このエントリーをはてなブックマークに追加

天翔・星彩の祈りの限定台詞一覧です。
対象英傑はタマヨリヒメ(追加実装日:2017/7/6)まで



剣士 Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
剣士ヤマトタケルふむ、短冊がなんでも叶えてくれるなら煩わしい身の回りのこと、
すべて他の者が代わってくれますように、だな。
なんだ、俺の願いにけちをつけるのか?
……御伽番も交代?
おい、何もそこまでは言っていない。
主(あるじ)の隣まで代わられたらたまったものじゃない……
それならば願いなんて叶わなくていい。
俺が多少面倒な思いをするだけで……はあ。
つくづく主は罪な御方だ。
桜代カマイタチなんだ……?これ、オレにくれるのか?
……そうか、有難く、受け取っておく。
なんか、主(ぬし)様には貰ってばかりだな。
……ああ、いろんなものを貰っている。
これは、なにかを願うものなのか?
そうだな、それなら……主様が決して傷つくことのないように、願っておく。
もちろん、オレが守ってみせるけどな。
こうして願っておけば、もっと安心できるんじゃないかと思うから。
ネコマタふふん、私のお願い事なんて、
主(あるじ)ならすぐわかるニャ?
たーっくさんの美味しいものに囲まれて、
ずっとそこで主と暮らすニャ!
そしたら、主も私も美味しいものを食べられるし、きっと幸せになれるニャ!
あ、でもでも、ゆっくりするには色々片付けなきゃだめだから、
ずっと後の話かニャあ……。
セイリュウありがとう、先生!素敵な贈り物だね。
これで俺の願い事も叶うような気がするよ。
……気になるのかい?
恥ずかしいから本当は秘密にしたいんだけど、先生にならいいかな。
先生の傍にいられるよう、もっと剣術を磨いて、お役に立ちたいんだ。
俺が強くなることが出来たら、先生も俺を頼ってくれるかな、と思ってね。
ふふっ、なんだか気恥ずかしいな。
スザク願い事なんてすてきだね。
そうだなあ、もちろん八百万界(ヤヲロズカイ)に平和を、
なんていうのもそうだけど…。
これは僕たちが叶えるべき願い事だ。
それとも先生は、
僕がもっと情熱的な願いを持っているとでも思ったのかい?
それを伝えるのもやぶさかじゃないけど……。
今は、この先生との一瞬も楽しみたいんだ。
永遠に僕のものに、
という願い事が叶うのはこのずっと先、というところかな?
タケミカヅチこれに書けば願い事が叶うのか……。
では訊くが、主君(しゅくん)にはどんな願い事があるんだ?
実は、常日頃から世話になっているから
こういった機会は主君のために使うと、心に決めていたんだ。
俺の願いは主君の幸せを守りたい、ということだからな。
……なんだ、主君も俺の幸せを願ってくれているのか。
嬉しいことだな。
ネンアミジオンこれに書けば、願い事が叶うのですか……。
しかし、こういったものは刹那で変わるもの。
あまり意味があるとは……。
しかし、それでは、主君(しゅくん)のご厚意を
無碍(むげ)にしてしまうことになりますね。
それは私としても喜ばしいことではないので。
解決策として、主君の願い事を伺っても?
代わりといっては妙ですが、私に叶えさせてほしいのです。
ヤギュウジュウベエ八百万界(ヤヲロズカイ)中の秘伝書を読み、
剣術について語り合う……
それが私の願いだ。
だが勿論、相手が誰でも良いというわけではない。
具体的に誰と言われると、そうだな……。
やはり上(うえ)様が良いとそう思っている。
上様には、私が好きな物を知って欲しいのだ。
め……迷惑だっただろうか……?
ダイコクテンうーん……私に必要な物は大体この袋から取り出せてしまうからね。
願いというのは、私にとってはむしろ難題だよ。
常に穏やかに、と願っても良いとは思うのだけれど……
果たしてそう上手くいくものかな?
……そうだ!まずはこの短冊をもっと沢山貰えるよう願ってみよう!
そうすればきっと……ははっ、駄目かな?
イザナギこれはまた、粋な贈り物だな。
願い事か……。
もしかして、主(あるじ)が望みを叶えてくれるっていうのか?
ふっ、冗談だ。
だが、本当に叶えてくれると言うのなら、
もう他に望むことはないかもしれぬな。
儂の願いはただ、儂の大切に想うものが幸せであること、それだけだ。
スズカゴゼン早く鬼退治に戻れますように、というのは少々無粋すぎますか?
でも、あたしにはそれしか無いから……
それじゃあせめて、もっともっとご主人様のお役に立てますように!
というのはどうでしょう?駄目ですか?
……実はあたし、そんなに願いたい事が無いのかも知れません。
だって、不器用なあたしでも傍に置いてくれる、ご主人様がいるんですから。
アマツミカボシ願いの叶う不思議な短冊か……フン!
俺が願うからには叶うのが当然だろう?
叶わぬ願いなど意味がない。
頭(かしら)はそうは思わないか?
だからこれから俺が言うのは願いではなく、未来だ。
……頭と俺、ふたりで星空の美しき地へ行き、その地を手に入れよう。
……笑ったな?身の丈に合わぬ願いより、この位で丁度良い。
頭とともに見たいのだ、構わんだろう?
【福袋】タケミカヅチただ願うだけで叶う、というのは、少々味気ない気もするが……
願わず終わるというのも勿体ないな。
ならば主君(しゅくん)を船に乗せ、望むところへ連れて行こう。
古今東西、何処へでも。
主君の居る場所が俺の居場所でもある。
その地で、主君が望むならば国を獲ろう。
国獲りや戦を望まぬならば、そうだな……
たまには主君の傍で、穏やかに過ごすのも悪くはない、か。
【正装】アシヤドウマンはは、この格好で短冊っていうのもなかなかサマになってるだろう?
いつもなら、迷う事無くオレ自身の願いを叶えようって考えるものだが、
折角こんな格好をしてるんだ。
願いも主人(あるじびと)を優先させて貰うとしようか。
それで、主人はオレに何を望むんだ?
お勧めは、後ろから抱き締めることなんだが
……さて、どうする?
双代オイナリサマわぁ……!
すっごく嬉しい! ありがとう!
どうしよう、どんなお願い事をするか迷っちゃうな。
油揚げがたくさん食べられますように、とか?
うーん、もっと素敵なお願い事がいいな。
……そうだ!
ね、ぬしさんのお願い事はなあに?
わたし、ぬしさんのお願い事が叶いますようにってお願いする!
だってだって、ぬしさんが喜んでくれたらすごく嬉しいなって思うから!
スズメ嬉しいなあ、つづらに入れて大事にしたい……
ってそれじゃ、願い事が叶わなくなっちゃいますかね?
僕、本当は主さまのこともつづらに入れたいのに……。
あ、じゃあ、主さまをつづらに入れさせてくれませんか?
それが僕の願い事です!
えへへっ。
フウジン主(あるじ)様が、これをウチに?
え〜っどうしよう!いっぱいお願いしたらワガママかな?ひとつじゃないとダメ?
む〜……あ!じゃあじゃあ、主様を風の中に連れて行きたいっ!
嵐や台風じゃなくてさ、穏やかな風の中。
絶対主様も気に入るよ?
ふたりっきりの空中散歩、なんちゃって!
ウチ、主様のためなら暴風だって抑えられるんだから!
ライジンこんなに素敵なもの、頂いて良いんですか?
嬉しいです。
お願いは、そうですねー……
早く八百万界(ヤヲロズカイ)中のお臍(へそ)が取れますように!
……だって、主(あるじ)様が困るような
お願いごとは出来ませんから!そうだ!
主様のお臍、私が貰ってあげましょうか?
どれどれ、まずはお臍を確認させてくださいね
……って、もう!冗談ですって!
ヤマオロシこれに願い事をすりゃいいのか?
いい食材が欲しいな!それで美味いモン作って、皆に振舞ってやるんだよ。
その時はゴシュジンも沢山食べろよ?
オレ様がそうしてーんだから。
ただ、腹がいっぱいになった後は……
ゴシュジンからのお返しも期待したいところだよなあ?
……バカ、冗談だっつの。
アンタが美味そうにオレ様の飯を食ってくれたら、それが一番だぜ。
オオクニヌシフフッ……主君(しゅくん)は趣味が良いな。
このような贈り物をしてくる者には今まで出会った事がない。
俺が何を願うか、気になるか?
そうだな、俺と主君の間に強い縁を結んでいけるように。
確かな何かを造っていけるように。
そんなところだろうか。
主君だったら何を願う?
よかったら、聞かせてくれないか
マガツヒノカミおお!これは……我の望みを吸い上げ、より深き混沌へと誘う禁断の紙片……!
厄神(やくじん)である我にこのようなものを贈るとは……
我が君はさぞ闇を欲していると見える。
だが、案ずることはないのだよ。
憎まれ、誹(そし)られるは我の役目。
傍(かたわ)らに立つ我が君には、ただただ安寧が訪れるようにと……
心から、そう願っているのだからな。
イワナガヒメ主(ぬし)様は、本当にお優しい方ですね。
こんな素敵な贈り物をくださるなんて。
……私が何を願うか、気になりますか?
どうしましょう、願い事は誰かに話すと叶わなくなると聞きますし……
秘密にしておきたいと思いましたが、主様には知っていてほしいとも思うんです。
だから……
私たちの関係が続くこと、それが私の願いです。
主様、一緒にこの願いを叶えてくれますか?
タケミナカタ願いの叶う短冊、か……ははっ。
主(あるじ)は、僕の願いが知りたいか?
