてくれ。
なんでも主君の好きな物を用意してやろう。
なに、心配するな。国造りに比べれば造作もない事さ。
マガツヒノカミ……これは、眠っているのか?
いや、我が君のことだ。きっと狸寝入りの策に違いない。
これは……我の忠誠心を試す算段か! 見くびらないでほしいものだ。
いくら我が狡猾な策略家だとしても、
無防備な我が君に対して、何か仕掛けるなぞ……。
……くっ。何故このような単純な策が、我をここまで悩ませるのだ……。
もしや、本当に眠っているのか? ……それならば今こそ、我の想いを……。
っ! 我が君!? お、起きていたのか!?
今起きたところだと? そ、そうか……。
ふっ、なんでもない。ただ混沌を楽しんでいただけだ。
ワカウカノメおはようございます、独神(どくしん)さま。
昨夜はお疲れだったようですね。また揉め事を治めていたのですか?
英傑は皆、個性が強いですから……。お気持ちわかります。
……わたしですか? いえ、わたしだって怒る時はありますよ?
独神さまには見せられない姿ですので、普段は抑えていますけれど……。
……ただの見栄ですが、独神さまには穏やかなわたしの姿だけを
見ていただきたいのです。それに普段から、独神さまの前では
感情を大きく乱しているんですよ? もしかしたら、
いつか独神さまにはお恥ずかしい姿を見せてしまうかもしれませんね。
タマノオヤ主(あるじ)さーん、準備出来た? 開けるよ?
……わぁ! 新しい着物、すっごく素敵だね!
ねえねえ主さん! せっかくだからその姿、アタシの手提暗箱(てさげかめら)で
撮影してもいいかな!? いいよね!?
じゃあ撮るよ〜……よし! ばっちり撮れた!
ふふっ、特別な姿の主さんをこうして残せるのは嬉しいなぁ。
主さんとアタシの思い出を、いつでも見返すことが出来るんだもん。
ほら、さっそく式典に向かおう! 主さん!
式典での格好いい主さんの姿もアタシがちゃーんと記録しておくからね♪
イワナガヒメ主様(ぬしさま)……、主様。朝ですよ。
ふふ……、よく眠れたようですね。よかったです。
はい、先ほどからお傍に。
こうして朝の目覚めをお知らせできるなんて喜びに打ち震えそうですわ。
え……? 主様も同じ気持ちだなんて……。
あっ、主様、み、見ないでくださいませ。
あの……、あまりに嬉しくて顔が熱くて……。その、赤くなってませんか?
申し訳ありません、お見苦しいところを……。え? そんなところも可愛いと……?
……ふふ。主様だけです。そのようなお言葉を私にかけて下さるのは。
タケミナカタ主(あるじ)、準備は出来たか?
……ああ、その着物、とてもよく似合っているな。
普段の主もとても素敵だが、新しい着物に身を包んだ主は一段と素敵だ。
なに、不安がることはない。主の素晴らしさはこの僕が保証しよう。
……ほら、聞こえるか?
晴れ晴れとした空に吹くこの風も、主の素晴らしさを語り祝っているよ。
しかし、この素晴らしい姿を独占出来ないのは少し残念な気もするが……。
我が侭ばかり言っていられないな。主を困らせたいわけではないのだ。
惜しむ代わりに、その姿をしかとこの目に焼き付けさせてもらうとしよう。
オモダル……殿。……独神殿。
おや、目を覚まされたようですね、それにしても、流石は独神殿。
私の六度目の呼びかけで気づかれるとは。やはり六がお好きなのですね。
本日は式典に向かわれるのでしたね。私は完璧ですから、
独神殿の予定も完璧に把握しているのですよ。
……それに、まだ式典が始まるまで余裕があるということも。
ふふふ。すみません。少しでも独神殿と一緒になりたくて、
こうして出向いてしまいました。
独神殿の傍にいると、完璧であるはずの私の心に、何かが満ち足りていくのです。
だからあと少しだけ……。私にお付き合いください。
ヌラリヒョン主(ぬし)……主よ。ほれ、もう朝だぞ。
……ようやく起きたか。全く、儂(わし)の声が届いてないかと思ったぞ。
朝が早いと……? ははっ、爺(じじい)とはそういうものだ。
よいよい……其方(そなた)が朝が苦手というのなら、
主を起こす役目、儂が引き受けようではないか。
なに、遠慮などすることはない。だが……そうだなぁ、どうしてもというのであれば、
代わりに早起きをした分、儂と朝の時間をともにしてもらおうか。
主と一緒に過ごせる時間が増えるのは、儂にとっても幸せなことだからな。
その他ブリュンヒルデ団長サン、起きて起きて! 今日は式典に行くんでしょ?
せっかくの機会なんだから、目一杯おしゃれしないともったいないよ!
心配しなくても大丈夫だよ。やり方ならボクが教えてあげるからさ。
ボクに任せてくれたら、きっとびっくりするくらい注目されると思うよ。
もちろん、団長サンが元々可愛いからなんだけどね。
……ボクとしては、団長サンが周りからチヤホヤされるのは少し複雑だけど。
でも、可愛い団長サンと可愛いボクが並んで歩いたら、すごいことが
起きそうだと思わない!? ねっ、だから早く着替えよ?
【茶会】トールよう、主(あるじ)さん。俺のこの格好はどうだ?
主さんの特別な着物に合わせて、俺も正装にしてみたんだが……。
はは、やっぱり主さんの魅力には敵わないな。
素敵な主さんの隣に立っても、恥ずかしくないような俺になれてるか?
慣れない八百万界(ヤヲロズカイ)で、俺はちゃんと役に立ててるか、
主さんに迷惑をかけてないかって、いつだってちょっぴり不安なんだぜ?
……こんな俺だが、いつも一緒にいてくれてありがとうな。
これからも主さんの傍にいられるよう頑張るから、ちゃんと見ててくれよ!

鬼人 Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
鬼人シュテンドウジ……あー、頭(かしら)? 大丈夫か?
その……昨日は悪かったな。ちょっと飲ませ過ぎたわ……。
どうもおまえと一緒だと、飲み過ぎちまうんだよな……。
部屋で寝てると周りがうるさくてよ……。ちょっとここで休ませてくれ……。
は〜っ……。頭の布団って柔らけェなぁ……。……ん? 何してんだ?
