卍傑伝承とは Edit

ゲームを進めることで開放される、似た者同士、仲の良い者同士などの関係性の深い英傑2体*1についての物語。
同世代の2体の英傑の「卍傑度」が一定値(100)に達すると見ることが出来るようになる。
降臨英傑やコラボキャラは卍傑伝承は発生しない。

<卍傑伝承の確認方法>
「兵舎」→「卍傑度」→英傑選択「卍傑度確認」→「卍傑伝承 有」にチェック→対象英傑を所持している場合のみ、英傑表示と伝承タイトルが表示される。
注)現段階で卍傑伝承エピソードが無い英傑でも、卍傑度が1以上ある場合は「卍傑伝承 有」チェックを外すと表示される。

<特殊台詞>
卍傑伝承を有する2体で下記の行動をとると見られる。(※ボイス有り、公式な発表は未確認)

  • お庭番……花廊、錬金 共通
  • 霊廟……同室にて回復完了時(蒲団から出る)
  • 一血卍傑……各文字色(黒×2、青、赤)存在

なお、台詞の順番は決まっているもよう。「組み合わせ」表記はそれにならい、先に喋り出す英傑の五十音順で表示中

八傑組み合わせ Edit

伝承は桜代・双代それぞれで発生するが内容は同一

アマテラス

+  ウシワカマル【完】(第二話追加済み)
+  シュテンドウジ【完】(第二話追加済み)
+  ジライヤ【完】(第二話追加済み)
+  スサノヲ【完】(第二話追加済み)
+  ツクヨミ【完】(第二話追加済み)
+  モモタロウ【完】(第二話追加済み)
+  ヤマトタケル【完】(第二話追加済み)

ウシワカマル

+  シュテンドウジ【完】(第二話追加済み)
+  ジライヤ【完】(第二話追加済み)
+  スサノヲ【完】(第二話追加済み)
+  ツクヨミ【完】(第二話追加済み)
+  モモタロウ【完】(第二話追加済み)
+  ヤマトタケル【完】(第二話追加済み)

シュテンドウジ

+  ジライヤ【完】(第二話追加済み)
+  スサノヲ【完】(第二話追加済み)
+  ツクヨミ【完】(第二話追加済み)
+  モモタロウ【完】(第二話追加済み)
+  ヤマトタケル【完】(第二話追加済み)

ジライヤ

+  スサノヲ【完】(第二話追加済み)
+  ツクヨミ【完】(第二話追加済み)
+  モモタロウ【完】(第二話追加済み)
+  ヤマトタケル【完】(第二話追加済み)

スサノヲ

+  ツクヨミ【完】(第二話追加済み)
+  モモタロウ【完】(第二話追加済み)
+  ヤマトタケル【完】(第二話追加済み)

ツクヨミ

+  モモタロウ【完】(第二話追加済み)
+  ヤマトタケル【完】(第二話追加済み)

モモタロウ

+  ヤマトタケル【完】(第二話追加済み)

ヤマトタケル

上記のとおり

桜代組み合わせ Edit

こちらで取りまとめています。

双代組み合わせ Edit

こちらで取りまとめています。

特別な組み合わせ Edit

祭事「卍傑祈願投票!」「卍傑祈願投票・改」にて上位3組に選ばれた英傑2体についての物語。
通常の卍傑伝承と違い、世代を超えた組み合わせもありえる。
ただし、物語のみ追加のため、以下の組み合わせによる特殊台詞はない。
「回想>卍傑伝承>特別伝承」から見ることができる。
組み合わせの英傑を仲間にしていなくてもすべての独神が見ることができる。

+  【組み合わせと伝承タイトル】第四回追加分まで

卍傑伝承第二話追加履歴 Edit

+  第六弾(2018/3/8)
+  第五弾(2018/2/28)
+  第四弾(2017/8/17)
+  第三弾(2017/3/31)
+  第二弾(2017/3/16)
+  第一弾(2017/2/22)

コメント Edit

 情報提供はこちらからどうぞ。
 ※兵舎にて伝承所持確認のご協力を、お願いいたします。


最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • カグヤヒメ×アギョウ
    一血卍傑(黒文字)
    カグヤヒメ「ふふ……私を前に緊張しているのですね。
    アギョウ「緊張するよ。だって……ヒメサマが、すごく綺麗だから、ね?

