このエントリーをはてなブックマークに追加

返礼の真珠麿の限定台詞一覧です。
2018/03/14〜03/15限定で返礼の真珠麿が復刻。それに伴い対象英傑が追加された。
対象英傑はナスノヨイチ(追加実装日:2017/3/9)まで
対象英傑は【茶会】トール(追加実装日:2018/03/08)まで
※返礼の真珠麿による祭事台詞は、旧祭事(渡来の甘い贈物)の祭事台詞と繋がっています。

+  2018/03/14祭事台詞追加英傑一覧


剣士 Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
剣士ヤマトタケル以前、俺の想いと共に贈り物をした時の
主(あるじ)を見て、とても嬉しくなったんだ。
主は、今の俺を見て……
同じ気持ちになっているのか?
……いや、その顔を見れば、
口に出さずとも分かる。
……たまには面倒くさがらずに
贈り物を選ぶのも悪くないな。
桜代カマイタチいきなりなんだ。……お礼?
ああ、あの時の。そうか……。
別に礼が欲しくて贈ったわけでもないんだが……。
――は? 主(ぬし)様も、
同じ気持ちだっていうのか……?
ただ、想いを伝えたくて……。
……ったく、敵わねえな。主様、一度だけ言う。
……大切にする、ありがとな。
ネコマタ主(あるじ)からのお返し嬉しいニャァ〜!
ふふっ、こんなにいいものがもらえるなら、
私、また何か贈りたくなってきたニャ!
ふふん。そのうちとびっきりのものを
持ってくるから、
期待してるといいニャー♪
主のびっくりした顔、
また見たいって思うんだニャ!
セイリュウまさか先生からお返しを貰えるなんて……
嬉しいよ。
こんなありきたりな言葉しか出てこないけど、
他にどうやってこの気持ちを伝えたらいいのか、
分からないんだ……。
本当に、ありがとう。先生。
東の四霊獣は、
これからも先生を守ると誓うよ。
スザク僕に、お返しを……?
どうしよう、嬉しいな。
ありがとう……先生の愛、
確かに受け取らせてもらったよ。
これは僕の、大切な宝物だ。
この喜びをどう伝えたらいいんだろう……。
そうだ。この気持ちを歌にしたら
僕がどれだけ嬉しいか、先生に伝わるかな?
タケミカヅチ主君(しゅくん)……。
こ、これは……俺のため、なのだな?
……そうか、うん。
もちろん嬉しいとは思っている。
いや、しかしその……言葉にしづらいな。
……少し待っていてもらえるか?
心の準備が必要だ。この喜びを、
どう伝えればいいのか考えさせてほしい!
ネンアミジオンふふっ、主君(しゅくん)より
このような素敵なお返しを頂けるとは、
夢にも思っておりませんでした……。
いいえ、嬉しくないわけがありません。
むしろ嬉しすぎて、
自分でも驚いているのです。
ああ……これなら俗世も
まだまだ悪くはありませんね。
ヤギュウジュウベエこういったことをして欲しくて、
贈り物をしたのではないが……
心遣いをありがとう、上(うえ)様。
嬉しく思うぞ。共に育んだ思い出の数々は、
私にとって大切な宝物だ。
どうか、これからも
一緒に歩んではいただけまいか?
上様なしの未来など、考えられないのだ。
ダイコクテンさすがに、感謝の言葉は袋から出せないからね。
今、私の口から伝えよう。
ありがとう、嬉しいよ。
主(あるじ)の望むものは、
袋からなんでも取り出してあげたいけれど……
一番に望むものが、
私であって欲しいと思っているよ。
今後も頼りにしてくれるかい?
イザナギ贈り物など、かつて飽きるほど貰ったのだが……。
これはまた、別格だな。
大切にさせてもらおう。
あの日、儂もまた贈り物をして良かったと……
心から思うぞ。
礼を言おう、主(あるじ)。
儂もまた、主からの好意をしかと受け止めた。
今後とも、よろしく頼む。
スズカゴゼンあ、あたしにお返しを考えてくれてたなんて……
鬼退治以外も、俄然
やる気が出てきました!
ご主人様のためなら、どんなことだってします!
何か困ったら、一番に
このあたしを頼ってくださいね?
いつでもお待ちしています、
ご主人(しゅじん)様。
アマツミカボシククッ、素直な想いを
受け取るのは嫌いじゃない。
……よほど俺は、気に入られているのだな。
いいぞ、これも、頭(かしら)も
大事にしてやろう。
この俺が大事にしてやると言ったんだ……
誇りを持て。傍にいるかぎり、
頭の幸せは俺が保証してやる。
イザナミ独神(どくしん)さまは、
なんとも愛らしいことをしてくれるのう。
こんなことをされて、心動かされぬ者はおらぬぞ?
当然、ワタシもだ。
どうせなら黄泉の国で末永く共に暮らしたいが、
それはまだやめておこう。
今はまだ、ワタシもこの界にいる独神さまに
興味があるのでな。
【福袋】タケミカヅチお返しを? ……っ、すまない!
稽古で汚れている手を洗ってくる!
そのまま動かず、そこにいてくれ! すぐに戻る
しばしの間、待っていて欲しい!
……ああ、こうなることを予期しておけば、
主君(しゅくん)を煩わせずに
済んだというのに……。
俺としたことが……!
【正装】アシヤドウマン主人(あるじびと)は、よくもまあ、
オレの心を捕らえて離してはくれないな。
ここまで来ると、さすがに悔しいんだが?
ふっ……オレも、主人の心を
捕らえ続けていたいという意味だ。
この姿で、少しでも魅了出来ていればいいが……。
もっと近くで……なんなら、腕の中で
堪能してくれでいいんだぞ。
【浴衣】ヤマビコ………………。
なんで、何も言わないのか?
わたし、喜ぶと普段以上、大声で叫び過ぎだって
みんなに注意されるでしょ? だから――え?
好きに話していいの? ほんとっ? それじゃ、
遠慮なく! 主(あるじ)さん、お返し、すっごく
嬉しいよーーー!! えへへ、この服も褒めて
もらえたし、今日は最高の日だね!
双代オイナリサマえへへ! ぬしさんありがとう!
こんな素敵なお礼、油揚げより嬉しいよ。
この前、ぬしさんに贈り物をするのも
ちょっと照れくさかったんだけど、
やっぱり貰うのも照れちゃうね。それもぜーんぶ、
相手がぬしさんだからなんだよ!
わたしにとってぬしさんは、
それだけ特別な存在ってこと!
スズメ嬉しすぎて……。ド、ドキドキしてます。
僕をこんな気持ちにさせるのは
きっと主(あるじ)さま
ただひとりです。
本当に、嬉しくて僕……
どうにかなってしまいそうです。
雀のみんなも、お返しもらえて良かったねって
言ってくれてますよ。
フウジンわあ! 主(あるじ)様……っ!
これメッチャ嬉しい……!
ウチ、何を間違っても
これだけは絶対に風で
吹っ飛ばさないようにするって誓うよ!
えへへ、これからもよろしくね、主様!
主様のお役に立てるの、すごく嬉しいんだ!
ライジン先日のお返しだなんて……。
感激のあまり、目が潤んできました……。
こんな素的な主(あるじ)様に
お仕えすることができて、私は幸せ者です!
嬉しすぎて地響きのように、
ゴロゴロ〜っと太鼓を叩いてしまいそうですわ!
今日は激しい雷に、ご注意くださいね。
ヤマオロシおう、ありがとな!
ゴシュジン、ちょっと耳貸せ。
みんなに聞かれちゃ、色々面倒なんだって。
一回しか言わねぇから、
……よく聞けよ?
あとで、台所へ来てくれねぇか。
……みんなに内緒で、ゴシュジンにだけ
美味いネギわけてやるよ。
オオクニヌシこれは、あの時の礼か。……フフッ。
――ああ、いや。主君(しゅくん)とようやく
縁が結ばれた気がしてつい、な。
想い形にすることは難しい。
相手のために何か造ることが容易ではないことを、
俺もよく知っている。
だからこそ主君の想い、しかと受け止めよう。
……感謝する。
マガツヒノカミ我が君は、なかなかの良策を持っていたのだな。
しかし、何度も思うし言ってもいるが、我が君は
マガツである我を傍に置き、平気で触れ、
こうしてお返しまで贈って寄越す。
それを、我はありがたいと思っているのだよ。
くっ……ある意味、変わり者同士。
これからも仲良く過ごそうではないか。
……なあ? 我が君よ。
ワカウカノメあの時のお返しを、わたしに?
そんな、恐れ多くていただけません!
お返しが欲しかったわけでは――え?
わたしに喜んで欲しい?
そんなふうに、思ってくださっていたんですね。
……はい。もちろん、受け取らせていただきます。
わたしも、大事な独神(どくしん)さまには
いつだって笑顔でいて欲しいですから!
イワナガヒメありがとうございます……!
このような素晴らしい品を、
私が頂いてよいのでしょうか?
……ああ、主(ぬし)様。
こんなにも嬉しいことはありません。
永遠(とわ)に大切にいたします……!
ふふ。これでまたひとつ、
主様との距離が縮まった気がしますね……。
タケミナカタこれは、あの時のお返し? そうか……
これが僕だけに配られるなら、嬉しいのだが。
ははっ、冗談とは言い切れないぞ
……半分本気だ。
主(あるじ)が心を砕くのは、他の誰でもない、
この僕であって欲しいと願っている。
心優しい主ならば、
この願いを聞き入れてくれるだろう?
ヌラリヒョン相変わらず主(ぬし)は、
儂(わし)が喜ぶ術(すべ)を知っているなぁ。
あの日、こちらの気持ちが届いただけでなく、
こうしてお返しを持って来てくれたのだぞ?
爺(じじい)としては、張り切らずには
いられなくなるとでも言うべきか……。
ならば、妖の総大将として守ろうぞ。
御身を、いつまでも儂の腕の中でな――。
その他ブリュンヒルデえ? 団長サンが、ボクにお返し?
……ということは、ボクたち両想いだね!
だって、ボクからの贈り物には、
たくさんの愛がこもっていたんだよ。
これは、それに対してのお返しなんでしょ?
なら両想いじゃない。
――あはっ! なんてね、冗談だよ♪
でもいつか、本当にそうなったらいいなぁ……。
【茶会】トール主(あるじ)さんは、俺を喜ばせる天才だな!
こんなに素晴らしいお返しをもらったのは、
俺も初めてだ! ありがとう、主さん!
感謝の宴として、さっそくお茶会を開くとしよう。
といっても、この匙(さじ)に合う茶器は、
そう簡単には見つからないのだがな!
はっはっはっ!