そんなとこにいないで、横になってろよ。
……頭が痛い? 気休めにしかなんねェけど、撫でてやろうか?
どうだ? ……えっ楽になった? マジで? おれにもやってくれよ。
……おお、マジだ。すげェ、これでまた酒が飲めるな。
桜代ヤヲヤオシチ……あっ、お目覚めになりましたか? 主(あるじ)様。
朝食のご用意ができたのですが……つい、主様に見惚れてしまっていました。
よろしければもう少しだけ……こうしてご一緒してもよろしいでしょうか?
……ありがとうございます、主様……! 私は今、とても幸せです。
主様のことを想い、愛の炎を燃え上がらせるのもいいですが……。
こうして主様の隣で、じっと炎の温かみを感じるのも素敵です。
ああ……! でも、私は欲張りです……!
もっと熱く、もっと激しく、主様と愛の炎で燃え上がりたいと
思ってしまうのですから……!
キンタロウはっはっは! 朝だぞ、主(あるじ)さん!
……お? 起きてたのか。関心関心。
ほう……、俺と稽古をするために早起きしたのか?
早起きは三文の得とも言うしな。主さんの気の済むまで付き合おう。
ところで、何をするつもりなんだ? まだ決めてない?
では、早駆けはどうだろう! 朝の空気の中ひとっ走りすれば眠気も覚める。
まさかりでもいいぞ。筋肉をつけるのにはぴったりだ。
いや、主さんとなら相撲もいいな。前からひと勝負したいと思ってたんだ。
たっぷり悩んで構わんぞ! 決まるまでずっと待ってるからな。
ライデンいい朝だな! 主(あるじ)! まさに絶好の稽古日和だ!
主もおれと一緒に体を動かしてみないか? 悩み事だって吹き飛ぶぞ!
えっ? おいおい、おれだって悩むことぐらいあるぞ!
もっと強くなりたいとか、主の役に立ちたいとか……。ま、他にも色々な。
けどな、考えたってわからんものはわからん!
だから全力で稽古をして、その後に美味いちゃんこを腹いっぱい食う!
そうすると、案外いい考えが浮かんだりするんだぜ。
どうだ、稽古してみたくなっただろう? 終わったらちゃんこも作ってやるからな!
トドメキ主(あるじ)ー、式典の準備はどう?
って、わぁ! 新しい着物すっごく格好いいね!
あ、でもこれって今日しか見られないんだよね?
そう思うとなんだかもったいないなぁ……。
そうだ! 今から主のこの格好いい姿をあたしのこの目に
しっかり焼き付けておくから、しばらくじっとしててね……。
この百個の目で、見るだけじゃなくって全部ちゃーんと覚えておくよ!
えへへ、当たり前でしょ? 大好きな主のことだもん。
ひとつだって見逃したりなんかしないんだからね!
ハンニャふふっ……うふふふっ……。主(あるじ)様、よく眠ってるわね……。
幸せそうなお顔ね……。でもその顔も、もうすぐ……!
……あら、主様。おはよう。もしかして起こしちゃったかしら?
どうしたの? まだお布団に入っていればいいじゃない。
式典……? そんなのいいじゃない、主様が行く必要ないわ。
もしも誰かが主様を連れて行こうとするなら、私が全員、黙らせてあげる……!
……どうしても、行かなきゃいけないの? ……そう。
それなら私、主様が戻ってくるまで、このお布団の中で待ってるから。
必ず帰ってきてよね……約束……よ。
サンキボウ主(あるじ)サンー! おはようー! 起こしにきたぜ!
ん! 飛び起きるとは、主サンも分かってるな!
なんてったって、天狗のー番星が来たとなれば当然か!
って主サン。どうしてまた寝転がるんだ? え? 二度寝決め込むのかよ!
いや、今日は式典っていうのがあるんだろ? 大丈夫か? 遅れたりしたら……。
ん? いいから俺もこっちに来いって? いや……それは。でも主サンの申し出も断れないしな!
いいぜ! 寝よー! まあなんとか起きれるだろうし!
へへ……、主サンの隣ってあったかいな……。なんだか、俺も眠く……。
ビシャモンテンおっはよー! 主(あるじ)さまー! 朝になったよー!
今日はどこにも行かないんでしょ? だったらわたしと遊ぼうよ!
ねーえー、主さまー。勝負しようよー! 楽しいことしたいー!
え? どっちが長くい眠れできるか対決……?
それ、主さまがただ二度寝したいだけでしょ! 面白くないよー!
あ、そうだ! いいこと思いついた……! えいっ!
へへへーっ。主さまのお布団あったかーい。わたし、主さまと居眠り勝負する!
こうして一緒のお布団に入って、どっちが先に眠っちゃうか賭けるの!
もしも先に寝ちゃったら? そしたら、どうしようかな〜♪
シバエモン起きろ! 座頭(ざがしら)! 大変だ! もうとっくにお天道様昇ってるぞ!
早いところ支度しねえと! へ? なんでもっと早く起こしてくれなかったのかって?
あー、それはだな座頭。本当はもうちょっと早く来てたんだ……。
だがな、座頭の気持ち良さそうな寝顔を見ちまったらな……。どうも眠くなってきて。
ちょっとだけ寝ちまった! すまん座頭! この通り!
へへ……座頭ならそういうと思ってたぜ! ありがとな!
さあってと。急いで支度するか! 座頭を早替えさせるなんざ、朝飯前だぜ!
アギョウ……あ。やっと起きたね。独神(どくしん)サマ、いくらなんでも寝すぎだよ。
ほら、今日はボクと一緒に出かけるって約束してたじゃん。
ボクも手伝ってあげるから、早く支度してよ。
……ねえ、さっきからなんでボクのことを見ようとしないの?
もしかして怒ってるの? ……えっ、恥ずかしい?