    カグヤヒメ「いいですわ。このカグヤヒメがそなたの相手を務めてみせますわ。
    アギョウ「フフッ、ヒメサマに相手をしてもらえるなんて、なんだかくすぐったいね。」 -- 2018-10-30 (火) 21:50:24
  • イズモオクニ×ゼアミ
    一血卍傑(黒文字)
    イズモオクニ「乱暴はよして?
    ゼアミ「これでも私は、貴方にはだいぶ優しいのですが……。

    イズモオクニ「さくっと行きましょう。
    ゼアミ「長丁場にはしません。貴方が疲れてしまうでしょう?」 -- 2018-10-30 (火) 21:57:04
    • ここまで反映しました。 -- 2018-11-01 (木) 22:29:22
  • ヒカルゲンジ×スネコスリ
    お庭番開始時
    ヒカルゲンジ「これが貴方と縁を結ぶきっかけになればいい。
    スネコスリ「そうだねっ。
    そうなれば、もっと良くスネを見せてって言いやすくなるかもっ……。


    お庭番完了時
    ヒカルゲンジ「良い務めだった。またお相手してほしいものだ。
    スネコスリ「ワタシでよければ、喜んで!
    ……スネをスリスリさせてもらえたら、もっと頑張るんだけどなぁ……。
    」 -- 2018-11-16 (金) 20:20:08
    • 反映しました。 -- 2018-11-16 (金) 23:11:23
    • 第一話「真(まこと)の魅力」 -- 2018-11-19 (月) 16:29:06
  • イダテン×スネコスリ
    お庭番開始時
    イダテン「これぐらい僕ひとりで出来るし、君は休んでたら?
    スネコスリ「ワタシは一緒に終わらせて、一緒にお休みしたいなぁ……。
    駄目?


    お庭番完了時
    イダテン「最後まで手伝ってくれて、ありがとう!
    スネコスリ「こちらこそ! あ、お礼ならスネをスリスリさせてくれるだけで充分だよっ。」 -- 2018-11-19 (月) 16:30:24
  • ククリヒメ×ノウヒメ鶺鴒台赤字ククリヒメ「そんなに緊張なさらないで?わたくしも震えてしまいます。」ノウヒメ「・・・・・・そうよね、ごめんなさい。アナタの顔を見たら嬉しくて、つい・・・・・・。
    でも、もう大丈夫よ。だから、アナタも震えないで・・・・・・?」
    -- 2018-11-22 (木) 20:32:02
  • ・アメノウズメ&ヤシャ
    伝承タイトル「宴の前に

    ・オフナサマ&タマノオヤ
    伝承タイトル「噤(つぐ)んでは紡ぎ」 -- 2018-11-26 (月) 17:03:40
  • ゴトクネコ&ホクサイ

    伝承タイトル『描くか描かれるか?

    お庭番開始
    ゴトクネコ「お、おれは別におまえが怖いってわけじゃ、
    ニャ……ニャいんだからな!

    ホクサイ「よーしよしよし、落ち着け落ち着け。
    何も取って食おうってわけじゃねえんだ。な?


    お庭番終了
    ゴトクネコ「お、おれが凄いってこと、分かったか!」(※記号半角原文ママ)
    ホクサイ「分かった分かった。分かったから、ぜひ、その凄さを絵にさせてくれっ!
    頼む、この通り……!


    蒲団から出る
    ゴトクネコ「どっちが始めたかってぇと……絶対、おまえのほうだかんニャ!
    ホクサイ「いや、それはさすがに認められんな。始めたのは、アンタのほうだ。」 -- 2018-11-26 (月) 17:35:48
  • サイギョウ&ホクサイ

    伝承タイトル『終の住処(ついのすみか)

    お庭番開始
    サイギョウ「ご一緒させていただいてもよろしいですか?
    ホクサイ「おおっ、もちろん! 大歓迎だ!