鬼人 Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
鬼人シュテンドウジあ? 礼? おれ、なんかしたっけ?
……なんてな、忘れるかよ。
お返しなんて、
頭(かしら)はマジで律儀だよな。
そういうところ……気に入ってるぜ?
ほら寄越せ。受け取ってやる。
望むときに甘やかしてやるから、
いつでもおれを頼れよ?
桜代ヤヲヤオシチ……まさか、私にお返しを?
ああ、この想いに応えてくださるなんて……!
主(あるじ)様への熱い想いが、いっそう強く
この胸を焦がしています。
愛を知った喜びに包まれて、
私は今とっても幸せです……!
私の愛の炎、これからも
燃え続けることでしょう……!
キンタロウほほう、例のお礼か。ハッハッハ!
主(あるじ)さんのそういう律儀さ、
俺は愛しいと思うぞ?
それに……とても嬉しい。
こうして気持ちを返してくれたということは、
俺の気持ちはちゃんと伝わっていたということだろう?
ライデンガハハハハハ! いいぞ、主(あるじ)!
まさか、あれのお返しを貰えるとはなあ!
どうやらおれの片思いってわけ
じゃなさそうで、安心したぞ!
よし、ここはひとつ……
喜びの四股(しこ)でも踏むとするか!
さあさあ、主も真似して!
一緒に楽しもうじゃねえか!
トドメキあはっ、主(あるじ)ったら!
お返しなんていいのに……。あたしから
ほんの気持ちのつもりだったのに、まさか、
主からもだなんて……。本当にありがとね!
嬉しくって感動しちゃったよ!
これからもあたしのこの目で、
いい仕事してみせるからさ!
主もちゃーんと、見ててよね?
ハンニャふふっ、うふふ……。
ねえ、主(あるじ)様は私に
お返しを贈るというのが、どういうことだか、
ちゃんとわかっているのかしら?
ああそう……。わかった上での贈り物なのね……?
この上なく嬉しいことだわ。
これからも私が主様の一番でいてあげる……。
サンキボウその手にあるのって、
俺に? あ、この間のお礼?
なーんてな――……って、え?
本当に俺に! あ……ありがとな……!
冗談で言ったつもりだったから
驚いたけど……本気で嬉しい。
やっぱり、主(あるじ)サンは
俺にとって特別な存在だよ。
ビシャモンテンやっぱり、主(あるじ)さまはわたしの期待を
裏切らないのね! ふふ、なんのことかって?
実は……お返しがあるかないか、
自分自身に賭けてたの。
だから今、勝ったのが分かってすっごく嬉しい!!
わたしは主さまの幸運の味方よ。
このビシャモンテンが、
いつでも勝利を主さまの手に!!
シバエモン座頭(ざがしら)から、あの日のお返しを
貰えるとはな。へへっ、芝居を披露した後の、
拍手喝采とはまた違う喜びだぜ!
でもなぁ……これを用意するのに、
無理したんじゃねえのか? だとしたら、
次は受け取らねえ。座頭だけが、俺の所へ
来てくれればそれでいいさ。なんたって、
俺が一番欲しいのは座頭なんだしな――。
アギョウボクは、誇り高き月の民だよ。
こんな物でなびくと思ったら大間違い――って
言いたいところだけどさ。ボクは、とっくに
独神(どくしん)サマに心惹かれてるわけだしね。
ありがとう、喜んで受け取るよ。
でもね、他の者には配ったりしないでよ?
ボクだって、ヤキモチぐらい焼くんだからね。
分かった?
フツヌシおや、これはもしかして……
あの時の礼、なのかな? 主(ぬし)はどれだけ
私を喜ばせれば気が済むのやら……。
……私には、主さえいればいいというのに。
この気持ち、どうか分かっておくれ。
でないと溢れ出して止まらない。
ああ……この責任は、
主が取ってくれるのだろうね?
ヤマヒメ主(あるじ)さま、こんなに素敵なお返しを
ありがとう! よーしっ、今日はご馳走だよ!
え? それじゃ、お返しの意味がなくなる?
そんなことないよ! 主さまが、美味しいって
わたしの作った料理を食べてくれる姿が見たいの。
そういう姿を見て、幸せを噛みしめるんだよ?
だから、これも感謝のひとつだと思ってね♪
クダギツネお返ししてくれるの!? ご主人サマから
貰えるなんて、思ってもいなかったなー。
だって、いつも困らせてて、
今日もそうなっちゃうかもなのに……。
……うん、そのまさか。また、動物拾っちゃった。
だ、大丈夫! 今度こそ、
絶対ちゃんとお世話するから〜!
このお返しに誓うから、ね? お願い!
コノハテング俺があの日、主(ぬし)さまへ贈り物をしたのは、
こんな俺を大事にしてくれる主さまへ、
感謝の気持ちが伝わって欲しかったからなんだ。
こうしてお返しがあったってことは、伝わったと
思っていいんだよな? だったら、すげえ嬉しい。
これからも、あんたの中で一番の天狗で
いられるよう頑張るから、見ててくれよな!
【狼鬼】イバラキドウジあの日の礼?
……ちゃんと、覚えてくれていたのか……。
しかし、頭(かしら)に望まれたとはいえ、
この格好で来たのは失敗だった。
フッ……嬉しくて興奮したせいか、いつも以上に
牙が――……牙だけじゃなく、あちこちが疼く。
頭で、この疼きを収めて欲しくなるほどな――。
【華服】テッソふふふ……。ぬしさまから
お返しをいただけるなんて、嬉しいですぅ。
これは、お腹がすいても齧りません。
だって齧ったら、減っちゃうじゃないですか〜。
ぬしさまの愛を減らすなんて、
貰ったわたしがするにしたって許せないです。
なんとか永久保存出来るよう、考えますねー。
双代マカミこれ、くれるの……!
ありがとう、大切にするね。
ずーっとずっと持っておくから。うれしいな……!
ぼくをこんなに幸せにしてくれる
長(おさ)のこと、ぼく大好き!
そんな長の為にも
これからもぼく、頑張るからね。
わんわんっ!
イナバこれ、あの時のお返しだよね!
うわああああ! 嬉しすぎて、
耳がぴーん! ってなったよ! 絶対大切にするね!
いつも私を思ってくれてる
主(ぬし)さんのおかげで、
毛並みもとってもきれいなんだっ。
えへへ、主さんに撫でてもらえたら、
もっと嬉しいかも……なーんて!
ホウイチ主(あるじ)……これはおれへのお返し、かい?
この目に映らなくとも、
主が笑顔なのがおれには分かる。
ありがとう、とても嬉しいよ。
……なんだ、おれもそんなに
嬉しそうな顔をしているか?
この感情を主に
伝えられているのなら何よりだ。
ボロボロトンあの時のお返しって……
へへ、ありがと、主(あるじ)。
そんなに喜んでくれていたとは
思わなかったから……。
うん、俺も贈ってよかった。
また主(あるじ)が喜んでくれそうなものが
あったら、贈ってもいい……?
迷惑じゃなければいいんだけど。
……本当? 嬉しいな……!
ベンケイ上(うえ)様……。このような気遣いなど、
必要ないと思っていたのだが、
やはり、嬉しいものだな。
千本目の刀と同じくらい……
いや、千本目の刀よりも、
これは価値あるものだ。
改めて、礼を言う。
ありがとう……上様。
ガゴゼあの時の……お返し?主(あるじ)さんが、
僕のために用意してくれたの……?
……これ、嬉しい。ありがとう。主さんは、
こうやっていつも僕を必要としてくれて、
僕の望みを、叶えてくれる……。
ちゃんと、その期待に応えたい。
力仕事とか……これからもがんばるから。
……見ててね?
モミジ私にお返し……あ、ありがとうございますっ!
――え? 顔がもみじのように赤い?
……あまり見ないでください!
主(ぬし)様にお返しをいただけたことが、
あまりにも嬉しくて……
思わず顔に出てしまったのです。
……こんな顔をお見せするのは、
主様だけですからね!
ミコシニュウドウあらっ、ちゃんとお返ししてくれるなんて、
主(あるじ)もようやく、
私の偉大さに気づいたのね!
ちょっと遅い気もするけど、まあ
いいでしょう。
ふふんっ、これからも私の事、
ちゃーんと大事にしなさいよね!
ジロウボウオレにくれるのか!? ありがとな、ご主人!
あの祭事に、まさかこんな続きがあるとはな。
やっぱ、ヤンチャは卒業して正解だったぜ。
じゃなかったら、こんなこと起きなかったかも
しれないだろ? よし! 感謝も込めて、
今から何度だって、大勢の前でだって宣言するぜ!
最高のご主人を持って、オレは幸せだってな……!
ダテマサムネこれはまた、ずいぶん見事なお返しを……!
本当に、俺が貰ってもいいのだろうか?
なら遠慮なく。ありがとう、独神(どくしん)様。
今回だけでなく、独神様には普段から
目をかけていただき、感謝している。
片目だろうと気にせず俺を傍に置いてくれる、
その信用も信頼も、裏切らないと今一度、誓おう。
アシュラあらやーだ! そんな嬉しそうにお返しだなんて
言われたら……もうっ、罪なお・か・た!
主(あるじ)ちゃんには、
アタシが何をされたら喜ぶのかぜーんぶ
お見通しなのね! そんな主ちゃんが、大好きよ!
この想いだけは、誰にも負けないわ……!
味わったことのないくらい、甘く深く……
愛してあ・げ・る。
その他【猫耳】ロキなんだこれ? ……あー、あったな、そんな祭事。
つか、お返しねぇ……。
んなのいらねぇのに、わざわざどうも。
ん? この格好? 退屈しのぎだったんだけど、
着替えて正解だったな。 お返しのお返しだ。
猫らしく、アンタにいたずらしてやるよ。
にゃぉ♪ って、可愛くな――。

Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
モモタロウお返しなんてよかったのに。
でも……ありがと、主(あるじ)さん。
独り占めにするのも悪くないけど……
どうせなら自慢しちゃおうかな。
僕はこんなのもらったよってね。
……別にいいでしょ。
僕だって嬉しい時は
そういうことしたくなるの。
桜代ミシャグジサマな、なんやこれ! うちが贈ったもんより、
ええのとちゃう!
わーあ、おおきに、主(あるじ)様!
うち、もっともっと頑張るから、
主(あるじ)様も応援してや!
いつまでも一緒におったるから、
ええやろ、な?
……ん、おおきに、主様!
イシマツくーっ! 主君(しゅくん)は俺泣かせだねぇ!
わざわざお礼とか、嬉しくて涙が出て来ちまう!
……なんだ? 今度は主君が俺と賭けをするって
そいつは無理な相談だな。
気に入るかどうかを賭けるなんて
俺も主君も気に入るにしか賭けられねぇ。
成立しないだろ?
イッシンタスケへへっ、ありがとよ!
こんないいもんもらっちまって
……嬉しいったらねえな!
やっぱり、上(うえ)様はやることが粋だねえ。
こんなお返し貰っちまったら、
また張り切るしかねえな!
これからも、万事オレ様に任せておけよ!
ヌエは、はわ……私にこんなにも
素敵なお返しをくださるなんて。
……ど、どうしましょう。
この気持ちを全てお伝えするのは、
きっととても難しくて……そ、そうだ!
実は前から言いたいことがあったのです。
わ、私は……っ、
主(あるじ)様にずっとついていきますから!
ミツクニわざわざお返しとはな……。あんま喜ばせると
後が怖いぜ? オレの愛を受けきれないのか
ってよ。くくっ……冗談だ。
あんまりご主人(しゅじん)の反応が
面白かったんでつい、
意地悪してやりたくなってな。
でも……オレはいつだって
ご主人のこと本気で想ってるぜ。
イバラキドウジお返しは血がよかった……
――とでも言うと思ったか?
ふふっ。最高だぜ、これ。感謝してもいい。
さすが頭(かしら)、オレの欲求をわかっているじゃないか。
さらにオレ好みにするために
血で塗り固めてやろうかとでも思ったが……
それはまたの機会にしてやるよ。
ニギハヤヒお返しをありがとう、主君(しゅくん)。
さっそくだけれど、抱きしめてもいいかい?
……なぜ、そんなに距離を取るのかな。
感謝を態度で表そうとしているだけで、
何もしないよ? せいぜい部屋に連れ込むぐらいで
――ははっ! 冗談だから、逃げないで?
でもいつか、本当にそういう時間を
過ごせたらいいのにね――。
マサカドサマほう……お返しというやつか。それにしても、
将軍は、俺を喜ばせてどうするつもりだ?
……嬉しくて、誰ぞの首でも
狩りたくなってしまうではないか。
首を取るなというのなら、
将軍がこの昂(たかぶ)りを
収めてくれるのであろう……?
なぁ、どうなのだ、将軍……。
イッタンモメンオレにお返しなんで、冗談だよね?
……本当にありがとう……
一番良い布に包んで大事にするよ。
本当は、頭領(とうりょう)さんを
誰からも見えないように
布で覆い隠してしまいたいんだけどね……。
そうすればオレが独り占めできるだろ?
……なんて、冗談だよ。
カミキリへへ……ふひ、ひ……。
顔が、勝手に緩むぐらい嬉しい……。
だって、独神(どくしん)サマがお礼にって、
わざわざ、持って来てくれたんだよ?
あ、ありがとう……本当に嬉しくて、たまらない。
アタシ、独神サマが一番大切だよ……。
何よりも、綺麗な髪よりも、大好きだからね――。
ササキコジロウ……礼?そういえば以前、贈り物をしたな。
……嬉しいと思ってくれてのお返しなら、俺も嬉しい。
主(あるじ)が俺のことを想って
わざわざ用意したのだろう?
心遣い、感謝する。欲を言えば……その想いが、
俺だけに寄せられたものであって欲しいのだが。
【水兵】アマクサシロウお返し、ありがたく頂戴しよう。
……あまり驚かない? 今日、私に何か
良きことが起こると、夢で掲示を受けたのだ。
だとしたら主君(しゅくん)が関係するに
違いないと、逆にあなたを驚かせるべく、
この格好で来たのだが……ふっ、
どうやら成功のようだ。ありがとう、主君。
奇跡のような時を、私に与えてくれて――。
※『掲示を受けた』は原文ママ。『啓示を受けた』の誤字と思われる。
双代ヤトいいんですか!
このお返しも主(ぬし)サマも、
まとめて抱きしめたいぐらい嬉しいです……っ!
ありがとうございます!
主サマを想う気持ちが、
また一段と強くなりました!
この調子で、ふたりの絆が深まっていくことを
期待しています!
イッスンボウシえへへ……嬉しいです。大切にいたします。
主(あるじ)さまから
この間のお返しをいただけるだなんて……。
こんなに嬉しいことがあっていいのでしょうか。
主さまと、これまで以上に
気持ちが通じ合った気がしますね!
タワラトウタお、主君(しゅくん)!
これ、お返しってやつだよな?
ははっ、ありがとな!
主君にこんなに想われて、
俺様は幸せモンだなあ。
これからも、主君のことを守り続けてやるぜ。
だから、安心して傍にいろ。
大船に乗った気でいてくれよ?
ウラシマタロウお礼とか、そんな可愛いことしてくれんのか?
うわ〜! チョー嬉しい!!
だってこれ、オレの為に用意してくれたんだろ?
オレのこと考えてくれたってだけで、
たまんなくなる。
独神(どくしん)ちゃんへの感謝込めまくって、
抱きしめちゃうぜ?
キイチホウゲン主君(しゅくん)……?
これを、私に?
……私は別に、礼の品が欲しかったわけではない。
だが、主君が私にと言うのなら、
有り難く、受け取っておく。
迷惑なわけがないだろう。
私は……こう見えても喜んでいる。
キンシロウこの前のお礼って――
うおおお……! 俺が貰っちまっていいのかよ!
ありがとさん!
お上(かみ)からこんなに
思ってもらえるだなんて、俺は幸せもんだな。
でも、俺も負けねえくらい
お上のことを思ってるんだぜ……?
忘れんなよ。
カイヒメ将軍(しょうぐん)からの心尽くし、感謝しよう。
しかし、こう何度も心を乱されるとは……。
将軍は罪な方だな。
わたしがどれほど熱い想いを
胸の内に抱えているかなど、知りもしないで……。
いっそ包み隠さず、打ち明けてしまえば……
どれだけ救われることだろう。
アマノジャクふーん、あの日のお返しねー。へー、ふーん……。
――っ、ニヤニヤしてねぇよ!!
とにかく、ちゃんと受け取ったからなっ。
それと、主(あるじ)の前でだけ……今日だけなら
天邪鬼は返上して、素直になってやってもいいぜ。
その……いつも、ありがとな。主だから俺は――
くそっ、なんだこれ、恥ずかし過ぎ! やめやめ!
イヌガミああ、主(あるじ)様から
お返しがいただけるなんて……!
主様から与えられたものは全て、
私の糧となり力となりましょう。
……この身に宿る怨念が、
主様からの深い愛に身悶えているのを感じるわ!
この興奮を収めるためにも、
何か屠(ほふ)りたくなってしまいそう……。
ヨリトモこれも主君(しゅくん)の気持ちだとしたら、
嬉しく思うよ。ありがとう。
私の知(ち)も武(ぶ)も、この刀も、
主君のためにあるんだ。だからどうか、
遠慮なく私を使ってくれていいからね。
そうして主君の目指す政(まつりごと)を、
最後まで手伝わせて欲しいと、強く願うよ――。
イイナオトラあの日、僕は独神(どくしん)さんが
喜んでくれて、本当に嬉しかった。
けれど、こうしてお返しを貰えた今日のほうが、
もっと嬉しいんだ。
この想いを糧(かて)に、僕は励むよ。
それでいつか、独神さんの前で可愛い姿を――
いや、なんでもない! 今のは忘れてくれたまえ!
【書初】タケミナカタすまないが、これは受け取れない。
――あ、いや、そんな顔をしないでくれ!
お返しが欲しくて、僕はあの日、
贈り物をしたわけではないんだ。
ただ喜んで欲しいだけで――……同じ気持ち?
そうだったのか……ありがとう、主(あるじ)。
ではお詫びも込めて、今の気持ちをこの筆で――
それはいい? そうか……残念だ。
その他トール八百万界(ヤヲロズカイ)の祭事にもだいぶ
慣れたつもりだったが、お返しをわざわざ
祭事にするというのには驚いた。
だが、実にいいぞ! 主(あるじ)さんから
貰えたとなれば、嬉しさも倍増だ!
ありがとう、主さん。
これはアイツに悪戯されないよう、
肌身離さず持っているとしよう。