……ふーん。寝てるところ、見られたくなかったんだ。
じゃあ他のみんなに見られないように、これからもボクが起こしに来てあげる。
えっ? もちろんボクは見るよ、当然じゃん。
だってボク、独神サマのことが好きだから、ね。
フツヌシ主(ぬし)よ、朝になったよ。早いうちに起きるといい。
今日は式典に向かうのだろう? 私としては、あまり気の進まない催し事だが……。
主のために仕立てたという、新しい着物には興味があるからね。
……私? いや、特に着飾る予定はないよ。慣れているこの格好で十分だ。
あまり興味もないからね。衣装を変えたところで国が盗れるわけでもない。
だが、身につけるものを変えることで、気分も変わることは私も認めよう。
もっとも、私としては主と共にいる時のほうが、よほど気分は晴れやかになるがね。
ヤマヒメこらっ! 主(あるじ)さま! お寝坊はだめよ! 早く起きなさい!
もう、また夜遅くまでお仕事してたのね? 頑張っているのはえらいけど、
無理するまで頑張っちゃだめでしょ! めっ!
お仕事は皆に手伝ってもらって、しっかり休めるようにしましょ?
主さまは自分だけでなんとかしようとし過ぎよ! 困った時や大変な時に、
皆から助けてもらうのは恥ずかしいことじゃないんだから。
主さま、たまにはわたしに頼ってもいいのよ? 小さい子になったと思って、
いっぱい甘えてきていいんだから! そしたら、わたしがなでなでしてあげる♪
クダギツネおっはよー! ご主人(しゅじん)サマ! 朝だよ、起きて〜!
ほらほら! 今日は遅れちゃダメなんでしょ? 早く着替えなくっちゃ!
え? アタシ? アタシは大丈夫だよ。ちゃんと準備できてるもん。
……あれ、ほんとだ。ご主人サマのいう通り、ちょっと毛が跳ねちゃってるみたい。
アタシの自慢の尻尾なんだからちゃんとしとかなくっちゃ!
ね……ご主人サマ。悪いけどちょっと直してくれない?
アタシの腕じゃ届かないところみたいでさ。えっへへ。ありがと♪
……ねえ、ご主人サマ。もふもふしてないでちゃんと整えてよ〜!
コノハテングおはよう! 主(ぬし)さま。なあんだ、もう起きてたのかよ。
あ、ひょっとして俺が起こしに来るのを見抜いてたっていうのか?
へへっ! さすがは主さまだぜ! あんたはいつも俺の一足先を行くな。
まあ起きてるっていうんなら安心だ。時間まで世間話でもしてようや。
……ちょっとくらいだったらいいだろ? やった! 主さまならそういうと思ったぜ。
しっかしまあ主さまも大変だよな。式典? とかいうのに出かけなきゃなんねえんだろ?
……まあ、そういうしっかりしたところが俺は好きなんだけどな!
【狼鬼】イバラキドウジ頭(かしら)……。いい加減に起きたらどうだ。
そろそろ式典とやらの時間なんだろう? 遅れちゃまずいんじゃないのか?
よく頭は飽きもせず、オレの尻尾に頭を埋めているのかと思ってな。
ん? 気持ちいい? 頭の役に立ってるのなら何よりだが……。
その……、こういうときどんな顔してればいいのかよくわからないんだ。
……っ? すまない、頭。急に尻尾を振るつもりはなかったんだが
どうも勝手が分からなくて自然と動いちまうみたいだ。
……いや、頭にもふもふされて喜んでるわけじゃない! 本当だ!
【華服】テッソぬしさまぁ、失礼しますー。
うふふ、ぬしさまが今日は特別な着物をお召しになると聞いたので、
わたしもこうして着替えてきちゃいましたぁ。
格好いいぬしさまの隣に立つのだから、わたしも特別になりたかったんです。
……ぬしさまはいつでも、何を着ても一番格好いいんですけどね。
そんなぬしさまを見ていると、やっぱり齧(かじ)りたくなってきます……。
でも、今日は特別なぬしさまを齧って汚してしまうわけにはいきませんから、
わたし、頑張って我慢します……あとで褒めてくださいね?
双代マカミ長(おさ)! 朝になったよ! 早く起きて!
すごくいい天気。自然の中に行ったら、きっと気持ちいいよ。
長に見せたいもの、たくさんあるんだ。美味しいものもあるよ。
今日は長、お仕事無いって聞いた。だから、その……。
ずーっと長と一緒にいたいんだけど……。だめ、かな……?
……! 嬉しい! なんだか今すぐ、吠えたいくらい!
長! ……ふふっ。長に頭をぐりぐりするの、すごく楽しい!
今日は誰が来ても、長のことは渡さないよ!
だから長も、ぼくのことを離さないでほしいな。
イナバ
ホウイチ
ボロボロトン
ベンケイ
ガゴゼあ、起きた? 主(あるじ)さん。
うん。ちゃんと起きれるか心配そうだったから起こしにきたんだ。……迷惑だった?
目覚めた時、僕の姿なんて見たくないのかなって思って。
他の誰かのほうが良かったんじゃ……。え? 嬉しいって?
そっか。そう言ってもらえると、僕も嬉しい。
朝は辛くなかったかって? 主さんのためだから、平気。
むしろなんだか昨日は寝付けなかったくらい。
……だって、他のやつに先を越されたくなかったから。
少し早めに起きないとって思ってたんだ。
来て良かった。主さんが僕を必要としてくれてるって、感じることができたから。
モミジ
イマガワウジザネ
シーサー
ミコシニュウドウいつまで寝ているのかしら? そろそろ起きたほうがいいんじゃない?
ふふっ。主(あるじ)の寝顔って、やっぱり可愛らしいわね。
もう、ちょっとからかっただけじゃない。怒らないの。
それよりも、今日は式典に行くんでしょ?
私も手伝ってあげるから、早く支度しちゃいなさい。
主ってあんなに皆から慕われているのに、けっこうだらしないわよね。
……ま、そんなところも好きなんだけど。
ん? 何も言ってないわよ。ほら、まだ着替えてないの?
この調子じゃ、これからは私が起こしてあげないとダメそうね。
ジロウボウふぁ〜! おう、ご主人起きろよ。もう朝だぜ。
いやあしっかし、昨日はお互い話こんじまったな。
オレは楽しかったぜ? アンタと腹を割って話す時間が取れるとはなあ。
オレとアンタの仲だからもちろん隠し事はなしだ。しかしアンタは普段から忙しいしな。
面と向かって話せる機会が前々から欲しいって思ってたんだ。
おかげでアンタの本音が聞けたし、満足だ。それにな……。
アンタが割とオレのこと気に入ってくれてるって知れて良かった。
なんだかこういうのちょっとこそばゆいけどな。これからもよろしくな、ご主人!