主にならば、知られたっていい。
むしろ、聞いてほしいとさえ思う。
……これからも、主が最も信頼し、傍に置く相手が僕だけであるようにと、
そう願った。
当然だろう。主はこの命までも捧げる御方。
その主に、同じように思ってほしい願うのは……僕の傲慢(ごうまん)だろうか。
ヌラリヒョンこれを儂(わし)に?
なんと、主(ぬし)からの賜り物とはな。
おまけにそれがどんな願いも叶える短冊だとは……主も粋な事をしてくれる。
さて、いったい何を願ったものか。
……なんてな。
本当は何を願うかは既に決まっている。
主がもっと儂を頼ってくるように、とな。
儂はいつでも主を思っているのだと、これで分かっただろう?

鬼人 Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
鬼人シュテンドウジ頭(かしら)が横にいて、酒が飲めりゃそれでいい。他には何もいらねェ。
なんてな、もっとやりたいこともあるんだけどよ。
そんなん霞んじまうくらい、頭との時間を過ごせりゃいいと思ってる。
……あー、
あとは誰彼構わず刀を向けてくるようなヤツとか、うぜえ悪霊とか、
そういうのがいない時がいいな。
そういううぜェのは必要ねェからよ。
桜代ヤヲヤオシチ主(あるじ)様から貰った短冊への願い……
恋しい御方の愛の炎に包まれたい、でもいいんでしょうか?
その方を思い、自らもその方の思いに包まれる……。
ふふ、でもこの願いは叶っているも同然。
だって私のこの身はもう主様への思いで焦がれているんですもの。
天に願わなくとも、私の心はずっと主様へ向けられている……。
この愛の炎は、催涙雨でだって、きっと消せやしませんわ。
キンタロウ主(あるじ)さん、俺が今どんな気持ちかわかるか?
嬉しいのはもちろんだが、主さんが愛しくて愛しくてたまらない気持ちになっている。
この気持ちをどうしたら、いいだろうな?
なあ、主さん。どうしたらいいか教えてくれ。
願い事なんて、何を願えばいいんだろうな。
たくさんありすぎて、選べねえよ。
なあ、どれを願えばいいのか、主さんが決めてくれよ。
これから話して聞かせるからよ。
ライデン主(あるじ)が、おれにこれを……?
まったく嬉しいじゃねえか!
願いか……
八百万界(ヤヲロズカイ)中で相撲総当り戦がやってみてぇ!
絶対楽しいと思うんだよな……勿論、おれが優勝するつもりだぜ?
優勝っていうのは、誰かに願うんじゃなく自分で掴み取るもんだしな!
なんなら、主(あるじ)とも勝負してぇ!
皆で相撲をとった後は、ちゃんこでお疲れ様会を開くのもいいんじゃねぇか?
トドメキいいねえ! 主(あるじ)もいいことしてくれるじゃーん? このこの〜!
あたしたち英傑の願い事なんて、大体は主と一緒にいられたら、
ってものだと思うけど。
……え、あたしの? や、やだなあ、そんなの恥ずかしいじゃん!
……でも、主にだけなら教えても……
なーんてね! やっぱり恥ずかしいから、また今度!
だって、あたしも、他の英傑と一緒で、主と……
って、やだ、これ以上は言わない!
ハンニャ願えば叶う不思議な短冊……
この短冊に私が何を願ったかなんて、主(あるじ)様はもうわかっているんでしょう?
私の願いは、ずっとひとつだけ……。
それをわかった上で聞くなんて、悪い御方……うふふっ。
ねえ、主様。
これからも私の傍にいてくれるでしょう?
それだけが、私の願い……。
ふふ、短冊に願わなくとも、私の願いは主様が叶えてくれるわね。
サンキボウ願い事?別になぁ。
願い事なら、他に叶えられる手段は知ってるし……。
主(あるじ)サンがどうしても、って言うなら教えてやってもいいけどよ?
あ、言うんだ……。ん、じゃ、主サンが笑ってくれりゃ、それでいいんだ。
無理して笑う必要もないけどよ、これでも主サンに仕えてる身としては、
笑ってくれてたほうがやる気も出るってモンなんだよ。
ビシャモンテン短冊に願いを書くだけで叶う、なんてにわかには信じられないけど……
なんだって物は試しよね。
―わたしが願うのはもっともっと強力な相手。楽しい勝負よ!
だってその強力な相手にも、とーぜんわたしが勝つでしょ?
そしたら主(あるじ)さまの株もぐーんと上がる。
良いことずくめじゃない?
願うのは楽しい勝負だけで良いの。
だってわたしがついてれば、勝利は間違いないんだもの!
シバエモンさすが座頭(ざがしら)!
願えば叶う短冊とは、粋な贈り物だ。
さあて、何を願うとするかねえ……。
この座組の繁栄か、それとも、もっと座頭の役に立てるようにってんで
オレ自身の更なる成長を願うか。
もっと、座頭がオレを一番のご贔屓(ひいき)にしてくれますように
ってのでも良いかもな。
なあ座頭。座頭はどれが良いと思う?
フツヌシ願いの叶う短冊とは、まるで御伽噺(おとぎばなし)だな。
しかしまあ……
叶うならば、暫しの平穏を。
…おや、私がそんなことを願うとは意外?
ふふ、私も主(ぬし)と同じ性分なんだ。
…なんてね、主とふたりで過ごせるならば、
たまには喧騒から離れるのも悪くはないと思ったまでだよ。
全て忘れて、穏やかな時間を過ごすなんて夢のまた夢。今宵だけの酔狂な願いだ。
明日には、忘れてくれるかい?
ヤマヒメ主(あるじ)さまは、もうお願いごとは決めたの?
こういうのって、結構悩んじゃうのよね。
あれも良いな、これも良いなって……
ふふっ。欲張りな主さま。
そうだ!主さま、膝枕してあげよっか?
ゆっくりくつろいで考えれば、きっと良いお願いが思いつくはずだよ。
なーんて……
ほんとはわたしがしたいだけ♪
だから、ね?遠慮しないで、主さま♪
双代マカミお願い……? ぼくがしたいことでいい?
長(おさ)と毛繕いする! ぼく、得意。
毛並み、綺麗にする。だから一緒に……
だめか? 気持ちいいのに……けち。
それなら、大自然の中、お散歩したい。
木も花も川も……綺麗なもの、全部見る。
ぼくのすきなもの、知ってほしい。
ねえ、教えたら、長のすきなものも教えてくれる? もっと知りたい。
長のこと、大好きだから!
イナバうわあ! これ、くれるの!
ありがとう、主(ぬし)さん!
んー? 私のお願い事が気になるの?
えへへ、恥ずかしいけど主さんになら教えてあげる!
あのね、耳貸して……
主さんが私のことを大好きになってくれますように!
わあ! 言っちゃった!
願い事、いつか叶うかなあ?
なんて……主さんに聞くのはずるいかな。
ホウイチこの短冊を使えば願いが叶うと? なら……
主(あるじ)の姿を一目見たい……
とは、行き過ぎた願いだな。
願ったところで叶うことではないと……わかっているのに。
しかし、見えなくとも伝わることや伝えられることがある。
主(あるじ)に全てが伝えられるならば、それだけで構わない。
おや、それも傲慢(ごうまん)だったか?
ならば主、こうして寄り添うのはおれの願いに相応しいだろうか?
ボロボロトン短冊ありがとう、主(あるじ)!
えっ?願い事、俺がしていいの……?
えっと……
と、友達が欲しい、なんて。
ち、違うよ!
主はもちろん俺の友達、で……
それ以上に大切な方で、特別。
主といると、嬉しいのに胸が高鳴って、傍にいたいのに逃げ出したくなるんだ……
えへ、ちょっと変だよね。
俺が本物の僧になれたら、治るのかなあ。
治って欲しいような、このままでもいいような……。
うーん……。
ベンケイ短冊……これに願えば手に入ると?
私の望む千本目の刀……
……それから、上(うえ)様が。
ふふ、意外か?
願いは口に出さねば叶うものも叶うまい。必ずや、手に入れてみせよう。
所詮は一夜の願い、叶うまではまだ遠い道のりだろうよ。
しかし、忘れてくれるなよ?上様。
私は口に出したからには手に入れるぞ。上様もよくわかっているだろう。
誰にも渡さず、私だけのものに……。
ガゴゼ……主(あるじ)さんは、いつも僕に嬉しい気持ちをくれるね。
僕はもらったぶんだけ、何かを返せているのかなって、たまに思うよ。
僕のこの力が、もっと主さんの役に立てるといいんだけど……。
願い事、か。そうだな……。
ずっと、主さんの傍にいられますように。
……こんなこと、僕には過ぎた願いかもしれないけど、
願うだけなら許してもらえるかな。
モミジ知っていますか?主(ぬし)様。
短冊に書くお願い事は、そうなりますように……ではなく、
そうなるのだ、と断言したほうが良いのだそうです。
主様のお願いは、どんなものであれ是非叶って貰いたいものです。
……え?私の願い事、ですか?
それは、勿論主様と……、
って、言いませんよ!言いませんからね!
ミコシニュウドウわあ、何かしら? お願いをするの?
そうねぇ……やっぱり八百万界(ヤヲロズカイ)全てを魅了する、かしらぁ!
主(あるじ)までも魅了して……ふふっ、そうしたら食べちゃおうかしら。
あらあら、冗談よぉ。でも、
主が私に夢中になってくれたら……って、そう思ってるのは本当よぉ?
うふふっ、これも冗談。
本気にしたならそれならそれで、ね……
……なんでもなぁい!
アシュラアタシのお願い?
そんなの、アタシを守ってくれる素敵な方が現れますように♪
ってお願いに決まってるじゃない!