天将 Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
天将スサノヲあーん? お返し? 持ってくるのが遅え!
……ったく、かなわねえよ。
オレ様をやきもきさせられるのは
主(あるじ)くれえだな!
とりあえず、こいつは有り難く受け取っておくぜ。
主はどうしたって、
オレ様にとって、特別な存在なんだ。
忘れるなよ?
桜代フクロクああ……これはまいったね。
まさか、おれにもこんな幸せな
『道』があるとは思わなかったものだから。
……ありがとう、
とても嬉しいよ、主(あるじ)。
これからも、主のことを守らせてほしいな。
願わくば、おれだけに……ね。
ロクロクビまさかこれ……――やっぱり!
私への贈り物だったんだね!
ありがとう、主(ぬし)さん!
すっごくステキっ! はっ……いけない!
主さんに伝えておかなくっちゃ! あのね……
もしかしたら、今夜、首がしつこく
まとわり付くかもしれないけど許してね!
だってそのくらい、嬉しいんだから……!
ビャッコおお! これをワシへ?
なるほど、先日の贈り物へのお返しか!
ああ、この幸せ、どうすれば先生にも
同等のものを返せるのだろう。
ははっ、贅沢な悩みじゃったな。
しかし、ワシは四霊獣一の幸せ者じゃ!
さっそく、他の者に自慢しに行こうか!
ヒルコへえ……お返し?
素晴らしいものをありがとう、あるじさん。
こんなに嬉しい気持ちになると、
やっぱりおれ、あるじさんの為に
存在していいんだって心から思えるんだ。
だから、どうか、これからも
そばに置いてくれるかな?
あるじさんに福を届けるよ。
オモイカネおや、ありがとうございます。実は
お返しを貰えないかもと思っていたのですが……。
ふふ、杞憂(きゆう)でしたね。
お心遣い、感謝致します。
主(あるじ)さんのお気持ちに応えられるよう、
これからも日々精進させていただきます。
私の持ちうる知恵の全てを、
主さんのために使いましょう。
カグヤヒメまあ……。あれのお返しなどしなくとも、
私は主(ぬし)様の元を離れたりしませんわよ?
……ですが、嬉しいですわ。
この品からは、主様の温もりが感じられます。
私が何より求めていたものを、
主様は与えてくださった。
……それだけで、主様の傍にいる理由は
十分ではありませんか?
フセヒメお返しを私とヤツフサにも?
ははっ、主(あるじ)殿のそういうところ、
私は好きだぞ。
細かいところにまで、心配りができる者は、
そう多くない。だからこそ、
主殿は私の誇りなのだ。
英傑として相応しく在るように、
これからも日々精進を積み重ねていきたいと思う。
オジゾウサマうんうん♪ 独神(どくしん)くんは、
本当にいい子だな! 忙しいはずなのに、
こうしてお礼を持って来てくれるなんて……
――っ、いけないいけない。
この歳にもなると、涙もろくなるね。
あっ、もちろん嬉し涙だよ!
ありがとう、独神くん。これからもボクは、
君を何より大事にするからね――。
カグツチうひゃひゃっ! 主(ぬし)からのお返しとか、
こりゃあ熱くならずにはいられねえな!
ありがとよ!
まさかあげたもんがこういう形で
返ってくるとは思わなかったぜ。
やっぱ、主に贈り物してよかったぜ! マジで!
オレもこれ、大事にするからな!
オオワタツミ今、儂(わし)はだいぶ混乱している。
それはもう、渦潮(うずしお)のような心境
というか……。このお返し、儂が貰って
いい物なのだろうか。誰かと間違っていたりは?
……そうか、間違いないのだな。
ならば素直に喜ぼう。ありがとう、
独神(どくしん)様。これからも儂は、
其方(そなた)だけのものであるぞ――。
ハチカヅキヒメまあ、わたしにお返しを?
あの日のこと、覚えてくれていたんですね。
嬉しいです、ありがとうございます!
……この頭の鉢が、様々な災厄からわたしの身を
守ってくれたのは、ご存知ですよね?
これからは、わたし自身がご主人さまを
守る鉢になります! ……ふふっ、だからって、
わたしを頭に乗せないでくださいね?
【錦繍】タマモゴゼン――で? いつになったら、主(あるじ)殿は
その懐にある物をわらわに差し出すつもりじゃ。
こうして着飾り、わざわざ出向いたというのに――
おお、それじゃそれ。……まったく、
わらわを待たせた罰は受けてもらわねばな。
んふふっ、まずは朝までつきおうてもらい、
今度こそ、主殿をわらわの虜にしてみせようぞ。
双代カマドヤッター! 嬉しすぎて私、そこら中に火を――
つけたら駄目だよねっ。はい、分かってまーす!
主(ぬし)様からの熱い想い、
ばっちり受け取ったから、
それだけでもう大満足だよっ!
こんなにいいもの、
どうしたらいいのか困っちゃうな〜。
でも、絶対大事にするからね!
アメフリコゾウすごーい……。お返し、うれしー……。
……もうすぐ雨も降りそうなので
機嫌がいいだけですよぉ……。
こんなこと言ってあげるのは今日だけの
特別ですからねぇ。まぁでも、
ボクを飽きさせない行いは褒めてあげます。
このお返しは、雨に濡れないよう
気をつけてあげますねぇ……?
コンピラお礼とか超嬉しい……! 主(ぬし)様、大好き!
好き好き、マジで
だーいーすーきっ!
あー主様、信じてない?
俺、本気で言ってるんだぜ?
分からないなら……
もっと別の方法で伝えたほうがいいか?
……なーんてな!
エンエンラ贈るより、貰うほうが恥ずかしいものなのだねぇ。
……だから、あまりこちらを
見ないで欲しいんだ。
思わず高い所へ舞い上がってしまいたくなるのを、
今必死に堪えているんだよ。
主(ぬし)に気遣ってもらえることは、
私にとってなによりの幸せだから、ついね。
セトタイショウふふふ……。嬉しいです、感激です……!
主様と想いが通じ合うだなんて……
大切にしなきゃ
絶対、壊さないように……。
主様がいつも僕を扱ってくださるときみたいに、
繊細に、大事にします……。
主様、これからもずっと
僕をお傍においてくださいね。
ナリカマ今日は釜の音が冴えていると思ったら……
なるほど、こういうことか。
……幸せの予兆だったということだよ。
とびきりのね。ありがとう、ぬしさま。
それと、その……。
今後のぬしさまの運命に、
私が少しでもいたらいい、と
思うのだけど……変かな?
アリエひゃっほーい♪ お返し貰っちゃった!
ありがとー、あるじ!
でも、ちょっとわがままを言わせてもらうと……
これでチューつきなら、
もっと嬉しいんだけどな♪
わたしからチューしてあげてもいいんだよ?
ほんとにしちゃおうかなー?
シロ主(あるじ)サマ、あの日のことを
覚えてくれていただけじゃなくて、
お返しまで用意してくれてたんだ……。
どうしよう、嬉しくて、な、泣いちゃうかも……!
これからもこの鼻を使って、隠れた敵もお宝も
見つけられるよう、頑張る!
だから、変わらずお傍に置いてね?
それでまた、一緒に桜も見ようねっ。約束!
キジムナーうわぁ、ありがとう!
ちょっとビックリしちゃった!
だって……まさかお返しをもらえるなんて、
思ってもみなかったし!
すっごく嬉しいな……!
そうだ、これから出掛けない?
お頭(かしら)にウチナーの海を
見せてあげたいな!
カラステングこれをオレにくれるってことは、
まだ一緒に「遊んで」貰えるんだね。
嬉しいよ、長(おさ)。
長い時間を一緒に過ごすのに、
退屈ではつまらないだろう?
だからオレには、長が一番の遊び相手なんだ。
これからも存分に楽しませてくれることを
期待してるよ。
ハクリュウ主(あるじ)サマが来ると、先程から鳥が教えて
くれたので、もしやと思っていたのですが……。
本当に、主サマからお返しをいただけるとは……。
ワタシから贈り物をしたあの日も特別ですが、
今日はもっと特別になりました。
ありがとうございます、主サマ。
このハクリュウ、これからも
主サマに忠義を誓います――。
エンマダイオウそうですか、あの時のお返しを……。
今日のこの喜びも、閻魔帳(えんまちょう)に
記(しる)さねばなりませんね。
もちろん、独神(どくしん)様の素晴らしさを
事細(ことこま)かく記すのです。
ふふっ、ご心配なく。誰にも見せたりしませんよ。
これは私と貴方、ふたりだけの秘密です――。