ダテマサムネ
アシュラふふ。主(あるじ)ちゃん、やっとお目覚めね。気分はどう?
アタシ? アタシは主ちゃんを起こしにきたのよ。
大切な式典ですもの、遅れちゃ大変だものね♪
ああ、そんなに慌てなくっても大丈夫。まだ間に合うから。
アタシがついているんですもの。そんなヘマはしないわ。
準備には時間がかかるから、アタシがちゃーんと手伝ってあげるわね♪
え……なんでって? ふふっ、それはね。
とびきり素敵な主ちゃんをみんなに見てもらいたいからよ♪
きゃー言っちやったわ♪ 恥ずかしいっ!
だからたっぷりお世話させてね、主ちゃん♪
その他【猫耳】ロキ

Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
モモタロウねぇ、まだ寝てるの? そろそろ支度しないと、式典に間に合わないと思うんだけど。
あ、やっと起きた。主(あるじ)さん、いくらなんでも寝過ぎ。
皆も気が利かないよね。もっと早くに起こしてあげたらいいのに。
ほら、早く支度して。僕も手伝ってあげるからさ。
……やっぱり主さんのこと、一番わかってるのって僕だよね。
主さんだって、僕のこと認めてくれてるよね? こうして部屋にも入れてくれたし。
だからさ、これからは僕が主さんのことを起こしてあげるよ。
だから僕のこと、もっと信頼してよね。
桜代ミシャグジサマ
イシマツ
イッシンタスケ
ヌエ
ミツクニ
イバラキドウジ頭(かしら)! 頭、起きろ!
ああ……、起きたばかりだからまだぼんやりしているようだな。
だがオレは待てない。頭も早く準備しようぜ。
ん……? 式典? なんだそれは。そのために来たんじゃないぞ。
血が足りないんだよ、だから早く戦場(いくさば)へ行こうぜ。
肉を裂き、血を啜る感覚に飢えているんだよ、オレは。
……ん? 嫌だね。時間は有限だ。それに今、飢えているんだ。
少しくらい待ったほうが、その分狩りの喜びもひとしおだって?
確かにそれも一理あるな。
仕方ない。少しくらいなら待ってやる。他ならぬ頭の命だからな。
ニギハヤヒ
マサカドサマ……おや。どうやら目が覚めたようだな、将軍。
辺りが騒がしくてな。将軍の眠りを妨げぬよう、俺がにらみを利かせていたのだ。
大したことではない。世話になっている恩を返しているだけだ。
……将軍よ、近頃は特に気を張り過ぎていないか?
恐らく悩み事があるのだろうが、休んでいるところをほとんど見かけないぞ。
話くらいは聞いてやる、なんて生ぬるいことを言うつもりはない。
俺を頼れば、将軍の意のままに状況を変えてみせようではないか。
……もっとも、貴様はそのようなことを望まないだろうがな。
イッタンモメンおはよう。頭領(とうりょう)さん。今朝は一面の青空が広がっているよ。
まるで洗いざらしの木綿のように気持ちが澄み渡るような気分だ。
……だから、頭領さん。いつまでも布団を被ってないでそろそろ起きたらどうかな?
そうだな……まだ時間はあるし。ちょっと失礼するよ、頭領さん。
……こうやって頭領さんとくるまってると穏やかな気持ちになってくるよ。
オレをこんな安らかにさせてくれるのは頭領さんだけだ。
だから頭領さん、起きなきゃいけないその時間まで
こうして傍にいさせてくれないかな。
カミキリ独神サマ、朝だよ……。ふひひ、全然起きる気配もないみたい。
これなら……、独神サマの髪の毛触っても怒られないはず。
そっと触るのならきっと気づかれない、と思う……。
……やっぱり、綺麗。ちゃんと手入れされてて、手触りもよくて……。
ふ、ふひ……、独神サマの髪の毛欲しいなあ。ちょっとくらいだったら……。
ふひっ!! ど、独神サマ! 起きたの……!?
ううん、なんでもないよ……。ただ、ちょっと独神サマの髪の毛触ってただけ……。
これから支度するよね? ならアタシが、独神サマの髪の毛梳いてもいい?
イシコリドメ
ササキコジロウ主(あるじ)……、起きてくれ。もう朝だぞ。
……ふぅ、早々に目が覚めてくれてよかった。起こすのは正直得意じゃないんだ。
しかし主のためというのであれば致し方ないだろう? それにだ……。
主の傍は居心地がいい……。それこそずっと隣にいたいくらいに。
だから何かにつけて主に会いにくる理由が欲しいんだ。……おかしいか?
主ならそう言ってくれると思っていた。面倒なことも主のためならできる。
普段なら動かぬ体も、主が喜ぶならと容易にこなすことができる。
それどころか俺の心も暖かくなるんだ。不思議なことだ。
【水兵】アマクサシロウ
双代ヤト
イッスンボウシ
タワラトウタ
ウラシマタロウ
キイチホウゲン主君(しゅくん)、おはよう。よく眠れたか?
私か? 主君がなかなか起きないのでな。見ての通り、一服していたところだ。
気持ちがいい朝だと思わないか? 空気は澄んで、空はかように晴れ渡っている。
しかも今は主君が隣にいる。それだけでも煙管もより美味く感じるな。
……不思議なものだ。以前は死合がもっとも私を楽しませてくれると思っていたのに。
今は主君と過ごす平穏な時間が何よりも私の心を踊らせるのだ。
今日は忙しいと知っている。だが主君、もうしばし私とともに過ごしてはくれまいか?
キンシロウ
カイヒメ
アマノジャクおーい、主(あるじ)起きてるか……?
……ちっとも目覚めそうなそぶりがねぇな。よしよし……。
さぁてと、寝てる主にどんな悪戯を仕掛けようか。
酷いことをする気はないから、ちょっとした優しいやつがいいな。
ま! ベタではあるが、顔に落書きがいいか。どれどれ墨と筆は……。
……チッ、なんだよ。起きてるんじゃねぇかよ!
いつから、気づいてた? ……なんだよ、最初からかよ。
そんなに拗ねるなって、未遂だったじゃねぇか。
んな顔するなよ。ただ……ちょっとだけ主に構って欲しかっただけなんだから。
ナマハゲ主(ぬし)っこさん、朝に……いげね、まだ訛りが……ゴホン。
えーっと……。主、もう朝だよ。そろそろ起きて?