    お庭番終了
    サイギョウ「お役に立てたのなら良かったです。
    ホクサイ「ああ、とんでもなく役に立ってくれたよ。ありがとな!

    蒲団から出る
    サイギョウ「良い感性をお持ちなのですね。
    次はぜひ和歌(うた)を共に詠みたいです。

    ホクサイ「おお、その誘いは嬉しいねえ。
    どうだ、さっそくこの後、詠まねえか? 美味い饅頭もあるぞ。
    」 -- 2018-11-26 (月) 17:37:48
  • サラカゾエ&ホクサイ

    伝承タイトル『前向き・後ろ向き

    お庭番開始
    サラカゾエ「私を頼りにしてくださいね……。
    ホクサイ「ここでなら……それもありか? いや、でもなあ……。

    お庭番終了
    サラカゾエ「……ご期待に応えられたでしょうか?
    ホクサイ「意外や意外。期待以上の働きぶりだったぞ?

    蒲団から出る
    サラカゾエ「私の子守歌でよければ、いつでも歌いますよ。
    ホクサイ「あー、それは……魅力的な誘いだな。
    掃除はあれだが、アンタの子守唄は最高だしなあ……。

    子守唄の漢字変換はどちらも原文ママ -- 2018-11-26 (月) 17:39:20
  • ここまで、双代関連のみ反映しました。
    桜代のページ編集時にエラーが出てしまうので、編集可能な方がいらっしゃいましたらお願い致します。 -- 2018-11-27 (火) 18:00:52
  • 蒲団から出る
    セイリュウ「君の寝顔を楽しませてもらった。……可愛かったよ。
    ミズチ「そ、そうかい? なら良かった……
    けど、次は僕にも、君の寝顔を見せておくれよ?
    」 -- セイリュウ&ミズチ 2018-12-09 (日) 00:12:13
  • ここまで桜代も含めて反映しました。 -- 2018-12-09 (日) 23:00:07
  • コノハテング×センノリキュウ 第一話「全てが分かり合える日まで

    一血卍傑(黒文字)
    コノハテング「頑張りゃいいんだろ、頑張りゃ。
    センノリキュウ「当たり前のことをしてさえいればいい。

    コノハテング「さすがにこればっかは、力技でどうなるもんでもねえか……。
    センノリキュウ「そう睨むな。私は、光栄に思うよ。」 -- 2018-12-14 (金) 16:38:13
  • ここまで反映済み。ありがとうございます。 -- 2018-12-14 (金) 18:37:56
  • ナリヒラ×オノノコマチ

    一血卍傑(黒文字)
    ナリヒラ「ともに楽しもう。
    オノノコマチ「私は私なりに、楽しませていただこうかしら。

    ナリヒラ「何とぞ、よしなに。
    オノノコマチ「よしなにしたくないけれど、そうもいかないのよね……。

    一血卍傑(青文字)
    ナリヒラ「遠慮なく僕に預けてくれていいよ。
    オノノコマチ「物なら、預けてもいいのだけれど……。

    一血卍傑(赤文字)
    ナリヒラ「君を夢のような世界へ連れて行こう。
    オノノコマチ「残念ね。あなたが私を、ではなく、私があなたをその場所へ連れて行くのよ。」 -- 2018-12-28 (金) 00:31:29
  • 反映しました。ありがとうございます。 -- 2018-12-28 (金) 00:49:23
  • 書初タケミナカタ×イナバ
    伝承タイトル『競争より協力で

    書初タケミナカタ×オオクニヌシ
    伝承タイトル『書き初めは気合だ!』 -- 2019-02-24 (日) 19:27:16
    • 反映しました。ありがとうございます。 -- 2019-02-24 (日) 23:19:43
  • クダギツネ×ガシャドクロ

    一血卍傑(青文字)
    クダギツネ「全部、キミの言う通りにするからね。
    ガシャドクロ「アンタまさか……はじめてなのか?