楽士 Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
楽士ウシワカマル主(あるじ)様が、あの時の
お返しをくれるとは……。
喜ばしいことだ、ありがたく頂戴しよう。
僕の心がまた、穏やかな気持ちで
満たされていくのを感じる。
こんなにも僕を癒やすのは、
主様の他にはいないだろう。この喜び、
また必ず別の形で伝えさせてもらいたい。
桜代オツウえっ、こちらを私に?
先日の品のお返し……ですか?
私は贈るばかりで、
お返しをいただくことはあまりなかったもので……
だから、少し驚いてしまいました。
……ありがとうございます。ご主人様の優しさ、
しっかりと噛みしめさせてください。
私、今とても幸せです。
ザシキワラシうわぁ〜うわぁ〜……。
これ、もらっていいの? ありがとぉ〜!
ぐすっ……嬉しくて涙がぁ……。
……あれれ、おかしいなぁ?
本当に涙がでてきちゃったよぉ!
あるじさま、どうしよぉ〜!
……くすくす、騙された? 嘘泣きだよぉ〜!
でも、嬉しいのはほんとだよ……?
イズモオクニまあ、先日の品へのお返しですの?
うふふ。私の気を引こうと、
座頭(ざがしら)も必死ですわね。
よろしくてよ、受け取って差し上げます。
……とは言っても、
私からの贈り物を受け取ったんですもの、
当然といえば当然かしらね。
クツツラ私に、お返し?ありがとう、受け取るよ。
……ああ、待って。
嬉しいから、今日も靴を完璧に磨かせて欲しい。
今すぐ、私が主(ぬし)に
何かしてやれることといったら
靴を磨くことくらいだ。
だから、早く靴を出すといい。
ナリヒラおやおや……お上(かみ)。
これほどまでに僕を惑わせることが出来るのは、
お上くらいのものだよ。
けれどこの喜びになら、
いくら心を乱されても構わない。
……今宵はきっと、星の数ほど
和歌(うた)を思いつくだろう。
もちろん、麗しの君を想う和歌を、ね……。
チョクボロンさっすがヌシ様!
お返しってだけでも嬉しいのに、
これ、オレの好みど真ん中だぜ!
くぅ〜っ、これからもオレ、
ヌシ様のために尽くしていくからな!
……だから、ヌシ様、改めて言わせてくれ。
嬉しいぜ、ずっと大切にする。
ありがとな!
ナキサワメうぐっ…ううっ、まさかこんな
お礼をいただけるだなんて……!
あ、ありがとう……ございます!
どうしましょう……うっ、
嬉し涙が止まりません……っ!
今日もたくさん雨を降らせてしまいますが……
主(あるじ)さまは許してくださいますか……?
涙が溢れて止まりません……っ!
ウンギョウあら、私がいただいていいんですの?
独神(どくしん)様は、
お返しも多くて大変でしょう?
…………申し訳ございません。
今のは、だいぶ嫌味が過ぎた台詞でしたわ。
私だって、ヤキモチぐらい焼きますもの。
ですから次は、私だけにくださるようにと
お願いしても……?
アタゴテングあの日のお返しを用意してくれるとは……。
ありがたく受け取ろう。
……なるほど。こうして形ある
想いを受け取るというのは、
とても嬉しいものなんだね。
主君(しゅくん)、僕からも言わせてほしい。
これからも主君を守る風であること、
改めて誓おう。
ヒカルゲンジお返しをいただけるとは……。
これでまた、俺は眠れぬ夜を
過ごすことになりそうだな。
夢でさえ、お上(かみ)を想ってね。
この俺を悩ませるとは、まったく罪なお方だ。
だが、ただひとりに想いを寄せ、
胸を焦がすのも、なかなか
どうして悪くない……。
ゼアミこれはこれは……。
たいそう良い物を、ありがとうございます。
独神(どくしん)様の素晴らしさが伝わる演出を、
さらに考えなくてはいけませんね。それと、これか
らも私は、
「初心忘れるべからず」でいるようにしましょう。
貴方を想うこの気持ち、いつまでも
初々しくありたいですからね──。
タマヨリヒメお返し嬉しいです、主(ぬし)サマ♪
では感謝の気持ちも込めて、神御衣(かむみそ)を
織って参りますネ♪
……え?贈り物のお返しなのだから、いらない?
そう言われてしまうと、そうなのですが……。
では、また別の祭事時にご期待ください。
今日、私が感じた以上に、
主サマを喜ばせて差し上げます!
【晴着】カグヤヒメこれほどの貢物をしてくださったのは、
主(ぬし)様が初めてです!
主様を喜ばせようと晴れ着姿で来たというのに、
こちらが霞んでしまいますわね。
それにしても、月の都と同じぐらい
大事な場所が私に出来るなんて……。
私の心が、主様でいっぱいになった証拠ですわ。
……責任、取ってくださいませね?
双代ベンザイテンはて、お返しと? いやはや、
福の神に福をもたらすとは、
主(あるじ)さんはさすがでございまするな。
これからも、ともに愛を奏でましょうぞ。
さすれば、もっと福が舞い込むこと、
間違い無しでございます。
さあ、また妾(わらわ)をお傍に、
呼んでくだされ……。
チョウチンビあんときのお礼……だよな? うわあ…!
オラ、こんな凄いもんもらえるなんて、
考えたことなかったよ!
うわああ……嬉しいなぁ。
主(ぬし)、オラもっともっと
主の役に立てるように頑張るから、
ずっと見てて!
これからもよろしく!
セミマル目が見えなくとも伝わりますよ。
主(ぬし)様の温かな想いが、
この贈り物から感じられる。
……ありがとうございます。
私の想いも主様に伝わっているでしょうか。
私はいつだって、主様のことを
想っているのですよ。いつかきっと
この想いを曲にして主様に贈らせてください。
ビワボクボクへーえ、いーじゃん。
こういうの、オレ好きだぜ?
しかしまあ、お返しとは
嬉しいことをしてくれるね。
正直、貰えるなんて思ってなかったから、
驚いたよ。いきなり渡してびっくりさせる、
なんて、さすがはヌシさんってとこかな。
シビれちまうぜ!
アメノウズメ独神(どくしん)ちゃんから
お返しだなんて……。
ふふっ、これは踊らずにはいられませんね!
今日は、一段と華やかに
舞わせていただきましょう!
だって、こんなにも嬉しくて
仕方がないのですから。
独神ちゃん、しっかりと見ていてくださいね♪
ニニギこれ、僕にくれるの? えへへ……貰っちゃった。
ありがとう、すごく嬉しいよ!
気持ちが通じ合うと、
心がとてもあったかくなるんだね。
これからも僕は、この光で
主(あるじ)さんを照らすよ。
それが僕にとって、なによりの幸せだから。
改めて、これからもよろしくね!!
クダンえ、これを? あ、ありがとう!
嬉しくて、胸の高鳴りが
抑えられそうにないよ……!
今なら凶事(きょうじ)以外が見れそう……
なんて、えへへっ。安心して。
僕は主(あるじ)様の幸運をいつも願ってる。
たとえ、凶事が見えたとしても、
この僕が防いでみせるよ。
コノハナサクヤ主(あるじ)様ったら……!
本当に、主様は私の喜ぶことを
よく分かっていらっしゃいます。
そういうところ、本当にずるいと思います……。
また、主様を思う気持ちが
大きくなってしまいますね。
ふふっ。主様!今日は飲みましょうか!
ええ、思いっきり!
オシラサマ主(ぬし)さま、これをわたしと、
まゆ太たちにもくださるんですか?
わぁ……!ありがとうございます!
こうしてお返しをいただけて、
実はホッとしているんです。この間の贈り物、
ご迷惑だったのではないかと心配で……。
そうじゃないと分って嬉しいです、主さま。
これからも精一杯、努めさせていただきますね!
ヒトツメコゾウなんだこれは。主(ぬし)は、ボクが有名だからと
何か貢ぐような奴ではないと思っていたのに……。
違う?お返し――……あっ、そうだったのか!
なら早くそう言えっ。……うんうん、悪くないぞ。
まあ、心配しなくても、ボクも主が一番だからな。
これからも、安心してボクの傍にいるといい!
その他ヘイムダルいきなり贈り物とは、何事だい?
物など渡さなくても、独神(どくしん)様になら
私はいつだって、どんな曲でも奏で――え?
あの日のお返し? ……うん、ありがとう。
……では照れ隠しも兼ねて、一曲奏でよう。
ふふ、そんなに驚かなくても。
私だって照れるよ? 強く想う相手から、
こんなふうに喜ばされてしまえばね――。