……おはよう。よく眠れた? えっ、訛りが無い? それは、えっと……。
おれは声が大きいから、訛りだと驚かせると思ったんだ。
……言葉がなかなか出てこないから、話すのは疲れるんだけど。
主はその……。訛りが無いほうがいい? 今のほうがわかりやすい?
……訛りを覚えるって、もしかして主が? ……ぷっ。はっはっはっ!
そいだば、次はこれで起ごしてけるな!
イヌガミ
ヨリトモ
ヤシャ……おい。いつまで寝てるんだ?
はぁ……疲れてるのは知ってるが、そんな様子じゃ式典に間に合わねぇぞ。
どうせまた、俺たちのために遅くまで起きてたんだろ?
ありがたいことだが、あんまり頑張りすぎるなよ。
独神サマが倒れてしまったら、元も子もねぇんだ。
何かあったら相談しろよ。俺は戦い以外で役に立てねぇかもしれねぇが……。
それでも、アンタの力になりたいって想いは、誰よりも強いつもりだ。
わかったら、水でも浴びて目を覚ましてこい。
……あとな。俺以外のヤツを、寝床に入れたりするんじゃねぇぞ。
イイナオトラ独神(どくしん)さん……。そろそろ起床の時間だよ。
うん。君が寝坊しないように起こしにきたんだ。
式典に遅れてしまっては大変だからね。
……え? ううん、僕の負担にはなっていないから安心して。
領主たるもの、時間には厳しくないとね。
いつも心掛けていることだし、独神さんのためならお安い御用だよ。
それに、君の力になりたいって思っているから。
些細なことでも僕にできることがあれば嬉しいよ。
ん? やっぱりまだ眠いの? いいんだよ。僕の前では無理しなくても。
式典が終わったらゆっくり休もうか。だから僕と一緒に頑張ろうよ。ね?
【書初】タケミナカタ
【革着】アシュラあら……、主(あるじ)ちゃんたらまだ寝てる。
式典の時間が迫っているっていうのに。昨日も遅かったものね。
ふふ……こうして見ると主ちゃんって本当に綺麗。
見た目もそうだけど、その存在も何もかも……。
今こうして主ちゃんの寝顔を眺めているのがアタシだけって、
本当ついてるわ♪ いつまでもこうしていたくなっちゃうわね、
……ふふっ、起きたのね主ちゃん。よく眠れた?
そう、それはよかったわ。準備するでしょ?アタシも手伝うわ。
え? ここで何してたのって? ふふ、それはナイショよ♪
【着流】ヌラリヒョン
【納涼】セトタイショウ
その他トール

天将 Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
天将スサノヲよぉ、主(あるじ)! 釣りに行くぞ! ……何を呆けた顔してんだ?
いい釣り場に連れてってやるって、前に約束しただろ?
今日は絶好の釣り日和だぜ。オレ様の勘がそう言ってるから間違いねえ!
おら、主! 早く支度しろって! ……ったく、まだ布団から出てこねえつもりか?
仕方ねえ……。よっと! 相変わらず軽いな。ちゃんとメシ食ってるか?
主が起きないつもりなら、こうして抱き上げたまま連れてってやるよ!
ん? なら自分で歩く? 最初からそう言えばいいんだよ。
オレ様も手伝ってやるから、早く行こうぜ!
桜代フクロクおはよう、主(あるじ)。ぐっすり眠れたかな。
ああ、そんなに慌てることはないよ。今日は何も予定はないのだろう?
ちょっと様子を見に来ただけなんだ。起こしてしまったのなら謝るよ。
……ふふ、そうかい? 主は働き詰めだから、たまにはゆっくり休んでいても、
罰は当たらないと思うよ? おれが保証する。
さてと、まずは身支度を整えるかい? それとも朝食にする?
たまにはおれも、主の世話をしてみたくなってね。今日は付き合ってほしいな。
……恩返し、というよりも、楽しいからだね。こうして主と一緒に居るのが、
おれにはとても幸せなんだ。
ロクロクビ
ビャッコ
ヒルコ
オモイカネ
カグヤヒメ
フセヒメ……なあ、ヤツフサ。主(あるじ)殿を起こしに来たものの、
意外と緊張するものだな。いきなり目の前に私たちがいたら、
主殿は驚かれてしまわないだろうか……。
……わ、わかっている。これも主殿のためだからな。よし、いくぞ……。
あ、主殿……。もう朝になったぞ……、そろそろ起きてくれないか……?
……! 目が覚めたようだな。おはよう、主殿。
あ、いや、その……。あまり眠っている主殿に近寄る機会がなかったから、
なんだか緊張してしまってな……。
は、恥ずかしいから、あまり今の私を見ないでくれ……!
オジゾウサマ
カグツチ
オオワタツミ独神様(どくしんさま)……。おはよう。
どうやら起きたばかりでまだぼんやりとしているようだな。
ああ、構わない。完全に覚めるまでしばらくそうしているといい。
今日もいい天気になりそうだ。こんな朝なら、海も綺麗だろう。
儂のとっておきの場所があって、そこから大海原が一望できてな。
海面に陽の光が差すと、きらきらと光って見るもの全てを魅了するほどだ。
きっと独神様も気に入るに違いない。
本当ならすぐにでも連れて行きたいところなんだが……。
まあ式典というなら仕方ない。またの機会にしておこう。
スネコスリ
ハチカヅキヒメおはようございます、ご主人さま! ふふっ、まだ少し眠たそうですね。
えっ? なんだかいつもより元気? えへへ、実は今朝、
頭の鉢がきっかけで幸せになる夢を見たんです。
夢の内容ですか? ええっと、それは、その……。
それよりご主人さま! 朝ご飯の用意もできてますので、早く……きゃっ!
ううっ、足を滑らせて倒れてしまうなんて……。ご主人さまのおかげで助かりました。
お怪我はありませんか? ……よかった。ご無事で安心しました。
……あ、あの、ご主人さま。もう少しだけ、このままでいてもいいですか?