ウフフ、まだ守られる立場を諦めたわけじゃないのよ。
でもそうね〜……
……もし主(あるじ)ちゃんがアタシに守って貰いたいってお願いをしたんなら
守ってあげるわ。ト・ク・ベ・ツ♪よ。
ウフ♪

Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
モモタロウなにこれ。別に今さら願うことなんて……
すべての悪を倒せたらそれでいいよ。
当然でしょ?
そもそも、これは願いじゃなくて決意なんだから。
……でも折角だし、お願いしておこうかな。
これからも主(あるじ)さんが元気でいられますように、とか、
この先も主さんと過ごせますように、とかね。
ちょっと、勘違いしないでよ。
特別な意味はないから。
そのままの気持ち。
桜代ミシャグジサマなんやこの紙切れ……願いの叶う短冊ぅ?
ほー、願い事……
うちが 八百万界(ヤヲロズカイ)の中で、いっちゃん使えるヤツや、
ってみんなに知らせるっちゅーんは、ありかいな!?
なんや主(あるじ)様、それじゃあかんか?
うちを従えとる主様はすごい御方なんやって、知ってもらう機会やないの!
まあ、それで主様の周りに他のもんが、
わんさか増えるんは、本意やないけど……
やっぱしダメや!主様の隣は渡さへんで!
イシマツ主君(しゅくん)は俺を喜ばせる天才だな!
こんなに嬉しい贈り物をくれるなんて、
俺を泣かそうとしてるのか?
ははっ、だとしたら涙なんて
あっという間に枯れちまうな。
願い事? そんなもんは決まってる。
これかも主君のそばにいること、それだけだ!
俺の願いは主君にゆだねられてるってことだな!
この願いが叶うことに賭けたいねぇ!
イッシンタスケへぇ、これは嬉しい贈り物だねえ。
ありがとよ!
せっかくだし、何か願い事でもしておくか。
なんだ? オレ様の願いが気になるか?
へへっ、少し恥ずかしいが聞いてくれ。
それに上(うえ)様にこそ、聞いてもらわねえと
意味がねえからな。
これからも上様の傍で上様の役に立つこと、
それが願いだ!
だからこれからもオレ様を頼ってくれよな!
ヌエいいんですか?主(あるじ)様。
私、こんなのいただくの初めて……って、
これ、願い事が!?
わあ、どうしましょう!
そんなこと、考えたことがなくて……。
えへへっ、いざ聞かれると、迷うものですね!
でも、一番のお願い事は、主様とずっと一緒にいられること。
かなったら どんなにいいだろう…って思います。
……実現させてくれますか?
ミツクニこんな短冊に願うまでもねーっっつーか……
目的が遂げられればそれでいい。
まあ、目的が遂げられたあとも、
ご主人の傍にいてーな……。 なんだよ、
オレはそんなに薄情じゃねーっつの。
ほら、なんだ……、
傍にいる理由が欲しいんだよ。言わせんな。
それがオレの願い、ってことで。
……なんだよ、可愛いこと言うじゃん。
馬鹿、喜んでるように見えんのか?
ったく、仕方ねー。
……ありがとよ。
イバラキドウジこれは……?贈り物?
頭(かしら)からもらえるものは、有難くいただくぜ。
別に、好きなのは血だけじゃない。
他に好きなもの?それは、頭……
……いや、なんでもない。
オレの願いは、これからもずっと頭の傍にいることだ。
だから、傍から離れるな。
そうすればいつだって守ってやるから。
ニギハヤヒ主君(しゅくん)から貰ったこの短冊には
壊れてしまった天磐船(アメノイワフネ)が早く直るように、と
願わせて貰うとしようかな。
何よりも、大空を飛び回る心地よさを
主君にも味わって欲しいんだ。
主君と共に飛び回る空の旅は、
きっと以前よりも楽しいものになるだろうからね。
ああ、待ちきれないな。
ところで――主君は、高い所は平気かな?
マサカドサマふん、こんなものを貰ったとて何かに
希(こいねが)うことなどあるものか。
……しかし、そうだな。将軍の願いならば
叶えてやってもいい。
俺が叶えた願いならば、きっとその心に
焼き付くであろう?望みはただひとつ。
将軍よ、その身も心も、願いも……
この俺のものだと誓ってくれ。
他の者のことなど考えてくれるなよ。
でないと……よく知っておいでだろうな?
イッタンモメンこれを渡す、ってことは、……オレの願い、
頭領(とうりょう)さんが叶えてくれるの?
それなら、オレの願いはひとつだよ。
これからもオレを傍に置いて欲しいんだ。
……オレ、頭領さんの真っ白な心が
大好きだから。頭領さんの傍に居られたら、
オレもいつかは
そうなれるんじゃないかって……。
だからオレの願いは、これからも
頭領さんの隣に居られますように。だよ!
ササキコジロウ願い、か。それならとうに決まっている。
その昔、俺を打ち負かした剣豪と
再び相まみえる事……何?
相手に勝つ事で無くて良いのか、だと?
主(あるじ)も意地の悪い事を聞くんだな。
再び刀を交える事があれば――
その時は必ず俺が勝つ。
そう言わせたいのだろう?
心配は無用だ。
俺は主のために
刀を振るうんだ。
負けるわけがないだろう。
【水兵】アマクサシロウこの短冊を私に?
わざわざこのような格好をしている時に渡さなくとも……。
いや、不満があるわけでは、決して……!
……主君(しゅくん)のお気持ち、ありがたく頂こう。
このような格好になったとて、私の気持ちに変わりなどない。
もしも、天に願うことが許されると言うのならば……
私が欲するのは他でもない。
あなた自身なのだから。
双代ヤト短冊に願い……なら私と主(ぬし)サマが、
一日限り本心しか喋れなくなりますように!
私が日頃何を考えているか、
主サマをどんな風に思っているか、
知りたくないですか?
ふふ、たまにはすべて正直にお伝えするのも面白いかなあって。
願いというより願望かもしれませんけど。
あ……でも一日限り、ですよ?
ずっと私の気持ちが主サマに丸わかりだなんて耐えられません……!
イッスンボウシ主(あるじ)さまが俺に、
こんな素敵な贈り物を……?
嬉しいです……ありがとうございます!
こんな素敵なものをもらってしまっては
もうお願い事が叶わなくても十分幸せです。
……俺の願い事、ですか?
ちょっと恥ずかしいですけど、
いつか大きくなって主さまの隣に
並んで立つこと……です。
えへへ、みなさんには内緒ですよ?
タワラトウタ主君(しゅくん)、ありがとな!
いいもん貰っちまったぜ。
これに願いを書いて吊るすと、叶うんだよな?
一度きりだろ、何書くか迷うな……。つっても、
欲しいものは俺様手に入れてきたしなあ……。
ああ、虫!虫は嫌だな!あれが苦手じゃ
なくなったら、一番いいんだがな……。
よしっ、それを願い事にするか!
主君を守る身に、苦手なものなんかあっちゃいけねえもんな!
ウラシマタロウ独神(どくしん)ちゃんありがとう!
なんつーか、すげー気持ちがこもってるのが
伝わってきて、チョー嬉しい!
オレの願い、気になる?
可愛い子とたくさん出会えますように!
って言うと思っただろ? 違うんだぜ。
独神ちゃんがずっとオレだけを
見ていてくれますように!
こっちが本当の願い事!
どうかな〜叶うかな〜?
キイチホウゲンこれを、私が貰ってもいいのか?
もちろん、喜んでいるに決まっている。
私が主君(しゅくん)から何かを貰って、迷惑に思うことなんてありえない。
しかし、これは……どう使えばいいのだろう。
何か、願いを? 私の願いか……。
私がこのような願いを持つなど、
笑われるかもしれないが……
これからも主君と共にあること。
私が望むことはそれだけだ。
キンシロウおいおい、お上(かみ)から毎回、毎回、
こんな嬉しい贈り物を貰っちまって、
俺は、こんな幸せでいいのかよ!
これ以上、なにを望めばいいんだ!
願い事なんて、思いつかねえよ。
だって、お上かこうして傍にいれば、
それだけで俺はいつも満たされるんだからな。
そうだ、お上だったら、なにを願うんだ?
せっかくだから、聞かせてくれよ!
俺が叶えてやるぜ!
カイヒメこの短冊で、本当に願いが叶うのか?
なら……一度でいい、
沢山のかわいいお人形に……
しょ、将軍!?ど、どこから聞いていた!?
……う、すまない。わたしとしたことが……
星だけが聞くのならば、
たまにはらしくない願い事をするのも悪くないかと思っただけだ。
気にすることはない。……何?そんなに
気になるのか?……特別だぞ。
将軍、耳を貸せ。あの、な……。
アマノジャクなんだ?この短冊。
まさか主(あるじ)、悪戯のつもり……
……ってわけじゃないみたいだな。
ふーん、願いの叶う短冊ねえ。
何不安そうな顔してんだよ。
やっちゃいけないことくらいはわかるっていつも言ってるだろ?
「いつまでも、俺が主を笑顔にしてやれますように」!
……ほらな?まともな願いだろ?
イヌガミ主(あるじ)様からこのようなものを
いただけるなんて……身に余る幸せ!
ああ、このようなものをいただいて
私はこれ以上、何を願えばいいのでしょう。
ん?願いが気になる……?
そうね、私の抱いているものは願いだなんて
そんな綺麗なものではないのかもしれない。
けど……許されるのなら、これからも
主様のお傍にいることを願うわ。
もちろん、離れる気などないけれど。
ヨリトモ主君(しゅくん)は私が
短冊に掛けた願いを知りたいと言うのかな?
さて、何を願ったのか……
主君は見事言い当てられるだろうか?
……ははっ。少々意地悪が過ぎてしまったな。
勿論、私の願いは主君と共にある事。
他に願いなどあるわけがないだろう。
我が武(ぶ)、我が智(ち)はすべて主君のためにある。
それを忘れないでくれ。

天将 Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
天将スサノヲこんないいもん、オレ様にくれるっていうのか?