巫覡 Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
巫覡アマテラスええっ!お返しなんて、私そんなつもりは……
――嘘です。
実はほんのちょっとだけ、期待してました。
だからとっても嬉しいです!
だって、私の気持ち、
ちゃんと主(あるじ)さまに
届いていたってことですもんね?
当然、私、大切にしますから!
桜代クウヤ主(ぬし)の礼儀正しさには、いつも感服する。
主のそういうところを
とても好ましく思っているんだ。
だから私は、また主の喜ぶ顔を見たいと思う。
今回も、また茶を点(た)ててもいいだろうか?
主とこうして、ゆっくりと……
他愛もない話がしたいんだ。
アカヒゲお返しって……。こりゃ大層な代物だなあ。
頭領(とうりょう)さんが
おれの為に用意してくれたものなんだろ?
嬉しいねえ、どんな秘薬よりも
おれを元気にしてくれる気がするぜ。
ありがとよ、頭領さん。
大切にさせてもらう。
ゲンブまさか、こうして幸せを
手元に残せる日が来ようとは。
……先生。これは肌身離さず大切にいたします。
……今の私の気持ちを伝えるには
どれだけの言葉があっても足りないでしょうね。
ですが……私の表情を見たら、
この喜びを分かっていただけるでしょうか?
ハハキガミあれっ! いいの、主(ぬし)?
わたしこんなの貰っちゃって!
えっへへー、嬉しいなぁ♪
でも、わたし、
主に何してあげたらいいのかな……?
あ、そうだ!
よーし、今日はいつも以上に
主のお部屋を綺麗にしてあげるね!
ククリヒメお返しをいただけるなんて、
ククリは幸せ者ですね。
これは、冷凍して永久保存決定です!
こうして主(ぬし)様から
お返しをいただけたということは……
主様に、わたくしの想いが届いたと思っても
いいのでしょうか……。
ミチザネサマ主(あるじ)殿から直々に
お返しをいただけるなんて、
思いもよらなかったな。
細やかな心遣いに感謝を込めて……
ささやかではあるが、秘蔵の梅酒を一緒に飲もう。
……なんだ、その顔は。俺とて
嬉しければ褒美くらい用意する。
心ゆくまで堪能していけばいい。
オトヒメギツネこんなすごいお返し、天ぷらなんて目じゃないよ!
ぬしさま、ありがとぉ〜! 嬉しいよぉ〜!
ぬしさまは、あたしのことが好きなんだね。
……だって好きでもない相手に、
ここまでしないもんね?
あたしもだーい好きだよ!
ふふっ、照れちゃって
かーわいい。
ダイダラボッチオレにこれを?
……な、なんでぼっちちゃんは
オレを泣かそうとすんだ? 今に見てろよ!
今度は、オレがぼっちちゃんに
嬉し涙を流させるくらい喜ばせてやるからな……!
とにかくこれは受け取っておく。
……ありがとよ。
これからも、よろしくな。
アメノワカヒコ返礼などなくても俺の愛に変わりはないけれど……
貰えると嬉しいものだね。ありがとう。
主(あるじ)殿の隣に立つ者として、
相応しい英傑であり続けるよう、
いっそう気を引き締めたいとおもっている。
だからどうか、この俺を信じて
頼りにして欲しい。
今改めて、主殿に忠誠を誓おう。
イダテンやったー! 主(あるじ)からのお返しだ!
……そんなに嬉しいかって?
僕からの、特別な贈り物のお返しだよ?
嬉しいに決まってる! 嬉しくて今すぐ
走りたい気分だけど、主の傍にもいたいし……。
――あっ、そうだ! 主を抱っこして走れば、
一石二鳥だ! 主、しっかり捕まっててね!
さあ、行こう!
ヒミコ独神(どくしん)さまは、
たいそう良い心がけを持っておるな。
わらわに、こうしたお返しを忘れぬ。
だからといって、さらなる見返りに
わらわの卜(うらな)いを求めるわけでもない。
対等の相手として扱ってくれること、
わらわは感謝しているぞ。
……ありがとう、独神さま。
【白衣】セイリュウまさか、先生からお返しをもらえるとは……。
…………――あ、ああ、すまない。
喜びも、行き過ぎると時が止まるようだ。
最近の先生は疲れているみたいだから
診察をと思ってこの服で来たが、
俺のほうが元気を貰ってしまったな。
……ありがとう、先生。心の底から嬉しいよ。
双代ククノチありがとうございます、主(あるじ)殿。
こんなに素敵なお返しまで
いただいてしまって……。
なんだか、私ばかりが
いい思いをしているような気がしてしまいます。
きっと、相手が主殿だから
こんなにも嬉しいと思うのでしょうね
サンネンネタロウうおお……こんないいもん、
お礼にくれるとか……。
――あっ、もしかして
おいらはまだ寝てて、これは……夢とか!
それなら、納得……。
うん、いい夢を見たもんだ……。
え、夢じゃない……? 現実?
上(うえ)さん……! ありがとな!
ショウキなんで主(ぬし)は、おれ様を喜ばせるのが
そんなにうめーんだよ。
いきなり礼とか……卑怯だぜ?
おれ様の顔が緩んだまま
もとに戻らなくなったら
……主のせいだからな?
責任とって、これからもおれ様の傍にいろよ?
ゲンシン嬉しい気持ちを、数字で表せられればいいのにね。
きっと、僕の喜びが伝わりやすいはずだ。
主君(しゅくん)に抱く気持ちは
どれも数字で表せられないものばかりだから
困ってしまう。
言葉で上手く伝えられるかわからないが……
それでも、僕はとても嬉しいよ、主君
ウカノミタマこれ、お供え物かな? え……あの時のお返し?
わーっ、お返し貰っちゃった!
主(あるじ)さまと気持ちが
ひとつに繋がったみたいで、
とってもうれしい気分になっちゃうな……!
よーし、今日も主さまのために、
美味しいご飯を炊くからねっ!
わたしに任せておいて!
オキクルミこうして主(ぬし)様の優しさに触れるたび、
私はもうひとりじゃないんだと思えて……
幸せです。
こんな素敵な感情を与えてくれる主様に、
私もありったけの感謝を伝えたいと思っています。
この贈り物……大切にさせていただきますね!
ありがとうございます、主様!
ナスノヨイチ贈り物をしたあの日の喜びも、
お返しを貰った今日の喜びも、
扇を矢で射貫いた時より嬉しいよ……!
上(うえ)様、ありがとう。
隣にいるのが、ぼくで良かったと思ってもらえるように
もっと努力するから……離れずにいて欲しいな。
これからもずっと大好きだよ!
コロポックルこれを僕に? ……いいのかな。
だって、僕は充分良くしてもらってる。
だからこそ、あの日に僕は、主(あるじ)さんへ
贈り物をしたんだ。……それに、これ以上
嬉しくさせられたら僕、もっと主さんを好きに――
じゃなくて! えっと……と、とにかく、
これからも僕は、大きな者たちに負けないぐらい
主さんのために頑張るね!
サイギョウ旅をしていた頃は、誰かの傍にいたいと
願う日が来るとは、思ってもおりませんでした。
……先にお伝えしておきますが、
「誰か」とは、主(あるじ)のことですからね?
……おやおや、そんなに赤くなられるとは。
ふふ、誰にも見られたくないなら、
隠れてしまいましょう。ふたりでね――。
クシナダヒメ主(あるじ)様自ら、私にお返しを!
しかもこんなに素敵な物を……
嬉しゅうございます!
主様のお気持ち、
しかと受け止めさせていただきます。
なんだか私もまた、
お返しをしたくなってしまいました……!
何度でも、主様の喜ぶお顔を見たいのです。
コトシロヌシお礼って……あの日の!?
嬉しいよ!嬉しくないわけないでしょ!
まあね。普段、相談に乗ってるお礼も兼ねてって
ことなんだろうけどさ。今は、それでもいいよ。
その代り、たまにはおれの相談にも乗ってよ。
こっちは本気なのに、まったく気づいてくれない
相手にはどうすればいいか、とかねー。
ショウトクタイシ独神(どくしん)様は、欲をかいては
全てを失うこともあるとご存知ですか?
お礼など期待しなかった結果がこれならば、
無欲でいた私の勝利、といったところでしょうか。
ふふっ、ありがとうございます、独神様。
これからも私は、貴方のために
在(あ)りましょう――。
その他フレイヤドクシンさまに、このような愛の形を見せて
いただけるなんて、わたくし死んでもいいですわ!
――え? うふふ、いやですわドクシンさま。
あなたを残して、本当に死んだりしません。
それぐらい嬉しいということで……
だからどうぞ、これからも愛をくださいな。
お礼にわたくしも、たくさんの愛を捧げますわ!