……夢の内容と、すごく似ているので……。
ミズチ
【教師】ネンアミジオン
【探偵】イッタンモメン
【錦繍】タマモゴゼン
双代カマド
アメフリコゾウ
コンピラ
エンエンラ
セトタイショウ
ナリカマ
アリエ
シロ
キジムナー
カラステング
ハクリュウ
エンマダイオウ

楽士 Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
楽士ウシワカマル……おや、起こしてしまったかな? おはよう、主(あるじ)様。
いい風が吹いていたからね。少しここで楽しませてもらっていたよ。
主様も、よかったら一緒にどうだろうか? ほら、ここに座って。
……こんなに静かな時間を過ごすなんて、久しぶりな気がするよ。
僕も主様も、いつも様々な場所に飛び交っていたからね。
何気ない瞬間がこんなにも貴重なものだなんて。僕も気づくのが遅かったよ。
ねえ、主様。これからも部屋に来ていいだろうか?
何も話さなくていい。ただこうやって同じ時間を味わいたいんだ。
桜代オツウ
ザシキワラシ
イズモオクニ
クツツラ
ナリヒラおはよう、お上(かみ)。よく眠れたかい?
ずいぶんと幸せそうに寝ていたから、起すのが少し忍びなかったよ。
フッ……照れているのかい?まったく、相変わらず可愛らしいね。
愛しの我が君。朝からそんな顔をするなんて罪深いよ。
からかってなどいないさ。僕はいつも素直に言葉を紡いでいるだけだよ。
ああ、そうだ。愛らしいお上の寝顔を見ていたら
とても素晴らしい和歌(うた)が浮かんだんだ。
……さあ、僕のこの溢れんばかりの想いを、その耳でしっかりと聞いておくれ。
チョクボロン
ナキサワメ
ウンギョウ
アタゴテング
ヒカルゲンジ
ゼアミ
タマヨリヒメ主(ぬし)サマ、お着替えは終わりましたか……?
わあ! さすが主サマ、その着物すっごくお似合いです♪
新しい着物を仕立てるって聞いたときは、実は少し寂しかったんです。
私が織った着物を着て欲しいなって思ってしまって……。
でも、こうして新しい着物に袖を通している姿を見ると、とっても格好良くて
そんな気持ち吹っ飛んじゃいました! やっぱり主サマは何を着てもお似合いですネ♪
いつか……もっと特別な日が来たときには、
私が織った神御衣(かみむそ)を着た主サマを見せてくださいネ!
※神御衣(かむみそ)の振り仮名ミス?
ノウヒメ
【晴着】カグヤヒメ
【祭太鼓】ダイダラボッチ
双代ベンザイテン
チョウチンビ
セミマル
ビワボクボク
アメノウズメ
ニニギ
クダン
シン
コノハナサクヤ
オシラサマ主(ぬし)さま……、まだ眠ってらっしゃる……。
昨日もだいぶ遅かったですし、仕方のないことだけど心配ですね……。
……ふふ、本当にぐっすりと。この布団がお気に入りなのかしら?
まるで繭にくるまっているかのように布団を離さないで……。
きっといい夢を見ていらっしゃるのでしょうね。
起こすのも忍びないけれど、時間も迫ってるし仕方ありませんね。
あっ、まゆ太! そのようにポンポンとしては……!
はっ! 主さま、オラ起こしちまったが!?
す、すみません。また訛ってしまったようで……。
ヒトツメコゾウ
ホウオウ
その他ヘイムダル

巫覡 Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
巫覡アマテラス主(あるじ)さま、おはようございます。
どこにいるのかと探していたら……お布団の中でしたか。
いいですよね、お布団。私も時々、ずっとお布団の中に篭っていたいって
思いますから。時々……? いや、毎日かな……?
主さまってとても真面目で、努力家だと思っていましたけれど……。
お布団に篭ったりするなんて、なんだか親近感がわきました!
よし! 私も今日はお仕事しません! 主さま! 私も引き篭もります!
まだお布団は余っていますか? ふふっ、一緒にごろごろしましょう!
桜代クウヤ
アカヒゲ――さん。――頭領(とうりょう)さん!
いつまで経っても起きてこねえから、おれが起こしにきてやったぞ!
頭領さんがいつも頑張ってるのは知ってるけど、寝すぎるのも体に毒だからな。
飯ならおれが作ってやるからよ、食い終わったら散歩にでも行こうぜ!
こんなにいい天気だし、部屋の中にいるなんてもったいねえよ。
それに外の空気を吸うことだって、健康にいいんだぜ?
……ま、頭領さんと過ごせるんなら、天気なんて関係ねえんだけどな。
いや、なんでもねえよ。それより早く準備しろよな!
ゲンブ先生、おはようございます。そろそろお目覚めの時間ですよ。
はい、先生が遅れないようにと起しに参りました。
まだ眠いようですね。本来であればもう少し休ませて差し上げたいのですが……。
仕方ありませんよ、今日は式典なのですから。……きちんと起きてくださいね。
ふふ、渋った顔でもきちんと起きてくださるのはいい心がけです。
間に合うように支度を手伝って差し上げますから安心してくださいね。
さあ、まずは顔を洗っていらしてください。清らかな水ですすげば目も覚めるはずですよ。
ハハキガミ
ククリヒメ
ミチザネサマ呑気なものだ……。いつまで寝ているのだ、主(あるじ)殿。
……そのような恰好であまり無防備になるな。何故だと? ……はぁ。
まさかここまで自覚がないとは……。
……いや、なんでもない。俺がより注意すればいいだけの話だ。
さて、今日は式典に行くのだろう。着物の用意はできているのか?
……ほう。確かにこれは素晴らしいな。しかしこれは……。
よし、主殿よ。本日の式典だが、俺も同行しよう。
主殿の姿を見て、良からぬことを考える輩(やから)がいるかもしれないからな。
群がってくるハエどもは、俺が全て撃ち落としてやる。
オトヒメギツネ
ダイダラボッチ
アメノワカヒコ
イダテン
オノノコマチ
モリランマル
ヒミコ……ん? おお、独神(どくしん)さま。目を覚ましたようだな。
なんだその顔は。わらわが起こしに来たのが、そんなに珍しいか?
皆も出払ってしまってのう。暇つぶしに独神さまの元へ遊びに来たのじゃ。
今日は独神さまも予定はないのだろう。たまにはわらわと一緒に茶でも飲まないか?