いいぜ、受け取ってやる。
こんなもん貰っちまったら、
願い事なんか叶ったも同然だけどなぁ。
あ?オレ様の願い事が気になるのか?
いいぜ、主(あるじ)になら教えてやっても。
って、主と釣りに行きたい、なんていつでも叶えられるか。
今度付き合えよ、な?
桜代フクロクふむ、願い事、か……。ならば
主(あるじ)の無病息災……とは、
ありきたりかな?主がこれからも元気で、
幸せであればそれに越したことはないからね。
あわよくばその元気な姿を、
おれに見せてくれると安心できるんだけど。
ふふ、もう少し本音を言えば、
これから先もおれが主を守りたいと思う。
ともに長生きしよう、って……ああ、駄目だな。
主を前にすると、上手い言葉が出てこない。
ロクロクビキャハッ! これ、私に? ありがとうっ!
私のお願いはー……
ずーっと素敵な夢の中に居られますように!
あ、でもそうしたらもうひとりの私が、
ずーっとみんなに迷惑をかけちゃうってことかなぁ?
主(ぬし)さんは、どうしたら良いと思う?
……夢の中でも現実でも、主さんが
ずっと私のことを見ていてくれたら、結構安心できるのになぁ。
……あ、独り占めできますように、っていうお願いにしようかな?
ビャッコおう先生。これをワシにか……ありがたい。
そうじゃのう……たまには己の立場を忘れ、
酒を片手に休む……いや、昼寝も……
ああ、勘違いするでないぞ?
あくまでも夢の話じゃ。今の立場からも、
先生の隣からも離れるつもりはないからな。
ワシひとりではなく、先生とワシの
ふたりであれば問題なかろう?
そうだ、先生とともに酒が飲みたいぞ!
そうしてともに昼寝じゃ!我ながら名案!
ヒルコ短冊を使って、何か願い事をすればいいの?
うーん……そう言われても、願いなんて
急には思いつかないんだけどな。
強いて言うなら……もっとあるじさんの力になりたい。
おれの育った海を見せるのもいいな。
知り合いたちに紹介するのも……
ってこれじゃよくばりだね。
どれかひとつでも叶えば御の字ってことで。
あるじさんは叶えて欲しいこと……ある?
おれ、あるじさんの願いを叶えたいんだ……。
オモイカネ私がいただいても、良いのですか……?
ありがとうございます。
主(あるじ)さんは私の喜ぶ贈り物を選ぶのが、本当にお上手ですね。
きっとそれだけ私をよく理解してくださっているのでしょう。
……私が何を願うか、ですか?
ふふ、主さんなら聞かなくともわかるでしょう。
ささやかな願いですよ。
純粋に何かを願うことに、知略など必要ないものなのですね。
カグヤヒメまあ、なんて素敵な贈り物なのでしょう。
主(ぬし)様は今までもらったどんな宝よりも、
素敵なものを選んでくださいますわね。
ふふ、せっかくですから、何かお願い事をしたいですわね。
何を願うか、気になりますの?
いくら主様でも教えられませんわ。
願い事は胸に秘めておくものですもの。
……いつか、月に帰る日が来たとしても、
主様が私を想ってくださいますように。
フセヒメ私の願い、それは約束を違わぬ事だ。
どんなに小さな約束であったとしても
違えることは……なんだ?
それは決意であって、願いではない……?
確かに……。
で、ではこれはどうだ?
私は主(あるじ)殿と、それからヤツフサと、
のんびり散歩がしてみたい…。
どうだ。これなら願いらしい願いと言えるだろう?
……ふふっ。願い事って、なんだか楽しいな。
カグツチうひゃー! これ、もらっていいのか?
なんつうか、こういう趣のある贈り物なんて
普段もらわねえからよ。
ちょっと驚いちまった。
ありがとよ、素直に嬉しいぜ!
これは、何か願っとくべきなのか?
それなら、そうだなあ……
主(ぬし)と熱い愛を育んでいけますように、とかか?
うひゃひゃっ、冗談だって。
……半分は、な。
ハチカヅキヒメこの短冊にお願いすれば、
頭の上の鉢も、外れたりするんでしょうか?
……でも、わたしの豪運はきっと……
この鉢のおかげなんですよね……うーん。
……そうだ!お願い事は、
ご主人(しゅじん)さまのことにしちゃいましょう!
ご主人さまと一緒にいられますように、
もっと構って貰えますように……えっと……
お願いごと、ふたつじゃ駄目……ですか?
双代カマドええええ! これ、貰っていいの!?
ヤッター! ……っと、危ない危ない。
嬉しすぎて、燃やしちゃうところだった!
せっかく主(ぬし)様から貰ったのに、燃えちゃったら悲しすぎるもんねっ。
気をつけなきゃ! 私のお願い?
そうだなぁ……あ、思いついた!
主様があつーい愛をたくさんくれますように!
なんて、どうかな?
えへへ、なんか顔が熱くなってきちゃった!
アメフリコゾウ主(あるじ)さまから、贈り物……。
ふーん、それなりにいいものですねぇ。
ボクがそんなに喜んでるように見えますかぁ?
そう見えるなら、そう思っておけば
いいんじゃないですかぁ。
間違ってはいないですしー……。
ボクの願い事?どうして教えてあげなきゃ
いけないんです?仕方ないから特別に
教えてあげますけど。雨の日みたいに楽しい日が続けばいいなぁって。
コンピラ海が安全、その上平和ならもっといい!
……っていつも願ってるんだけどなぁ。
なかなかそうもいかないから、こうやって戦ってるわけで。
あ、主(ぬし)様と一緒にいるのが嫌ってわけじゃないから。
むしろ、主様と会えて幸運だって、毎日思ってる。
あ、あと願い事ならもうひとつあるぜ。
主様を幸せにしたい、って毎日思ってる。
けどこれは俺が叶えなきゃ意味ねーだろ?
エンエンラおお、これは……とても嬉しい贈り物だねぇ。
主(ぬし)の優しい気持ちが伝わってくるよ。
私も主に何か、素敵なものを贈りたいものだ。
せっかくだし、願いを唱えてみることにしよう。
……主に溢れんばかりの幸せが
降り注ぎますように。
私が別の場所を漂うことがあっても主のもとへ帰ってこれますように。
この先も私たちが共にありますように。
……少し、欲張りすぎてしまったかねぇ。
セトタイショウわぁ……。主(ぬし)様から贈り物を貰うなんて……。
思ってもいませんでした。
大丈夫、形あるものは全て壊れますから、
もし主様が壊してしまっても、どうにかします……。
瀬戸物ですから、すぐ直せるんですよ。ふふっ。
もし心はそんなことない、なんて言われてしまったら、
それこそ瀬戸物みたいに焼いて強くするしかないんでしょうかね。
ナリカマありがとう。こんなものがあればいいな、
と前から思ってはいたんだが。
いやいや、叶わなくたっていいのさ。
こういうのは記すのが大事だからね。……うん?
私の願い事を知りたいのかい?カーン!
それこそぬしさまには占いでもしてもらわないと。
そうおいそれと教えるわけにはいかないのさ。
何故って……恥ずかし、
いや、ここから先は有料なんでね。
アリエわたしのお願いはもう決まってるんだー!
それはね、運命の相手に出会って
結ばれること……♪
いつもこれかも!って思っても
勘違いだったり上手くいかなかったり……。
だから今度こそ!
本当の運命の相手に出会いたいって思ってるんだ。
ふふっ。その運命の相手、もしかしたら
あるじだったり……って期待もあったりして……
なーんてね♪
シロワンワンッ!
主(あるじ)サマ、ありがとー!
ワタシがどんなお願いするか知りたい?
知りたいよね?
えへへ、ワタシのお願いはねー
主サマとずっと、ずーっと一緒に
いられますように!ってお願いなんだ。
大好きな主サマとは、離れちゃったり
したくないもーん!
ねえ主サマ!ワタシのお願い、叶うよね?
キジムナーうわあ!ボクに贈り物!
ありがとう、お頭(かしら)!
えへへ、嬉しいな、嬉しいな〜!
どうしよう、何をお願いしようかな。
……あ!いいこと思いついちゃった!
いつか、お頭と一緒にウチナーの海に
行けますように!
ね、このお願い事、どうかな。
いいお願いだと思わない?
お頭もそう思うよね!
カラステングこれは……素晴らしい贈り物だな。
ありがとう、長(おさ)。早速願いを……
今後も沢山長と「遊んで」いられますように
……ふふ、別に今が不満な訳じゃない。
ただ、今の長と過ごせるこの時間が、
もっと恒久のものになればいいと……
そう思っているからね。
長と過ごす時間はこれからもオレに
とって特別な時間だ。
一刻たりとも減らぬよう、願っている。
ハクリュウわあ、ありがとうございます!
主(あるじ)サマからの戴き物、大切にしますね。
ワタシの願い、ですか?
それは……主サマに直接お伝えするのは
少々恥ずかしいのですが……。
……ワタシの願いは、主サマと
すべてを分かち合い、
寄り添い生きていくことです。
だから、主サマ。
ずっとお傍にいてくださいね!

楽士 Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
楽士ウシワカマルこれを、僕に……?
ふふ、ありがとう。
それにしても、主(あるじ)様はいつも僕の心を満たしてくれるね。
さて、何を願おうか。
すでにこんなにも満たされているから、
願い事が思い浮かばなくて困ってしまう。
では、主様の幸せが永久に続くことを願うことにしようか。
君が幸せならば、僕もきっと幸せだろうから。
桜代オツウどうしましょう、胸がいっぱいで……
言葉が出てきません。
……ありがとうございます。
……私の願い事、ですか?