星詠み Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
星詠みツクヨミあら、お返し? ワタシに?
主(あるじ)ちゃんったら、
なかなか可愛いことしてくれるじゃない?
まぁ、ワタシがあげたんだから、
お返しがあって当然なんだけどね!
……何よ、ニヤついてなんかないんだから!
……でも、その、ありがとね、主ちゃん。
すっごく嬉しいわ。
桜代ジュロウあの時のお礼、ね……。
呼び出しとか面倒くせえって思ってたけど……
こういうことなら、悪くねえかもな。
主(あるじ)のことはほっとけないし
こんなもんもらったら、
オレもなんかしてやりたいって思うし……
たまには、わがままでも聞いてやるよ。
テッソあらぁ、ぬしさま。
それ、この前のお返しだったりします?
……ふふっ、言わなくてもわかりますよう。
ホントは嬉しくて、
たくさん齧(かじ)りたいんですけど。
これは大事にしなくちゃですよねえ……。
あ、それなら、代わりにぬしさま
齧っていいですかぁ?
ヒエダアレイああ、主君(しゅくん)。
これは、本当に私への贈り物で良いのですね?
ふふっ、そうですか。
それでは、この喜びは……紙ではなく
心に認(したた)めましょう。
……なぜかって? 誰かに見られては嫌ですから。
ええ、私だけの秘密です。
イツマデ主(ぬし)様からお返し……。
そんなことをしていいのか?
いや、いらないわけじゃない。
……主(ぬし)様が、そう望むのであれば……
ありがたく受け取ろう。
ククッ、この気持ちは禍々しい感情に呑まれぬよう
イツマデも、イツマデも……
心に留めておこう。
アマクサシロウこればかりは、嬉しいという言葉しか浮かばない
見てくれ……私の手を。
お返しを受け取る手が、震えてしまうほどだ。
私がこれを受け取るということは、
共に罪を贖(あがな)うことを受け入れたに
等しいのだと分かっているのか?
……主君(しゅくん)の慈悲ある魂に、感謝を。
アシヤドウマンこれを、オレに?
ははっ、主人(あるじびと)には参ったな。
オレは礼を求めて贈り物を
したわけではないのだが……。
随分と素直な気持ちの
現れを返してくれたものだ。
……だから、嬉しいと言っている。
これ以上は言わせるな。
オトヒメサマふふっ、お返し貰っちゃった。
……きーめた。今日の宴は中止!
だってこんなに嬉しいことされちゃったら、
宴どころじゃないでしょう?
だーかーら、代わりにふたりで飲もうね?
ってこと。今夜は私が主(あるじ)様を
独り占めしちゃうんだから!
覚悟してね、愛しの主様。
シュンカイ……これは? 碁打ちの勝負で、景品を賭けた
記憶もないが――……ああ、あの日のお返し
だったのか。気付かず失礼した。
どうも私は、世事(せじ)に疎くていけない。
しかし、こうも喜ばされてしまうと、
ますます独神(どくしん)様から
離れられなくなりそうだ。……いっそ、
番(つがい)の星にでもなれればいいのだがな。
キリン主君(しゅくん)が私から贈り物を貰った時、
今の私と同じような気持ちになったのでしょうか。
……どんなというか、単純に嬉しいのです。
目に見えないはずの幸せが、今、こうして
私の手の上にあるというのはいいものですね。
……改めて誓いましょう。
何者にも恐れることなく、
私は主君のため、この力を使うと――。
タマモゴゼンお返しを用意したとは……。
つまり、わらわの気持ちに応える
ということで良いのだな?
そのように愛(う)いことをされては、
わらわも辛抱出来ぬ。
なぁ……主(あるじ)殿よ?
もちろん、覚悟は決まっておるのじゃろうな?
大切にするぞ。コンコン♪
【給仕】スザクどうして先生は、僕を喜ばせる術(すべ)を
そうも心得ているんだろう! 本当にありがとう!
鳥たちも僕の喜びに反応して、嬉しそうだ。
さあ、お茶の時間にしよう。
今日はきっと、いつもより美味しいよ。
なんといっても、僕の愛が普段よりも
たくさん入っているからね。
双代ヤヲビクニまあ、素敵……!
私のためにご用意してくださっただなんて、
嬉しいです。……そうだ、
主(あるじ)殿からのお返しを記念して、
椿を植えるのはどうかしら。
艶やかな花が咲いたら、
一緒にご覧になりません?
そうしたら、椿の咲く頃まで、
ユキオンナ主(あるじ)殿、素敵なものを用意してくださって
ありがとうございます。
いつもはこの指先が、たちまち
雪の塊に変えてしまいますが……
これだけは守ってみせます。
きっと愛の力があれば、大丈夫ですもの。
せっかく主殿にいただいたものですし、
大事にしたいのです。
カシンコジこんなにいいものを、
おれが貰ってしまっていいのか?
……そうか、なら今よりいっそう、
主(あるじ)を可愛がらなくてはな!
それくらいさせて貰わなければ、
今度はおれが困ってしまう。
主にはそれだけの恩義を感じているということだ。
ウンガイキョウ主(ぬし)、これを私に……?
あ、ありがとうございます!
お返しを用意してくれているだなんて、
驚いてしまったではないですか……!
嬉しいです。大切にさせていただきますね。
わぁ……これは私にも、
誰にも言えない素敵な秘密が
出来たということですね……!
ゴトクネコニャニャ〜ッ、お返し! ありがとニャ〜♪
うれしくて、さっきから喉が鳴りっぱニャしだぜ!
今夜はおれもう、
あるじから離れニャいからニャ!
一緒に寝れば、あったかいし、
あるじを独り占めできて
最高だニャー!
スクナヒコへえ、あの時の礼だなんて
嬉しいことしてくれるねぇ。
お頭(かしら)にこんなもんもらっちまったら、
おれもお頭のために
なんかしてやらないとな。
とりあえず酒でも持ってくるか。
……今夜は酔わせちまうぜ?
酒にもおれにもな。
タキヤシャヒメそう……将軍様も、わたくしの
幸せを願ってくれていたのね……。
ふふ、本当に……嬉しい。
安心して? これからも、将軍様に近づく者は、
わたくしが全て呪ってあげるから。
わたくしだけが、将軍様を守ってあげるから……。
だから次も、その次も、ずっとずっとずっと
わたくしにだけ、お返しをくださいね――。
オリヒメお返し用意してくれたの?
わぁ……! ありがとう、ご主人様!
それにしても不思議よね。たくさん感謝して、
たくさん好きを伝えて満足したと思っても、
こうして喜ばせてもらえると
まだまだ足りないって思っちゃう。
それがご主人様の魅力なのだとしたら……
ふふっ、どんな術よりも強力よねっ。
アベノセイメイまさか、あの時のお返しを
主人(しゅじん)からいただけるとは……。
これはこれは、嬉しいことがおこりました。
願ってもないことです。
占星術でも読めなかったあの日の結果が、
こうして吉となって現れたのですから。
……ありがとうございます。
ビンボウガミ僕にお返しなんて……っ。
もしかして僕、これからも
主(あるじ)さまの傍にいていいのかな……。
これからもずっと一緒に……
ふたりだけの思い出を作ってくれる?
主さまが頷いてくれるってことは
……期待してもいいんだよね。
僕、とっても嬉しいな……!
オフナサマあの日のお返しくれるの? ありがとう、
主(ぬし)様! ここに来るまでは、頼られる
のはもううんざり! なんて思ってたのよ?
でも今は、主様から頼られると、絶対、
何がなんでも叶えてみせる! って、
張り切らずにはいられなくなるの!
ふふっ、そういうわけだから、
これからも遠慮なく頼ってね。
テンカイこの儂(わし)をここまで喜ばせられるのは、
後にも先にも主(ぬし)様だけでしょう。
本当に、町のひとつやふたつ作り上げて、
主様に献上したいぐらいです。
ふふっ、どうですか?そこで、ふたり
いつまでも仲睦まじく暮らすというのは。
決して、悪いようにはしませんよ。