わらわでよければ、独神さまの愚痴でも聞いてやろう。
もちろん、その後はわらわの話も聞いてもらうぞ!
この前も大変なことがあってな。わらわが床につこうとしたら……。
……と、先にわらわが話し始めてしまったな。
独神さま、わらわとおしゃべりを楽しもうぞ。
【白衣】セイリュウ
【保健委員】ヒカルゲンジ
双代ククノチ
サンネンネタロウ
ショウキ
ゲンシン
ウカノミタマ
オキクルミ
ナスノヨイチ
コロポックル
サイギョウ
クシナダヒメ
コトシロヌシおはよう、独神(どくしん)さん。朝だよ。
まだ眠そうだね。完全に目が覚めるまで傍にいてあげるから安心して。
何……? 悩み事でもあるの? はいはい、聞いてあげるから話してみて。
……朝が弱いってこと? うーん、独神さんの立場なら気苦労も多いしね。
きっと知らず知らずのうちに疲れを溜めているんじゃないかな?
体はもちろんだけど……、心もちゃんと休ませないとだよ。
独神さんはおれたちに心配をかけたくないって思ってるかもしれない。
でももっと頼ってほしい。おれが独神さんのどんな悩みも聞いてあげるから。
ショウトクタイシ
その他フレイヤうふふ……。ドクシンさま、お目覚めになって♪
なーんて。こんなに気持ち良さそうに眠っていらっしゃるんですもの。
もう少しだけ、このまま眺めていてもいいですわよね?
はぁ……。わたくしの愛は、本当にドクシンさまに届いているのかしら……。
ドクシンさまはいつも平然としていらっしゃるから、少し不安になってしまいますわ。
愛に見返りを求めてはいけないけれど……。それでも、ドクシンさまの愛が欲しいわ。
……あら、おはようございます。ドクシンさま。
何か聞こえた? ……うふふ、きっと気のせいですわ。

星詠み Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
星詠みツクヨミまだ寝てるの? 主(あるじ)ちゃん?
ちゃんと朝ご飯も食べないと、お肌に悪いわよ!
布団を変えてから寝つきが悪い? うーん、それって布団が主ちゃんに
合ってないんじゃないの? ワタシはいつも最高級の布団で寝てるわよ!
上質な睡眠は、お肌のハリやツヤに関係して……ん?
この方位って……! ちょっと! 主ちゃん! もしかして枕の位置を変えた?
やっぱり! 今の方位は最悪よ。きっとそれが原因ね。
仕方ないから、ワタシが主ちゃんのお部屋を模様替えしてあげる!
いつもワタシが遊びに来てもいいように、加湿器二十台は置いとくわよ!
桜代ジュロウぐ……、主(あるじ)全然起きねえじゃねえか。せっかくオレが声かけてるってのに。
こういう時ってどうしたらいいんだ? 揺さぶったほうがいいのか……?
でもそれで主に嫌われたら困るし……。……って、主起きたのかよ!
な……なに喜んでるんだ! べ、別に主のために来てやったんじゃねーからな!
ただ、主が困るかなって思っただけだ! いや違う! たまたま通りがかっただけだ!
な、なんだよ……。そんなにオレの顔が面白いのかよ! ……オレの顔が赤いって?
べ、別に照れてるわけじゃねーから! にやにやすんなよな!
テッソ
ヒエダアレイ
イツマデ
アマクサシロウ
アシヤドウマン
オトヒメサマ
シュンカイ独神様(どくしんさま)、独神様……。起きてくれ。もう朝だぞ。
ふふ……。やはり起こしにきてよかった。しかしどうしたんだ? 独神様が寝坊など。
……なるほど。私の貸した本が面白くてつい夜更かししてしまったと。
それは申し訳なかった。独神様の喜ぶ顔が見たくてつい色々勧めてしまったんだ。
しかし、それが独神様の手をわずらわせる結果となったのであれば、今後は控えよう。
……ん? もっと持ってきてだと? しかし独神様、迷惑にならないのか?
毎日起こしにくればいいと。そうだな……承知した。
キリンおはようございます。主君(しゅくん)。ご気分はいかがですか?
ええ、本日もいい天気になるかと。朝の風が心地良いですね。
かように晴れ渡っているならば式典も粛々と行われることでしょう。
私ですか? ……少し空に思いを馳せていたところです。
主君を背に乗せて空を駆ければどれほど楽しいかと思いまして。
あなたは高いところは苦手ですか……? ふふ、そうですか。
私と一緒であれぱ怖くないなどと、そのように言われては舞い上がってしまいそうです。
はい、主君。あなたがお望みであればいつでも叶えて差し上げますよ。
アヤカシコネ
タマモゴゼン……おや、主(あるじ)殿。ようやく起きたかのぉ?
眠りながら、わらわの尻尾にもふもふと顔を埋めたり、抱きかかえたりと、
幸せそうな顔で随分と好き勝手弄んでおったが……良い夢は見れたか?
本当か、と……? ふふっ。さて、事の真相は主殿の想像にお任せしようぞ。
そんなに慌てずとも、それくらいのことで取って食ったりはせぬ。
わらわがこのようなことを許すのは、あくまで主殿だけじゃ。
主殿が望むのであれば、またいつでもこの尻尾で癒されるが良い。
……その代わり、わらわもその分良い思いをさせてもらうからのぉ。コンコン♪
センノリキュウ
【給仕】スザク
【吸血鬼】サルトビサスケ
【科学者】フツヌシ
双代ヤヲビクニ
ユキオンナおはようございます、主(あるじ)殿。そろそろ起きてください。
……あっ。すみません……つい触れてしまいました……。冷たかったですよね?
はぁ……。お布団はいいですね。わたしと違って、主殿を温めることが
できるんですから。わたしも主殿を温められたらよかったのに……。
……そのままでいい? ですがわたしは周りを寒くして、主殿を困らせて……。
……! 主殿……。そのお気持ちだけで、私の胸はいっぱいになりました。
わたし、いつの日か主殿を温められるようになります。
たとえ雪のように溶けてしまったとしても……。
カシンコジ
ウンガイキョウ主(ぬし)……。よく寝てらっしゃる。
やっぱり来て正解でした。主、昨日も夜遅かったですもの。
……でも、起こすのも忍びないですわ。主の寝顔がこんなに素敵だなんて……。
主のひみつ、またひとつ見つけちゃいました。
誰かに話したくってウズウズしちゃいますけど……。
やっぱり私だけの秘密にしておきましょう。
あっ……。主。おはようございます。
は、はい! すぐにお支度を手伝いますね。あっ、こんなところに寝癖が……。
鏡はこちらですよ。
大丈夫、主が今日一日素敵で居られるようちゃんと見てますから……!