そうですね、せっかくですからなにか……
こんな願いを持つことはおこがましいかもしれませんが……。
これからも、ご主人様のお傍にいられますように。
貴方がずっと、私のご主人様でいてくださいますように。
ザシキワラシ僕、ずーっとここにいたいなぁ。
あるじさまとー、ずーっとふたりでいられれば、それでいいよぉ。
へへっ、でもこれじゃお願い事を書くんじゃなくて、
あるじさまへのお願いになっちゃうねぇ。
でも、いいでしょう?
だって、あるじさまも僕のこと、大好きだもんね?えっへへー。
だから、絶対僕の事離さないでね?
約束だよぉ?
イズモオクニあら、私に貢物?
ふふっ、受け取って差し上げますわ。
座頭(ざがしら)にしては、いい贈り物を選びましたわね。
……私の願い事が気になりますの?
特別に教えてさしあげますわ。
私の願いは……
座頭に私の舞をずっと見ていただくことです。
聞いたからには、
叶えてもらいますわよ?
クツツラありがとう、主(ぬし)。
早速短冊に願い事を書いてみるよ。
……なんだい?主は、私の願い事が気になるのかい?
決まっているだろう。
いついつまでも、私だけが主の靴を磨けますように、
なんて、決まっているじゃないか。
さ、主。願い事を教えたんだ、後生だから、
私以外にはその靴を触らせないでくれよ?
ナリヒラおや、これは随分と風流なものを……。
お上(かみ)は僕の好みをよくわかっているようだね。
こういう風に願い事として、
こっそりと想いを伝えろと……。
おや、そういう意味で僕にくれたのではないんだね。
少し残念だ。僕はいつだって、
お上に気持ちを伝える準備は出来ているんだけどね。
チョクボロンヌシ様とずっとおもしろおかしく暮らせたらいいよなぁ!
オレには難しいことなんかよくわかんねえけどさ、
このままずっとヌシ様と一緒に〜、
なんて書いたら、悪霊はそのまんまになっちゃうだろ?
だから、ヌシ様の悩み事なんかは、
全部すっ飛ばしちまって、楽しくふたりで過ごせたら、
きっとそれが一番いい願い事だよなあ。
ナキサワメわぁ……!
この短冊にお願いをすると願いごとが叶うんですか?
それなら……すぐ泣かないようにお願いを……
あぁっ、でもそうすると、主(あるじ)さまが望むときに
アメを降らせることが出来なくなってしまいますね。
ど、どうしよう……。
ううぅ……なんだか……ぐすっ……
あ、主さま……。
お願いごとが決まりますようにってお願いは……
ありですか……?
アタゴテング主君(しゅくん)から僕に……?
これは、ずいぶんと素敵な贈り物をもらってしまったようだ。
僕の願いは言わずとも、
きっと伝わっていることだろう。
なにしろ主君は、いつだって
僕のことをよく理解していてくれるから。
だが、あらためて願うことにする。
いつまでも、
僕と主君が同じ風の中にあれますように。
ヒカルゲンジ俺の願い?……ふふ、簡単な質問だな。
お上(かみ)とともに
遊行(ゆうこう)出来ますように。
……おや、意外だった?
たまにはどこか景色の良い土地で、
周りを気にせずゆっくり羽を伸ばせるような、
そんな日が来れば良いと願っているよ。
勿論、俺がお上とふたりきりになれることも願って、だが……
ふふ、そう警戒せずとも良い。
所詮は星に願った戯言(ざれごと)だ。
それとも……お上は本気に思ってくれるのかい?
タマヨリヒメふふっ♪ちょうど、主(ぬし)サマから
いただいたこの短冊にお願いごとをしようと思っていたところです。
私のお願い、気になりますか?
なーんて、主サマは全てお見通しなのですよね。
私の願いは、主サマを……
まるで海のように満たし、
同様に私も満たされること……
ずっと一緒にいてくださいネ、主サマ♪
双代ベンザイテン貰っていいんですか?嬉しいです。
妾(わらわ)の願い……?そうですねえ、
この先も主(あるじ)さんのために
この琵琶を奏でる、それが妾の願い。
……ホホ、欲がないと?
良いではありませんか、過ぎた望みより
このくらいのほうがきっと叶えてもらえますでしょう。
その時は……
これまでにない幸福を…妾の全てを…主さんただおひとりに……。
チョウチンビへへぇっ、ありがとなあ、主(ぬし)ぃ!
何書こうか、すげえ迷うなあ。
こんなものもらったの、はじめてだからよぉ!
よしっ、願い事、決まった!
主をずっと照らせますようにって、お願いするんだ!
オラのこと捨てないって、主のことは信じてるけど、
そのためにはオラが元気じゃなきゃいけねぇだろ?
だから、ずっと元気で、
一緒にいれたらいいなぁ!
セミマル主(ぬし)様、そのお手元のものはなんですか?
先程からずっとそわそわとされているものですから、気になって……。
ふむ、願い事をかなえられるように、と。
そうしましたら、私は、
このまま主様と私で共に歌を奏でられたら、と記すことができれば。
そして、もし願いが現実になれば……
きっと、とても楽しいでしょうね。
ビワボクボクおっ、なんだこれ。願い事をするのか?
やっぱりオレの演奏で、
皆が幸せな気持ちになるような祭を開きたいよなあ!
歌って、踊って、飲んで、騒いで……
オレがヌシさんのためだけに作った曲を聴いてもらうんだ。
ヌシさんがオレのために演奏してくれたって構わねえ。
それで、そのままずっとお祭り騒ぎして……
ああ、いいなあ! 演奏したくなってきた!
ヌシさん、付き合ってくれるか?
アメノウズメ独神(どくしん)ちゃんから私に贈り物!
ふふっ、どうしようすごく嬉しいです!
私のお願い事、ですか?
うーん、少し恥ずかしいんですけど
聞いてくれますか?
……ありがとうございます!
私のお願い事は、いつか独神ちゃんと踊れますように、です!
好きな相手と一緒に踊ったらきっと楽しいなって思うから……。
えへへ……叶えてくれますか?
ニニギわーっ、主(あるじ)さん! ありがとう!
早速願い事を書いてみるよ!
でも、色々と叶えたいものがあるから、
すぐには決まりそうにないなあ。
サクヤヒメとのことも、ここでの時間のことも……。
うーん、ひとつに決めるのって難しいね。
そうだ、主さんは何かお願いした?
よかったら、僕に聞かせてよ。
クダン悪い未来が見えなくなりますように、って
願いたいと思うけど……もし本当に
見えなくなってしまったら、この先で
主(あるじ)様に起こる凶事(きょうじ)が
分からなくなってしまうんだよね。
それだとちょっと困るかな……。
だから僕が凶事を見ることで、
少しでも主様を守ることが出来るなら
この力で守れますようにって……
そうお願いしようと思うよ。
コノハナサクヤ願い事……うーん……。
色々と思うところはありますが、
とても強い願い事、というのは思いつきませんね。
欲を言えば、美味しいお酒を楽しみたい、というのはありますが、
願い事とは少し違いますし……。
……あ、それじゃ、一日中主(あるじ)様を
独り占めさせていただいて、その上でお酒を楽しみたいな、なんて……。
いいですか?ふふっ。
オシラサマぬ、主(ぬし)さまがこれをオラ……
いや、わたしに……?ううっ
ありがとうございます!
ほーらまゆ太、まゆ吉、まゆ朗。
主さまが願いの叶う短冊をくださったよ。
早速お願いをしなくては……
主さまが、わたしのことを
蚕のようにかわいがってくれますように……
って、主さま!?てっきりお帰りになったかと……
今の、聞いてしまったがですか!?

巫覡 Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
巫覡アマテラスわあ!とっても素敵!
主(あるじ)さま、ありがとうございます!
え?神だって願い事くらいありますよ。
でも、誰に聞いてもらえばいいのかな……。
あ、そうだ!私のお願い、主さまが聞いていてください。
私のお願い事を叶えられるのはあなただけですから。
これからもずっとずっと、一緒にいられますように!
桜代クウヤこれは……とても嬉しい贈り物だ。
主(ぬし)は本当に、私の心をよくわかっているな。
このような贈り物を貰って、私はとても嬉しいぞ。感謝する。
私が何を願うのか、気になるのか?
そうだな……
……実は私も願いがなかなか思いつかなくて、悩んでいる。
こうして主の傍にいられるだけで、心が満たされているからな。
茶を点てながら考えることにしようか。
アカヒゲこれをおれに、か?
気に入らねえなんて、そんなわけないさ。
頭領(とうりょう)さんからの贈り物なら、なんだって嬉しいに決まってんだろ。
こんないいもんをもらっちまったら、願い事なんてもう叶ったようなもんだよなあ。
でも、そうだな。
何か願うとしたらこれからも頭領さんが健康であるように……
そう願うぜ。
ゲンブ願い事……ですか。これは悩みますね。
私もそれなりに願い事があるのですよ?
ふふ、これでは先生に驚かれてしまいそうですね。
しかし、欲深くなければ、先生をお守りすることも出来ません。
他にも傍でお仕えしていたい、独り占めしていたいなどという願いもあるのです。
……こうして見ると、私はもしかしたら貴方に仕える者の中でも
一番、我侭なのかもしれませんね。
ハハキガミこれ、わたしにくれるの……?
へー、欲しいものなんて、いっぱいあるから、ちょうどよかったわ!
新しい掃除道具にー、そうだ、お料理ももっと勉強したいし。他にはー……。
ううん、願い事をしぼるのって難しい……。
だめね、ラチがあかないわ。
ねえ、わたしひとりで決めるの大変だから、主(ぬし)が代わりに決めてくれる?