    一血卍傑(赤文字)
    クダギツネ「アタシにして欲しいことがあったら教えてね。
    ガシャドクロ「……早く、見たいとは思うな。アンタとオレ、どっちに似ててもいいけど。」 -- 2019-04-16 (火) 00:30:41
    • 反映しました。 -- 2019-04-16 (火) 20:13:18
  • クダギツネ×ガシャドクロ

    一血卍傑(黒文字)
    クダギツネ「怖くなったら、ぎゅってしてもいい?
    ガシャドクロ「……悪い、急ぎすぎた。アンタに夢中で。

    クダギツネ「優しくしてね。
    ガシャドクロ「……アンタとなら、遠慮なくできそうだ。」 -- 2019-06-23 (日) 20:55:51
    • 反映しました -- 2019-06-23 (日) 23:31:59
  • ショウトクタイシ・ホウオウ
    ・卍傑伝承
     第一話 三つ子の魂、百まで
    ・お庭番開始
    ショウトクタイシ
    これはまた珍しい……よろしく頼みます。
    ホウオウ
    珍しがっている暇はありませんぞ?
     終始、目を光らせていますからな。やんちゃはしないように。

    ・お庭番終了
    ショウトクタイシ
    うーん……不思議な御方だ……。
    ホウオウ
    不思議なのは君でしょう。
     この私ですら、なかなか考えを読めないのですからな。

    ・霊廟
    ショウトクタイシ
    ううん、気になって休めませんでした……。
    ホウオウ
    寝ている時まで、説教するつもりはないですぞ……?

    ボロボロトン・ホウオウ
    ・卍傑伝承
     第一話 気持ちを言葉に
    ・お庭番開始
    ボロボロトン
    迷惑にならないように、働くね……。
    ホウオウ
    ……そうしていただけると、私も助かりますな。
    ・お庭番終了
    ボロボロトン
    もう少しうまくできればよかった……。
    ホウオウ
    ……まあ、努力は認めますよ。
    ・霊廟
    ボロボロトン
    あ、あの……えっと……なんでもない。
    ホウオウ
    ……想いとは、口に出さなくては相手に伝わりませんぞ。

    ハクリュウ・ホウオウ
    ・卍傑伝承
     第一話 天を飛ぶ者同士
    ・お庭番開始
    ハクリュウ
    足を引っ張らないよう、善処します。
    ホウオウ
    そんなに緊張せずとも……。
     普段どおりの君で、接していただきたいですな。

    ・お庭番終了
    ハクリュウ
    助けあいも大切ですね。
    ホウオウ
    実に同感。やはり君は、素晴らしい英傑ですな。
    ・霊廟
    ハクリュウ
    アナタもゆっくり休めましたか?
    ホウオウ
    おかげさまで、いつも以上にゆっくりさせていただきましたぞ。

    ハクリュウ・【貴族】ホウオウ
    ・卍傑伝承
     第一話 物よりも心を

    スズメ・【貴族】ホウオウ
    ・卍傑伝承
     第一話 憧れの君へ四十の質問

    お庭番・霊廟ともにハクリュウ・【貴族】ホウオウの台詞は通常のホウオウのときと同じ。
    スズメ・【貴族】ホウオウはどちらも互いのデフォルトの台詞。
    場所多くとって申し訳ありません。ページの追加など編集できる方お願いします。 -- 2019-08-16 (金) 00:33:26
    • 反映しました。沢山有難うございます。 -- 2019-08-16 (金) 12:26:19
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


*1 元ネタでどれだけ関係性が深かろうと世代が違うと卍傑度を上げる事ができないので卍傑伝承は発生しない。時折開催される「祭事卍傑祈願投票!」で上位入賞すると世代を超えて卍傑伝承を追加することが可能

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 16:53:19