ゴトクネコ
スクナヒコ
タキヤシャヒメ
オリヒメ
アベノセイメイおやおや……まだ起きていないのですが。
もしやと思い、式神を寄越して正解でしたね。
主人(しゅじん)、もう朝ですよ。そろそろ起きないと……。
ふふ……、まだ夢の中のようですね。
今であるならばこの心のうちも伝えられるかもしれません。
貴方の寝顔を見られるなんて、なんと僥倖(ぎょうこう)なことでしょうか。
普段のお姿とは違い、私だけに気を許しているように感じております。
この祝いの日に貴方との時間を独り占めできるなど、身に余る光栄です。
……おや? 目が覚めましたが?
ええ、よく眠っていらっしゃいましたよ。本当に。
ビンボウガミ
オフナサマ
ホクサイ
テンカイ主(ぬし)様、朝です。そろそろ起きてください。
おはようございます、主様。今日も良き朝ですよ。
なに、儂(わし)は早起きが得意ですからね。いつも主様より前に起きておりますよ。
主様が良ければ、これから毎日儂が朝起こしに来る……というのはどうでしょう?
主様が規則正しく生活が出来、儂は朝から主様をひとりじめ出来る……。
お互いにとってとても良い提案ではありませんか?
ふふ、主様も乗り気で安心いたしました。
さて、そうと決まれば今日も八百万界(ヤヲロズカイ)のために
共に邁進いたしましょう。

Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
ジライヤ! すまない、頭領(とうりょう)。眠りを妨げてしまった。
実はカエルが脱走してな、頭領の部屋に逃げ込んだのだ。
もう少しで顔に乗るところだったから、慌てて捕まえたのだが……。
カエルには、後で俺から厳しく躾(しつ)けておく。
それにしても音を立ててしまうとは、忍失格だな。
眠りを妨げた詫びとして、今日は頭領の駒となろう。
もっとも、頭領の命であればいつでも聞くのだが……。
どうも頭領は俺に遠慮しているようだからな。
さあ、俺に命令してくれ。もちろんカエルにでもいいぞ。
桜代フクスケ
ホテイ
サルトビサスケ
ネズミコゾウ
ヤマビコ
モモチタンバ……目を覚ましたようだな、主(あるじ)殿。
ちょうど任務終わりでな。少し立ち寄ってみただけだ。
……何を慌てている? 俺がいなくとも、ここの守りは問題ない。
主殿も疲れているのだろう。安心して眠るがいい。
……寝顔を見られたことが恥ずかしい? ……ふっ。
いや、笑うのはよくなかったな。失礼。
だが主殿、俺は今まで、主殿の様々は表情を見せてもらっているぞ。
にも関わらず恥ずかしがるということは……他にも見せられない顔があるのか?
主殿は本当に、俺に興味を持たせるのが上手だな。
チヨメ頭領(とうりょう)さん、朝よ。早く起きないと……。
ふふっ。おはよう、頭領さん。今日は朝から式典のための準備があるんでしょ?
……なんでそれを知ってるか、って?
頭領さんのことなら、どんな情報だってアタシの耳には入ってくるからね。
アタシが頭領さんのことで知らないことはないのよ。
ひとつだけあるとすれば……頭領さんの気持ちだけ、かしらね。
……ううん、なんでもないわ。そうだ。
今日だけじゃなくて、これからは毎日頭領さんの起きる時間に合わせて
アタシが起こしに来てあげるわ。感謝してね♪
フグルマヨウヒ
ワヅラヒノウシ
クラマテング
サトリあーるーじーちゃーん! 起きてよー! 起きないとお仕置きしちゃうんだから!
もう〜! 全然起きない! また昨日も夜更かししたんでしょ? まったく……。
あ! 主ちゃん目が覚めた? もー! ぐっすりで起きないんじゃないかって思ったよ。
ねえ主ちゃん。今、考えてること言ってみようか?
まだまだ眠い……、どうして起こしたの? ってもう主ちゃんったら!
遅れたらいけないと思って主ちゃんのためにわざわざ朝早くからきたんだからね!
それなのにもう! 主ちゃんたらもう知らない!
オロチマル
ガシャドクロ
【体操服】クウヤ
【怪盗】アマツミカボシククッ、頭(かしら)起きたのか? 何を驚いている?
俺が貴様を盗みにくるなんて想定内のことだろう? それが例え寝起きでもな。
……飽きないかって? まさか、飽きるどころか日ごとに興味をそそられている。
頭は怪盗の好奇心を煽るのが実に上手い……。
実際のところ、逆に俺の心は盗まれているんじゃないかと思うくらいにはな。
さあてと、頭。今日は貴様の時間を盗ませてくれ。
……ああ。もちろん式典のことは知っている。
だが今、この時だけは、俺のことだけを考えてくれてもいいだろう?
双代カッパ
サラカゾエ
ツチグモ
ワニュウドウ
サルタヒコ
ゴエモン
シラヌイ
フウマコタロウおはよ、独神(どくしん)ちゃん。昨夜は盛り上がったね?
あははっ! 冗談だよ。独神ちゃんが寝てるって聞いたから、
つい忍び込んできちゃった。寝顔、とっても可愛かったよ。
そんなに恥ずかしがらなくてもいいじゃん。褒めてるんだからさ。
今日はどこにも出かけないんだよね? それならさ、僕も一緒に
ここで休んでいい? ……まあ、独神ちゃんが嫌だって言うなら、
大人しく出ていくけど……。よかった! そう言うと思ったよ。
それじゃ、今日はず〜っと独神ちゃんのことを可愛がってあげるね。
タムラマロ
サイゾウ
ツナデヒメ
ヒデヨシ
ハットリハンゾウ
【執事】ゴトクネコ
その他ロキ

コメントフォーム Edit


コメントはありません。 コメント/SandBox/祭事梧桐の約束限定台詞一覧?

お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-09 (日) 23:11:53