ククリヒメああ、どうしましょう……。
幸せすぎて困っているんです。
こうして主(ぬし)様から贈り物をいただけたなんて……そのお気持ちが嬉しいのです。
幸せすぎて、少し怖いくらいに……。
主様。わたくしは本当に幸せ者です。
こんなにも幸せなのに、これ以上何かを願ったら誰かに怒られてしまいそうですね。
でも……これからも、主様のお傍にいたいと……そう願ったら、主様はククリを怒りますか?
ミチザネサマこの短冊に願えばいいというなら簡単だ。
極上の梅酒を用意してもらおうか。
……なんだ、願いなど所詮この程度だろう。
祟りを祓ってくれるわけでもあるまいに。
ふん。叶わぬ願いついでに言うならば梅酒の席に主(あるじ) 殿が居るとなお良い。
……ほう、それは叶わぬ願いではないと?
さて、俺が酔うのは梅酒か、あるいは主殿か……
……ふふ、冗談だ。本気にしたか?
叶わぬ願いではない、だろう?
オトヒメギツネう〜ん……こういうお願いって、思っているだけより口に出したほうが叶うのかな?
それならお星様まで届くよういっぱい伝えなきゃね!
えっと、大好きなぬしさまと熱々の美味しい天ぷらをいっぱい食べて、
大好きなぬしさまに尻尾を撫でてもらって、
天眼通(てんがんつう)で大好きなぬしさまをこれからもずーっと守って、
あとね……ってぬしさま、なんで止めるの〜?
ダイダラボッチ願い事ぉ?
ぼっちちゃんが叶えてくれんなら、教えてやってもいいぜ?
なんてな、冗談だよ。そうだなあ、もっと友達が欲しい……
……っていうのは、こんなにたくさんの仲間に囲まれてるんだ。
今はもうあまり思わなくなったな。
だから、これからは毎日頑張ってるぼっちちゃんをずっと傍で見てたいんだ。
オレの願い事って、単純だろ?
アメノワカヒコああ、短冊か。私も願っていいのかい?
願うまでもないと思うが……主(あるじ)殿からの信用が揺るぎませんよう。
それと、もうひとつ我儘を言うならば……主殿の愛を、もっと感じたい。
……俺がこんなことを言うのが意外か?
これからも主殿の傍にいたいと、そう思う俺の気持ちが伝わっていないのなら残念だ。
……ふふ、冗談だよ。きちんと伝わっているのだろう?
いつも感謝している。
ヒミコふむ、願えば叶う短冊か。
わらわには呪(まじな)いがあるゆえ、このような物は不要なのだが……。
ここは独神(どくしん)さまの気遣いを素直に受け入れるとしよう。
しかし困った。わらわの願いなど、そうやすやすと叶えられるものでは……
……いや。ひとつだけ簡単なものがあった。
独神さまよ。
わらわを愛(う)いと、そう言うのだ。
……は、早く言わぬか!
双代ククノチ……ありがとうございます。
嬉しさのあまり、なかなか言葉が出てきませんでした。
こんなにも嬉しいと思うのは、主(あるじ)殿にいただいたからですね。
いつもいつも貰ってばかりで、私も何か返せているのか心配になります。
ですから……
私が主殿からいただいたぶんの幸せを、お返しできるように。
そう、願うことにします。
主殿には幸せであってほしいですから。
サンネンネタロウんー?ずっと寝ていたい……。
っていうような願い事じゃ……
やっぱりダメかぁ。
ま、元々いつも寝ているようなもんだしなぁ。
じゃー、やる気を出さなくてもいいような世界になりますように、ってか。
うん、平和を願う心ってことでここはひとつ……。
おいらが動かなきゃならねえような時が来ねえのが、一番平和ってことさ。
むにゃむにゃ……。
ショウキ八百万界(ヤヲロズカイ)だけじゃなく、この世から全ての病が消えますように、
なんて願い事、子どもっぽいか?
でも、そしたらおれ様は晴れてお役御免、
主(ぬし)とふたりでゆっくり過ごせるってわけだ。
悪い話じゃないだろ?
それに、もし病にかかっちまったならおれ様に任せろ!すぐに治してやるからよ。
……って、その時にはもう病が無くなってんのか!
ゲンシン願い事?そうだね……。
主君(しゅくん)を前にして、言うべきことじゃないのかもしれないけど。
主君の気持ちも算式のように解くことが出来ますようにとでも願おうかな。
他にも願い事がないわけじゃないけれど、僕にとっては主君が第一、だからね。
だからといって、そう簡単に算式のように答えが出せるとは思っていないよ。
算式も容易に解けてはつまらないから。
ウカノミタマわぁーい!すっごく嬉しい!
主(あるじ)さま、ありがとう!
えへへ、何をお願いするか迷っちゃうなぁ。
だって、お願い事たくさんあるんだもん!
主さまとふたりきりで遊びたい、とか
もっと主さまの役に立ちたい、とか
叶えてほしいこと、たくさんあるの!
でも、ひとつだけなら、主さまとずっと一緒にいられるようにってお願いするかな。
そしたら他のお願い事も叶えられるもんね!
オキクルミとっても素敵な贈り物……
ありがとうございます。
私はもうどれだけ、幸せな気持ちをもらっていることでしょう。
どんなに高価なものよりもずっと素敵な気持ちを
主(ぬし)様はいつも私にくださいます。
私が返せるものなんてほとんどないけれど、ここに願います。
私がもらっている以上の幸せを主様に。
主様の幸せが私の願いです。
ナスノヨイチねえねえ、上(うえ)様はどんな事を短冊にお願いしたの?
秘密?えー!じゃあぼくも教えてあげなーい。
……なーんて、嘘だよ嘘。
上様には特別に教えてあげる。
ぼくね、もっと弓が上手くなりたいんだ。
今度はね……船に立てた扇じゃなく、それこそ飛ぶ鳥を落とせる程にさ。
そうすれば、どんなことからも上様を守ってあげられるからね!
サイギョウおや、短冊とは……
これで和歌(わか)を詠めばよろしいのでしょうか?
……冗談です。勿論分かっておりますよ。
私の願いを知りたいのでしょう?
以前ならば、死に場所を得たいと望んだのでしょうが……。
それは既に叶っていますからね。
今はそう……最期の時まで、主(あるじ)の傍に、と。
そう願うばかりです。
クシナダヒメねえ、主様(あるじさま)。
私はどうしたらいいのでしょうか……。
嬉しくて、嬉しくて……この気持ちを抑え切れそうにありません。
こうして贈り物を下さるのは、それだけ主様が私を想ってくださっているからだと、
そう思ってもいいでしょうか?
だとしたら……もうこれ以上に願うことなんて私にはありません。
願いなんてないくらいに、幸せなんです。

星詠み Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
星詠みツクヨミやっだ〜、何これ!おっもしろーい。
でも、願い事ねえ……。よしっ、ずっと
ワタシのお肌がもちもちすべすべで
いられますよー……って、こんなんじゃ今が
そうじゃないみたいじゃないっ!もーっ、
それじゃ、主(あるじ)ちゃんと一緒に……
な、何よっ!ワタシが願い事を書く
ところ、そんなにじっと見つめなくったって
いいじゃないの!あっち向きなさいよ!
桜代ジュロウ願い……?うぜえ奴らが放っておいてくれればそれで…
っておい、なんで主(あるじ)がどっか行こうとするんだよ!
オレは別に主のことだって言ってないだろ!?
ったく……。いいか?
オレは近付かれるのに慣れてないだけで、
別に近付いてこられるのが嫌ってわけじゃねぇんだよ。ったく。
だから、主はオレの傍を離れんな!
わかったな?
テッソんん……?そうですねえ、わたしのお願い事……。
ふふっ、ぬしさまがわたしの歯にも耐えられるくらい、つよく、つよーく
なってくださればいいのに……。
わたし、ぬしさまのことは齧(かじ)りたいですけど、
それよりも、ぬしさまと一緒にいたいですから……。
ね、いいでしょう、ぬしさま。
だから、わたしのために、とっても強くなってくださいね。
ヒエダアレイなんと、この不思議な短冊を私に?
願いか……ふむ、行ったことのない場所へ旅をするのがいいかもしれません。
そこで、新たな知識と出会うのです。
ふふ、想像しただけで胸が高鳴ります。
私がいつか旅に出るときは、主君(しゅくん)とご一緒出来れば心強いですが……
やはりダメ、ですかね?
ならば、違う願いに致しましょう。
主君と離れるだなんて、私が困ります。
イツマデ贈り物……オレにか?
……ふん、受け取っておこう。
……オレの願い?
そんなもの、決まっているだろう!
皆が厄病や恐怖に震え、憎しみ合い、殺し合う世界に……いや、待て。
願いというのはひとつだけか?
なら……主(ぬし)様が災厄に見舞われることのないように願おう……。
イツマデも、イツマデも……。
アマクサシロウ主君(しゅくん)、本当にいいのか?
このようなものを私に贈るなど……。
そうか、私が願いを抱くことを許すというのだな。感謝する。
ならば、今だけは……
天に願おう。この罪深い私の望みを。
主君、私はあなたが欲しい。
……この願いを叶えてくれるものは運命でも、天でもなく、あなたなのかもしれないな。
アシヤドウマンこれはいいものをもらってしまったな。
ははっ、オレの願い事が気になるか?
主人(あるじびと)になら、教えてもいい。
野望?いや、願いと野望はまた別の話だ。
オレが自分の野心に忠実なことは主人が一番よくわかっているだろう?
それは自身で達成しなければ意味がない。
オレの願いは、ただひとつ。
全てを手に入れたその時に、隣に主人がいることだ。
オトヒメサマ私の願い事は勿論!ウラシマタロウが
宴に参加してくれますように、よ。
…………なによ、その顔。
普通はもう少し複雑そうな顔したりとかするものじゃないの?