Edit

兵種世代英傑名祭事限定台詞
ジライヤそうか……あの日の礼を……。
気持ちだけでも十分なのだが、
ありがたくもらっておこう。
頭領(とうりょう)からの
贈り物だ……大事にする。
……カエルも気に入ったようだ。
頭領が、俺のために選んでくれたのだと思うと、
それだけで嬉しいものだな。
桜代フクスケアルジ、ええの! ほんまにええの!
ああ、嬉しいわあ!
お金に換えられるようなもんやないわぁ……。
……って、当たり前やろ。
これだけはお金に換えたらあかんことくらい、
うちにも分かるわ!
約束する。ずーっと大切にするからな!
ホテイはっはっはっ!お返しというやつか、これは!
なるほどな、これは嬉しいものじゃのぅ。
期待して待っていた甲斐もあるというものじゃ。
ウエサマには、この身から
溢れ出る喜びを伝えねばならん。
ささ、もっと近くに来るが良い。
さあ……。
サルトビサスケ感情を表に出してはいけないのが忍。
……だがこれは、どうしたって
顔に出てしまうな……。
頭(かしら)、ありがとう……。
これからも、俺は頭を
影から支える存在でありたい。
頭に仕えることこそが俺の最大の幸福だ。
これからも、よろしく頼む。
ネズミコゾウふっ……。まったく
お頭(かしら)も、粋なことをするよなぁ……?
いつだって最高の宝をおれにくれるんだからよ。
っていうより、お頭から貰うから
……なのかもしれねえな。
こいつは、おれの新しい宝だ。
いつまでも大事にするぜ。
誓いを立てるまでもねえ……約束だ。
ヤマビコえっ、あの時のお返し!
わたしのためにわざわざ用意してくれたの?
……やったー! 嬉しすぎて、
じっとしていられなくなっちゃいそう……!
どこかに飛び出したくなって、
うずうずしちゃうよ!
ちょっと山の上から、この喜びを叫んで来るね!
行ってきます!
モモチタンバ……ああ、あの時の礼を?
心遣い、感謝する。……どうした?
俺の頬が緩んでいるだと……。ああ、すまない。
嬉しいという気持ちが、どうやら
滲み出してしまっていたようだ。
ふっ……主(あるじ)殿の傍にいると、
ついこの喜びを
口に出さずにはいられないな。
チヨメあらあら、頭領さんったら……本当に律儀なのね。
お礼だなんて、アタシはよかったのに。
アタシの想いがすでに届いているんだもの、
それで充分だったのに……こんなふうに
嬉しくされたら、また好きになっちゃうわよ?
うふふ、これからも存分、お役に立ってみせるわ♪
期待しててね?
フグルマヨウヒふふふ……ワタシの思っていたとおりです!
今日、センセイはワタシの所へ来て、
お礼を手渡してくれるって!
すべて分かって――ませんっ、嘘です!
本当は、貰えなかったらどうしようって、
不安で不安で……! だから、すごく嬉しいです!
これを励みに、もっとセンセイの自慢になれるよう
勉強頑張ります……!
クラマテングそんなに心配せずとも、
独神(どくしん)さんが
一生懸命選んでくれたのだ。
何よりも大切にしよう。
……不思議なものだ。
独神さんがくれるものなら、
どんなものでも嬉しいと思えてしまう。
このように思えるのは独神さんだけなのだろうな。
サトリもうっ、主(あるじ)ちゃんってば、
そんなに緊張しながら、お返しだなんて……!
可愛いくって、顔中に、ちゅっ♪ てしたーい!
えへへー♪ これ、みんなに自慢しちゃおーっと。
でも、見せるだけ。ぜーったい、触らせないんだ
からっ。ほんと、ありがとう主ちゃん。
超がつくほど、大好きだよ!
オロチマルおっ? これ、くれんの? お返し……そっか。
へへっ、すげえ嬉しい――……けどなあっ。
なんで、どういたしましてで蛇のほうを撫でる!
今日は俺を撫でろって!
まったく、頭領はたまに抜けてて……
――っ、ぎゃはは!
そんなにオロオロしなくてもいいって!
そういうところ、らしくて好きだって言ってんだ!
ガシャドクロこれを、オレにか? そうか……。
あの時の贈り物に、お返しがつくものだと
思ってもいなかったが、骨身に染みる喜びとは、
こういうことなのかもな。
……ありがとう。これは大切にする。
もちろん、それ以上に、独神(どくしん)サマも、
アンタの骨の髄(ずい)まで、大切にな――。
【体操服】クウヤ……あの日のお礼? それで今日の主(ぬし)は、
コソコソとしていたのだな。……もちろん驚いた。
諸国を遍歴した中でも、喜びでこんなに驚かされた
のは初めてだぞ。ありがとう、主。
では、急いで着替えて茶を点てよう。
ちょうど主を呼ぼうと、この格好で
部屋も綺麗に掃除し終えたところだからな――。
双代カッパわぁぁ! お返しですか!
用意してもらえるだなんて嬉しすぎます!
えへへへ、大切にしなきゃ〜。
これ、ずーっと見続けてる間に
お皿が乾かないよう、注意しなくちゃですね!
素敵な贈り物をありがとう、
主(あるじ)さん!
サラカゾエ私に、いつぞやのお返しを? そんな!
いいのですか……? ……とても嬉しいです。
ありがとうございます……。
主(あるじ)様からのお礼の品は
数えたりなんてしません。
ひとつで充分、私には宝物ですから!
大切にしますね、主様。
ツチグモなんだ、主(ぬし)……
俺を捜していたというのか?
……ああ、この前のお返しか。
ふん、ありがたく受け取っておくことにしよう。
それにしても……くくっ、
糸を張り巡らせて待っていることもなかったか。
こうして直接、渡して貰えたんだからなあ。
ワニュウドウうっしゃぁ! 師匠(ししょう)からのお返しだ!
ありがとな、大事にする!
師匠は本当にボクを喜ばせてくれる天才だな!
ボクも同じくらい……いや、
それ以上のお返しが出来るように、
もっと頑張るから!
強くなったボクを楽しみにしていてくれよ!
サルタヒコ私に、あの時のお返しを……?
これは私と独神(どくしん)様の絆が
深まったと思ってもいいのかな……?
そうだったなら、嬉しいね。
こんなふうに私を想ってくれてありがとう。
これからも、独神様の道を指し示すのは
私でありたいな。
ゴエモン八百万一(ヤヲロズイチ)の大泥棒を、
こんなに骨抜きにしちまうのは
お頭(かしら)くらいだな!
本当に、お頭にはかなわねぇぜ。
……これはまさか、お頭にも、
盗みの才能があるんじゃねぇか?
でも、盗むのはオレ様の心だけにしといてくれよ?
シラヌイあ、わ、私……
こんなふうにしてもらえるの初めてで……
う、嬉しいって言葉しか出てこないよ!
ありがとう、大切にするね!
ああ、どうしよう……
主(ぬし)様のこと、もっと
もっと好きになっちゃうよ。
この気持ち、主様も一緒だと嬉しいな!
フウマコタロウ独神(どくしん)ちゃんは、僕が大好きだよね!
あはは、なーんて、言い過ぎ?
でも、嫌いだったらここまでしてくれないよね?
だから、自惚れたいって思うぐらいは許してよ。
――あ、僕は独神ちゃんが大好きだからね。
てことで、これからも独神ちゃんだけに贈る、
愛あるいたずら、期待しててね!
タムラマロ祭りは好きだが、この祭りはとくに好きだな。
なにせ、独神(どくしん)サマから直々に
お返しを貰えるんだ。
ひとつ問題があるとすれば、これはさすがに
酒で流し込むわけにもいかねえってことか。
……いや、これを眺めて楽しむのもありか?
独神サマが、俺に渡す時の照れくさそうな顔を
思い出しながらな――。
サイゾウヤベェ!
お頭(かしら)からのお返しとか
嬉しくて、俺……忍なのに
大声出してその辺り駈けずり回りてぇ!
いや、大げさなンかじゃなくて!
本当にそのくらい嬉しいンだって。
ありがとうな、お頭!
絶対大事にする!
ハットリハンゾウお返しはありがたく思うが、
主(あるじ)は忍の者へ情をかけすぎる。
忍とは、忍んでこそだ。任務中、突然帰らぬ
者になるかもしれないというのに……。
――いや、すまない。
不安にさせるつもりはなかった。
心配するな。俺は、絶対に帰って来る。
どんな戦いの後だろうと、必ず主の元へな――。
【執事】ゴトクネコあるじ、お呼びと聞いて参りました。
どういったご用件――……くれる?
お礼って……あっ、この間のだ! ニャッハ〜!
嬉しすぎて、尻尾パーン! って――駄目ジャン!
今日こそ、最後まで執事らしくいようと
したのにニャー……!
……ま、いっか。嬉しかったし、ありがとニャ!
ますます、あるじが好きになったぜ♪
その他ロキふーん? お返しねぇ。どうせなら、
物よりゴシュジンが欲しいんだけどな。
どういう意味か? ……誰が教えてやるかよ。
自分で考えて、答えが出たら俺んとこ来い。
しっかし、これだからゴシュジンの傍を
離れられねぇんだよ。
まだまだ、楽しませてもらうぜ? いいだろ?

コメントフォーム Edit


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • フレイヤ
    ドクシンさまに、このような愛の形を見せて
    いただけるなんて、わたくし死んでもいいですわ!
    ――え? うふふ、いやですわドクシンさま。
    あなたを残して、本当に死んだりしません。
    それぐらい嬉しいということで……
    だからどうぞ、これからも愛をくださいな。
    お礼にわたくしも、たくさんの愛を捧げますわ!
    -- 2018-03-17 (土) 16:49:31
  • イイナオトラ
    あの日、僕は独神(どくしん)さんが
    喜んでくれて、本当に嬉しかった。
    けれど、こうしてお返しを貰えた今日のほうが、
    もっと嬉しいんだ。
    この想いを糧(かて)に、僕は励むよ。
    それでいつか、独神さんの前で可愛い姿を――
    いや、なんでもない! 今のは忘れてくれたまえ!
    -- 2018-03-17 (土) 20:09:07
  • 【体操服】クウヤ
    ……あの日のお礼? それで今日の主(ぬし)は、
    コソコソとしていたのだな。……もちろん驚いた。
    諸国を遍歴した中でも、喜びでこんなに驚かされた
    のは初めてだぞ。ありがとう、主。
    では、急いで着替えて茶を点てよう。
    ちょうど主を呼ぼうと、この格好で
    部屋も綺麗に掃除し終えたところだからな――。
    -- 2018-03-17 (土) 20:17:26
  • ここまで反映しました -- 2018-03-18 (日) 23:45:47
  • カミキリ
    へへ……ふひ、ひ……。
    顔が、勝手に緩むぐらい嬉しい……。
    だって、独神(どくしん)サマがお礼にって、
    わざわざ、持って来てくれたんだよ?
    あ、ありがとう……本当に嬉しくて、たまらない。
    アタシ、独神サマが一番大切だよ……。
    何よりも、綺麗な髪よりも、大好きだからね――。




    【晴着】カグヤヒメ
    これほどの貢物をしてくださったのは、
    主(ぬし)様が初めてです!
    主様を喜ばせようと晴れ着姿で来たというのに、
    こちらが霞んでしまいますわね。
    それにしても、月の都と同じぐらい
    大事な場所が私に出来るなんて……。
    私の心が、主様でいっぱいになった証拠ですわ。
    ……責任、取ってくださいませね?



    シロ
    主(あるじ)サマ、あの日のことを
    覚えてくれていただけじゃなくて、
    お返しまで用意してくれてたんだ……。
    どうしよう、嬉しくて、な、泣いちゃうかも……!
    これからもこの鼻を使って、隠れた敵もお宝も
    見つけられるよう、頑張る!
    だから、変わらずお傍に置いてね?
    それでまた、一緒に桜も見ようねっ。約束!
    -- 2018-03-20 (火) 10:58:54
  • イダテン
    やったー! 主(あるじ)からのお返しだ!
    ……そんなに嬉しいかって?
    僕からの、特別な贈り物のお返しだよ?
    嬉しいに決まってる! 嬉しくて今すぐ
    走りたい気分だけど、主の傍にもいたいし……。
    ――あっ、そうだ! 主を抱っこして走れば、
    一石二鳥だ! 主、しっかり捕まっててね!
    さあ、行こう!



    コロポックル
    これを僕に? ……いいのかな。
    だって、僕は充分良くしてもらってる。
    だからこそ、あの日に僕は、主(あるじ)さんへ
    贈り物をしたんだ。……それに、これ以上
    嬉しくさせられたら僕、もっと主さんを好きに――
    じゃなくて! えっと……と、とにかく、
    これからも僕は、大きな者たちに負けないぐらい
    主さんのために頑張るね!
    -- 2018-03-20 (火) 11:19:09
  • ここまで反映しました -- 2018-03-20 (火) 18:27:19
  • オジゾウサマ
    うんうん♪ 独神(どくしん)くんは、
    本当にいい子だな! 忙しいはずなのに、
    こうしてお礼を持って来てくれるなんて……
    ――っ、いけないいけない。
    この歳にもなると、涙もろくなるね。
    あっ、もちろん嬉し涙だよ!
    ありがとう、独神くん。これからもボクは、
    君を何より大事にするからね――。
    -- 2018-03-21 (水) 19:26:46
  • ここまで反映しました -- 2018-03-24 (土) 04:33:06
  • 復刻にて追加された英傑分を各詳細ページに記載致しました。ご協力ありがとうございました。 -- 2018-03-28 (水) 23:16:06
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-29 (木) 09:48:29