私が宴に参加して欲しいって思うのはウラシマタロウだけじゃないんだから。
え?それは誰かって?もう!
そんなの主(ぬし)様に決まってるでしょ!
鈍い主様。さぁ、宴を開くわよ!
キリン願いを叶える短冊。
そのように貴重な品を、私に……?
主君(しゅくん)、ありがとうございます。
……おや、主君は私の短冊に掛ける願いが気になるのですか?
ははっ、しかしこればかりは秘密にさせていただきたい。
何せ、私の願いはひどく身勝手なもの。
他の英傑を差し置き、主君を独り占めしたいだなどと……
……いえ、なんでもありませんよ。
タマモゴゼン主(あるじ)殿の気持ちは嬉しいが、そのようなものわらわには無用よな。
願い事なぞ、叶わなかったことなどない。
そのような話には飽いておる。だが、少しだけならば考えてやらんでもないぞ。
このような遊びに乗るのも一興じゃからな。
しかし……ふむ……。やはりこれといったものが思いつかぬ。
例えばじゃが、主殿がわらわに従順になるように、などと言えばどうなるかのう。
コンコン♪
双代ヤヲビクニこの短冊に掛ける願い……?
さあ、以前は椿のように生きたいとばかり考えていましたが……
今は別の願いがあります。
ふふ、主(あるじ)殿にはわかるかしら。
この不老不死の肉体など、前は決して喜べるものではなかったけれど。
主殿をこの先永久に見守れるのであれば、悪いことだけではないように思えます。
だからどうか、これからの日々をずっと、主殿と過ごせますように……。
ユキオンナわあ……主(あるじ)殿、これをわたしに?
ふふ。わたし、主殿と雪で作った家へ入ってみたいです。案外、温かいみたいですよ?
……周りは冷たく寒い雪原の上、ひんやりした雪の家へ主殿とふたり、
連れ添って入る……けれど、中で不思議と温かく感じるのは雪のおかげか
それもと主殿と……
……って、ダメ!やっぱりお願い、なしにしてください……!
あ、主殿と、雪兎でも作りたいですね!
カシンコジこれは嬉しい贈り物だな。
ありがとう、受け取らせてもらうよ。
とはいえ、何を願おうか……。
今のおれは十分に幸せだからな、何を願えばいいのかわからない。
……そうだ、主(あるじ)の願いはなんだ?
主の望むことを願えばいい。
おれはそんな大層な願いなんてないからな。
これからも、主がおれの言葉に耳を傾けてくれれば、それで十分だ。
ウンガイキョウ主(ぬし)から私に贈り物……?
わぁ……とっても素敵です。
え?私のお願い事、ですか?
それは、秘密です……。
だって、恥ずかしいですから……!
主(ぬし)が私を大好きになってくれますようになんて、そんなこと……あっ!
この気持ちはまだ胸の奥に秘めておくつもりだったんです! だから、その……。
今のは聞かなかったことにしてください……!
ゴトクネコ願い事ニャあ……。
マタタビを味わいニャがら一日中ずーっとごろごろしてたいニャ……。
うーん、でも、あるじの膝でのんびり過ごしたいっていうのも悪くニャい……。
うーん、あるじはどうしたらいいと思う?
……おれの好きニャほう、って言ったって、
どっちも好きだから決められニャいってば!
……よしっ、決めた!あるじの膝で撫でられニャがら、ずーっと過ごすっ!
ニャ、あるじ、叶えてくれよ。いいだろ?
スクナヒコそうさなあ、背丈が……。
いやっ、なんでもない。
別におれは背が低いことを気にしているわけじゃないし?
でも、こう…お頭(かしら)を上から見下ろせる
くらいあったなら……。
いやいや、これから先、背が伸びないとは限らねえし。
だから、おれを見上げることが出来るまで、
絶対に一緒にいろよ!約束だからな!
タキヤシャヒメ呪うのは得意なんだけど……
願いごとなんて考えたこともなかったわ。
これは何を願っても良いものなの?
そう……それなら、やっぱり
将軍様のことを願うべきよね。
わたくしが将軍様を愛しているように
将軍様もわたくしを愛してくれますように……?
それともマサカドサマのことに……
ああ、決められないわ。どうしましょう。
オリヒメこの短冊を使えば、あの方……
アメノワカヒコ様に会えるのかしら?
七夕の日以外でも会えるなんて夢のよう。
だけど……そんなことしたら駄目よね。
あの方には、わたしの力で会わなくちゃ。
そうだ!ねえご主人様。
一緒にお願いごとを考えてくれない?
ご主人様と一緒に考えたらきっと素敵なお願いごとが出来るって
わたし……そんな気がするの。
アベノセイメイ星を詠み、天文道に通ずる私が願い事をするなんて、滑稽だと思いますか?
ふふ、だからこそ願うのですよ。
星々はきっと私の言葉に耳を傾けてくれることでしょう。
それに、主人(しゅじん)からこのような素敵な贈り物をいただいたのです。
ありがたく使わせていただきます。
どうか貴方も星と共に私の望みを聞いていてください。
ビンボウガミこ、これを僕に……?
主(あるじ)さまは、
僕なんかにもこうやって宝物をくれるんだね……。
ありがとう……大事にする。
……本当は、僕なんかが主さまの傍にいることは……良くないと思うんだ。
だけど……僕はね、主さまの傍にいたい。
これからもずっと一緒にいたいんだ。
だから、この短冊にはそう願いたいな……。
い……良いの……?本当に……!?
オフナサマまさか、「船乗りたちが私に祈りを捧げなくなりますように」
…なんてお願い出来るわけないわよね。
まあ、出来たとしても
そんなお願いしないだろうけど。
……お願い、かー。
私が主(ぬし)様を一番に想ってるように、
主様も私を一番に想ってくれますように…。
……とか?
やだ!もしかして私、欲張りすぎ!?

Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
ジライヤうん……。 誰にも仕える事なく、カエルと
旅をしたい。 ……頭領(とうりょう)の事
が嫌というわけではないからな。
俺が旅をするときには、もう頭領は頭領
という立場にいないだろう? だから、
その時には、俺と、カエルと、頭領、
三人で旅をする。 その為には今、やれる事を
やらねばな……。 考えるだけで長い旅路だ。
だが、付き合ってくれるのだろう?
桜代フクスケなんや珍しい短冊やな。アルジ、おーきに!
願い事っちゅうと……やっぱ百万長者!
いや、もっとでっかく億万長者もええな!
自分で稼ぐっちゅーのも勿論ええんやけど、界貨は多いに越したことないやろ?
なんやアルジその目は!
……しゃーない。うちが億万長者になったら半分こしたる。
なっ、それならええんとちゃう?
アルジやったら半分こと言わず、うちの全部あげてもええで?
……え、違う?
ホテイ短冊を貰っておきながらどうかと思うが……
ウエサマにゆっくり休んでもらいたいかのぅ。
働きすぎじゃ!
もうちと休んでくれんと、私が心配になる。
代わりの効かない御方。それは皆にとっても、私にとっても……。
そうじゃ!
ウエサマが安心して休めるよう、安寧の福を呼び込むというのはどうじゃ?
そうと決まれば早速このホテイ、あらん限りの福を……
と、これでは願う必要もなかったかの。
サルトビサスケ願うようなことなどない。そういったものは自分自身で叶える。
ああ、だが、アレだけは俺がやるわけには……。
なんだ、気になるのか?頭(かしら)。
絶対に誰にも言わないと約束するのであれば、構わない。
……一度だけでいいから、あの爆炎を試してみたい。
何度も言うが、口外するなよ?
特にあの派手好きの忍には、だ。
ネズミコゾウお頭(かしら)、こんなのおれにくれていいのか?
なんでって……。
おれは盗賊だからな、こんなの盗めるのに、ってことだよ。
でも、盗んで手に入れるよりお頭に直接こうやって、何かをもらえるのは
いい気分になるな。
おっと、願い事願い事っと。
うーん、でもおれ、今まで自分で叶えてきちまったからなあ……。
あ、そうか!お頭の願い事、教えてくれよ。
そしたらおれが代わりに叶えてやるからさ!
ヤマビコ短冊へのお願いなら、もう決まってます!
「たまには主(あるじ)さんと応援合戦が出来ますように〜!」
……自分の気持ちとか伝えたいこととか、
大声で山の上から叫ぶと結構気持ちいいものだよ?
わたしだってたまには主さんの気持ちが聞きたくなるのです!
わたしも一緒に大声で気持ちを叫ぶからさ、
主さんのこと、もっともっと知りたいな!
わたしが応援するっていうのもありかなあ!
モモチタンバ主(あるじ)殿、これに願い事をしろと?
闇に生きるこの俺が、叶えたい願いなど。
誰に祈るまでもない……主殿が叶えてくれるというならば話は別だが。
ともに良い酒でも飲んで語ろうか。
……どうした。俺はそう簡単には酔わないぞ。
代わりに、主殿が酔う姿を見てみたい。
どちらかが潰れるまで勝負するのも良いな。
無理はさせたくないが……試してみるか。
チヨメ頭領(とうりょう)さんから貰ったこの短冊、願いが叶うって本当かしら?
あら、疑ってるわけじゃないのよ。
ただ、これを使えばどんな願いも思いのままだと思ったら……ふふっ。
ねえ棟梁さん。アタシ、この短冊に棟梁さんがアタシを好きになりますようにって、
お願いしちゃおうかな?なーんて♪
本当のお願い?
それはね……ひ・み・つ♪
クラマテングふふん、独神(どくしん)さんもなかなか良いものを用意するではないか。
さて、願い事……ふむ……。
いざ、となると思い浮かばないものだな……。
独神さんの傍にいるという願いは叶っているし、他も特には……。
いや、ひとつだけあったな。
私の歳に言及する者がいなくなりま……。
おっと、これ以上は秘密だ。これでも、結構気にしているのだからな!
サトリこういう時、主(あるじ)ちゃんには
みんなは何をお願いするのかなー?って楽しみがあっていいよね。
アタシには全部分かっちゃうもん。
……あっ! でも、アタシのお願いも主ちゃんにはわからないんだよね?
ふふっ。
え?どうせイタズラのことだろうって?
違うもーん! えへへ……。
主ちゃんには絶対秘密だもーん♪
双代カッパうわあ! 主(あるじ)さん、これ私に?
えへへ、嬉しいです〜!
嬉しくて、私のお皿も潤っているような気がします!
どうしよう、何をお願いしたらいいのかな〜。
えーっと、うーんと……そうだ!
大好きな主さんが、私のことも大好きになってくれますように! ってお願いします!
ふふっ、このお願い、叶うかな。
叶うといいな!
サラカゾエ割れないお皿が出来ますように、ってずっとお願いしています!
主(あるじ)様のお役に立つためには、
将来的にお皿を扱ったりすることも必要でしょう?
だったら、私がお皿を割って主様にご迷惑をおかけしないように、
割れないお皿がほしいんです!
私の大切な主様との、未来が壊されないためにも……なんて、
えへへ……。
ツチグモこんなもの、俺よりも他のやつにやればいいだろう?
ろくでもない事しかしたためないぞ。
そうだな、例えば……。
俺の糸にもっと、獲物を……。
例えば、俺の糸に主(ぬし)がかかったりなんかしたら……。
それはそれは面白いことになると思わないか?
ククッ。まあ、すぐにそうなるわけじゃないだろう?
せいぜい主も期待して待っていろ。
ワニュウドウ願いの叶う短冊かー……
でもボクのお願い、
師匠(ししょう)は駄目だって言いそうなんだよなー……。
あのね、八百万界(ヤオロズカイ)をボクの炎でいっぱいにしたい!
ほーら、そう言うと思った。
だから、一応違う願いも考えてきたんだ。
寒さにもっと強くなれますように、ってな!
じゃなきゃ、ちゃんと師匠にお仕えできないだろ?
だから、ちょっとは慣れたいなーってさ。
サルタヒコふぅむ……。願い事、と言われるとどうしても考えてしまう。
道を司る私だからこそ、皆の手本になるような道を作れれば良いのに、
と思うのだが……。
このような有様では、独神(どくしん)様の案内もままならないな。
恥ずかしいことだ。……なら、せめて私の
願い事は、独神様の道案内が出来るよう、
手本となるような者になりたい、と
いったところかな?
ゴエモン願い事だぁ?
そりゃあオレ様は天下の大泥棒だからな、欲しいもんなんか山のようにあらぁ。
あー……だけど、絶対盗めねえ物もあるな……。
例えばだけどよ、お頭(かしら)を盗んじまった日には、
他の連中から袋叩きにされちまいそうだ!
だけどよ、お頭に叶えて欲しい願い事がひとつだけある。
お頭の願い事をオレに盗ませてくれ。
絶対叶えてみせるからよ。
シラヌイわあ、これを私に?ありがとう……!
私のお願いは……主(ぬし)様と海に行きたい!
八百万界(ヤヲロズカイ)中の綺麗な海を、主様に見せて回るの。
もちろん、私のいた海もね!
……い、いつか、本当に主様と一緒に行けるって思っていいんだよね?
ふふ、じゃあお願いじゃなくて、主様と私の約束!
フウマコタロウ何これ、独神ちゃんがなんでも言う事聞いてくれるって券?
……ははっ、分かってるよ。
そんなに一生懸命否定しなくても良いじゃん。
それに……願いが叶う短冊だって言うなら結果的には同じことになるかもよ?
僕はいつだって独神ちゃんにいたずらしたいって思ってるんだからさ。
……いっそ、独神ちゃんへのいたずらを僕だけの特権に出来ればいいのにな〜。
タムラマロこいつを俺にか?ありがとよ!
願いごとと言やあ、当然酒だな。
いい酒が無けりゃ祭りは出来ねえんだ。
盛大な祭りをするためにも、いい酒が手に入りますように、ってな!
……本当にいい酒が手に入ったらまた独神(どくしん)サマを中心に
どでかい祭りをするつもりだぜ。
独神サマは俺たちの中心。
つまり、俺にとって欠かせねえ存在だからな!
サイゾウ俺の願い事?
それ、どうしても言わなきゃダメか……?
うーン……。
ずっとお頭の傍で仕えられたらなって思ってるンだよ、
俺だってこンな事言ってて恥ずかしいっての
大体、忍なンての平和になったらお役御免なンだ、
それでも俺はお頭と一緒にいたい、
なンて、変か?
……本当にいいンだな?じゃ、約束だ。
簡単にお頭の元を離れたりなンかしねぇからな!
ハットリハンゾウ忍は、与えられた命令をこなすもの。
自らの望みを口にすることなどそうあることではない。
……つまり……
主(あるじ)は俺が願いを口にするに値する特別な存在だということだ。
心して聞いてくれ、主。
俺の願いは、主の刃となり、常に傍(かたわ)らにあること。
……傍にいてくれと、そう言ってるんだ。
その他ロキなんだ? この紙切れ。
タンザク……? タナバタ? 知らねぇな。
……この紙切れに、願いを書くと叶うって?
面白い。 どんな願い事でも良いのかよ?
だったらヤヲロズカイの平和でも願えば一発じゃねぇか。
……なに? そういうのは無理?
いちいち細かいんだなタナバタってのは。 じゃあ……
ゴシュジンがおれを退屈させないように。
こういう簡単なヤツなら、平気なんだろ?

コメントフォーム Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ネコマタ・台詞
    ふふん、私のお願い事なんて、
    主(あるじ)ならすぐわかるニャ?
    たーっくさんの美味しいものに囲まれて、
    ずっとそこで主と暮らすニャ!
    そしたら、主も私も美味しいものを食べられるし、きっと幸せになれるニャ!
    あ、でもでも、ゆっくりするには色々片付けなきゃだめだから、
    ずっと後の話かニャあ……。 -- 2017-07-07 (金) 07:42:11
  • ここまで反映 -- 2017-07-07 (金) 08:14:50
  • タマヨリヒメ・台詞
    ふふっ♪ちょうど、主(ぬし)サマから
    いただいたこの短冊にお願いごとをしようと思っていたところです。
    私のお願い、気になりますか?
    なーんて、主サマは全てお見通しなのですよね。
    私の願いは、主サマを……
    まるで海のように満たし、
    同様に私も満たされること……
    ずっと一緒にいてくださいネ、主サマ♪ -- 2017-07-07 (金) 09:05:19
  • ヤマビコ・台詞
    短冊へのお願いなら、もう決まってます!
    「たまには主(あるじ)さんと応援合戦が出来ますように〜!」
    ……自分の気持ちとか伝えたいこととか、
    大声で山の上から叫ぶと結構気持ちいいものだよ?
    わたしだってたまには主さんの気持ちが聞きたくなるのです!
    わたしも一緒に大声で気持ちを叫ぶからさ、
    主さんのこと、もっともっと知りたいな!
    わたしが応援するっていうのもありかなあ! -- 2017-07-07 (金) 19:59:29
  • ベンザイテン・台詞
    貰っていいんですか?嬉しいです。
    妾(わらわ)の願い……?そうですねえ、
    この先も主(あるじ)さんのために
    この琵琶を奏でる、それが妾の願い。
    ……ホホ、欲がないと?
    良いではありませんか、過ぎた望みより
    このくらいのほうがきっと叶えてもらえますでしょう。
    その時は……
    これまでにない幸福を…妾の全てを…主さんただおひとりに……。 -- 2017-07-08 (土) 13:45:08
  • ウカノミタマ・台詞
    わぁーい!すっごく嬉しい!
    主(あるじ)さま、ありがとう!
    えへへ、何をお願いするか迷っちゃうなぁ。
    だって、お願い事たくさんあるんだもん!
    主さまとふたりきりで遊びたい、とか
    もっと主さまの役に立ちたい、とか
    叶えてほしいこと、たくさんあるの!
    でも、ひとつだけなら、主さまとずっと一緒にいられるようにってお願いするかな。
    そしたら他のお願い事も叶えられるもんね! -- 2017-07-08 (土) 13:49:11
  • フクスケ・台詞
    なんや珍しい短冊やな。アルジ、おーきに!
    願い事っちゅうと……やっぱ百万長者!
    いや、もっとでっかく億万長者もええな!
    自分で稼ぐっちゅーのも勿論ええんやけど、界貨は多いに越したことないやろ?
    なんやアルジその目は!
    ……しゃーない。うちが億万長者になったら半分こしたる。
    なっ、それならええんとちゃう?
    アルジやったら半分こと言わず、うちの全部あげてもええで?
    ……え、違う? -- 2017-07-08 (土) 13:54:21
  • ワニュウドウ:
    願いの叶う短冊かー……
    でもボクのお願い、
    師匠(ししょう)は駄目だって言いそうなんだよなー……。
    あのね、八百万界(ヤオロズカイ)をボクの炎でいっぱいにしたい!
    ほーら、そう言うと思った。
    だから、一応違う願いも考えてきたんだ。
    寒さにもっと強くなれますように、ってな!
    じゃなきゃ、ちゃんと師匠にお仕えできないだろ?
    だから、ちょっとは慣れたいなーってさ。 -- 2017-07-08 (土) 18:47:48
  • ここまで反映 -- 2017-07-08 (土) 19:12:01
  • 全ての英傑の台詞が揃いましたので各英傑ページに反映しました。 -- 2017-07-09 (日) 12:00:47
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-29 (金) 14:55:16